スペイン相手に6失点大敗のW杯準優勝クロアチア指揮官「教訓から学び、這い上がる」

2018.09.12 13:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表vsクロアチア代表が11日に行われ、6-0でスペインが圧勝した。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)では準優勝の結果を残したクロアチアだが、スペインの前に大敗。力の差を見せつけられる形となってしまった。

▽試合後、ズラトコ・ダリッチ監督が振り返りコメント。スペイン代表のプレーを褒めつつも、次の試合に向けて改善していくと誓った。

「このことは、私のキャリアの中で最も厳しい瞬間だ。ただ、それが人生であり、我々は何が起きたのかを受け入れなければならない。偉大なゲーム、偉大な勝利を挙げたスペインを祝福する。我々は簡単ではないが、教訓から学び、這い上がる必要がある。我々は座って泣くのではなく、働いていく」

「我々は最初の20分は素晴らしいプレーをした。3度チャンスがあった。ただ、我々はスペインのゴールの後、落ちてしまった。我々は全員が自分自身のためにプレーしはじめた。我々は集中力を失い、スペインは安全になり、力をかけ、我々はが解決困難な状況を作り続けた」
コメント
関連ニュース
thumb

“悪童”バートンが思うプレミア最高のMFは? スコールズやジェラード、ランパードを差し置いたあの選手

リーグ1(イングランド3部)に所属するフリートウッド・タウンの監督を務める元イングランド代表MFジョーイ・バートン氏が自身の考えるプレミア最高の選手を明かした。イギリス『ミラー』が伝えている。 マンチェスター・シティやニューカッスル、QPR、マルセイユ、バーンリーで活躍してきたバートン氏は、そのキャリアを通じて幾度となく暴力事件などの騒動を起こしてきた“悪童”として知られる。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxZzgwQWtqaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2006年3月26日から2016年5月13日までの間、イングランドサッカー協会(FA)の規則で禁止されている賭博に関与し、1260回にわたってベッティングを行っていた容疑で、13カ月間のサッカー活動禁止処分を科されたこともあるほどの札付きだ。 プレミアリーグを中心に多くの名選手と対戦してきたバートン氏だが、自身が対戦してきたレジェンドたちの特徴を述べた。 「俺はプレミアリーグを代表する選手たちと対戦できて幸せだった」 「さまざまな時期の選手と対戦した。ロイ・キーンと対戦した時、彼はキャリアの終わりの方だった。もうマンチェスター・ユナイテッドとノッティンガム・フォレストの頃のようなボックス・トゥ・ボックスのミッドフィルダーではなかった。彼はホールディングミッドフィルダーのようだったが、彼の試合への適応力と実績は驚異的だ」 「(ポール・)スコールズは捉えるのがとても大変だった。彼は追いつけない位置まで行って、俺が追いかけるとサイドまで行って50ヤードのパスを出してくる。追いかけても追いかけなくてもひどかったよ」 「(スティーブン・)ジェラードは走力とフィジカルが素晴らしかった。なんでもできる選手だった」 「(フランク・)ランパードはお化けみたいで、前線じゃないのに得点を決める最高の選手だった。彼がボールを持って俺がマークしている時は問題ないが、チェルシーでのゴール記録は彼の素晴らしさを物語っている」 「(クロード・)マケレレは間違いなく当時の世界最高の4番で、(パトリック・)ヴィエラは発電所みたいだった」 錚々たるメンバーの名を挙げたバートン氏だったが、その中でも最高の選手だったと感じているのは意外な選手だった。 「俺は幸運にもキャリアのピークを過ごすスパーズの(ルカ・)モドリッチと対戦できた。彼がプレミアリーグで対戦した中で最高の選手だと思ったのを覚えている。彼は異次元にいると思っていたし、夏にはレアル・マドリーが彼とサインした。正直に言って、彼はエリートレベルで、勝ち取るに値するものを見せていると言える。彼は俺が対戦した中でベストなパフォーマンスだった」 数多くのレジェンドとの大戦を経験したバートンが挙げたのは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ。その能力の高さは誰もが知るところで、2018年にはクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシが受賞し続けてきたバロンドールを受賞。ロシア・ワールドカップでも目覚ましい活躍を見せ、バートン氏の目に狂いはなかったようだ。 2020.05.02 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表メンバーが発表! モドリッチ、ラキティッチら主力が順当選出《国際親善試合》

クロアチアサッカー協会(HNS)は9日、国際親善試合に向けたクロアチア代表メンバー23名と予備メンバー9名を発表した。 クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)やMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ペリシッチ(バイエルン)、FWアンテ・レビッチ(ミラン)など主力を順当に選出した。 また、今回は予備メンバーも招集しており、MFマルコ・ログ(カリアリ)やMFフィリップ・ブラダリッチ(セルタ)などが招集されている。 クロアチアは、26日にカタールでスイス代表と、30日にポルトガル代表と対戦する。今回発表されたクロアチア代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(トゥールーズ/フランス) <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(ルートン・タウン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ミレ・シュコリッチ</span>(オシエク) <span style="font-weight:700;">ダリオ・メルニャク</span>(チャイクル・リゼシュポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">◆予備登録メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">イヴォ・グルビッチ</span>(ロコモティバ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ユラノビッチ</span>(ハイドゥク・スプリト) <span style="font-weight:700;">フィリプ・ベンコビッチ</span>(ブリストル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ブラダリッチ</span>(リール/フランス) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリプ・ブラダリッチ</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ミスラフ・オルシッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">ミルコ・マリッチ</span>(オシエク) <span style="font-weight:700;">アントニオ=ミルコ・チョラク</span>(リエカ) 2020.03.10 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

元バイエルン監督のニコ・コバチ氏、フリーになり13年ぶりに自由な生活を楽しんでいた

前バイエルン・ミュンヘン監督のニコ・コバチ氏が、昨年11月の解任以来、初めて公の場に姿を現し、バイエルンでの経験と今後の自身のキャリアについて語った。ドイツ『ビルト』が24日伝えている。 ニコ・コバチ氏は、2018年7月にバイエルンの指揮官に就任。1年目からリーグとカップの2冠を達成し、史上初の選手と監督両方での2冠を達成。しかし、2年目の今シーズンは序盤から苦しむと、11月に双方合意の下で契約を解除していた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzUlJVYUlFMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> オーストリアのテレビ番組にゲスト解説者として登場したニコ・コバチ氏。これが昨年11月のバイエルン指揮官退任以来、初めてメディアの前に姿を現すことに。番組内で、バイエルンでの経験について振り返り、次のようにコメントした。 「(バイエルンでの経験は)とてもポジティブに振り返ることができる。私は(監督として)3年半ブンデスリーガにいたが、その時間を経てより良い監督になったと言える。バイエルンにいた時間は、学びと成功の多いものになった」 「私は感謝している。なぜなら誰もがバイエルンに行ってみたいと思うが、限られたものしかそれ実現できない。もちろん厳しい時間でもあったが、この経験を通して学んだものを(今後に)活かしていけるだろう」 バイエルンの監督交代後、チーム状況が好転したという意見が多く出ていることについてもコメント。「フットボールは多くの感情が伴うものだ。多くの人が色々なことを言うが、全て真に受けるべきではない。私は前しか見据えていないし、そうすることが良い事だと思う」と過去にとらわれ過ぎないようにしているようだ。 監督解任後、フリーとなったニコ・コバチ氏は、現在の生活についても言及。ゆったりと、リラックスした楽しい時間を過ごしているようだ。 「時間がたくさんあるね。2週間程スキーを楽しむことができた、こんな事ができたのは13年ぶりだよ。そういった自由な時間を楽しんでいるし、旅行もたくさんしている。私はアメリカンフットボールの大ファンでもあるんだ。マイアミでのスーパーカップボウルを観に行くこともできたよ」 しかし、今後については「気持ちが再び引き締まっている」と話し、今夏からの監督業の復帰を目標に準備を進めているとコメント。新たな挑戦にもオープンな姿勢であると語った。 「この夏に何かができると考えているし、その為の準備をしているよ」 「バイエルンより大きなクラブはそうないけど、(クラブの大小は)気にしない。そのクラブにコミットできると感じたら仕事を受けるだろう」 「イングランドやスペインなど、たくさんの優れたリーグがあるし、ブンデスリーガでの仕事はいつだって興味があるよ」 西ベルリン出身のニコ・コバチ氏は守備的MFとして現役時代は、ヘルタ・ベルリンやバイエルンなどで活躍。代表ではクロアチア代表としてプレーし、2002年と2006年の2度のワールドカップに出場。引退後は指導者に転向し、クロアチア代表やフランクフルトで指揮を執った後、2018年からはバイエルンの監督に就任していた。 2020.02.25 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

スロバキアに逆転勝利のクロアチアが5大会連続の本選出場を決める!《ユーロ2020予選》

クロアチア代表は16日、ユーロ2020予選グループE第9節でスロバキア代表と対戦し3-1で勝利した。 グループEで首位に立つクロアチア(勝ち点14)が、3位スロバキア(勝ち点10)をホームに迎えた一戦。引き分け以上でユーロ本選出場の決まるクロアチアは、モドリッチやペリシッチ、ブロゾビッチ、イェドバイらを主力をスタメンで起用した。 立ち上がりから攻勢に出るクロアチアは、5分にバリシッチ、6分にモドリッチと立て続けにスロバキアゴールに迫ったが、共にシュートは枠を外れた。さらに25分には、モドリッチの右クロスをゴール前のヴラシッチがヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、クロアチアは一瞬の隙を突かれ失点する。32分、ボジェニクとのパス交換でボックス左まで持ち上がったロボツカがクロス供給。これをゴール前に走り込んだボジェニクが右足で流し込んだ。 先制を許したクロアチアは、ハーフタイムにかけて何度かスロバキアゴールに迫る場面を見せたが、相手GKの好セーブにも阻まれ、前半をビハインドで終えた。 迎えた後半、54分にレビッチを下げてブレカロを投入。すると56分、中盤でボールを奪われたペリッチが素早くボールを奪い返すと、このこぼれ球を拾ったヴラシッチがボックス左手前まで持ち上がりシュート。これがゴール左隅に吸い込まれた。 待望の同点ゴールを奪ったクロアチアは、60分にもモドリッチの右CKをペトコビッチがヘディングで叩き込み、勝ち越しに成功。さらに62分には、自陣からのロングフィードを左サイド深くまで駆け上がったペリシッチのダイレクトクロスからペトコビッチが追加点を狙ったが、シュートは相手GKの好セーブに防がれた。 逆転に成功し押せ押せムードのクロアチアにさらなる追い風が吹く。66分、右サイドを突破しようとしたブレカロの腕を引っ張ったマクが2枚目のイエローカードを受け退場処分となった。 数的優位となったクロアチアは74分、裏街道で相手DFを振り切りボックス左まで侵入したバリシッチがマイナスのクロスを供給すると、走り込んだペリシッチがすべり込みながらボレーシュートをゴール右に突き刺した。 その後、クロアチアは75分にヴラシッチを下げてコバチッチ、81分にペリシッチを下げてオルシッチを投入し、試合をクローズ。後半に3ゴールを奪い逆転勝利したクロアチアが、5大会連続6度目のユーロ本選出場を決めた。 ◆グループE順位表 [勝ち点/試合数/得失点] ◎1.クロアチア[17/8/10] 2.ハンガリー[12/7/-1] 3.ウェールズ[11/7/2] 4.スロバキア[10/7/0] 5.アゼルバイジャン[1/7/-11] ※◎は本選出場決定 2019.11.17 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表がスロバキア&ジョージア戦に向けた招集メンバー発表!《ユーロ2020予選》

クロアチアサッカー協会(HNS)は28日、来月行われるユーロ2020予選&国際親善試合に向けた代表メンバー24名+予備メンバー4名を発表した。 クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、イバン・ラキティッチ(バルセロナ)やMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ペリシッチ(バイエルン)、FWアンテ・レビッチ(ミラン)など主力を順当に選出。 一方、ユーロ予選を累積警告により出場停止となるDFドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ)とDFデヤン・ロブレン(リバプール)は招集外となった。 4勝1敗2分けでグループEの首位に立つクロアチアは、11月16日にスロバキア代表とのユーロ予選を行い、同19日にジョージア代表と親善試合で対戦する。今回発表されたクロアチア代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー24名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(ルートン・タウン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ミレ・シュコリッチ</span>(オシエク) <span style="font-weight:700;">ディノ・ペリッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">カルロ・バルトレツ</span>(コペンハーゲン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ダリオ・メルニャク</span>(チャイクル・リゼシュポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">マテイ・ミトロビッチ</span>(クラブ・ブルージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">ミスラフ・オルシッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">◆予備登録メンバー</span> <span style="font-weight:700;">マリン・レオバツ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ユラノビッチ</span>(ハイドゥク・スプリト) <span style="font-weight:700;">フィリプ・ブラダリッチ</span>(ハイドゥク・スプリト) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(カリアリ/イタリア) 2019.10.29 00:20 Tue
twitterfacebook