まともに使わなかったくせに? モイーズ、香川真司に18億円準備

2018.04.11 18:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)にプレミアリーグ復帰の噂が加熱している。

▽イギリス『ミラー』が報じたところによれば、かつてマンチェスター・ユナイテッドを指揮したデイビッド・モイーズ現ウェストハム監督が来夏の移籍市場で元教え子である香川との再会を希望。獲得資金として1200万ポンド(約18億2000万円)を支払う用意があるという。

▽香川は2012年夏、アレックス・ファーガソン元監督のラブコールを受け、ドルトムントからユナイテッドに加入。だが、翌シーズンからファーガソン氏の後を継いだモイーズ監督から重宝さず、ルイス・ファン・ハール体制発足の2014年夏にドルトムント復帰を決断した。

▽この移籍が実現した場合、香川にとって、苦い思い出が残る指揮官との再共演になる。日本が誇るプレーメーカーの決断はいかに…。
コメント
関連ニュース
thumb

新キットお披露目のチェルシー、残留争い中のウェストハムに3失点…17年ぶりのシーズンダブル許す《プレミアリーグ》

チェルシーは7月1日、プレミアリーグ第32節でウェストハムと対戦し、3-2で敗れた。 前節のマンチェスター・シティとのビッグマッチを制し、コロナ明けから2連勝と好調のチェルシー。3日前に行われたFAカップのレスター・シティ戦も勝利しベスト4に進出。中断前も含めると、公式戦5連勝中となっている。 チェルシーにとってはホームでの借りを返したいロンドン・ダービー。新キットお披露目のチェルシーは5分、CKでウィリアンの上げたクロスの跳ね返りをマルコス・アロンソがバイシクルシュート。10分にウィリアンが2本目のシュートを放つが、どちらもGKに止められた。 ボールを保持するチェルシーだが12分、クリアボールを奪い返されると、相手FWのアントニオにリュディガーとマルコス・アロンソの間を抜かれピンチに。シュートまで許したが、左に外れて胸を撫で下ろした。 チェルシーのビッグチャンスは20分に訪れる。スムーズなサイドチェンジで攻め上がったアスピリクエタからのアーリークロス。ボックス手前で反応したエイブラハムがこれをスルーし、プリシッチがシュートを狙う。見事なコンビネーションだったが、枠に飛ばすことが出来なかった。 押し込む時間が続くものの点が取れないチェルシー。すると34分、ウェストハムの初めてのCKの場面で、ニアでクリアし切れずゴール前にボールがこぼれると、混戦の中からスーチェクに決められ失点。しかしVARの結果、ゴール前で倒れていたアントニオがオフサイドだったとしてゴールは取り消しに。 なんとか救われたチェルシーは42分、プリシッチが左から仕掛けて行ったところ、ボックス内でディオプに倒されPKを獲得。これをウィリアンが沈めて先制に成功した。 ところが前半アディショナルタイム、再びCKのピンチに。今度はしっかり抑えたいところだったが、先ほどゴールを取り消されたスーチェクが頭で合わせ正真正銘のゴールとなった。 セットプレーの脆さを露呈してしまったチェルシー。同点で迎えた後半立ち上がり、勢いに乗るウェストハムに勝ち越されてしまう。52分、アントニオのポストプレーからボックスへの侵入を許すと、左のボーエンのクロスをアントニオに押し込まれ逆転を許した。 その後、チェルシーは3枚の交代カードを切ってテコ入れを図る。それでもなかなかゴールに繋がらなかったが、71分にドリブル突破を試みたプリシッチが倒されFKを獲得。ボックス手前左という絶好の位置からウィリアンが狙うと、壁を越えたシュートは右ポストに当たってゴールイン。スーパーゴールで試合を振り出しに戻した。 このゴールで流れを取り戻したかに思われたチェルシーだが89分、攻めあぐねていたところにウェストハムのカウンターが炸裂。最前線に張っていたアントニオのポストプレーを起点に、途中出場のヤルモレンコへ展開。右サイドでリュディガーと一対一となったヤルモレンコは、得意の左足でカットインしそのままゴールを陥れた。 試合はここで終了。チャンピオンズリーグ出場権を狙うチェルシーが、残留争い中のウェストハムに敗れ、再開後初黒星を喫した。なお、ウェストハムにシーズンダブルを許したのは17年ぶりのこととなった。 2020.07.02 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

テベスが将来語る 「欧州に戻るならウェストハム」

ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(36)が将来的なウェストハム凱旋の可能性を示唆した。 かつてウェストハムやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスといった欧州クラブでもいち時代を築いたテベス。中国でのプレーも経て、2018年に3度目のボカ復帰を果たした。 ボカを主将としても引っ張るテベスは今季、国内リーグ戦でチーム最多の9得点を挙げたが、今月末に現行契約が失効。新たに1年延長のオファーを打診されたとみられる。 しかし、テベスはボカからの打診を断り、半年間の新契約にサインした模様。アルゼンチン『Radio La Red』で今年いっぱいをボカで過ごした後の将来について、こう語った。 「ヨーロッパに戻らないといけないなら、半年間の契約でウェストハムに行く。拍手を浴びるためにね。それか、コリンチャンスで半年間を過ごすのもあり得る。自らの言葉に縛られたくないから、どんな可能性も除外しない」 また、ボカとの新契約により、手にするサラリー全額を慈善団体に寄付する方針も明らかにしている。 「ボカが僕に提示してくれた給与の全てを非営利団体に寄付するつもり。ボーナスを含めた給与をガソリン代にあてる。炊き出しやワクチンが必要な人たちのためにも使うことになるだろう」 2020.06.27 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、サバレタら3選手と6月30日での契約終了を発表

ウェストハムは25日、元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(35)、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェス(34)、イングランド人DFジェレミー・エンガキア(19)ら3選手が契約の切れる6月30日でクラブを離れることを発表した。 2017年夏にマンチェスター・シティから加入したサバレタは、ウェストハムでは公式戦79試合に出場。昨季は主将を務めることもあったが、今季はベンチを温める機会が多く、公式戦13試合の出場にとどまっていた。そして、現在負傷を抱えているとのことで今季終了までの短期契約のオファーを受けないことにしたようだ。 そして2018年夏にフィオレンティーナから加入したカルロス・サンチェスは、ウェストハムでは公式戦17試合に出場。昨季はヒザの負傷により棒に振り、今季は公式戦10試合に出場していた。 14歳の時にチェルシーからウェストハムに加入した右サイドバックのエンガキアは、今年1月のリバプール戦でプレミアリーグデビュー。それからプレミアリーグ5試合に出場していた。 2020.06.25 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ケインがスパーズでのPL通算200試合目で137ゴール! アグエロに次ぐゴールペース

イングランド代表FWハリー・ケイン(26)がトッテナムでのプレミアリーグ通算200試合目のメモリアルゲームで待望のゴールを挙げた。 トッテナムは23日、ホームで行われたプレミアリーグ第31節でウェストハムとのダービーを戦い、2-0で勝利した。 中断前から公式戦7戦未勝利と苦境が続く8位のトッテナムは、17位に低迷するハマーズ相手のダービーで久々の勝利を目指した。前半から圧倒的にボールの主導権を握ったトッテナムだが、前半終了間際のFWソン・フンミンのゴールがVARでオフサイド判定となるなど、なかなかゴールをこじ開けられない。 それでも、64分にMFジオバニ・ロ・チェルソの右CKが相手のオウンゴールを誘い、思わぬ形で先制に成功。すると、82分にはMFエリク・ラメラの自陣でのボール奪取からロングカウンターが発動。ソン・フンミンのスルーパスに完璧なタイミングで飛び出したケインが冷静にGKとの一対一を制し、昨年12月28日に行われたノリッジ戦以来となる約半年ぶりの今季リーグ戦12点目とした。 また、2012年8月に行われたニューカッスル戦でプレミアリーグデビューを飾ったケインは、今回の一戦でトッテナムでのプレミア通算200試合出場を達成(レンタル先のノリッジで3試合出場)することになった。 なお、今回記録したゴールはプレミアリーグ通算137点目となり、単一クラブでの200試合出場時でそのゴール数を上回るのは、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ唯一人だ。 アグエロがアトレティコ・マドリーで実績を積んだ後の加入という事実を考慮すれば、下部カテゴリーでの武者修行経験はあるものの、イングランド代表のキャプテンの偉大さを表す記録となっている。 同試合後、ケインはクラブ公式チャンネルの『Spurs TV』で、チームとしての久々の勝利、自身の復帰後初ゴールに満足感を示している。 「今日は素晴らしい夜になったね。僕たちは勝利の道に戻る必要があった」 「本当に久しぶりのゴールになったね。今日に関しては幾つかのチャンスがあった。でも、最終的にゴールを決めて試合を終えられたことは良かったよ」 また、イギリス『スカイ・スポーツ』のフラッシュインタビューでは200試合出場と共に、アラン・シアラー、ウェイン・ルーニーと偉大な2人の同胞ストライカーのみ到達しているプレミアリーグ200ゴールという記録についても言及している。 「得点は世界で最も素晴らしい感情のひとつだよ」 「200試合…。あっという間だった気もするね。年月は過ぎ去っていくものだし、その貴重な時間を最大限活用すべきだ」 「僕はまだ26歳だ。だから、うまくいけば、より早い段階で200ゴールに到達し、さらに記録を更新できるかもしれない」 半年ぶりの実戦復帰から2試合目ということもあり、スプリントや単独での仕掛けの部分ではまだまだ切れを欠く場面も目立ったが、今回のゴールにより世界屈指のストライカーの完全復帰は近づいている。 2020.06.24 13:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ケインが6カ月ぶりのゴール! ウェストハム下し5試合ぶり白星《プレミアリーグ》

トッテナムは23日、プレミアリーグ第31節でウェストハムと対戦し、2-0で勝利した。 トッテナムは、およそ3カ月ぶりの再開初戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。長期離脱していたケインやソン・フンミンが先発に顔を揃えたなか、今冬加入のベルフワインのゴールで先制に成功する。しかし、後半にPK献上で同点に追いつかれ、そのままドロー決着となった。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVT1IxMXBwRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> リーグ戦5試合ぶりの勝利を目指す今節は、前節はコロナ禍での不適切なSNS投稿で1試合の出場停止処分を受けていたデレ・アリが先発復帰。その他、ロ・チェルソやモウラがスタメンに起用された。 トッテナム・ホットスパー・スタジアムを舞台としたロンドン・ダービーはやや硬い入りとなる。ホームチームがポゼッションでは圧倒するものの、初シュートのシーンが訪れたのは22分。モウラがボックスの外から強烈なシュートを放ったが、GKファビアンスキが好セーブを見せる。27分にはケインに初シュートが飛び出すが、これもファビアンスキに止められた。 ゴールレスで迎えた45分、トッテナムはロングボールを放り込み圧力をかけると、ボックス左でロ・チェルソのパスを受けたソン・フンミンが鋭い切り返しからゴールニアを打ち抜き先制…かに思われたが、VARで確認した結果、足が僅かにオフサイドラインを越えていたとしてゴールは取り消された。 後半も早々から主導権を握るトッテナムは50分、モウラのスルーパスから右サイドを抜け出したオーリエがグラウンダーのクロスを供給。これをケインがバックヒールで流し込みにかかったが、GKファビアンスキが封をする。 守勢を強いられるウェストハムがチャンスを迎えたのは54分。右サイドを細かいパス交換で抜け出したボーエンのクロスの先にフォルナルス。ダイレクトで合わせにいったが上手くミート出来なかった。 その後は劣勢だったウェストハムにも攻撃のリズムが生まれてくると、逆にトッテナにはカウンターのチャンス。59分、自陣からカウンターを発動し、ソン・フンミンがピッチ中央を駆け上がる。左のロ・チェルソに展開し、その折り返しをケインが狙っていったが、僅かに右に外してしまった。 徐々にオープンな展開となるロンドン・ダービー。すると64分、トッテナムの右CKのチャンスでロ・チェルソがクロスを入れると、D・サンチェスの当たり損なったヘディングシュートがスーチェクに当たってゴールイン。オウンゴールでトッテナムが先制した。 その後、70分に取られた給水のタイミングで両チームとの交代策を施す。ウェストハムは78分、ボックス右外からのFKの流れで、途中出場のF・アンデルソンの折り返しを狙ったボーエンのシュートがポスト直撃。 ヒヤリとしたトッテナムだが82分、自陣中央で途中出場のラメラがボールを奪いカウンターへ転じると、ソン・フンミンのラストパスを受けたケインが最終ラインを突破。そのままGKとの一対一を制し、勝利を手繰り寄せる2点目を挙げた。 ケインは今季のリーグ戦12ゴール目。昨年12月28日のノリッジ戦以来の得点となった。 そして、試合はこのまま終了し、トッテナムがリーグ戦5試合ぶりの勝利を収めた。 2020.06.24 06:14 Wed
twitterfacebook