ウディネーゼがオッド氏の新指揮官就任を発表!2017.11.21 23:27 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは21日、ルイジ・デル・ネーリ監督(67)の後任としてマッシモ・オッド氏(41)の招へいを発表した。

▽今シーズン、ここまで4勝8敗の14位に低迷していたウディネーゼは、21日に2016年10月からチームを率いていたデル・ネーリ監督の解任を発表した。そして、地元メディアの既報通り、後任監督には元ペスカーラ指揮官のオッド氏が招へいされた。

▽現役時代にミランやナポリ、ラツィオ、バイエルンなどで活躍したオッド氏は、イタリア代表の一員として2006年のドイツ・ワールドカップ優勝も経験した偉大な右サイドバック。2012年の現役引退後は、2015年から2017年までペスカーラの指揮官を務め、ポゼッションを重視した攻撃的なスタイルで評価を集めていた。
コメント
関連ニュース
thumb

低調インテル、残留争いのウディネーゼにゴールレスドロー《セリエA》

インテルは4日、セリエA第35節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 前節ユベントスとのイタリア・ダービーをナインゴランのスーパーボレーで引き分けた3位インテル(勝ち点62)は、5位ローマに4ポイント差とされた中、イカルディをベンチスタートとし、L・マルティネスを先発で起用した。 残留圏内ぎりぎりに位置する17位ウディネーゼ(勝ち点33)に対し、慎重に入ったインテルは14分にナインゴランのミドルシュートでまずはゴールを脅かす。 そして、徐々に押し込む展開としたインテルは22分に決定機。FKからゴールエリア右のダンブロージオがヘッドで折り返すと、ゴール前に詰めたL・マルティネスが頭で押し込みにかかったが、ミートしきれなかった。 しかし、ハーフタイムにかけてはこう着状態が続いた中、38分にマンドラゴーラに枠内シュートを打たれるもGKハンダノビッチが防ぎ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半開始直後、L・マルティネスのミドルシュートでゴールに迫ったインテルが良い入りを見せるも、長続きはしない。 再びこう着状態に陥ったことを受けて、インテルは63分にボルハ・バレロに代えてイカルディを投入した。それでもギアの上がらないインテルは終盤にケイタを投入。 しかし、終盤にかけても目立ったチャンスを作れずにゴールレスドロー。インテルは残留を争う相手に勝ち点1を積み上げるに留まった。 2019.05.05 05:24 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタが試合終盤の2発でウディネ撃破! 2連勝で単独4位に浮上!《セリエA》

セリエA第34節、アタランタvsウディネーゼが29日に行われ、ホームのアタランタが2-0で勝利した。 トップ4フィニッシュを目指す5位のアタランタと、残留を目指す17位のウディネーゼによる月曜開催の一戦。 ミッドウィークに行われたコッパ・イタリア準決勝でフィオレンティーナを退け、決勝進出を果たしたアタランタ。勝利で4位浮上となる今回の一戦に向けては負傷のイリチッチに代えてパシャリッチを起用するなど、幾つかのポジションでローテーションを行った。 コッパ・イタリアの激戦の疲れを感じさせないアタランタは立ち上がりから相手を押し込んでいく。サパタの強靭なフィジカルと、頻繁にライン間に顔を出すアレハンドロ・ゴメスを起点に厚みのある仕掛けを続けていく。 すると27分にはサパタの柔らかな左クロスに反応したデ・ルーンが抑えの利いた右足のダイレクトボレーを枠に飛ばすが、ここは相手GKの好守に遭う。その後は幾度か相手のロングカウンターに遭い、サンドロやラザーニャにフィニッシュまで持ち込まれたものの、危なげない試合運びで前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、センターバックを一枚削ってセンターフォワードのピッコリをハーフタイム明けに投入したアタランタはパシャリッチ、デ・ルーンを一列ずつ下げてより攻撃的な戦い方にシフトする。 後半も立ち上がりから相手を押し込むアタランタは68分にゴメスのミドルシュートでゴールに迫るが、GKムッソのビッグセーブに遭う。逆に、この直後の71分には相手にカウンターを許すと、デ・パウルに右ポスト直撃のシュートを打たれる場面も。 押し込みながらも最後の場面でゴールをこじ開けられないアタランタだったが、試合終了まで残り10分を切った終盤にようやく先制点を奪う。ボックス内でマジエッロがサンドロに足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのデ・ルーンが冷静に決め切って81分の先制点とした。 このゴールで重圧から解き放たれたアタランタは85分にもボックス中央でのサパタの丁寧な落としからパシャリッチの放ったミドルシュートが相手DFにディフレクトすると、これが相手GKの反応の逆を突く形となりゴールネットを揺らした。 その後も積極的に3点目を狙う攻撃的な戦い方で試合を締めくくったアタランタがリーグ戦2連勝を飾り、単独4位に浮上した。 2019.04.30 04:05 Tue
twitterfacebook
thumb

カイセド弾とGKストラコシャのPKストップで快勝のラツィオがCL出場権争い生き残り《セリエA》

ラツィオは17日、セリエA第25節延期分でウディネーゼをホームに迎え、2-0で快勝した。 4日前に行われた前節ミランとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けたシックスポインターを落とした暫定8位のラツィオ(勝ち点49)が、16位ウディネーゼ(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 勝利すればCL圏内の4位ミランに3ポイント差に迫れる中、ミラン戦のスタメンから3選手を変更したラツィオは、2トップにインモービレとカイセドを起用した。 そのラツィオが立ち上がりから押し込むと、14分にインモービレのスルーパスでボックス左に侵入したカイセドがGKを強襲するシュートを浴びせた。 その後、20分にCKの流れからバドゥのヘディングシュートがバーを直撃してひやりとしたラツィオだったが、21分に先制した。インモービレのパスを受けたカイセドがボックス左に侵入してGKのニアサイドを破った。 さらに24分、右CKからニアサイドのミリンコビッチ=サビッチがヘッドで合わせると、ルーズボールがサンドロに当たってゴールに吸い込まれ、ラツィオに追加点が生まれた。 その後もラツィオがボールを握りハーフコートでゲームを進めると、45分にFKの流れからアチェルビがボレーで押し込んだが、VARの末にノーゴールに覆り、2-0で前半を終えた。 迎えた後半開始5分、ラツィオはルリッチがボックス内でラザーニャを倒してPKを献上する。しかし、キッカーのデ・パウルが枠の右を狙ったシュートをGKストラコシャが止めて、2点のリードを保った。 その後もラツィオがペースを握る中、68分にカイセドに代えてバデリを投入。アタッカーを削って中盤の枚数を増やし、守備の強度を上げにかかった。 78分にはインモービレが決定的なシュートを浴びせて3点目に迫ったラツィオが、終盤にかけてもウディネーゼの反撃を許さずに2-0で快勝。ミランに3ポイント差に迫り、CL出場権争いに生き残っている。 2019.04.18 03:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェコに今季ホーム戦初ゴールの生まれたローマが辛勝でミランにプレッシャー《セリエA》

ローマは13日、セリエA第32節でウディネーゼをホームに迎え、1-0で辛勝した。 欧州カップ戦出場を争う前節サンプドリアとのアウェイ戦を制し、連敗を止めた6位ローマ(勝ち点51)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランに1ポイント差と迫った中、ジェコとエル・シャーラウィがスタメンに戻った。 降格圏のエンポリと4ポイント差の15位ウディネーゼ(勝ち点32)に対し、 ジェコとシックが2トップを形成するフラットな[4-4-2]で臨んだローマは、開始3分にマンドラゴーラに際どいミドルシュートを浴びてしまう。 良い入りができなかったローマはウディネーゼにポゼッションを許す展開を強いられた中、27分にようやくチャンス。左サイドからのエル・シャーラウィのクロスにファーサイドのザニオーロがボレーで合わせにかかった。 続く36分にボックス左からマルカノがGKを強襲するシュートを浴びせたローマだったが、低調な前半はゴールレスで終了した。 シックとファン・ジェズスに代えてペッレグリーニとフロレンツィを後半から投入したローマは、後半に入ってもギアが上がらず、57分にCKからデ・マイオのヘディングシュートが右ポストに直撃するピンチを迎えてしまう。 それでもその後、FKからクリスタンテのヘディングシュートでゴールに迫ったローマは、68分にエースがゴールをこじ開ける。エル・シャーラウィの華麗なワンタッチパスに反応したボックス右のジェコがゴールに流し込んだ。 ジェコの今季リーグ戦におけるホーム初ゴールで均衡を破ったローマは、守備に重心を置いて時間を消化していく。そのままウディネーゼに反撃を許さずに逃げ切ったローマが勝ち点3を積み上げ、このあとラツィオと試合を行うミランをかわして暫定4位に浮上した。 2019.04.14 02:58 Sun
twitterfacebook
thumb

3戦ぶりピョンテク弾もミラン、ウディネーゼに追いつかれ3戦勝利なし《セリエA》

ミランは2日、セリエA第30節でウディネーゼをホームに迎え、1-1で引き分けた。 3日前に行われた前節サンプドリア戦をGKドンナルンマのミスで落とし、2連敗となった4位ミラン(勝ち点51)は、次節にユベントス戦を控える中、サンプドリア戦のスタメンから4選手を変更。スソやカスティジェホらに代えてクトローネやパケタを起用した。 降格圏の18位エンポリと3ポイント差の16位ウディネーゼ(勝ち点28)に対し、[4-3-1-2]で臨んだミランは2トップにピョンテクとクトローネ、トップ下にパケタを据えた。 そのミランは開始5分、ボックス外に飛び出した際に右足を負傷したGKドンナルンマがプレー続行不可能となり、11分にレイナとの交代を強いられた。 汚名返上に燃えていたはずのGKドンナルンマの交代に見舞われたミランは22分、パケタの強烈なミドルシュートでゴールを脅かす。さらに26分、パケタの浮き球パスをボックス左で受けたクトローネが胸トラップから華麗な左足ボレー。シュートは枠を捉えていたが、GKムッソの好守に阻まれた。 徐々にゴールに近づいていたミランだったが、41分に再びアクシデント。右足首を痛めたパケタがプレー続行不可能となってカスティジェホが投入された。 それでも、前半終了間際に先制する。44分、ボックス左に流れたクトローネが正確なインスウィングのクロスを入れると、ピョンテクがボレー。これはGKにセーブされたものの、ルーズボールをピョンテクが押し込んでネットを揺らした。 ピョンテクの3戦ぶりゴールでミランが1点をリードして迎えた後半、押し込む流れが続いていたが、65分に同点に追い付かれる。CKを跳ね返されてロングカウンターを受けると、フォファナにボックス左まで持ち上がられて、最後はラザーニャに蹴り込まれた。 追いつかれたミランは懸命に勝ち越しゴールを目指して攻勢をかけ続けると、終盤の85分にようやくカスティジェホがボックス内から枠内シュートを放ったが、ゴールは生まれず1-1でタイムアップ。 3戦勝利なしとなり、後続のラツィオとアタランタに勝ち点で並ばれる可能性が出てきた。 2019.04.03 03:58 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース