キャバイエがUAEのアル・ナスルへ移籍、契約期間は2年2018.07.04 04:32 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UAEのアル・ナスルは3日、クリスタル・パレスを退団していた元フランス代表MFヨアン・キャバイエ(32)を獲得したことを発表した。契約期間は2年間となっている。▽リールでプロキャリアをスタートさせたプレーメーカーのキャバイエは、ニューカッスル、パリ・サンジェルマンを経て、2015年夏にクリスタル・パレスへ移籍。クリスタル・パレスでは在籍3年で公式戦109試合に出場して10ゴール6アシストを記録。2017-18シーズンはプレミアリーグで31試合に出場し、チームの残留に貢献していた。

▽フランス代表としては48試合に出場しているが、2016年7月以降招集されていない。

▽なお、アル・ナスルではクリスタル・パレス在籍時同様、背番号7を付けることが決まっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、ワン=ビサカ獲得か SB史上最高額で合意

マンチェスター・ユナイテッドがクリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の移籍交渉をまとめたようだ。イギリス『レコード』が報じている。 今夏、右サイドバックを補強ポイントの1つに掲げるユナイテッド。その筆頭に挙がっているのが、今シーズンのクリスタル・パレスで年間最優秀選手に輝くなど、プレミアリーグ屈指の右サイドバックとして株を上げたワン=ビサカだ。 移籍金4000万ポンド(約54億5000万円)の1stオファーでクリスタル・パレスを納得させられなかったユナイテッドだが、最終的に5500万ポンド(約75億円)でクラブ間合意に達したという。 これが事実であれば、同額はマンチェスター・シティに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディが2017年夏にモナコから加入時に記録した5750万ユーロ(現レートで約69億7000万円)を上回るサイドバック史上最高額となる。 なお、ユナイテッドは今夏、スウォンジーからウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(21)を獲得。この報道どおり、ワン=ビサカは2人目の新戦力として赤い悪魔入りとなるのだろうか。 2019.06.20 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ獲得へリベンジ! ユナイテッド、移籍金上積みで2度目のオファーを提示

マンチェスター・ユナイテッドが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に再度オファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンのクラブ年間最優秀選手に輝いている。 同メディアによると、そのワン=ビサカ獲得に向け、ユナイテッドは先日、3500万ポンド(約47億5000万円)のオファーを提示。しかし、C・パレス側に拒否されていた。そして今回伝えられるところによると、ユナイテッドは1500万(約20億3000万円)ポンドを上積みした5000万ポンド(約67億8000万円)で2度目のオファーを提示したという。 ただ、その内容は3500万ポンド(約47億5000万円)と1500万ポンド(約20億3000万円)の分割払い。C・パレスは一括払いであれば、4500万ポンド(約61億円)から5000万ポンド(約67億8000万円)で移籍に応じる意向も、この契約内容には納得いかず。またも失敗に終わったようだ。 ワン=ビサカはユナイテッド移籍に前向き。しかし、トランスファーリクエストを提出することや移籍を訴えることは考えていないようだ。 2019.06.18 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ、ユナイテッド移籍に前向きか

クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)は、マンチェスター・ユナイテッド移籍に前向きだという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンのクリスタル・パレスで年間最優秀選手に輝くなど、プレミアリーグ屈指の右サイドバックとして株を上げたワン=ビサカ。今夏、右サイドバックの強化に動くユナイテッドの関心が指摘され続けており、動向に注目が集まっている。 ワン=ビサカを売る気がないクリスタル・パレスは、そのユナイテッドから4000万ポンド(約54億9000万円)の1stオファーが届いたが、拒否しており、5000万ポンド(約68億6000万円)以上での売却方針を固めているという。 ただ、ワン=ビサカ本人は移籍に好意的。クリスタル・パレスとの契約を3年残している状況もあり、現時点でトランスファーリクエストこそ提出していないが、2度目のオファーを準備するユナイテッドへの移籍を考慮している模様だ。 2019.06.14 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに光明? 交渉難航中のワン=ビサカ本人は移籍を希望か

クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の交渉に苦戦しているマンチェスター・ユナイテッドだが、望みはありそうだ。イギリス『デイリー・メール』が同国『サン』を引用して伝えている。 C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンのクラブ年間最優秀選手に輝いている。 ユナイテッドはそのワン=ビサカに対して、先日、移籍金4000万ポンド(約55億円)でのオファーを提示。しかし、最低でも6000万ポンド(約82億5000万円)を要求するC・パレスに拒否された。 現在、ユナイテッドは代替案としてパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエ(27)にも関心を寄せているものの、トップターゲットは依然としてワン=ビサカ。激しいプレミアリーグにすでに適応している点を評価しており、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドが要求額に近い金額で2度目のオファーを提示する準備を進めていることが伝えられている。 一筋縄ではいかないことが予想される今回のオペレーション。ところが、今回伝えられるところによると、ワン=ビサカはユナイテッドへの移籍を希望しているとのこと。トランスファーリクエストこそ提出するには至っていないものの、クラブに今夏のユナイテッド移籍の容認を要求しているという。 2019.06.12 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカを諦めず…ユナイテッド、2度目のオファーを準備

マンチェスター・ユナイテッドが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の獲得に向けて2度目のオファーを提示するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンのクラブ年間最優秀選手に輝いている。 そのワン=ビサカに対して、長きにわたって注視してきたユナイテッドは先日、同選手獲得へ移籍金4000万ポンド(約55億円)のオファーを打診した。しかし、C・パレス側はこれを拒否。同メディアによると、最低でも6000万ポンド(約82億5000万円)を求めていることが伝えられていた。 だが、ユナイテッドはワン=ビサカの獲得を諦めず。今回、その要求額に近い金額を準備し、再度、オファーを提示する方向に向かっているようだ。 2019.06.11 08:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース