大迫所属ケルンがシュティーガー監督の解任を発表! 今季ブンデスで14戦未勝利…

2017.12.04 05:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW大迫勇也の所属するケルンは3日、ペーター・シュティーガー監督(51)と、アシスタントコーチのマンフレッド・シュミット氏の解任を発表した。

▽2013-14シーズンにケルンの監督に就任したシュティーガー監督は、就任1年目でチームをブンデスリーガ2部優勝に導き1部へ昇格。その後も優れた手腕でチームを着実に成長させると、昨季はブンデスリーガ5位に導いた。

▽しかし、ヨーロッパリーグとの両立が求められた今シーズンは開幕から低迷を続け第14節を消化した時点で、リーグ戦未勝利で最下位に沈んでいた。そして、クラブは2-2の引き分けに終わったシャルケ戦の翌日にシュティーガー監督の解任に踏み切った。
▽解任が決定したシュティーガー監督は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「シャルケ戦が私にとって最後の試合になることはわかっていた。ただ、この重要な一戦に集中して臨むため、話し合いは日曜に行うことを約束した。今回クラブが下した決断はチームのための決断であり、とても明瞭なことだ」

「選手、スタッフ、サポーター、ケルンの街は私とシュミットにとって特別な存在だ。我々はケルンが残留することを心から祈っているよ」

▽なおケルンは、年内の残り試合をU-19チームで監督を務めるステファン・ルーテンベック氏が暫定指揮官として指揮することを併せて発表している。

関連ニュース
thumb

残留争い中のヴェローナ、ケルンからスロバキア代表MFをレンタル

エラス・ヴェローナは29日、スロバキア代表MFオンドレイ・ドゥダ(28)をレンタル移籍で獲得したと発表した。契約期間は今シーズン終了までで、背番号は「33」を着用する。 2014年に加入したレギア・ワルシャワで台頭したドゥダ。2016年夏にヘルタ・ベルリンへと完全移籍し、3年半にわたってプレーすると、2020年冬にはノリッジへのレンタルも経験した。 2020年夏に加わったケルンでは初年度から主力に定着。今季もトップ下を主戦場にここまで公式戦18試合に出場し、2得点を記録している。 セリエAで19試合を消化した現時点で、降格圏の18位に位置するヴェローナ。ドゥダにはドルトムントから先日加入したオランダ人FWヤイデン・ブラーフ(20)とともに、残留に向けた起爆剤としての活躍が期待される。 2023.01.30 17:33 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケが連敗ストップも決定機を欠きゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節のシャルケvsケルンが29日に行われ、0-0の引き分けに終わった。シャルケの吉田麻也と上月壮一郎はフル出場している。 リーグ戦3連敗中の最下位シャルケ(勝ち点9)が、12位ケルン(勝ち点21)をホームに迎えた一戦。シャルケの吉田はセンターバック、上月は右MFで共に先発した。 シャルケは開始早々の2分に決定機。セットプレーの二次攻撃からから右サイドでボールを拾ったスカルケのクロスをイェンツが頭で合わせたが、シュートは相手GKが右手一本で掻き出した。 以降は両チームともに決定機はおろかシュートまで持ち込むことができない時間が続く。そんな中、シャルケは38分にボックス内で上月とスイッチしたラツァがラストパスを送ったが、これはテローデには合わず、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、シャルケは開始早々の50分にピンチ。カインツの右FKをゴール右手前に走りこんだヒューバースにワンバウンドしたボールを頭で合わせたが、これはクロスバーに救われた。 対するシャルケは65分、ウロネンの右CKからクラウスがドンピシャのヘディングシュートで合わせたが、これはわずかに枠の上に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。互いに決定力を欠いた試合はゴールレスドローで終了した。 2023.01.30 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「唯一寒くない観戦者」「24分で脱いだ」気温1度のナイトゲーム、半袖で指揮する監督が大注目…相手監督は当然ベンチコート着用

熱血指揮官には寒さなど関係ないのかもしれない。 24日に行われたブンデスリーガ第17節のバイエルンvsケルンの一戦。試合は開始早々にケルンが先制するも、試合終了間際にヨシュア・キミッヒのミドルシュートが決まり、1-1のドローに終わっていた。 この試合ではキミッヒのスーパーゴールが大きな話題となったが、もう1つファンの視線を集めた出来事があった。 それは、ケルンの指揮官ステッフェン・バウムガルト監督だ。 トレードマークの帽子をかぶっているバウムガルト監督は熱血指揮官としても知られ、試合中に熱い指示を送ることでも知られている。 ファンの視線が集まったのはその服装。ピッチ脇で指示を送るバウムガルト監督は、まさかの半袖だったのだ。 試合が行われていたミュンヘンのこの日の気温は1度。いくら熱血漢とはいえ、流石に寒いに決まっている。 対戦相手のユリアン・ナーゲルスマン監督はベンチコートを着て指示を送っており、スタンドの観客はもちろんのこと、メディアも防寒対策バッチリでナイトゲームに臨んでいた。 ある記者は、「アリアンツ・アレーナで唯一寒くない観戦者は彼です」と紹介。その他にも「彼は24分でパーカーを脱ぎました」と、前半のうちに半袖になっていたとレポートした。 ドイツ『スカイ・スポーツ』も「ミュンヘンは1度…バウムガルトは服を脱ぐ」と投稿し、その写真は半袖でお腹をガッツリ出している姿だった。 寒さを感じないのか、ヒートアップして暑くなったのかは定かではないが、試合後の記者会見ではしっかり上着を着ているだけに、みんなの注目を一挙に集めることとなってしまった。 <span class="paragraph-title">【写真】気温1度で半袖、さらにお腹を出すバウムガルト監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">1 Grad in München... <br><br>Die 2. Halbzeit jetzt live auf Sky! <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBKOE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBKOE</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Fun?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Fun</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Baumgart?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Baumgart</a> <a href="https://t.co/4lkowabSff">pic.twitter.com/4lkowabSff</a></p>&mdash; Sky Sport (@SkySportDE) <a href="https://twitter.com/SkySportDE/status/1617984143614255105?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.26 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン、再開後2試合連続の引き分けも「あのキミッヒのゴールは良い方向に導く」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 24日のブンデスリーガ第17節でケルンをホームに迎えたバイエルンだが、開始4分に失点。後半に入っても長くビハインドの展開が続いたが、90分にMFヨシュア・キミッヒのゴールで追いつき、辛くもドローに持ち込んだ。 これでリーグ10戦負けなしも再開初戦から2試合連続の引き分け。すっきりしない戦いが続いての折り返しとなったが、ナーゲルスマン監督も再開後の戦いに不十分さを認め、キミッヒの一発を今後に繋がるものとした。 「妥当な勝ち点1だと思う。後半に選手交代をして、それからは良いプレーがやれた。今年に入ってからの2試合で2ポイントというのは物足りないが、あの最終盤のゴールは良い方向に導いてくれることだろう」 「後半のパフォーマンスでハードルが上がったが、あれこそ90分間を通じてすべきプレーだ。あれができれば、土曜日の次戦に自信を持って挑めるはずさ」 2023.01.25 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、キミッヒの終盤豪快ミドル弾でケルンに辛くもドロー《ブンデスリーガ》

バイエルンは24日、ブンデスリーガ第17節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。 再開初戦の前節、ライプツィヒに後半盛り返されて1-1の引き分けに終わった首位バイエルン(勝ち点35)は、ライプツィヒ戦同様のスタメンで臨んだ。 前節ブレーメンに7発爆勝した11位ケルン(勝ち点20)に対し、最前線にチュポ=モティング、2列目に右からサネ、ムシアラ、ニャブリと並べたバイエルンは開始4分に失点する。右CKからシャボットにヘッドで逸らされると、ファーサイドのスクヒリに押し込まれた。 失点を受けて前がかるバイエルンは10分、サネのミドルシュートで、14分にはニャブリがボックス左からGK強襲のシュートを浴びせていった。 しかし前半半ば以降は目立った好機を作れず1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半、ニャブリとゴレツカに代えてコマンとグラフェンベルフを投入したバイエルンは開始3分、デ・リフトのミドルシュートでゴールに迫る。ここはGKシュワーブの好守に阻まれたものの、バイエルンが攻勢を強めていった。 しかし徐々にトーンダウンしていったことを受けて68分にミュラーを投入。すると79分、ミュラーのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここもGKシュワーブの好守に阻まれた。 それでも90分、攻め立てたバイエルンが土壇場で追いつく。中央でパスを受けたキミッヒが右足を強震すると、豪快なミドルシュートがネットを揺らした。 このまま1-1でタイムアップ。奮闘してきたケルン相手にバイエルンは勝ち点1をもぎ取っている。 2023.01.25 06:28 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly