武藤嘉紀の強力なライバルに?ニューカッスルがベネズエラ代表FW獲得間近

2018.08.06 13:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
武藤嘉紀を獲得したニューカッスルだが、新たなストライカー獲得に迫っているようだ。英『スカイスポーツ』が伝えている。

憧れのプレミアリーグ挑戦へ向け、今夏の移籍を志願していた武藤。マインツとニューカッスルは移籍に関して950万ポンド(約14億円)で合意し、2日には就労ビザが無事発行され、晴れてニューカッスルの選手となった。

日本代表アタッカーを獲得したニューカッスルだが、さらにストライカーを補強するつもりのようだ。

『スカイスポーツ』によると、2部のWBAに対し200万ポンド(約3億円)とFWドワイト・ゲイルを差し出し、ベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンを1年間のレンタルで獲得することで合意したという。

ラファエル・ベニテス監督は「競争を激しくしたい」とし、数選手の補強を望んでいることを明らかにしている。武藤は前線であれば複数ポジションでプレーすることが可能ではあるが、プレミアリーグで108試合出場と経験豊富なストライカーが加入すれば、強力なライバルとなることは間違いないだろう。


提供:goal.com
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly