インテル移籍のルカク「僕はネッラズーリをトップに戻すために来た」

2019.08.09 16:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルに移籍したベルギー代表FWロメル・ルカク(26)がコメントした。

今夏、セリエA行き希望を公言したルカク。そのなかで、インテルが長らく関心を示してきた。だが、マンチェスター・ユナイテッドと金銭面で折り合いがつかず、交渉が難航。それでも、プレミアリーグの移籍市場が閉幕する8日、5年契約でインテル行きが決定した。

その当日にミラノ入りしたルカクは、「インテルは僕は希望した唯一のクラブ。インテルは誰でも加入できるクラブじゃないからね。僕はネッラズーリをトップに戻すために来た」と語り、インテルサポーターにスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァでの活躍を誓っている。

なお、推定移籍金はインテル史上最高額の7500万ユーロ(約88億8000万円)。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、内訳は移籍金6500万ユーロ(約77億円)+ボーナス1000万ユーロ(約11億8000万円)で、ルカクは年俸850万ユーロ(約10億円)を受け取るという。

関連ニュース
thumb

インテル加入のチャルハノールがクラブを絶賛「雰囲気が良く、素晴らしいファンがいる」

インテルに加入したトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、新天地での意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 チャルハノールは2017年7月にミランへ加入すると、公式戦通算172試合出場32ゴール48アシストを記録。今シーズンもセリエA33試合出場4ゴール10アシストの成績を残しており、チームの7年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献した。 一方で、今月末に切れる契約の延長交渉はサラリー面で隔たりがあり、遅々として進まず。すると、MFクリスティアン・エリクセンが心臓の問題によって離脱濃厚となっているインテルが、より良い条件を提示したことで、来季フリーでの加入が決定した。 公式サイトで加入後初のインタビューを受けたチャルハノールは、クラブを絶賛。住み慣れたイタリアでの活躍を誓い、クラブに多くのものをもたらしたいと意気込んだ。 「今の気分はとても良いね。インテルは素晴らしいチームであり、雰囲気が良く、素晴らしいファンがいると知っている。僕は今から休暇に入るけど、すでに良い気持ちでいるよ。今年もスクデットを獲得したいと思っているし、このチームはこれからだね」 「イタリアでの最初の1年は言葉が通じなくて大変だった。でも徐々に言葉や街の様子がわかるようになり、多くの友人と出会い、年々成長してきたと思う。今ではピッチ上だけでなく、ピッチ外でも多くの友人や同僚がいる。昨シーズンはとてもうまくいったから、来年も同じようにしたい」 「僕はシモーネ・インザーギ監督の用いる3-5-2のシステムを知っている。彼の話し方はとても好きだし、ポジティブなことをたくさん聞いているよ。僕はイタリアで何かを勝ち取りたいと思っている。だから、素晴らしい目標があることはとても重要だ」 「僕には何が何でもゴールを決めたいという利己的な部分はない。ゴールを決めることより、チームメイトのために貢献することが好きなんだ。大事なのはチームが勝つことであり、何よりもグループが優先されるべきだと思う」 「インテルでシャツは簡単に与えられるものではないだろう。だから、努力しなければならない。努力を怠らず本気で取り組めば、必ずチャンスはやってくるはずだ」 「一人ひとりの選手、チームメイト全員にとって、ケガのないシーズンを過ごすことが第一の目標だと思う。そのうえで、リーグ戦の連覇とCLでの活躍を目指したいね」 また、インタビューの最後にインテルのファンに向けてコメントを求められたチャルハノールは、加入できた幸せを強調している。 「インテルのファンの皆さん、こんにちは。僕はここに来られてとても幸せだよ。フォルツァ・インテル!」 2021.06.23 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがミランからチャルハノールを獲得! 契約満了に伴い実力者をフリーで獲得

インテルは22日、ミランからトルコ代表MFハカン・チャルハノール(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 チャルハノールは今シーズンのセリエAで33試合に出場し、4ゴール10アシストの数字を残し、ミランの2位フィニッシュと共に7年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献していた。 そのため、クラブは今月末までとなっていた契約の更新に向けて年俸400万ユーロ(約5億2000万円)と言われるオファーを提示していたが、より多くのサラリーを求める同選手はこの申し出を固辞。 そして、幾つかのビッグクラブが関心を示していた中、年俸450万ユーロ(約5億9000万円)と100万ユーロ(約1億3000万円)のインセンティブという条件でチャルハノールを説得した宿敵インテルが新天地となった。 2017年夏にレバークーゼンからミランへ加入したチャルハノール。在籍4年間で、公式戦172試合32ゴール48アシストを記録した。 なお、トルコ代表としてユーロ2020に出場していたチャルハノールだったが、チームがグループA3連敗で敗退となったため、すぐさまミラノ入りし、メディカルチェックを受診していた。 2021.06.23 01:50 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル退団のコンテ「1年間は勉強に」、エリクセンには「サッカーは後回しだ」

インテルに11年ぶりスクデットをもたらしたものの、シーズン終了後に双方合意の下で退団したアントニオ・コンテ氏。 親会社のコスト削減により思うような補強ができないことが想定された中での退団となった。契約の問題により1年間はインテル以外のセリエAのクラブを指揮できない規定となっているが、コンテ監督は今後についてイタリア『Radio Anch'io Sport』に次のように語っている。 「1年間は勉強し続けることになるだろう。望ましくない状況だが、この機会を最大限に生かしたい。家族と一緒にいる時間も持てるしね。進化を続けるサッカー界を注視していくよ」 また、教え子のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが倒れたことに関しては以下のように述べた。 「これまでの人生でも最も恐ろしい瞬間だった。あのような光景は見たくない。だが、無事で何よりだった。これが何より重要だよ。クリスティアンには家族としばらく安静にしていて欲しい。サッカーは後回しだよ」 2021.06.22 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チャルハノールがミランのオファーを蹴ってインテルへ! 3年契約締結間近に

トルコ代表MFハカン・チャルハノール(27)のインテル移籍が迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ミランとの契約が今月末までとなっているチャルハノール。『メディアセット』などのイタリアメディアによると、クラブは年俸400万ユーロ(約5億2000万円)のオファーを提示し、選手側からの返答を待っていたが、ロマーノ氏によるとトルコ代表MFはこれを拒否した模様だ。 そして、新天地はお隣インテルが決定的に。伝えられるところでは、インテルは年俸450万ユーロ(約5億9000万円)と100万ユーロ(約1億3000万円)のアドオンでチャルハノールを説得。契約は2024年6月までと見込まれている。 2017年夏にレバークーゼンからミランへ加入したチャルハノール。在籍4年間で、公式戦172試合32ゴール48アシストを記録した。 なおユーロ2020では、同選手擁するトルコ代表はグループステージ3連敗で敗退が決定している。 2021.06.21 20:49 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ハキミ後釜は新監督の古巣から?

インテルが、ラツィオのイタリア人MFマヌエル・ラッツァーリ(27)に関心を示しているようだ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。 新型コロナウィルス蔓延の影響で緊縮財政を強いられているインテル。今夏に8000万ユーロ(約104億円)の収益が必須とされる中、移籍市場での動きにも制限がかかることから上層部との補強方針に齟齬が生じたアントニオ・コンテは、11年ぶりのスクテッドに導いたにもかかわらず、シーズン終了直後にクラブを退団している。 また、主力選手の売却による収益も見込んでおり、現状で移籍間近とされているのがDFアクラフ・ハキミだ。今季のコンテ政権で右サイドの主軸として活躍したモロッコ代表DFには、チェルシーとパリ・サンジェルマンが興味を持っており、一説ではチェルシーが6000万ユーロ(約80億円)とDFマルコス・アロンソの譲渡という条件のオファーを提示したとも言われている。 いずれにせよ、ハキミの退団は既定路線となっていることから、その後釜が注目されているが、伝えられるところによると、新監督の意向によりラッツァーリがリストに挙がっているようだ。 コンテ前監督の後任に据えられたのはシモーネ・インザーギ監督。今季まで4シーズン率いたラツィオでは安定してセリエA上位に名を連ね、13シーズンぶりの出場となった今季のチャンピオンズリーグではベスト16進出を果たした。 そのS・インザーギ監督が信頼を置いていたのがラッツァーリだった。スピード、アジリティ、運動量を武器に右ウイングバックで絶対的な地位を築き、加入から2シーズンで公式戦79試合出場3ゴール10アシストを記録した。 そのラッツァーリ獲得には2500万ユーロ(約32億7000万円)が必要とされているが、ハキミを上記の金額で売却することができれば問題にはならないだろう。 ただ、今のところラツィオ側に放出の意思がないことも事実。去就は新たに就任するマウリツィオ・サッリ監督次第にもなるだろうが、果たして。 2021.06.19 14:26 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly