レバークーゼンがキャプテンのL・ベンダーと2021年まで契約延長

2018.01.20 01:13 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは19日、ドイツ代表MFラース・ベンダー(28)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。

▽2009年に1860ミュンヘンからレバークーゼンに加入したL・ベンダーは、本職のボランチの他にセンターバックや右サイドバックもカバーするユーティリティ性を持ち、これまでレバークーゼンで公式戦257試合に出場して21ゴール25アシストをマーク。キャプテンも務め、今季はブンデスリーガ13試合に出場して2ゴール4アシストを記録していた。

▽ドイツ代表としては19試合に出場して4ゴールを記録。2016年に行われたリオデジャネイロ・オリンピックではオーバーエイジとして参加し、ドイツの銀メダル獲得に貢献していた。

▽そのL・ベンダーは契約延長について公式サイトにて、「僕にとって重要なことは良い感覚を持ってクラブで過ごせているかということ。それは環境や自分への評価、一人の人間として求めるものがあるかということだよ」とコメントしている。


関連ニュース
thumb

開幕節最注目カード、ドルトムントがレバークーゼンにシャットアウト勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ開幕節、ドルトムントvsレバークーゼンが6日に行われ、1-0でドルトムントが競り勝った。 昨季2位のドルトムントと3位レバークーゼンによる開幕節最注目カード。 ドルトムントは先週行われたDFBポカールで負傷したジューレが欠場。代役にフンメルスが起用され、前線は1860ミュンヘン戦同様にムココ、マレン、アデイェミが3トップを形成した。 一方、レバークーゼンは昨季から主力が変わらず、最前線はシック、2列目に右からベララビ、デミルバイ、ディアビと並べた。 立ち上がりから攻勢に出たドルトムントが10分に先制する。ベリンガムが敵陣でボールを奪った流れからボックス左のムココがクロスを送ると、ファーサイドのアデイェミがプッシュ。GKフラデツキーにセーブされるも、詰めたロイスが押し込んだ。 続く21分にロイスが追加点に迫った中、23分にアクシデント。アデイェミが足を負傷し、T・アザールが投入された。 前半半ば以降は一進一退の攻防が続いた中、ドルトムントの1点リードで終了した。迎えた後半、レバークーゼンはベララビに代えてフロウシェクを左サイドに投入。 そのレバークーゼンに対し、ドルトムントは開始5分に決定機。ボックス左でマレンが縦に仕掛けてクロス。T・アザールが合わせたが、シュートはGKフラデツキーのファインセーブに阻まれた。 助かったレバークーゼン53分、シックのミドルシュートのルーズボールに詰めたパラシオスがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれた中、68分にもビッグチャンス。ボックス左に侵入したアズムンのクロスをシックが合わせたが、こちらもGKコベルの好守に阻止された。 終盤にかけてはレバークーゼンの攻勢が強まったが、追加タイムにGKフラデツキーがボックス外でのハンドで退場となり、万事休す。ドルトムントが強豪対決を制して白星スタートとした。 2022.08.07 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

浅野の今季初ゴールなどで3発快勝のボーフムが2回戦へ!レバークーゼンが4部相手に金星献上《DFBポカール》

DFBポカール1回戦の11試合が、30日にドイツ各地で行われた。 浅野拓磨の所属するボーフムは、4部に所属する1889ベルリンとアウェイで対戦し3-0で勝利した。試合は18分にシモン・ツォラーのゴールでボーフムが先制すると、22分にはボックス左から侵入したホルンの折り返しを中央でホフマンがトラップ。浮いたボールを走りこんだ浅野が左足で流し込んだ。 ハーフタイムで浅野を下げたボーフムは、後半にもホフマンが追加点を挙げるなど危なげない試合運びで順当に2回戦へ駒を進めた。 また、田中碧の所属するデュッセルドルフは、アウェイで4部に所属するオッフェンバッハと対戦し4-1で勝利した。前半にA・ホフマンのゴールで先制したデュッセルドルフは、後半立ち上がりにもペテルソンが追加点を奪取。 その後、71分と79分にギンチェクがゴールネットを揺らすなど、4発完勝で2回戦進出を決めた。なお、田中はフル出場している。 そのほかではエルフェアスベルク(4部)が今ラウンド最大の番狂わせを起こし、ドイツ国内で大きな話題を集めることに。昨季ブンデス3位のレバークーゼンと対峙したエルフェアスベルクは、開始早々のゴールで先制すると、その後の壮絶な打ち合いを制し、4-3でレバークーゼンから大金星を挙げた。 なお、30日に開催された結果および1回戦の日程一覧は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 日程&結果 ▽7/30(土) 1889ベルリン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ボーフム</span> 19シュトラーレン(4部) 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザンクトパウリ(2部)</span> バイロイト(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハンブルガーSV</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レーゲンスブルク</span>(2部) 0-0(PK:4-3) ケルン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リューベック(4部) 1</span>-0 ハンザ・ロストック(2部) イラーティッセン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ハイデンハイム(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エルフェアスベルク(4部) 4</span>-3 レーバークーゼン ヴェルニゲローデ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">10 パーダーボルン(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シュツットガルト・キッカーズ(4部) 2</span>-0 グロイター・フェルト(2部) オッフェンバッハ(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 デュッセルドルフ(2部)</span> イェーナ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴォルフスブルク</span> ▽7/31(日) SWレーデン(4部) vs ザントハウゼン(2部) ブレーマーSV(4部) vs シャルケ ショット・マインツ(4部) vs ハノーファー(2部) レーディングハウゼン(4部) vs ホッフェンハイム オーバーアハーン(4部) vs ボルシアMG ローネ(4部) vs アウクスブルク カイザースラウテルン(2部) vs フライブルク エンガース(4部) vs ビーレフェルト マンハイム(4部) vs ホルシュタイン・キール(2部) エルツゲビルゲ(2部) vs マインツ ブラウンシュヴァイク(3部) vs ヘルタ・ベルリン ▽8/1(月) コットブス(4部) vs ブレーメン(2部) ケムニッツ(4部) vs ウニオン・ベルリン マクデブルク(3部) vs フランクフルト インゴルシュタット(2部) vs ダルムシュタット(2部) ▽8/30(火) オッテンセン1905(4部) vs ライプツィヒ ▽8/31(水) ヴィクトリア・ケルン(4部) vs バイエルン ▽7/29(金) ディナモ・ドレスデン(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 シュツットガルト</span> ノイシュトレーリッツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">8 カールスルーエ(2部)</span> カーン=マリエンボルン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ニュルンベルク(2部)</span> 1860ミュンヘン(3部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ドルトムント</span> 2022.07.31 03:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルら関心もムサ・ディアビがレバークーゼン残留を明言!

フランス代表FWムサ・ディアビ(23)が来シーズンのレバークーゼン残留を明言した。 昨シーズンのブンデスリーガで32試合13ゴール12アシストの数字をマークし、今夏の移籍市場で大きな注目を集めるディアビ。 とりわけ、サウジアラビア系オーナーグループの潤沢な資金を有するニューカッスルが、今夏の前線補強の目玉として熱視線を注いでいた。しかし、ここまではレバークーゼンサイドが設定した6000万ポンド(約99億6000万円)と言われる強気な売却額に二の足を踏み、交渉は完全に停滞。ここ最近では獲得を諦め、その他のターゲットも切り替えたとも伝えられる。 そういった中、ディアビはドイツ『Rheinische Post』のインタビューで、今夏の“非売品”をうたうクラブサイドの姿勢に呼応するように、新シーズンの残留を明言した。 「僕は自分の決断を下し、来シーズンもバイヤー・レバークーゼンでプレーする」 「来シーズンの目標は変わっていないよ。バイヤーで再びトップクラスのチームを作りたいし、個人としてはゴールを決め続けるだけでなく、アシストもして、できる限りチームの力になりたい」 「目標は、すべてのコンペティションにおいて可能な限り上位に食い込むことだ」 今回の決断の背景には11月に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)でのW杯初出場に向けたプレータイムの確保に加え、クラブが新シーズンにチャンピオンリーグに出場するという部分があったようだ。 パリ・サンジェルマンの下部組織出身で2018-19シーズンにトップチームデビューを飾った左利きのアタッカーは、2019年夏に1500万ユーロ(約21億2000万円)といわれる金額でレバークーゼンに完全移籍。 爆発的な加速力を生かした背後への飛び出しや勝負度胸満点の鋭いドリブル突破を武器に、左ウイングを主戦場にすぐさま主力に定着。ここまで公式戦124試合35ゴール37アシストの数字を残している。 2022.07.20 16:18 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、昨季レンタルのDFヴァイザーをレバークーゼンから完全移籍で獲得

ブレーメンは15日、レバークーゼンからドイツ人DFミッチェル・ヴァイザー(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は明かされていない。 ケルンの下部組織で育ったヴァイザーは、ウイングからサイドバックまでこなす右サイドのスペシャリスト。2012年2月にプロデビューを果たすと、バイエルンやカイザースラウテルン 、ヘルタ・ベルリンでのプレーを経て、2018年夏にレバークーゼンへ移籍。 レバークーゼンでは、加入初年度から右サイドバックの主力として公式戦41試合に出場すると、在籍3年間公式戦75試合に出場し4ゴール4アシストをマーク。しかし、年々出場機会を減らし、2020-21シーズンはリーグ戦5試合に留まっていた。 出場機会を求め、昨季は2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)へ降格したブレーメンへレンタル移籍。ブレーメンでは主に右MFとしてリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストの活躍で1年での1部復帰に貢献した。 ブレーメンへの完全移籍が決まったヴァイザーは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ブレーメンでは最初からとても居心地が良かったし、これからもここで長期的に自分の歩むべき道を進めることをうれしく思っているよ」 2022.07.16 01:05 Sat
twitterfacebook
thumb

引く手数多のエクアドル代表DF、ナポリ、トッテナム、ミランの興味も移籍に興味なし?

レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)は今夏の移籍市場で引く手数多だが、移籍する気はないようだ。 インカピエは母国のインデペンディエンテの下部組織育ち。アルゼンチンのタレレスに移籍すると、2021年8月に完全移籍で加入した。 ブンデスリーガ1年目を戦ったインカピエは、センターバックとして27試合に出場し1ゴール1アシストを記録。安定したパフォーマンスを見せていた。 そのインカピエに関しては、ナポリやトッテナムが獲得に関心を示していた中、ミランも獲得に興味を示すことに。多くのオファーが舞い込む中、移籍する気はないようだ。 インカピエの代理人であるマヌエル・シアラ氏がイタリア『Stop&Goal.com』で語った。 「ピエロは現時点でレバークーゼン、そしてドイツでの生活にとても満足している」 「ミランから彼に関心があることは確認しているが、彼はレバークーゼンと話し合い、どのように一緒に成長できるかを確認している」 移籍する意思がないというインカピエ。仮に今夏獲得となれば、3000万ユーロ(約43億円)は必要になると見られている。 トッテナムは3500万ユーロ(約50億3000万円)までは検討しているようだが、果たしてどうなるだろうか。 2022.06.29 20:24 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly