浦和、MF山田直輝の4年ぶり復帰発表! 「成長した山田直輝を」

2017.12.07 11:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは7日、元日本代表MF山田直輝(27)が期限付き移籍先の湘南ベルマーレから復帰すると発表した。▽埼玉県さいたま市出身の山田は、2008年に浦和ユースから2種登録選手としてJ1デビュー。翌年にトップチーム昇格を果たしたファンタジスタは、同年に日本代表にも選出されたが、度重なる故障に苦しみ、2015年から湘南に期限付き移籍した。プロ10年目の今シーズンは、明治安田生命J2リーグで39試合に出場して5ゴールをマーク。湘南攻撃陣の主軸を担い、J2優勝で1年でのJ1復帰に貢献した。

▽4年ぶりに慣れ親しんだ浦和に復帰することになった山田は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆浦和レッズ
「このたび湘南ベルマーレから復帰することになりました。4年ぶりに浦和レッズでサッカーができることが本当にうれしく、またワクワクしています。この3年間で一度、浦和への復帰を諦めそうになったこともありました。ですが、僕にまたこのチャンスを与えてくれた浦和レッズ、湘南ベルマーレのみなさんには本当に感謝しています。昔の山田直輝ではなく、成長した山田直輝を埼スタで見せることが恩返しだと思っています。浦和レッズに帰って来たことがどういうことなのか、僕なりに整理はできています。勝つために帰って来ました。リーグ制覇を目指してまた共に戦ってください。よろしくお願いします」

◆湘南ベルマーレ
「この度、浦和レッドダイヤモンズに復帰することになりました。まずは3年間、本当にありがとうございました。湘南ベルマーレの一員として戦わさせていただいたことに深く感謝しています。この3年間は僕にとってかけがえのない時間でした。そんな時間を過ごした仲間、サポーターとの別れは、僕が決断したことではありますが本当に辛いです。それでも、湘南で成長した新しい自分でもう一度浦和でチャレンジしたい、湘南スタイルで輝きたい。わがままなのは分かっています。でも行きたいんです、行ってきます。最後になりますが、嬉しい時も、楽しい時も、苦しい時も、辛い時も共に過ごせた皆さんとの時間は僕の宝物です。こんな僕を応援してくださり、本当にありがとうございました」
関連ニュース
thumb

山口の高卒3年目、起海斗が福井ユナイテッドFCに武者修行

レノファ山口FCは27日、DF起海斗(20)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCに期限付き移籍で加わると発表した。2022年1月31日までとなる。 起は興国高校から2019年に入団。ルーキーイヤーから出番がなく、プロ3年目の今季を迎えたが、引き続き出場機会がなかった。 シーズン途中で出場機会を求め、新天地行きを決断した起は山口の公式サイトを通じて、成長した姿での復帰を誓った。 「約2年半ありがとうございました。良い経験して帰ってきます。これからも応援よろしくお願いします!」 2021.07.27 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

広島、C大阪に期限付き移籍のMF松本泰志が半年で復帰!

サンフレッチェ広島は26日、セレッソ大阪に期限付き移籍していたMF松本泰志(22)の復帰を発表した。 松本は昌平高校から2017年に広島へ加入。なかなか出場機会に恵まれない中で、2019年はリーグ戦15試合に出場したものの、2020年は再び出番を失い、8月にアビスパ福岡に期限付き移籍。その福岡ではすぐさまレギュラーを掴み、J1昇格に大きく貢献していた。 そして、今シーズンは再び期限付き移籍という形でC大阪に加入した中、AFCチャンピオンズリーグのグループJ第5節の広州FC戦では2ゴールを挙げる活躍で勝利に貢献したものの、明治安田生命J1リーグではわずか2試合の出場に留まっていた。 また、日本代表MF川辺駿のグラスホッパー移籍によって中盤の選手層に不安を抱える広島のチーム事情などもあり、2022年1月末までとなっていた期限付き移籍期間を満了することなく、移籍から半年のタイミングでの帰還となった。 広島での再挑戦を決断した松本は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 ◆サンフレッチェ広島 「1年ぶりに復帰することになりました。約1年間、いろんな状況の中で移籍させていただいたクラブには深く感謝しています」 「うまくいく時期もあれば、悔しい時期もあり、いろんな面でこの1年間成長できました」 「ここからは広島のために自分の持っている力を100%表現して、周りにプラスの何かを引き出させるようなプレーをしたいと思います」 「一緒に戦いましょう。最後に、「ただいま」」 ◆セレッソ大阪 「サンフレッチェ広島に移籍することになりました。半年間という短い期間でしたがセレッソ大阪の一員としてプレーできたことを誇りに思います」 「ピッチの上でなかなか貢献できなかったのは悔しいですが、個々のスキルが高いチームで過ごせたことは自分の成長に繋がったと思います。このチームでなにも残せていないまま移籍してもいいのかと悩みましたが、自分を信じてまた広島で挑戦することに決めました」 「セレッソ大阪の関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、短い間でしたが本当にありがとうございました。これからもセレッソ大阪を応援しています!」 2021.07.26 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

J2最下位の相模原が6人目の補強! FC東京のDF木村誠二を育成型期限付き移籍で獲得…今季は京都でプレー

SC相模原は26日、FC東京のDF木村誠二(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。 木村はFC東京の下部組織出身。2020年にトップチームへ昇格すると、昨シーズンは明治安田J1で3試合に出場。今シーズンは京都サンガF.C.へと育成型期限付き移籍し、明治安田J2で1試合の出場に終わっていた。 木村はクラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「この度、FC東京から育成型期限付き移籍で加入することになりました。今の自分の力を精一杯発揮して、チームの力になれるよう闘います。応援よろしくお願いします!」 ◆FC東京 「この度、SC相模原に育成型期限付き移籍する事になりました。もう一度自分を見つめ直し、成長できるよう全力で戦ってきます」 ◆京都サンガF.C, 「この度、育成型期限付き移籍を終了し、京都サンガF.C.を離れる事になりました。ピッチで戦って京都サンガF.C.の勝利に貢献するという当初の目標を達成できなかったことは残念です。ファン・サポーターの皆様にプレーを見せることができなかったことも悔しく思っています」 「半年という短い間でしたが、たくさんの事を学び、良い時間を過ごすことができました。ご声援ありがとうございました」 現在明治安田生命J2リーグで最下位の相模原は、高木琢也監督が6月に就任。今夏の移籍市場では、サガン鳥栖のFW兒玉澪王斗、浦和レッズのDF藤原優大、大分トリニータのMF高山薫、セレッソ大阪のFW澤上竜二、清水エスパルスのMF成岡輝瑠と期限付き移籍で6名を補強している。 2021.07.26 14:38 Mon
twitterfacebook
thumb

岐阜が水戸FW深堀隼平を育成型期限付き移籍で獲得「良い補強をしたなと思って頂けるように」

FC岐阜は26日、水戸ホーリーホックのFW深堀隼平(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。 深堀は名古屋グランパスの下部組織出身で、2017年にトップチーム昇格。2019年にはポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスへと期限付き移籍の経験がある。 2020年から水戸でプレー。水戸では明治安田生命J2リーグで32試合に出場し6得点を記録していた。 深堀は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC岐阜 「FC岐阜のファンサポーターの皆様。初めまして、水戸ホーリーホックから来ました深堀隼平です」 「サッカーを楽しむ心を忘れず、自分の特徴を出して、良い補強をしたなと思って頂けるように精一杯プレーしたいと思います!」 「選手、スタッフ、ファンサポーター、FC岐阜に関わる全員の力で必ずJ2昇格しましょう。応援よろしくお願いします!」 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックのファミリーの皆様。この度、育成型期限付き移籍でFC岐阜に移籍することになりました」 「今シーズンここまで、自分が思い描いていたようなシーズンに出来ず、途中でチームを抜けることになってしまい、自分に対する不甲斐なさと悔しさ、期待して下さっていた方への申し訳なさでいっぱいです」 「自分はもっとやれる!こんなもんじゃない!と思っているので、それをこれから岐阜で証明して来ようと思います。試合結果だけでもチェックしてもらえたら深堀喜びます」 「岐阜の夏はとっても暑いと聞くので熱中症には気を付けて夏を乗り越え残りシーズン戦ってきます」 「中断までで11位。水戸ホーリーホックはもっと上の順位に行けると信じています。ファンサポーターの皆様、これからもスタジアムでの選手への後押し、よろしくお願いします。行ってきます!」 2021.07.26 11:08 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪が人材難のサイドを補強! 水戸からSB柳澤亘を獲得

ガンバ大阪は25日、水戸ホーリーホックからDF柳澤亘(25)の完全移籍加入を発表した。背番号は「26」を着用する。 柳澤は右がメインだが、左もこなせるサイドバック。柏レイソルや鹿島アントラーズの下部組織在籍歴を持ち、八千代松蔭高校、順天堂大学を経て、2019年にFC岐阜でプロキャリアをスタートした。今季から水戸に完全移籍加入。ここまで負傷もありながら明治安田生命J2リーグ12試合に出場して、1アシストをマークした。 G大阪は今季、DF高尾瑠やDF藤春廣輝のほか、ユーティリティ性にも富むMF福田湧矢といったサイドバック、あるいはウィングバックの担い手に故障者が続出。過密日程下で不振が続くなか、MF小野瀬康介やDF黒川圭介がフル稼働を強いられ、守備的MFが本職のMF奥野耕平をサイドに回すなど、苦しい台所事情が顕著だった。 自身にとっても初のJ1挑戦となる柳澤はG大阪の公式サイトを通じて「この度、水戸ホーリーホックから移籍加入する事になりました柳澤亘です。早くチームや大阪の街に馴染み、チームに貢献して、サポーターの皆様に名前や顔を覚えて頂ける様に頑張ります。宜しくお願いします」とコメントした。 一方、半年間を過ごした水戸を通じては「水戸ホーリーホックに関わる全ての皆様へ」と書き始め、新天地での活躍を誓った。 「突然ではありますが、この度ガンバ大阪へ移籍する事になりました。J1へのチャレンジの機会を頂き、このチャンスを最大限に活かして成長する事が皆様への恩返しになると信じています」 「そして、加入して半年、出場数も少なくまだ貢献できていない中で、今回の僕のチャレンジを快く送り出してくれたチームにはとても感謝しています」 「水戸ファミリーであるファン・サポーターの皆様には直接ご挨拶出来ず心苦しいのですが、これからも温かく見守って頂けたら嬉しいです。ありがとうございました」 2021.07.25 15:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly