ロシアW杯に出場するセルビア、暫定監督のクルスタイッチ氏を正指揮官に任命

2017.12.30 02:26 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルビア・サッカー協会(FSS)は29日、暫定指揮官のムラデン・クルスタイッチ監督(43)を正式に同国代表の監督に据えることを発表した。

▽ロシア・ワールドカップ欧州予選をアイルランド代表やウェールズ代表、オーストリア代表らが同居したグループを首位で通過して3大会ぶりにメジャー大会出場を果たしたセルビアだが、10月30日に功労者のスラヴォルユブ・ムスリン監督を電撃解任していた。

▽ムスリン監督の解任を受けてアシスタントコーチを務めていたクルスタイッチ氏が暫定監督に昇格していたが、ロシアW杯に向けて正式任命の運びとなった。

▽クルスタイッチ監督は現役時代、シャルケやブレーメンなどでセンターバックとして活躍。指導者転向後は2016年からセルビア代表のアシスタントコーチを務めていたのみで監督は初挑戦となっている。

▽セルビアはロシアW杯ではグループEに入り、ブラジル代表、スイス代表、コスタリカ代表と対戦する。


関連ニュース
thumb

引く手数多のFWヴラホビッチに90億円超のオファー、フィオレンティーナは「ドアは全て開いている」も代理人に苦言「何を望んでいるのか」

今冬の移籍市場で注目を集めているフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)だが、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるダニエレ・プラデ氏が現状を明かした。 190cmの長身でありながら、万能型のストライカーであり、昨シーズンはセリエAで37試合に出場し21ゴールを記録し一気にブレイクしたヴラホビッチ。今シーズンも、ここまで21試合で17ゴールを記録し、去就が注目されている。 ヴラホビッチには、アーセナルとユベントスが熱心な関心を寄せている状況が続いており、今冬の移籍市場で仕留めたい両者は、多額の移籍金を払う準備ができている。 そんな中、プラデSDは『Sportitalia』に対して、ヴラホビッチの状況についてコメント。極めて重要なオファーが届いているとし、クラブとしてはオープンな状況であると主張した。 「市場は31日に終了するが、どうすれば終わったと言えるのだろうか。万が一の場合に備えている」 「我々には重要なスカウティング部門があり、ジョー・バローネによってとても良くマネジメントされている。我々は、自分たちの仕事のプログラムに満足している」 「我々は彼に向けた重要なオファーをいくつか受けた。とても充実したオファーだったが、彼の代理人からのフィードバックはなかった。我々では、常に大きな透明性があった」 「私はバローネが昨日言ったことを参照する。ドアは全て開いている」 一方で、代理人がこの状況を動かす気がないとプラデSDは指摘。2023年6月で契約満了を迎えることもあり、何を考えているのかが全く分からないため、今回オファーを明かしたとコメント。フリーでの移籍だけは避けたいと語った。 「彼が何を望んでいるのか、そして代理人が何を望んでいるのかを理解したいので、このことを発言する。また、契約更新のために席についてもらうこともできる」 「我々は彼をとても強気で売って欲しいというオファーを受けた。7500万ユーロ(約96億7200万円)を稼ぎ、貴重な資産を持つクラブが、彼をタダで失うわけにはいかないから発言している」 「我々は全てオープンだ。だから、代理人は我々に意図を言わなければならない」 「満足いくオファーであり全て有効だ。我々に合った支払い方法でも合った。選手の代理人との接触がなく、取引を進めることができなかった」 「重要な評価であり、7000万ユーロ(約90億2700万円)を超えている。何年にもわたって支払うことやトレードもない。会長は我々にそれを押し付けてきたんだ」 オファーはクラブとして十分と考えているフィオレンティーナ。代理人とヴラホビッチが何を望んでいるのか。今冬の移籍の実現もまだ可能性はありそうだ。 2022.01.25 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「C・ロナウドへのメッセージだ」ポルトガルをプレーオフ送りにしたセルビアFW、“コカ・コーラ”でW杯出場を喜ぶ

セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチがワールドカップ(W杯)出場を喜んだ。 セルビアは、14日に行われたカタールW杯欧州予選グループA最終節でポルトガル代表と対戦。同勝ち点で並ぶ首位の相手とのアウェイ戦に臨んだ。 開始2分の失点で苦しいスタートとなるも、前半のうちに同点に追いつくと、試合終了間際の90分には後半から途中出場したミトロビッチが値千金の決勝点。2-1の逆転勝利を飾り、W杯本大会への切符を手にした。 ヒーローとなったミトロビッチは、試合後にコカ・コーラの缶を持ってピッチに再登場。一口飲んだ後に高々と掲げると、そのままセルビア側のスタンドまで駆け寄り、勝利を喜んだ。 コカ・コーラといえば、ポルトガルのエースであるFWクリスティアーノ・ロナウドがユーロ2020の大会中に行われた記者会見で、コカ・コーラのペットボトルをどけたことで大きな話題となっていた。 明言はしていないものの、それを意識しているミトロビッチの行いにファンも注目。「ロナウドへのメッセージ」「コーラを飲んでもゴールを決められる」「最高だ」「株価が上がるぞ」と様々な反響が集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ミトロビッチがパンツ姿でコカ・コーラ缶を持って大喜び!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I just want someone to love me like Serbs love Mitrovic. <a href="https://t.co/2f3m6qGdWb">pic.twitter.com/2f3m6qGdWb</a></p>&mdash; Serbian Football (@SerbianFooty) <a href="https://twitter.com/SerbianFooty/status/1460017143886528517?ref_src=twsrc%5Etfw">November 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.16 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「酷い試合だった」土壇場で逆転負けのポルトガルMFベルナルド・シウバがPOに意気込む「ベストを尽くす」

ポルトガル代表のMFベルナルド・シウバが、セルビア代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループAの最終節。首位のポルトガル代表は勝ち点で並ぶ2位のセルビア代表をホームに迎え撃った。 引き分け以上の結果でグループ首位が決まり、W杯行きも確定したポルトガルは開始早々にMFレナト・サンチェスのゴールで先制したが、そこから追いつかれると、90分にまさかの被弾。勝ち点1を奪えず、2位で予選終了。プレーオフに回ることとなってしまった。 マンチェスター・シティのベルナルド・シウバは、試合後にコメント。先制してからのプレーが良くなかったと認めた。 「ポルトガルにとって酷い試合だった。序盤に得点したのに、それ以降はプレーできなくなっていた。素晴らしい説明が見つからない」 「僕たちはもっと上手くやれるはずだ。プレーオフがあり、出場権を得るためにベストを尽くす」 また、ホームゲームで敗れたことについても言及。「6万5000人のスタジアムでは、もっと上手くやらなければいけなかった」と、アドバンテージを生かせなかったことを悔やんだ。 2021.11.15 13:12 Mon
twitterfacebook
thumb

プレーオフに回るポルトガル、1つの“誤審”が命運分ける…当時はVAR不採用

結果的に、1つの誤審が大きく命運を分けることとなった。 14日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループAの最終節が行われた。首位のポルトガル代表は勝ち点で並ぶ2位のセルビア代表をホームに迎えた。 引き分け以上の結果でグループ首位が決まり、W杯行きも確定したポルトガルは開始早々にMFレナト・サンチェスのゴールで先制したが、前半のうちに追いつかれると、90分にもゴールを許し逆転負け。これで2位となり、W杯出場はプレーオフの結果に委ねられることとなった。 両者は、今年3月の第2節でも対戦。その際は2-2の引き分けに終わっていたが、後半アディショナルタイムには物議を醸す判定があった。 左サイドからのフィードに反応したFWクリスティアーノ・ロナウドが右足ダイレクトで合わせたボールがゴールラインを割ったように見えたが、セルビアのDFステファン・ミトロビッチがかき出し、審判団はゴールを認めず、試合を続行。結局そのままドローで終わっていた。 当時は、判定に怒りが収まらなかったC・ロナウドが腕章を投げ捨て、ホイッスルが鳴る前にピッチを去っていったことでも大きな話題となっていた。 第2節の時点ではVARを導入されておらず、ポルトガルのフェルナンド・サントス監督によれば、試合後に主審から謝罪があったこの判定。仮にゴールが認められていれば、ポルトガルがW杯本戦出場を決めていた可能性が高かった。 それだけに、ポルトガルのプレーオフ行きを受けて、SNS上では当時のシーンに再注目する人が多く現れている。9月の第4節からはVARが導入されているだけに、ポルトガルにとっては納得できない結果となってしまった。 <span class="paragraph-title">【写真】C・ロナウドのシュートは完全にゴールラインを割っているように見える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">How remembers what happened the last time Cristiano Ronaldo faced Serbia...<br><br>Portugal, and the referee, will be hoping for less controversy tonight.<a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> <a href="https://t.co/rWi41KdaN4">pic.twitter.com/rWi41KdaN4</a></p>&mdash; Man United News (@ManUtdMEN) <a href="https://twitter.com/ManUtdMEN/status/1459921568604119044?ref_src=twsrc%5Etfw">November 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">CR7 made his thoughts VERY clear after being denied a late winner against Serbia. <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WCQ?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WCQ</a><br><br>Watch Now - <a href="https://t.co/RRmQgctETJ">https://t.co/RRmQgctETJ</a> <a href="https://t.co/f9XwwF5lCc">pic.twitter.com/f9XwwF5lCc</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1375926016238088201?ref_src=twsrc%5Etfw">March 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.15 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

セルビアのW杯出場決定! 指揮官ストイコビッチも「大成功」と歓喜

セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が誇った。 14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループAの最終節。2位のセルビア代表は勝ち点で並ぶ首位のポルトガル代表とのアウェイ戦に臨んだ。 勝たなければW杯ストレートインの芽がないセルビアは開始早々に先制を許す苦しい展開だったが、そこからしっかりと立ち直ってみせ、2-1の逆転勝利を収めた。 ポルトガルをプレーオフに追いやり、2大会連続3度目のW杯出場に導いたストイコビッチ監督。今年3月の就任から1年経たずして大仕事をやってのけた形となった。 ポルトガル『Record』によれば、そのストイコビッチ監督は試合後、こう振り返ったという。 「素晴らしいチームとの対戦であり、まったく簡単なものじゃなかったが、我々にとって大事なのは勝利という結果だけだった。この勝利はW杯行きのパスポートにスタンプを押し、目標達成を意味するもの」 「勇敢に戦って、この勝利を望む気持ちを示せたと思う。勝てると信じていた。予選が始まった3月の時点で、このリスボンでの試合が決定的なものになるという思いがあった。相手に関係なく支配できるスタイルも確立できたね」 また、選手たちにも労いの言葉を送り、W杯ストレートインに満足感を示している。 「我々は皆、自信があった。選手たちも我々の取り組みや言うことを常に信じてくれてもいた。この自信が適切なタイミングで発揮されたね。この予選を勝ち抜いたすべての選手を祝福したい」 「ストレートインの権利を手にできたのは大成功だ。グループにポルトガルがいるなかでね。しかも、リスボンでの決戦も勝利に値した。ポルトガルに勝つのは容易なことじゃない」 2021.11.15 11:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly