鳥栖“残留”! 今季活躍のMF原川力が川崎Fから完全移籍 「タイトルに導けるように」

2017.12.09 15:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は9日、川崎フロンターレに所属するMF原川力(24)の完全移籍加入を発表した。

▽リオ・デ・ジャネイロ オリンピックを戦ったU-23日本代表メンバーである原川は、京都サンガF.C.、愛媛FCを経て、2016年に川崎F入り。今シーズンから出場機会を求めて期限付き移籍で鳥栖に加わり、明治安田生命J1リーグ33試合に出場して7ゴールと活躍した。

▽原川は、来シーズンもプレーすることが決定した鳥栖の公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「この度、サガン鳥栖に完全移籍することになりました。来年もこのチームでプレーできることを嬉しく思います!サガン鳥栖をタイトルに導けるように努力し続けたいと思います。来年もよろしくお願いします!!」

関連ニュース
thumb

新潟が佐賀東MF吉田陣平の加入内定を発表 地元クラブでのプロ入りを「とても嬉しく、また誇りに」

アルビレックス新潟は26日、佐賀東高校に在学するMF吉田陣平(18)の来季加入内定を発表した。 吉田は新潟県出身のボランチ。高い技術を武器にドリブルで推進力を発揮でき、ゴール前での決定的な仕事もできるという。地元クラブでのキャリアスタートを受け、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「このたび、アルビレックス新潟への加入内定をいただきました、佐賀東高校の吉田陣平です。自身の地元の新潟でプロ生活がスタートできることを、とても嬉しく、また誇りに思います」 「これまでに関わり、お世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに、プロサッカー選手としての自覚を持って、日々を過ごしていきたいです」 「小さい頃からの憧れであったビッグスワンスタジアムのピッチで、少しでも早くプレーができるように1分1秒を大切に練習に励んでいきます。今後とも温かいご声援をよろしくお願いします」 2021.09.26 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

岐阜が東海学園大学MF山内彰の来季加入内定を発表、U-18のMF石坂亮人も2種登録

FC岐阜は24日、東海学園大学のMF山内彰(21)の来季加入内定を発表した。また、今シーズンは特別指定選手として承認され、背番号は「32」を付ける。 山内は大阪府出身で、中央学院高校から東海学園大学へと進学した。 岐阜は山内について「ボールを受けてからの展開が得意で、守備の意識も高く、豊富な運動量とアプローチの速さが特徴」とプレーの特徴を紹介している。 山内はクラブを通じてコメントしている。 「2022年よりFC岐阜に加入することになりました、東海学園大学の山内彰です。FC岐阜に携わる全ての皆さま、これからよろしくお願いします」 「感謝の気持ちと日々の努力を忘れることなく、1日でも早くFC岐阜という素晴らしいクラブに貢献できるように頑張りますので、ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」 また、来季トップチームに昇格が内定しているU-18所属のMF石坂亮人(17)も2種登録したとのことだ。背番号は「33」となる。 2021.09.24 11:18 Fri
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF細貝萌が地元・群馬に加入「いつかは群馬のためにプレーしたいと考えていた」

ザスパクサツ群馬は23日、元日本代表MF細貝萌(35)の加入を発表した。背番号は「33」となる。 群馬県前橋市出身の細貝は、前橋育英高校から2005年に浦和レッズに入団。プロキャリアをスタートさせた細貝は、2011年1月にレバークーゼンに完全移籍。その後は、アウグスブルクやヘルタ・ベルリン、シュツットガルトでプレー。また、トルコのブルサスポルでもプレーした。 2017年3月にシュツットガルトから柏レイソルへと加入し6年ぶりにJリーグへと復帰するが、2019年2月にタイリーグ1のブリーラム・ユナイテッドへと完全移籍を果たしていた。 バンコク・ユナイテッドには2019年12月にレンタル移籍。その後完全移籍に切り替わったが、今年5月に退団していた。 これまでJ1で通算120試合に出場し5ゴール5アシスト、ブンデスリーガで102試合に出場し3ゴール3アシストを記録。タイ・リーグでは47試合で1ゴールを記録していた。 また、日本代表としても30試合に出場し1ゴールを記録。世代別の代表では2008年の北京オリンピックに出場していた。 群馬は細貝について「どのポジションでも高い水準でこなすユーティリティ性とハードワークを武器に相手のチャンスの芽を摘むボランチ。日本代表や海外でのプレー経験をピッチ内外でチームへ還元、そして地元出身選手としてクラブを大きく飛躍させることに期待」とプレースタイルを紹介している。 細貝はクラブを通じてコメントしている。 「群馬の皆さん、こんにちは。この度、ザスパクサツ群馬に加入した細貝萌です。2005年に前橋育英高校を卒業してから日本だけでなくドイツ、トルコ、タイと多くの地でさまざまな経験をさせていただきました」 「多くの出会いの中で選手としても一人の人間としても大きく成長できたと思っています」 「まだまだ選手として旅を続けていたいという気持ちもありましたが、前々からいつかは自分が生まれ育ち、自分を成長させてくれた故郷のクラブであるザスパクサツ群馬で、群馬のためにプレーしたいと考えていたこともあり、この度いただいたオファーを受けることを決めました」 「ザスパは自分がプロサッカー選手として歩み始めた2005年にJリーグに参入したクラブということもあって、故郷を離れてからもいつも気になる存在でした」 「群馬出身の選手として自分が地元のクラブの歴史に加わることができるのを非常に光栄に思いますし、これまでにさまざまなクラブで自分を成長させてくれた出会いがあったように、特に若い選手たちに良い影響を感じてもらえるような存在になれるよう努力していきたいと思います。そして何より、クラブにとって良い存在でいたいと思っています」 「自分もベテランと呼ばれる年齢にはなりましたが、まだまだ成長できると考えています」 「一つでも多くのチームの勝利に貢献できるよう、一人でも多くの地元の皆さんに正田醤油スタジアム群馬に足を運んでいただけるよう、地元出身の選手としてベストを尽くしていきたいと思います」 「そのためにも、まずは数ヶ月サッカーから離れたコンディションをベストの状態まで持っていくため全力を尽くしていきたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします」 2021.09.23 14:21 Thu
twitterfacebook
thumb

愛媛DF前野貴徳が右ヒザ手術、全治4週間

愛媛FCは22日、DF前野貴徳の負傷を発表した。 クラブの発表によると、前野は検査の結果右ヒザ骨軟骨損傷、外側半月板損傷と診断されたとのこと。18日に手術を受けていた。 なお、全治は手術後4週間の見込みとのことだ。 前野は今シーズンの明治安田生命J2リーグで18試合に出場していた。 2021.09.22 15:12 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛FCが東海学園大学MF小原基樹の来季加入内定を発表「ドリブルやボールタッチには自信があります」

愛媛FCは22日、東海学園大学MF小原基樹(21)の来季加入内定を発表した。 小原は愛知県出身で、今シーズンの東海大学サッカーリーグ1部では2アシストを記録している。 また、2021年のデンソーカップチャレンジサッカーの東海選抜に選ばれている。 小原はクラブを通じてコメントしている。 「この度、愛媛FCに加入することになりました東海学園大学の小原 基樹です。プロのキャリアをこの愛媛FCという素晴らしいクラブでスタートできて大変嬉しく思います」 「愛媛FC関係者の皆様や今まで関わってくれた全ての方に感謝し、プレーで恩返しできたらなと思います」 「高校、大学で培ったドリブルやボールタッチには自信があります。愛媛の攻撃に新たな風を吹かせられるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします! 2021.09.22 13:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly