【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】乾、長谷部、伊藤が奮闘も軒並み厳しいシーズンに

2018.05.24 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州4大リーグの2017-18シーズンが終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人12選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低

岡崎慎司[レスター・シティ]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;">
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:27(先発:17)ゴール数:6
FAカップ出場試合数:3(先発:0)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆

◆前半戦でキャリアハイも後半戦ノーゴール
▽レスターでの3シーズン目を終えた岡崎。前半戦では監督交代があった中、キャリアハイとなる6ゴールをマークした。2桁ゴールを目指せるペースだったが、後半戦はピュエル監督の信頼を掴めず徐々に出場機会を減らし、まさかのノーゴールに終わってしまった。4月には足首を負傷し、そのまま復帰できずにシーズンが終了。チームは残留争いに巻き込まれることはなかったが、岡崎にとっては尻すぼみの消化不良なシーズンとなってしまった。なお、今季限りでのレスター退団が濃厚との報道で活躍の場をスペインに移す模様だ。

吉田麻也[サウサンプトン]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:2
FAカップ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆ディフェンスリーダー移籍で初の残留争い
▽サウサンプトンでの6シーズン目はチーム共々苦しいシーズンとなった。ディフェンスリーダーのファン・ダイクを欠いたチームは低空飛行を続け、吉田加入後では初となる残留争いに巻き込まれた。3月には監督交代もあった中、シーズン終盤にレギュラーの座を取り戻した吉田だが、残り3試合となったエバートン戦で退場するなどチームの力になりきることはできなかった。

乾貴士[エイバル]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:34(先発:31)ゴール数:5
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆絶対的レギュラーの座を確立
▽エイバルでの3シーズン目を迎えた乾は、絶対的レギュラーの座を確立した。不動の左サイドとして君臨した乾は、守備のタスクをこなしつつ、ゴールに絡むプレーを続けた。乾の活躍もあってエイバルはシーズン序盤の躓きをものともせず、楽々と残留。目標を果たした乾は来季、ヨーロッパリーグに出場するベティスへの移籍が濃厚となっている。

柴崎岳[ヘタフェ]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:22(先発:12)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ☆☆☆☆

◆バルサ戦でゴラッソも悔しい長期離脱
▽昇格プレーオフを戦った相手のヘタフェに加入してプリメーラ初挑戦となった柴崎は、トップ下の位置で開幕スタメンの座をつかむと、第4節バルセロナ戦で強烈な左足ボレーによるゴラッソを叩き込んだ。華々しいスタートを切った柴崎だったが、そのバルセロナ戦で左足中足骨を骨折し、約2カ月半戦列を離れることになってしまった。この負傷が響き、シーズンを通してコンスタントに出場機会を得ることができなかった。チームはヨーロッパリーグ出場権争いに絡む良いシーズンを過ごしたが、柴崎にとっては悔しいシーズンとなった。

香川真司[ドルトムント]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:19(先発:12)ゴール数:5
チャンピオンズリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆
◆負傷でシーズン終盤を棒に
▽12月に就任したシュティーガー監督によってゴールにつながるプレーが増え、復調した感のあった香川。だが、2月に左足首を負傷すると、そこから復帰までにかなりの時間を要してしまった。結局、復帰できたのが最終節と、チャンピオンズリーグ出場権争いをしていたチームを助ける働きはできなかった。ワールドカップに向けて大きな不安の残るシーズンとなっている。

大迫勇也[ケルン]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:25(先発:23)ゴール数:4
ヨーロッパリーグ出場試合数:6(先発:3)ゴール数:2
DFBポカール出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆ストライカーの役割果たせず
▽ケルンでの4シーズン目を終えた大迫は、チームを降格の危機から救うことができなかった。昨季までの点取り屋であったモデストを失ったチームの中で大迫がエースストライカーとしての役割を果たして欲しかったところだが、わずか4ゴールと失望の結果に終わってしまった。シーズン終了後、ブレーメンへの移籍が発表された。

長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆DFBポカール優勝
▽フランクフルトでの4シーズン目となった今季も、昨季同様にリベロでハイレベルなプレーを見せた。長谷部の安定感あるプレーによって押し上げられたチームはシーズン終盤までCL出場権争いを繰り広げ、DFBポカールでは30年ぶりの優勝を果たした。34歳と円熟味を増した長谷部に対して、クラブが1年の契約延長オファーを打診したことが、長谷部の価値を物語っている。

鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価:☆☆☆☆☆
◆何もできず
▽ここまで出場機会を得られないとは予想していなかった。鎌田の攻撃センスを持ってすればブンデスで十分に通用するかと思われたが、壁は高かったようだ。シーズン序盤にチャンスをもらったのみで、その後は見切られてしまった。来季、新監督のもとで挽回のチャンスを得られるか。

武藤嘉紀[マインツ]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:27(先発:20)ゴール数:8
DFBポカール出場試合数:3(先発:1)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆
◆キャリアハイの8ゴールで残留に導く
▽マインツでの3シーズン目を迎えた今季、武藤はエースストライカーの役割を果たしたと言えるだろう。ブンデス初挑戦のシーズンに記録した7ゴールを越える8ゴールを記録した武藤は、シーズン終盤の痺れる残留争いの試合でゴールに直結するプレーを連発し、チームを残留に導いた。この活躍が認められ、ワールドカップの候補メンバーにも滑り込んでいる。

酒井高徳[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:26)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆2年連続キャプテンもチームは史上初の降格
▽ハンブルガーSVでの3シーズン目を迎えた酒井高は、今季もキャプテンの重責を任された。しかし、チームは低空飛行を続け、泥沼の状態が続いた。今季3人目の指揮官となったティッツ監督によって最終節まで残留の可能性を残したが、55年守った1部の舞台からついに姿を消した。そのチームのキャプテンという不名誉な称号を負った酒井高だが、降格直後に残留宣言をし、クラブへの忠誠を誓っている。

伊藤達哉[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:20(先発:12)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆降格チームの希望に
▽2015年夏に柏レイソルのユースからハンブルガーSVのユースに加入した伊藤は、ギズドル監督の下、第6節レバークーゼン戦でトップチームデビュー。2人目のホラーバッハ監督には評価されなかった伊藤だが、U-21チームで指導を受けていたティッツ監督の就任によって風向きが変わる。シーズン終盤、ティッツ監督の存在によってスタメンのチャンスを得た伊藤はゴールに直結するアシストを記録し、期待に応えていった。伊藤の活躍がなければもっと早く降格が決まっていたことだろう。

浅野拓磨[シュツットガルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:15(先発:7)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆シーズン後半は戦力外に
▽アーセナルからのレンタル期間が延長となって1部に復帰したシュツットガルトに残留した浅野。シーズン前半戦は出場機会をコンスタントにもらい、ブンデス1部初ゴールも記録したが、FWゴメスが加わった後半戦は全く出場機会を得られなかった。実質戦力外の扱いを受けた浅野はハノーファーへの加入を決断した。

関連ニュース
thumb

本田圭佑が契約満了で退団、ネフチ・バクーが公式発表…7試合2得点で最終節逆転優勝に貢献

ネフチ・バクーは16日、MF本田圭佑(35)との契約満了を発表した。 本田は、日本の名古屋グランパスでキャリアをスタート。その後オランダのVVVフェンロへと移籍しヨーロッパの舞台に挑戦。ロシアのCSKAモスクワでプレーした後、イタリアのミランでプレー。「10」番を背負い大きな注目を集めた。 そのミラン退団後は、メキシコのパチューカへと移籍。その後、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに移籍すると、オランダのフィテッセを経て、ブラジルのボタフォゴへと移籍。5大陸でプレーし、全てでゴールを決める初めての選手となっていた。 今冬の移籍市場でポルティモネンセへの移籍が決定。入団会見まで行った中、なんと選手登録期限に間に合わず契約解除に。その後模索した中で、今年3月からネフチ・バクーに加入していた。本田は日本を含めて8カ国目にアゼルバイジャンを選択していた。 アゼルバイジャン・リーグで8度の優勝を誇るクラブに加入した本田は、リーグ戦7試合に出場し2ゴールを記録。最終節で首位のカラバフを相手に1-0で勝利し、奇跡の逆転優勝をチームにもたらせていた。 ネフチ・バクーは本田の退団を発表し「世界的に有名な日本人の活躍に感謝し、彼の将来のキャリアの成功を祈っています」としている。 <span class="paragraph-title">【動画】本田圭佑、CSKAモスクワ時代の無回転FKにGKもお手上げ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3Mm9iZ1hOVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.16 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

「パフォーマンスに納得がいっていない」クラブでトップ下、代表でサイドと異なる起用法に原口元気が言及

日本代表MF原口元気が、現在の自身の立場について言及した。 海外組は5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から、国内組は3日のU-24日本代表戦から始まった今回の活動。合計で5試合行われる中、残すところ15日のカタールW杯アジア2次予選最終戦のキルギス代表戦が最後の試合となる。 13日、原口がオンラインのメディア取材に応対。現在の自身の立ち位置などについて語った。 11日のセルビア代表戦は後半からの出場となった原口。7日のタジキスタン代表戦では、キャプテンマークを巻くと、セルビア戦も長友佑都からキャプテンマークを引き継ぐ形となっていた。 キャプテンを任されたことについては「キャプテンというところで、気持ち的に少し変わった部分があるというか、引っ張ろうと常に思っていますが、より思うようになりました」とコメント。大きな変化はないものの、多少なりとも心境の変化があったと語った。 一方で、チーム内での立ち位置については「自分のパフォーマンスに納得がいっていないので、出場時間を含めて仕方ないかなと思っています。あと1試合あるので、自分自身も結果を残して、今シーズンを締めくくれたら最終予選に迎えるかなと。前線に良いタレントがいる中で、結果を残したいと思います」と語り、ゴールやアシストといった結果を残したいと語った。 具体的に納得いっていない部分としては、自身が起用されているポジションも影響しているという。「自分が1つの難しさとして、シーズン通してほぼ真ん中でプレーしていた」と語るように、ハノーファーではトップ下としてプレー。しかし、日本代表では2列目のサイドを任されている状況だ。 ポジションの違いは戦い方以上に、フィジカル面で必要なものが違うといい「サイドではフィジカル的な部分で求められているのが違うので、真ん中で慣れている自分としてサイドのアップダウンは厳しいです」とコメント。「ウニオン・ベルリンでも多分真ん中でプレーしますが、代表ではサイドなのでその辺のコンディション調整も必要になると思います」と語り、クラブと代表でのポジションの違いに合わせた準備がシーズンを通して必要だと語った。 残り1試合で見せたいものについては「1本、2本成功させたいなと」とゴールに繋がるプレーを見せたいとし、「それが一番印象に残るプレーだと思いますし、ポジション争いや評価を高める上で大事だと思うので、しっかりリスクかけてその中で1本、2本成功させたいと思います」と、評価を高めるための数字を残したいとした。 以前には真ん中でもプレーをしたいと語っていた原口。トップ下でのプレーについては「真ん中でのプレーも気に入っていて、すごく面白いです。色々な仕事ができるので、サッカー選手として深みが出ていると思います」と、自身のプレー幅が広がっているとコメント。「フィジカル的にも戦術的にも大きく違うので、どっちでも高い水準bでプレーできないといけないです」と語り、「代表もチームも大事なので、戦術的にもフィジカル的にもどっちも準備しないといけないなと」と、シーズンを通して準備することの大事さがあるという。 次の試合も出場となればキャプテンを任されるであろう原口。森保一監督からは「元気が引っ張っていく力をすごく評価している」と言われたとのこと。一方で「うまくいっていないときに感情的になるということは言われて、僕も納得していました」とし、うまく進んでいない時に感情を抑える必要もあると指摘されたようだ。 それでもキャプテン指名は驚きもなかったとし「特に驚きはなかったですけど、キャップ数もヨーロッパでの年数も一番長かったので、小学生ぶりにキャプテンやったので、キャプテンマークを巻くとか、試合前のミーティングで声を出すのは慣れない部分がありましたが、1つ大きな意味はあると思っています」と、20年ぶりぐらいキャプテンにも意味を感じたとのこと。それでも「その試合で自分のパフォーマンスがあまり出せなかったので、そこじゃなくてパフォーマンスに集中することが大事かなと。そっちで引っ張っていかないと居場所がなくなるので」と、プレーでチームをけん引できるようにしたいと語った。 2021.06.13 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

塩谷司がアル・アイン退団…クラブも「大きな敬意を表す」と感謝

アル・アインが12日、元日本代表DF塩谷司(32)の退団を発表した。 塩谷は2011年に国士舘大学から水戸ホーリーホックに入団後、2012年にサンフレッチェ広島入りして、3度のJ1リーグ制覇を経験。2017年6月からUAE屈指の強豪アル・アインに活躍の場を移した。 アル・アインでセンターバックだけでなく、ときにサイドバックや守備的MFとしてもプレー。公式戦通算117試合の出場数を誇り、持ち前の高い攻撃性能も生かして14得点12アシストをマークした。 また、7キャップの日本代表歴も持つ塩谷は2018年のFIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)にも出場。レアル・マドリーとの決勝でゴールを挙げるなど、大会2得点でクラブ史上初の準優勝に貢献した。 クラブは公式ツイッターを通じて「塩谷のますますの活躍を祈る。塩谷に大きな敬意を表す。クラブのために今までありがとう」と感謝のメッセージを送っている。 2021.06.13 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表GK川島永嗣がストラスブールと2年間の契約延長「全力を尽くしていきたい」

ストラスブールは12日、日本代表GK川島永嗣(38)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなる。 大宮アルディージャでプロキャリアをスタートさせた川島は、2004年1月に名古屋グランパスへと完全移籍。しかし、当時日本代表の守護神だったGK楢崎正剛の前にポジションを掴めないでいると、2007年1月に川崎フロンターレへと移籍。正守護神として活躍する。 2010年7月に海を渡りベルギーのリールセへと完全移籍。その後ははスタンダール・リエージュ、ダンディー・ユナイテッド、メスへと移籍を繰り返し、2018年8月にストラスブールへと加入した。 ストラスブールではポジションを失うこともありながら、今シーズンはリーグ・アンで24試合に出場。チームを残留に導く活躍を見せていた。 川島は自身のインスタグラムでも契約延長を報告している。 「この度ストラスブールと2年契約延長をしました。このクラブで自分の挑戦を続けられる事、そしてクラブからの信頼に心から感謝しています」 「ここからがまたスタート。ストラスブールというクラブと共に夢を共有し、叶えるために全力を尽くしていきたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】川島永嗣、ストラスブールでのセーブ集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SQTm_LO9t14";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.06.12 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「自信になる試合」とセルビア戦を語る長友佑都、デビューのオナイウ阿道を評価「すごく良いプレーだった」

日本代表DF長友佑都(マルセイユ)が、セルビア代表戦を振り返った。 11日、キリンチャレンジカップ2021の日本代表vsセルビア代表の一戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で日本が勝利した。 前半はセルビアの堅い守備の前になかなかチャンスを作れなかった日本。一方で、相手にもチャンスを作らせず、0-0のまま後半へと入る。 すると立ち上がり3分、右CKから鎌田大地(フランクフルト)がクロスを入れると、ニアで谷口彰悟(川崎フロンターレ)がフリック。これをファーサイドで伊東純也(ヘンク)が蹴り込み、日本が先制。その後は追加点のチャンスもありながらもゴールを奪えず、1-0で勝利を収めた。 久々のヨーロッパ勢との試合となった長友は「セルビアは力がありましたし、僕たちの実力を試すのに非常に良い相手だと思っていました」とコメント。「前半は相手がブロックを作って堅い試合になりましたが、ポゼッションする中でミスが多かったり、前半はそういったシーンが多かったです」とコメント。「ただ、ゼロに抑えて危険なプレーをさせず、ディフェンスラインを含めてチームは集中していたと思います」と語り、苦しい展開で先に失点しなかったことを評価した。 前半の出来については「セルビアは気持ちを入れて試合に入ってきたので、フワっとした試合にはならないなと。集中しているなと感じました」とコメント。その中でよく守れたと語り、「自分たちが非常に良かったと思います。ディフェンスラインも中盤の選手も、取られた後の切り替えとか、ファウルで相手のカウンターを止めたり判断が良かった」とし、「あまりチャンスを作らせずに試合ができたと思います」と、セルビアをしっかりと封じられたと評価した。 最終予選ではこの試合のような展開が増えると予想されるが「特に前半は堅い試合になる。W杯でも最終予選でも相手がガチガチに守ってきてこういう展開になりやすいです」とコメント。これまでの経験からも、力のある相手同士の試合では起こり得ることだとコメント。「まずは失点しないことが大事。上手くいかなくてもいいから、失点をしないということ。守備を堅くみんなで守っていこうと言っていた」とし、「後半は足も止まってスペースもできるから、上手くいかなくてもネガティブにならずにやっていこうと話していました」と、守備を安定させて、チャンスが訪れるのを待とうと考えていたようだ。 その読み通り、後半はセルビアの強度が下がることに。「前半に気合を入れてきたので、相手が消耗していた」と語り、「相手のインテンシティが落ちていて、途中から出た選手が良いポジションで受けてくれたから、ああいった展開になった」と狙いがハマったとした。 またデビュー戦となったFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)を評価し「オナイウも体を張ってポストプレーをしてくれて、タメを作ってくれた」とプレーを評価。「後ろの選手にとっては助かるプレーをオナイウもしてくれていたので、すごく良いプレーだったと思います」と、エースのFW大迫勇也(ブレーメン)が不在の中でしっかりと仕事をしてくれたと語った。 この試合では現在地を測るという目的もあったが「自分たちの力を試す上でも非常に良い相手だったので、お互いにベストメンバーではなかったかもしれないですが、それでも日本代表として出た選手がチーム一丸となって戦えました」とコメント。「誰が出てもレベルを出せることは示せたと思います」とメンバーを変え、主軸が抜けている試合でも良いパフォーマンスだったと評価。「非常に手応えがあって、日本代表としても自信になる試合だったと思います」と、今後の自信に繋がると語った。 2021.06.11 23:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly