フィオレンティーナがU-21スロバキア代表DFを獲得!2018.06.14 21:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フィオレンティーナは14日、スロバキアのジリナからU-21スロバキア代表DFダビド・ハンコ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。同選手は数日以内にメディカルチェックを受診後、2023年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。▽ジリナの下部組織出身のハンコは2016年にトップチームデビュー。188cmの恵まれたサイズと高精度の左足を武器に攻守両面で貢献できるモダンなセンターバックは、今季の公式戦32試合に出場し4ゴール4アシストの数字を残していた。

▽なお、ジリナからセリエAへの移籍ではスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルがジリナからサンプドリアに移籍し、そこからインテルにステップアップを果たしており、ハンコも3歳上の同胞と同じキャリアを歩むことが期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

来季限りで契約満了のエル・シャーラウィ、クラブに年俸アップを要求か

ローマに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)が、クラブに対して昇給を要求しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 来シーズン終了後にローマとの契約が満了を迎えるエル・シャーラウィは、契約延長に近づいているものの、昇給を望んでいるようだ。伝えられるところによれば、エル・シャーラウィは年俸300万ユーロ(3億6700万円)+ボーナスの4年契約を求めているとのことだ。 しかし、同メディアはローマが今夏に獲得を目指すしているフィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の交渉の一部にエル・シャーラウィを加えるのではないかと伝えており、パウロ・フォンセカ新監督の構想から外れている可能性を示唆している。 2016年の冬にレンタル移籍でローマに加入したエル・シャーラウィは、セリエA16試合に出場し8ゴールを挙げる活躍をみせ、同年6月に完全移籍。これまでローマでは、在籍3年半で公式戦139試合に出場し40ゴール26アシストをマーク。今季はセリエA28試合に出場しチーム最多の11ゴールを記録していた。 2019.06.24 00:32 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナの宝石、キエーザが残留へ

フィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(21)がユベントスからの移籍話を断り同クラブに残留する見込みが高まったとイタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏を父に持つキエーザはフィオレンティーナの下部組織出身。各年代別代表に選出されるなど高い評価を得ていた中、2016-17シーズンの開幕戦ユベントス戦で18歳にしてセリエAデビュー。2018年3月には親善試合のフル代表にも選出されアルゼンチン戦で代表デビューをはたした。 将来性を期待したユベントスから移籍のオファーがあったが、新オーナーに就任したアメリカの大富豪ロッコ・コミッソ氏のおかげでフィオレンティーナの宝石であるキエーザを守ることが出来たと同紙は伝えている。 一方のユベントスは引き続きインテルのFWマウロ・イカルディも狙っているとされ、その交換要員ともされているFWパウロ・ディバラやMFドグラス・コスタの動向も含め今後も目が離せない。 2019.06.21 19:26 Fri
twitterfacebook
thumb

新生フィオレンティーナ、モンテッラ監督の続投を発表

フィオレンティーナは14日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督(44)の続投を発表した。 4月に4年ぶりにフィオレンティーナの監督に復帰したモンテッラ監督は、就任後のセリエAで2分け5敗と勝利を手にできず、チームは残留争いに巻き込まれた。何とか16位でシーズンを終え残留を果たしていたものの、2021年まで結んだ契約がそのまま履行されるかは微妙な状況だった。 しかし、6日にフィオレンティーナの新オーナーに就任したロッコ・コミッソ氏がモンテッラ監督と14日に話し合いを持った結果、続投が決まったようだ。コミッソ氏はモンテッラ監督について次のように話した。 「今日の午後、ヴィンチェンツォと会って素晴らしい印象を受けた。情熱に満ち溢れ、すぐに仕事を始めたがっていたよ。私は彼が以前、指揮していたフィオレンティーナを知っている。イタリアだけでなくヨーロッパでも素晴らしいサッカーを展開していた。彼の情熱はチーム、ファンに波及するものだと思う」 2019.06.15 06:19 Sat
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、U-21セルビア代表DFテルジッチを獲得

フィオレンティーナは13日、ツルヴェナ・ズヴェズダからU-21セルビア代表DFアレクサ・テルジッチ(19)を獲得したことを発表した。 ツルヴェナ・ズヴェズダの下部組織出身である左サイドバックのテルジッチは、2018年1月にグラフィチャル・ベオグラードにレンタルで移籍し、公式戦10試合に出場。今季はツルヴェナ・ズヴェズダに復帰し、リーグ戦2試合に出場した。 アンダー世代の代表では飛び級でU-21セルビア代表に招集され、今月行われるU-21欧州選手権のメンバーに選出されている。 2019.06.14 03:41 Fri
twitterfacebook
thumb

EL予選参加のローマがICC参加断念…フィオレンティーナが代役に

ローマは12日、今夏参戦予定だったインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2019への参加断念を発表した。なお、ローマの不参加に伴い、フィオレンティーナの参加が決定している。 2013年からアメリカで始まったビッグクラブが参戦するプレシーズンマッチのICC。 以前から同大会の常連だったローマは今夏、グアダラハラ(メキシコ)、アーセナル(イングランド)、ベンフィカ(ポルトガル)の3クラブと共にアメリカラウンドに参戦する予定だった。 しかし、今シーズンのセリエAを6位で終えたローマは、来シーズンにヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦からの参加が決定しており、日程面の問題でほぼ同時期に開催されるICCへの参加断念を決めた。 当初、ローマは現地時間7月16日にグアダラハラ戦、同20日にアーセナル戦、同24日にベンフィカ戦を戦う予定になっていた。しかし、前述のEL予選2回戦が7月25日に開催されるため、日程上参加が不可能となった。 なお、パウロ・フォンセカ新監督の下、巻き返しのシーズンに臨む新生ローマは、6月下旬から新シーズンに向けて始動する予定だ。 2019.06.13 00:52 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース