水戸が鈴木隆行氏の引退試合開催を発表! 来年1月13日にケーズデンキスタジアムで開催

2017.11.21 17:53 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽水戸ホーリーホックは21日、2015シーズン限りで現役を引退した元日本代表FW鈴木隆行氏の引退試合を行うことを発表した。試合は2018年1月13日(土)に行われるとのことだ。

▽「鈴木隆行 引退試合」として行われる試合は、1月13日(土)の13時キックオフ予定。水戸の本拠地であるケーズデンキスタジアム水戸で行われる。

▽試合は、SUZUKI FRIENDS vs MITO SELECTIONSとして行われ、「SUZUKI FRIENDS」には日韓W杯当時のメンバーも踏まえてのスペシャルチームを組む予定とのこと。「MITO SELECTIONS」は、水戸ホーリーホックの現役選手や鈴木隆行氏の在籍時所属していた選手等「水戸選抜」で組まれるとのことだ。なお、出場選手は後日発表される。
▽チケットは、メインスタンド中央前方の「隆行シート」が5,000円。その後方の「SS指定席」が4,500円、その他「S指定席」が4,000円と続いている。「バックスタンド自由席」は大人が2,000円、小中高が1,000円となっている。

▽チケットの発売日は12月13日(水)の10時から。Jリーグチケットやチケットぴあ、ローソンチケットなどで購入できる。

▽鈴木氏は、鹿島アントラーズやジェフユナイテッド千葉、川崎フロンターレ、横浜F・マリノスなどでプレー。海外移籍も経験し、ヘンクやゾルダー、レッドスター・ベオグラードなどでもプレーしている。水戸には4シーズン在籍し、J2通算126試合出場24得点を記録していた。

関連ニュース
thumb

水戸の45歳GK本間幸司、契約更新! 来季で在籍25年目に突入

水戸ホーリーホックは5日、GK本間幸司(45)の契約更新を発表した。 1996年に水戸短期大学附属高校から浦和レッズ入りした本間は1999年途中から当時日本フットボールリーグ(JFL)に属した水戸に移籍。それ以来、水戸でキャリアを紡ぎ、在籍24年目の今年も控えだったが、天皇杯の1試合でプレーした。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「こんにちは! 今シーズンもたくさんの応援とサポートをありがとうございました。目標に手が届きそうだったのに掴み取れなかった事が残念で申し訳ない思いです。来シーズンで水戸ホーリーホック在籍25年目の節目です。来シーズンも目標は変わらないので必ず達成出来るように心を燃やしています! また一緒に闘っていただけると心強いです!よろしくお願いします」 2022.12.05 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

水戸がフィリピン代表DFタビナス・ジェファーソンと複数年契約「『J1昇格』を堂々と言葉に」

水戸ホーリーホックは4日、フィリピン代表DFタビナス・ジェファーソン(24)との契約更新を発表した。 タビナス・ジェファーソンは、桐光学園高校から川崎フロンターレに入団。FC岐阜、ガンバ大阪への期限付き移籍を経て、2021年に水戸に加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで23試合に出場し1得点を記録していた。 タビナス・ジェファーソンはクラブを通じてコメントしている。 「皆さん。お待たせいたしました。お待たせしすぎたのかもしれません」 「来シーズンも水戸ホーリーホックでプレーさせて頂きます。僕自身プロになってから2年以上同じクラブで過ごす事がなく、キャリアの中で最長の在籍したクラブが水戸ホーリーホックとなりました。僕にとって水戸ホーリーホックというクラブは家そのものです」 「だからこそこのクラブ。ファミリーでJ1昇格を掴み取りたいと強く思います。まだみた事のない景色とか色んな表現でなく、『J1昇格』を堂々と言葉にしてまた日々精進していきたいと思います」 「小さなクラブにとっては壮大な計画かもしれませんが、成し遂げられないことでは無いと思います。だからこそ、みんなでJ1昇格まで一丸となり、周りになにを言われようと信じて突き進んでいきましょう。僕たちファミリーにはその力があります」 「最後になりましたが、いつも多大なサポートをしてくれるパートナー企業の皆さん、常に背中を押してくれるファミリーの皆さんには本当に感謝しています。来年も、角がたつ言動をしてしまうかも知れませんが(角刈りだけに)どうそよろしくおねがいします」 2022.12.04 19:57 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸が控えGK中山開帆と契約更新、今季は3試合出場「見たことのない景色をみんなで見に行きましょう!」

水戸ホーリーホックは4日、GK中山開帆(29)との契約更新を発表した。 中山は東福岡高校から近畿大学を経て、2015年にギラヴァンツ北九州に入団。ほとんど出番がないまま過ごし、2020年に水戸へ完全移籍した。 水戸でもほとんど試合に出ることはなく、今シーズンも明治安田生命J2リーグで3試合の出場に終わった。 中山はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンも多大なるご支援、ご声援ありがとうございました。来シーズンも水戸ホーリーホックでプレーすることになりました」 「今、日本代表戦士達がW杯を闘っています。ドイツ戦のようなスペイン戦のような闘いをしたい。あの感動を味わいたい。このクラブならファミリー全員の力が一つになれば必ず出来ます。そう思い決断しました。見たことのない景色をみんなで見に行きましょう!」 「W杯中で寝不足かとは思いますがくれぐれも体調にはお気をつけて!それでは皆さんご一緒に!ブラ…続きは来シーズンKsスタでの勝利のあとに!」 2022.12.04 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸が大卒ルーキー高岸憲伸と複数年契約 「この愛するクラブで共にJ1へ」

水戸ホーリーホックは3日、MF高岸憲伸(23)と複数年契約にて更新した旨を発表した。 高岸は川崎フロンターレのアカデミー卒で、星稜高校から中央大学に進学。大学在学中の2021年9月から同年12月まで特別指定選手として水戸で過ごし、今季から正式入団した。 その今季は明治安田生命J2リーグ24試合でプレー。契約更新を受け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「水戸ホーリーホックをこよなく愛する皆さんこんにちは! 来シーズンも水戸ホーリーホックファミリーと戦いたいという想いが強すぎて、更新リリースの時間をサポーター番号の『12』、僕の背番号の『30』で12時30分にして欲しいとクラブにお願いした、髙岸憲伸です! 皆さんと #高岸タオルチャレンジ を筆頭にたくさん絡める機会を楽しみにしています! この愛するクラブで共にJ1へ行きましょう!」 2022.12.03 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸FW村田航一と契約更新 「来季こそ…」

水戸ホーリーホックは2日、FW村田航一(26)の契約更新を発表した。 日章学園高校出身の村田は明治大学卒で、2019年に水戸でプロ入り。加入4年目の今季は負傷もあり、明治安田生命J2リーグ17試合に出場して1得点だった。 水戸での5年目に向け、クラブを通じて「来季も水戸ホーリーホックでプレーさせていただくことになりました」と報告。サポーターに感謝の言葉を述べつつ、決意を新たにした。 「まずはじめに、今季、良い時も悪い時も水戸ホーリーホックを支え応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。来季こそ応援してくださる皆さんと共に、J1昇格というまだ見ぬ景色を見られるように全力を注ぎたいと思います。そして、水戸ホーリーホックとホームタウンがもっともっと盛り上がっていくように頑張ります。来季も応援よろしくお願いします」 2022.12.02 17:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly