本田圭佑がメルボルン・ビクトリー入団会見を実施! “リトルホンダ”についても語る2018.08.15 13:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨シーズン限りでパチューカを退団し、メルボルン・ビクトリーへの入団が発表されていた日本代表FW本田圭佑が現地で入団会見を実施した。▽本田は、ロシア・ワールドカップで3大会連続ゴールを記録するなど活躍。日本代表のベスト16入りに貢献していたが、大会後にワールドカップへの出場は今回が最後であることを明言していた。

▽さらに、今月初めに東京オリンピックを目指して活動すると明かすと、6日にはメルボルン・ビクトリー入りが発表。さらに、12日にはカンボジア代表の実質的監督になることが発表され、サッカー界を賑わせていた。

▽そんな本田は15日、メルボルン・ビクトリーの入団会見を実施。自身の考えを語った。

──オランダから始まり5カ国目の海外挑戦となりますが、挑戦において譲れないものは

「物凄くシンプルな質問で、しっかりとトレーニングを積むこと。そして、翌日のハードなトレーニングのために食事をとって休養をとること。このサイクルを繰り返すことで、これまでいくつかの結果を出してきました。ここでも同じことをやるだけだと思っています」

──ポジションのことについて。ボランチということも話が出ているが監督と話したか

「話したといえば話しましたし、まだそこまで僕が考えていることを全て話してはいません。この決断を下すのに大事だったのはポジションではありません。メルボルン・ビクトリーでの新たな挑戦にかけてみたいと思いました。自分のポジションに対して考えていることは監督とディスカッションしながら、チームにとって良いポジションでプレーしたいと思います」

──今回の決断に“リトルホンダ”は出てきたのか。また、背番号はどうなるか

「番号に関してはまだ決まっていなくて、クラブと調整して話しています」

「決断するにあたっては、ミランの時にあのような事を言いましたけど、結構あの答えは大げさではなく、どんな決断をする時も、自分に問う、それを答えを出すというのは誰でもされていることだと思います。面白おかしく今回は言えませんが、自分の中でしっかり自問自答して出した答えだと思います」

──カンボジア代表での役割とメルボルン・ビクトリーでの役割はどちらに比重があるのか。東京オリンピックでオーバーエイジ枠でプレーすることに対して、メルボルン・ビクトリーでのプレーはプラスになるか

「カンボジアとこちらだと、基本的に試合はかぶりません。かぶった時は、メルボルンを優先します。基本的にそういった考え方でやっていますし、こちらに居るということはそれを象徴しています」

「メルボルンは毎週ありますが、代表は毎週あるわけでなく、2カ月に1回ということです。カンボジアサッカー協会と連携してやることなので、僕がコチラにいても僕の考えを遂行してくれるという考え方です」

「オリンピックに関しては、自分が伸びることを楽しみにここに来ているので、想像を超えるような成長をみんなに見せられたらなと思います。オリンピックでプレーする上で、このクラブは一番成功できるクラブだと確信しています」

──メルボルンでの挑戦で一番楽しみにしていることは

「チームで何の大会でも良いので、トロフィーを獲ることを楽しみに来ています。なんとか成し遂げたいと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

久保、カスティージャでもなくフベニル登録へ? なぜ?

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英は、フベニルA(U-19以下のカテゴリー)に登録されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏、FC東京からマドリーに加入した久保。新シーズンは同クラブのBチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャ(スペイン3部)でのプレーが見込まれている中、そのポテンシャルが評価され、現在はトップチーム選手とともにアメリカでのプレシーズンツアーに参加している。 日本のみならず、スペイン国内でも日に日に注目を集める久保だが、フベニルAに登録されたとのこと。しかし、これは久保がトップチームでもカスティージャでもプレーしやすくなるためのものだそうだ。 リーガエスパニョーラは、スペイン人とEU加盟国以外の選手による外国人枠が3名までと決められている。現在、マドリーにはブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール、ブラジル代表DFエデル・ミリトン、U-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスらが在籍しており、通常なら久保はこれらの選手たちと外国人枠を争わなくてはならなくなる。 しかし、ユースチームの選手であれば、トップチームとカスティージャで外国人枠にカウントされずにプレーすることが可能に。これは昨シーズン、序盤はBチームでプレーし、途中からトップチームでの出場機会を増やしていったヴィニシウスにも使われていた方法だ。 当面はカスティージャでプレーすることになっている久保だが、今回の方法で外国人枠に関係なくトップチームでの出場が可能となれば、早い段階で久保がトップチームの選手としてピッチに立つ時が訪れる可能性は高まると言えるだろう。 2019.07.18 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤先発のニューカッスル、ウルブズに完敗…《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、ニューカッスルvsウォルバーハンプトンが17日に中国で行われ、0-4でウルブズが快勝した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は63分までプレーしている。 武藤が1トップで先発したニューカッスルだったが、徐々に押し込まれる展開を強いられると、15分に先制を許す。ジョニーのパスを受けたジョッタがボックス手前左で仕掛けてゴール左隅に蹴り込んだ。 その後も攻勢に出るウルブズは33分に突き放した。ジョニーのパスを受けたギブス=ホワイトがペナルティアーク左からゴール右にシュートを突き刺した。 さらに40分、ジョッタがボックス内で相手DFのボールを奪ってこの試合2点目を叩き込み、ウルブズが3-0として前半を終えた。 後半も攻め手のないニューカッスルは63分に見せ場を作れなかった武藤が交代となってしまう。そして85分、CKの流れからオウンゴールを献上し、0-4で惨敗。 勝利したウルブズはマンチェスター・シティvsウェストハムの勝者と20日に決勝を戦う。 ニューカッスル 0-4 ウォルバーハンプトン 【ウォルバーハンプトン】 ジョッタ(前15、前40) ギブス=ホワイト(前32) OG(後40) 2019.07.17 22:37 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司、ドルトムントの米国ツアー不参加…今夏移籍決定的に

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(30)がアメリカで行われるプレシーズンツアーに参加しないことがわかった。 ドルトムントは15日、アメリカツアー参加者26名のメンバーリストを公表。その名簿のなかに元ドイツFWアンドレ・シュールレとともに、香川の名前もなかった。 香川は、昨シーズン途中に出場機会を求めてベシクタシュにレンタル移籍後、今夏にドルトムント復帰。12日のテストマッチで途中からピッチに立ち、1得点1アシストを記録した。 その香川は、新シーズンもルシアン・ファブレ監督の構想に含まれておらず、以前から今夏移籍が有力とする報道が加熱している。 2019.07.16 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安加入のボローニャを率いるミハイロビッチ監督が白血病を告白

ボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督(50)が記者会見で白血病であることを明かした。 ミハイロビッチ監督は体調不良を理由にプレシーズンのキャンプに同行しておらず、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』は病状は不明なものの深刻な病であると報じていた。 そんな中、現地時間13日16時半から公式会見を行ったミハイロビッチ監督は、自身の病状について以下のように語った。 「急性白血病と診断された。相手は強力だが決して倒せないものではない。(監督として)選手達にいつも話しているように、攻撃して勝ちに行く。ただ守るだけではすぐに負けてしまうだろう。私はあらゆる戦術を使いきりこの戦いに勝利できると確信している」 「私は家族のため、子供たちのため、私を愛してくれている人たちのためにこの白血病との戦いに勝利する」 現役時代に闘争心溢れる守備と正確且つパワフルな左足のプレースキックを武器にラツィオやサンプドリア、インテルで活躍した元ユーゴスラビア代表DFのミハイロビッチ監督は、指揮官転身後にカターニャやフィオレンティーナ、サンプドリア、ミラン、トリノの監督を歴任。 ボローニャでは今年1月末に降格圏の18位に低迷していたチームを引き継ぐと、規律と闘争心を植え付けて最終的に10位まで浮上させ、余裕の残留に導いた。 なお、ボローニャのチームドクターは、ミハイロビッチ監督が16日から白血病の治療を開始することを明かしている。 2019.07.14 02:05 Sun
twitterfacebook
thumb

"ルーマニアのレジェンド"ハジの息子が伊東純也と同僚に 父が指揮するクラブからヘンクに完全移籍

日本代表MF伊東純也が所属するヘンクは12日、ルーマニアのヴィトルル・コンスタンツァからルーマニア代表MFヤニス・ハジ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年まで。 レアル・マドリーやバルセロナでプレーしたルーマニアサッカー界のレジェンドであるゲオルゲ・ハジ氏の息子として知られるヤニスは、2009年に父が創設したヴィトルル・コンスタンツァでプロデビューを飾ると、2016年にはフィオレンティーナに加入。2018年1月にヴィトルル・コンスタンツァへ復帰し、父が指揮官を務める中、昨シーズンはキャプテンを務め、公式戦39試合で14ゴール8アシストを記録した。 すでにA代表デビューも飾っており、先月に開催されたU-21欧州選手権2019では、4試合で2ゴール1アシストの活躍でルーマニア代表を準決勝進出に導いた。 ちなみにヤニス・ハジは今夏、バルセロナ、セビージャ、アヤックスなどからの関心が伝えられていた。 2019.07.13 08:55 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース