ルカクがポルトガル語をマスターしていることが判明! 先生はチェルシー時代のあの職人

2018.07.08 22:22 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽世界各国のメディアが集まるワールドカップでは選手たちの意外な語学スキルが明らかになる。今回、ベルギー代表FWロメル・ルカクが完璧なポルトガル語でインタビューに答えたことが話題になっている。イギリス『101GREAT GOALS』が伝えている。

▽6日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝でブラジル代表を2-1で撃破したベルギー。その立役者の1人であるルカクは、試合後のミックスゾーンでブラジル人ジャーナリストから質問を受けると、完璧なポルトガル語で応対して取材陣を驚かせた。

▽ベルギーのアントウェルペン生まれのルカクは、オランダ語やフランス語を主に使い、イングランドでのプレー経験から英語も取得している。だが、ポルトガル語を取得していることは知られていなかった。

▽そのため、今回のルカクの応対に驚いたメディアは何故ポルトガル語をしゃべれるのかと問うと、同選手は自身がチェルシーの若手時代に同居していた元ポルトガル代表DFジョゼ・ボシングワから日常的にポルトガル語を学んでいたことを明かした。

▽ルカクはボシングワとの細かい関係に関しては言及していないものの、共にコンゴ民主共和国にルーツを持つことから、先輩のボシングワが若かりし頃のルカクのサポートを買って出た可能性が高いようだ。

▽なお、今回のW杯ではルカクの親友でもあるフランス代表MFポール・ポグバもグループリーグのペルー代表戦後のミックスゾーンで流暢なスペイン語を披露していたことも話題になった。こちらに関してはスペイン語と比較的近い、イタリア語を習得していることや、スペイン移籍に向けて語学学習を行っている成果との説が出ていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリvsインテル視察のベルギー指揮官がメルテンスを絶賛「選手キャリアの絶頂期を迎えている」

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、FWドリエス・メルテンスを絶賛した。 コッパ・イタリア準決勝2ndレグ、ナポリvsインテルが13日に行われ、試合は1-1で終了。1stレグを1-0で勝利していたナポリが2戦合計2-1として決勝進出を決めた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3TXB2WlNpeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ナポリとインテルはそれぞれベルギー代表のメルテンスとFWロメル・ルカクを擁していたこともあり、マルティネス監督は試合の視察に訪れていた。 マルティネス監督は試合後、ベルギー公共放送『RTBF』のインタビューに応え、ナポリの決勝点となる同点弾を決めたメルテンスについて言及。クラブ記録となる通算122点目を記録したストライカーを絶賛した。 「信じられない試合だった。素晴らしい」 「メルテンスとロメル・ルカクの2人がコッパ・イタリアの準決勝で対戦しているところを見られるというのは素晴らしいことだと思う」 「最近のフットボール界ではクラブへの忠誠心というものはあまり目にしなくなってしまったが、ドリエスはナポリで歴史を作ることを望み、彼のクラブ愛を示している」 「彼は選手キャリアの絶頂期を迎えており、ナポリではほとんど神のような存在になっている。多くの成功に相応しい選手だ」 メルテンスは、インテル、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドなど国内外の強豪クラブからの関心が報道されているが、ナポリとの新契約締結に向けて交渉が進んでいると噂されている。 2020.06.15 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表、ロベルト・マルティネス監督と契約延長! カタールW杯まで指揮

ベルギーサッカー協会(KBVB)は20日、ベルギー代表の指揮を執るロベルト・マルティネス監督(46)との契約延長を発表した。 契約期間は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)までとなり、テクニカル・ディレクター職も引き続き兼任する。なお、ベルギー『HLN』によると、給与に関しては現行の年俸120万ユーロ(約1億4000万円)から倍増となる見込みだ。 ベルギー代表との契約を2年半延長することになったマルティネス監督は、20日正午に行われるオンライン会見を前に、KBVB公式サイトへコメントを寄せている。 「ユーロの延期によって我々の協力関係をストップすることは事実上不可能だった。ベルギーサッカー協会は野心的な計画を持っており、短期的にも長期的にも熱意を持って楽しみたいと思っている」 「今後の2年半はユーロ、UEFAネーションズリーグ、2022年のカタール・ワールドカップ予選、そして本大会と、代表チームにとって特に忙しい期間になるはずだ」 「ベルギーフットボールの未来に向け、働き続けられることを嬉しく誇りに思っている」 スペイン人指揮官のマルティネス監督はスウォンジー・シティ、ウィガン、エバートンとプレミアリーグでの監督経験を経て2016年にベルギー代表監督に就任。 世界屈指のタレント力を誇るチームに、後方から丁寧にボールを繋いでいく能動的なスタイルを植え付け、ここまで指揮した43試合の戦績は34勝6分け3敗。その圧倒的な戦績によって同代表は、現FIFAランキングで1位を維持している。 また、自身初の大舞台となった2018年ロシアW杯ではベルギー史上最高位となる3位に躍進させている。 両者の現行契約は2020年6月末までとなっていたが、同期間に予定されていたユーロ2020が、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により1年の延期を強いられたことで、契約見直しの必要性が出てきていた。 さらに、2022年11月に開催されるカタールW杯への短い準備期間を考慮し、同大会まで現体制の継続がベターと判断したようだ。 2020.05.20 18:18 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルの補強策の裏にルカクあり? ベルギー代表の同僚たちに声掛けか

インテルの今夏の補強策には1人の選手の力が大きなカギを握っている可能性があるようだ。 様々な移籍の噂が流れているインテル。特に中盤や最終ラインなどの選手を補強したいとの報道がある中、ベルギー代表FWロメル・ルカクが重要なカギを握りそうだ。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2WTFoWmFxRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ルカクは自身の力を利用し、新天地への移籍を目指しているベルギー代表のチームメイトを加入しているようだ。 その中には、ナポリのFWドリエス・メルテンス、トッテナムのDFヤン・ヴェルトンゲン、パリ・サンジェルマンDFトーマス・ムニエらが含まれている。 いずれの選手も今シーズン限りで所属クラブとの契約が満了を迎え、契約延長はまだしていない状況だ。 メルテンスには、チェルシーなども興味を示しているが、ルカクが介入してインテルへ連れてくるアイデアがあるとのことだ。 また、カリアリに今シーズンレンタル移籍しているMFラジャ・ナインゴランも、来シーズンはインテルに留めてプレーをさせる考えもあるとのこと。来シーズンのインテルはベルギー色が強くなっている可能性がありそうだ。 2020.05.16 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

リーグ戦打ち切りのベルギー、18日から最大20名までのチームトレーニング再開が許可

ベルギーサッカー協会(KBVB)は13日、国内クラブに対してトレーニング再開の許可を発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、各国でサッカー活動が停止していた中、ベルギーでは4月4日にジュピラー・プロ・リーグの打ち切りが決定していた。 その後、UEFA(欧州サッカー連盟)によって来季の欧州カップ戦締め出しの可能性を示唆され、その決定を見送っていたものの、ベルギー政府が7日に7月31日までプロスポーツ活動の停止を指示。その結果、再開は不可能となっていた。 そんな中、ベルギーの安全保障理事会は13日に段階的な緩和措置としてフェーズ2に移行すること発表。これにより、18日から屋外でのトレーニングセッションが行えるようになったとのことだ。 屋外でのトレーニングセッションを行う場合でも様々な細かい条件が設定されており、それを遵守することが求められている。 例えば、ソーシャル・ディスタンスとして他人と1.5m以上の距離を取ること。また、最大で20人のグループでのみ実施が可能ということ。また、トレーナー立会いの下、クラブでの実施のみ許可されるなどがある。 もちろん、トレーニングの見学は禁止。また、食堂の利用やロッカールームの利用も感染リスクが高いため禁止されている。これらが遵守できるクラブのみ、トレーニング再開の許可が下りるとのことだ。 なお、リーグ戦については、政府の通達どおり再開されないとのこと。新シーズン開幕に向けたコンディション調整に取り組むこととなる。 2020.05.14 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

PLアシスト記録のアンリ氏、教え子デ・ブライネの更新に期待!

元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏は、ベルギー代表時代の教え子に自身のアシスト記録更新を期待している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今シーズン、リバプールの後塵を拝している2位のマンチェスター・シティにあって、個人として抜群のパフォーマンスを披露しているのが、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだ。 28歳の天才司令塔はここまでのプレミアリーグで26試合に出場し、8得点16アシストという見事な数字を残している。 2016年から2018年までベルギー代表のアシスタントコーチとしてデ・ブライネを指導していたアンリ氏(現モントリオール・インパクト監督)は、『スカイ』の元同僚であるジェイミー・レドナップ氏との対談の中でかつての教え子に言及。「普通じゃない」との言葉を使い、その才能を絶賛している。 「彼は素晴らしい選手だよ。彼のプレーを普通の感覚で見ることは愚かなことだ。彼のプレーが普通では考えられないほど高度なものであることを、みんなに理解してほしいね」 「彼の脳はどこか別の場所にあるみたいだ。それはとんでもないものだ。彼と出会い、一緒に働いたが、何も強制せず自由にプレーさせるべき類の選手だったよ」 「彼が何を考え、どのようにプレーしているかを理解し始めたら、恐らく頭痛の種になってしまうはずだ。彼は別の惑星(次元)にいるのだからね」 また、アーセナル時代の2002-03シーズンに1シーズンにおけるプレミアリーグ記録となる20アシストの数字を残しているアンリ氏は、デ・ブライネの記録更新を期待している。 「ケビン・デ・ブライネに伝えたいことが少しある。我々はベルギー代表でアシスト記録に関する冗談を言い合ってきたんだ」 「『今年は記録に近かったね』って私が言えば、彼は『いつか記録を超える』って返してきたよ」 「(ベルギー代表DFヴァンサン・)コンパニの功労記念試合で会ったときに、彼は『今年こそ記録に迫る』と言ってきたよ。だから、『できるさ。君は素晴らしい選手だからね』って返事をしたよ」 2020.05.08 21:40 Fri
twitterfacebook