ペケルマン退任のコロンビア、ファルカオ&チャラ弾でベネズエラに逆転勝利《国際親善試合》2018.09.08 11:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コロンビア代表は日本時間8日、国際親善試合でベネズエラ代表と対戦し、2-1で勝利した。▽ロシア・ワールドカップでベスト16敗退に終わったコロンビアは、2012年から指揮を執るホセ・ペケルマン監督が4日に正式に退任し、現時点でU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めることに。そのレジェス監督は、GKオスピナ、クアドラード、バッカ、キンテーロ、ファルカオらを起用した。

▽序盤から相手にプレッシャーをかけたいコロンビアだったが、4分にいきなり先制点を与えてしまう。右サイドのA・ゴンサレスのクロスがファーサイドに抜けると、そこに走り込んでいたマチスに頭で合わせられて失点を喫する。

▽早い時間帯に先制を許したコロンビアはすぐさま攻勢を強める。18分、キンテロがボックス右手前でボールを持つと、ドリブルでボックス右深い位置まで侵攻し、中央へラストパスを送る。しかし、中央のファルカオはわずかにボールに届かず。

▽前半半ばに差し掛かると、コロンビアは敵陣への侵攻回数が増加するも、良い形でシュートまで結びつけることができない。42分にはボックス右外でFKを獲得。キッカーのキンテロが左足で直接ゴールを狙い、相手の意表を突いたが、ここはGKファリニェスのファインセーブに阻まれて同点ゴールとはならない。

▽0-1のビハインドで試合を折り返したコロンビア。すると51分、にファルカオが一瞬の隙から相手最終ラインを抜け出してGKと一対一に。しかし、ボックス内から放ったシュートはGKファリニェスの正面に飛んでしまう。

▽後半に入ってもベネズエラを押し込むコロンビアについに同点ゴールが。55分、ボックス右で縦パスを受けたバッカが切り返しから中央へパス。これを受けたファルカオが対峙した相手DFをかわしてゴールへ流し込んだ。

▽同点に追いついたコロンビアはさらに64分、味方のスルーパスにバッカが反応。ボックス左に走り込み、GKファリニェスをかわしてゴールに蹴り込んだ。しかし、バッカにオフサイドの判定が下されてしまい、逆転とはならない。

▽その後もコロンビアが激しくゴールに迫るも逆転ゴールは生まれないまま試合は終盤に。迎えた90分、コロンビアが土壇場で逆転に成功する。ボックス右からのクロスが混戦になると、こぼれ球をチャラがシュート。一度はGKファリニェスに弾かれたが、再び足元に転がってきたボールをゴールへと蹴り込んだ。

▽このゴールで逆転に成功したコロンビアが、ファルカオとチャラのゴールで2-0で勝利している。

ベネズエラ 1-2 コロンビア
【ベネズエラ】
マチス(前4)
【コロンビア】
ファルカオ(後10)
チャラ(後45)
コメント
関連ニュース
thumb

カタール善戦もD・サパタの2戦連続弾でコロンビアが連勝! 2位以内確定で決勝T進出!《コパ・アメリカ》

コパ・アメリカ2019グループB第2節、コロンビア代表vsカタール代表が日本時間20日に行われ、コロンビアが1-0で勝利した。 優勝候補アルゼンチン代表との初戦を2-0で先勝したコロンビアと、パラグアイ代表との初戦をドローで終えたカタールによる第2戦。 アルゼンチン撃破で勢いにのるコロンビアはその初戦から先発2人を変更。ファルカオと負傷離脱のムリエルに代えてドゥバン・サパタとロジェル・マルティネスを起用し、引き続き[4-3-3]の布陣を採用した。 一方、パラグアイ相手に2度のビハインドを追いつきドローに持ち込んだカタールは、初戦とメンバー変更はなかったが、システムを[4-4-2]から[5-3-2]の守備的な布陣に変更した。 戦前の予想通り、立ち上がりからカタールを押し込むコロンビアは、セットプレーの流れからダビンソン・サンチェスが競り勝ったボールをゴール前のマルティネスが押し込むが、ここはオフサイドの判定に。さらに17分にはクアドラードが枠を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、これはGKの好守に遭う。 その後は右ウイングのポジションから中寄りの位置でボールを引き出すハメス、屈強なフィジカルを生かしたボールキープで存在感を示すD・サパタを起点にコロンビアが幾度も相手ゴールに迫っていく。40分にはボックス中央のD・サパタの落としからボックス右に抜け出したメディーナが右足アウトにかけたシュートを放つが、これは惜しくも右のサイドネットを叩いた。 カタールの粘りの守備もあってゴールレスで折り返した試合。より攻勢を強めたいコロンビアはメディーナを下げて、同じ右サイドバックにアリアスを投入。 立ち上がりの50分にはボックス内でカタールのハテムが腕を使ったシュートブロックを行ったとしてコロンビアにPKの判定が下されるが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、判定が覆ることに。 それでも、後半に入ってよりゴールの匂いを感じさせ始めたコロンビアは62分と64分にいずれもハメスからの精度の高いパスをボックス内で受けたマルティネスが続けてシュートを枠に飛ばす。しかし、GKアル・シーブがビッグセーブで立ちはだかる。 一方、前半同様にカウンターからワンチャンスを狙うカタールは64分、中央突破したアフィフがミドルシュートを狙うが、ややコースが甘くなったこのシュートはGKオスピナにはじき出される。 何とかゴールをこじ開けたいコロンビアはクアドラードを下げて切り札のファルカオを投入。さらに、75分にディアスを最後のカードとして投入し、猛攻を仕掛けていく。 すると試合終盤の86分、ボックス手前でハメスが入れた浮き球パスに反応したゴール前のD・サパタが頭で合わせると、これがゴール右隅に決まりコロンビアに待望の先制点が生まれた。 その後、一転して攻勢に出たカタールの反撃を危なげなく凌ぎ切ったコロンビアがD・サパタの2試合連続ゴールでカタールを下し、グループステージ2連勝。そして、グループBの2位以内を確定させたコロンビアは最終節を前に決勝トーナメント進出を果たした。 2019.06.20 08:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ファルカオ、古巣・アトレティコ関心噂のカバーニを称賛「トップストライカー」

モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを褒め称えている。スペイン『マルカ』が伝えた。 2013年にナポリから加入したカバーニは、PSGで公式戦279試合に出場し歴代トップの193ゴールを記録。これまでクラブの5度のリーグ・アン制覇に貢献している。そんな不動のエースだが、現行契約が2020年までとなっており、今夏退団が噂に。一部メディアではアトレティコ・マドリー行きの可能性が伝えられている。 そんな中、かつてアトレティコでプレーしたファルカオが、カバーニについて問われると、「トップストライカー」と称賛。16日に行われたコパ・アメリカ2019グループB第1節のアルゼンチン代表戦(2-0でコロンビアが勝利)後に答えている。 「僕にとって、エディンソン(・カバーニ)はトップストライカーだよ」 「パリではたくさんのゴールを毎年決めている。それをどこであろうとも続けることができるね」 2019.06.17 09:50 Mon
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表FWムリエル、アルゼンチン戦で左ヒザ損傷し大会終了《コパ・アメリカ》

コロンビア代表FWルイス・ムリエルが、左ヒザ側副靭帯損傷でコパ・アメリカから離脱したことを、所属先のセビージャが報告した。 コロンビア代表は16日、コパ・アメリカ2019グループB第1節でアルゼンチン代表と対戦した。先発出場したムリエルだったが、試合開始直後、相手のMFレアンドロ・パレデスのタックルを受けて負傷交代を余儀なくされてしまった。 この時に左ヒザ側副靭帯にケガを負った同選手は以降のコパ・アメリカ参加は不可能に。復帰は8月半ばになると見込まれている。 今季フィオレンティーナにレンタルしていたムリエルに関しては、今夏の移籍市場で放出候補に挙がっていたようで、アタランタなどが関心を持っていた模様。だが、今回のケガでムリエルが新天地を探すことは難しくなったかもしれない。 2019.06.16 19:51 Sun
twitterfacebook
thumb

伏兵R・マルティネスの活躍でコロンビアが攻撃陣不発のアルゼンチンに勝利!《コパ・アメリカ》

コパ・アメリカ2019グループB第1節、アルゼンチン代表vsコロンビア代表が日本時間16日に行われ、0-2でコロンビアが勝利した。 パラグアイ代表とカタール代表が同居しているグループB。突破候補筆頭のアルゼンチンとコロンビアが初戦で激突した。 [4-3-3]を採用したアルゼンチンはGKにアルマーニ、4バックにサラビア、ペッゼッラ、オタメンディ、タグリアフィコ、中盤アンカーにグイド・ロドリゲス、インサイドにロ・セルソとパレデス、3トップに右からメッシ、アグエロ、ディ・マリアと並べた。 対するコロンビアも[4-3-3]を採用し、GKにオスピナ、4バックにメディーナ、ミナ、D・サンチェス、テシージョ、中盤アンカーにバリオス、インサイドにクアドラードとウリベ、3トップに右からハメス・ロドリゲス、ファルカオ、ムリエルと並べた。 立ち上がりから球際の激しい展開で推移した中、コロンビアにアクシデント。ムリエルが相手選手との接触で足を負傷し、14分にR・マルティネスとの交代を強いられた。 それでも16分、コロンビアに最初の決定機。ファルカオのポストプレーから代わって入ったボックス右のR・マルティネスが際どいシュートを浴びせたが、DFにブロックされた。 その後も中盤での局地戦が続き、メッシとハメス・ロドリゲスが自由にボールを持てない状況となった中、互いにシュートシーンを生み出せない膠着状態に陥った。 ハーフタイムにかけては、ややコロンビアが押し気味に試合を進めたものの、前半のうちにゴールは生まれず後半へ折り返した。 迎えた後半からディ・マリアに代えてデ・パウルを投入したアルゼンチンは、開始1分にパレデスが際どいミドルシュートを浴びせる。そのアルゼンチンがポゼッションを高める展開で立ち上がっていくと、59分に決定機。CKの流れからボックス手前右のパレデスがシュート。強烈だったが、GKオスピナの守備範囲だった。 さらに66分にも決定機。CKの流れからオタメンディがヘディングシュート。だが、GKオスピナにファインセーブで止められる。さらにルーズボールをメッシが頭で押し込みにかかるもシュートは枠を捉えきれなかった。 すると72分、劣勢のコロンビアが後半最初のチャンスを生かして先制する。左サイドからカットインしたR・マルティネスがボックス内に侵入してゴール右に突き刺した。 ファインゴールを喫し、追う展開となったアルゼンチンはアグエロに代えてマティアス・スアレスを投入。しかし86分、コロンビアが勝負を決定付ける。R・マルティネスのスルーパスを左サイド高い位置で受けたレルマの折り返しを、途中出場のD・サパタがボレーで押し込んだ。 このまま2-0で勝利したコロンビアが白星発進。2戦目はカタールと対戦する。対する黒星発進となったアルゼンチンはパラグアイと対戦する。 2019.06.16 08:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ニュージーランド大善戦もコロンビアがPK戦までもつれ込んだ死闘を制す!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019決勝トーナメント1回戦、U-20コロンビア代表vsU-20ニュージーランド代表が2日に行われ、1-1で120分を終了。PK戦を5-4で制したコロンビアがベスト8へ進出した。 グループAを2位で通過したコロンビアと、グループCを2位で通過したニュージーランドの一戦。 立ち上がりからボールを保持したのはニュージーランドだったが、11分に先制したのはコロンビア。アングーロの左サイドからのFKをセンターバックのレジェスが頭で流し込んだ。 それでも、慌てることなく押し込む時間を作っていたニュージーランドが35分に追いつく。ボックス左角からカカセが絶妙なグラウンダーのクロスを入れると、ゴール前のジャストが合わせてネットを揺らした。 さらに40分にもボックス左に侵入したシンがGKを強襲するシュートを浴びせたニュージーランドが流れを引き寄せてハーフタイムに入った。 迎えた後半もニュージーランドがポゼッションする展開で立ち上がる中、コロンビアに勝ち越しのチャンス。59分、カウンターに転じ、クチョ・エルナンデスがボックス手前左から枠の右下を捉えるシュートを放った。だが、GKワウドにセーブされてしまった。 引き続きニュージーランドが押し気味に試合を進める展開で推移するも、決定的なシュートには結びつけられない状況が続いた。結局、90分では決着が付かず試合は延長戦に。 その延長戦では両チーム、疲労によりミスが目立つ展開となったが、延長前半14分にニュージーランドにチャンス。シンのミドルシュートがわずかに枠を外れた。さらに延長後半開始直後、FKからマタがヘディングシュートを浴びせるも、GKのファインセーブに阻まれた。 劣勢のコロンビアは延長後半12分にビッグチャンス。ロングカウンターに転じた流れからアングーロが決定的なシュートを放ったが、GKワウドのビッグセーブに阻まれた。 結局、延長戦でも決着が付かなかった死闘はPK戦にもつれ込み、ニュージーランドGKワウドが1本目と2本目のキックを止める離れ業を見せたが、コロンビアもGKミエルが2本シュートを止め、コロンビアが5-4で勝利。死闘を制してベスト8へ進出している。 2019.06.03 06:25 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース