広州恒大へ復帰が決まったカンナバーロ監督、2017年中国最優秀監督賞を受賞!

2017.11.12 05:03 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来季から広州恒大の指揮官に復帰する元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ監督(44)が、2017年中国サッカー協会年間最優秀監督賞を受賞した。スペイン『アス』が伝えている。

▽2016年6月から天津権健の指揮官に就任したカンナバーロ監督は、今シーズンのリーグ戦を3位で終えて来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得。しかし、6日に天津権健から指揮官退任が発表されると、9日にはルイス・フェリペ・スコラーリ監督が退任した広州恒大の新指揮官就任が発表された。

▽なお、中国サッカー協会年間最優秀監督賞には、かつて名古屋グランパスでJリーグを制覇したドラガン・ストイコビッチ監督(広州富力/セルビア)、途中就任ながら低迷したクラブを立て直し1部残留に導いたグレゴリオ・マンサーノ監督(貴州智誠/スペイン)がノミネートされていた。


関連ニュース
thumb

「他力本願の形に…」ACLで2試合出場の川崎F・松井蓮之、今後に経験を生かす「またこの大会に出られるように」

川崎フロンターレのMF松井蓮之が、広州FC(中国)戦を振り返った。 30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第6節の川崎Fvs広州が行われた。 グループ3位の川崎Fは、この試合に勝たなければグループステージ突破の可能性はなし。勝った場合でも1位になれる可能性はジョホール・ダルル・タクジム(JDT/マレーシア)vs蔚山現代(韓国)が引き分けた場合のみ、それ以外の場合は他グループの結果次第となる。 その川崎Fは、わずかな望みをかけて試合に挑むと、14分に知念慶がネットを揺らして先制。その後は主導権を握りながらゴールを奪えないでいると、1-0でタイムアップ。最低限の勝利を収めた。 この試合がACLで2試合目の出場。マン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれた松井は、試合後の記者会見で「監督がおっしゃったように、今日の試合は絶対に勝たないといけない試合ということもあって、(広州FCとの)1試合目とはまた違う難しさがありました」と前回対戦とは緊張感含めて違ったと語った。 また、「全体として勝つという共通理解があったからこそ、試合に勝てたと思っています。全体でやることはやったものの、こうして他力本願の形になってしまいました」と、2位でグループステージを終えることを悔しがった。 ただ、プロとして初めて試合に出場した経験をACLで積めた松井は「グループステージ突破は難しい感じになりましたが、自分自身でいうと、良い経験になったと思います。これを日本に帰って、Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯につなげたいです」と今後の戦いに、この経験を生かしていきたいと意気込んだ。 ACLについては「ACLの戦いを通して言うと、海外の選手との機会がこれしかないというところで、アウェイに乗り込んでの試合はとても難しいと感じました。またこの大会に出られるように、チーム全体で頑張っていきたいと思います」と、今後のキャリアでもACLでプレーできるように頑張りたいと語った。 <span class="paragraph-title">【動画】巧みなターンから知念慶が望みをつなぐゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Kei Chinen with the match-winning goal!<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/KWFvGUA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KWFvGUA</a> | <a href="https://twitter.com/frontale_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@frontale_staff</a> <a href="https://t.co/qW4jPmPCJo">pic.twitter.com/qW4jPmPCJo</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1520363995999440899?ref_src=twsrc%5Etfw">April 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.30 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

グループステージ突破が限りなく厳しい川崎F、鬼木達監督は最終節勝利も「自分の力不足を感じています」

川崎フロンターレの鬼木達監督が、広州FC(中国)戦を振り返った。 30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第6節の川崎Fvs広州が行われた。 グループ3位の川崎Fは、この試合に勝たなければグループステージ突破の可能性はなし。勝った場合でも1位になれる可能性はジョホール・ダルル・タクジム(JDT/マレーシア)vs蔚山現代(韓国)が引き分けた場合のみ、それ以外の場合は他グループの結果次第となる。 その川崎Fは、わずかな望みをかけて試合に挑むと、14分に知念慶がネットを揺らして先制。その後は主導権を握りながらゴールを奪えないでいると、1-0でタイムアップ。最低限の勝利を収めた。 試合後の記者会見に臨んだ鬼木監督は、ゲームを振り返り「今日は勝たなくては何も起きない状況で、最後の最後まで難しいゲームになりました。自分たちのやれることがすべてだということでしたが、選手もプレッシャーはあった思います」とコメントした。 また「その中で勝つことで望みをつなぎたかったですが、なかなか難しい展開になりました」とコメント。1位になれなかったことを悔やんだ。 JDTvs蔚山の試合は1-1で推移した中、終盤にJDTが勝ち越して2-1で勝利。この結果グループ2位となり、非常に厳しい状況に立たされることとなった。 鬼木監督は「1位を目指していた中での2位。すごく残念に思いますし、いろいろなレギュレーションがある中で、1位にならないと突破は難しいと思っていました。そういう意味では自分の力不足を感じています」とコメント。チームとして目標である1位で終えられなかったことを悔やんだ。 <span class="paragraph-title">【動画】巧みなターンから知念慶が望みをつなぐゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Kei Chinen with the match-winning goal!<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/KWFvGUA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KWFvGUA</a> | <a href="https://twitter.com/frontale_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@frontale_staff</a> <a href="https://t.co/qW4jPmPCJo">pic.twitter.com/qW4jPmPCJo</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1520363995999440899?ref_src=twsrc%5Etfw">April 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.30 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

PK2発で広州を撃破のJDT、グループ首位浮上! 最終節で突破を懸けた2位蔚山と直接対決《ACL2022》

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第5節の広州FC(中国)vsジョホール・ダルル・タクジム(JDT/マレーシア)が行われ、0-2でJDTが勝利した。 圧倒的な最下位である広州を除き、蔚山現代(韓国)、川崎フロンターレ(日本)、そしてJDTが熾烈な突破争いを繰り広げているグループI。JDTは勝利しなければいけない試合となった。 試合は15分、右CKからのクロスに対して広州のDFが相手を倒してファウル。JDTはPKを獲得すると、ベルクソンがしっかりとゴール右に決めて、JDTが幸先良く先制する。 リードを奪ったJDTは、33分にもチャンス。左サイドからのクロスに対し、ベルクソンがボックス内でヘッド。シュートは枠に飛ぶが、クロスバーに嫌われてしまうと、跳ね返りをバイシクルボレーも枠を超えていく。 主導権を握り続けるJDTはさらにゴールに迫っていくが、広州の粘りの守備の前にネットを揺らせず。1点リードで後半を迎える。 今大会無得点の広州はこの試合もフィニッシュ精度を欠き、少ないチャンスを生かせず。対するJDTも攻め込み続けるがGKジャン・ジーハオの好セーブもあって得点を奪えない。 すると迎えた95分にも、JDTはPKを獲得。これをベルクソンが決めてダメ押し。PK2発で0-2と勝利したJDTがグループIで首位に浮上した。 広州FC 0-2 ジョホール・ダルル・タクジム 【JDT】 ベルクソン(前17[PK]、後51) 2022.04.28 10:28 Thu
twitterfacebook
thumb

天野純が1G1Aの大活躍! ユン・イルロクもゴールの蔚山が2戦連続で広州を粉砕《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第4節の広州FC(中国)vs蔚山現代(韓国)が24日に行われ、0-5で蔚山現代が大勝した。 ここまで3戦全敗の広州と、1勝1分け1敗の蔚山が激突。前節の対戦では、元横浜F・マリノスのユン・イルロクのゴールなどで蔚山が3発快勝を収めたが、この試合もイルロクが鍵を握る存在に。 開始早々の4分、ボックス左でユン・イルロクがパスを受けると、素早いカットインから右足でシュート。内側に回転のかかったシュートはGKに触られながらもネットを揺らし、蔚山が早くも先制した。 その後もユースの若手を中心としたメンバー構成の広州を蔚山が圧倒する展開に。FKからユン・イルロクがヘディングシュートで2点目に迫れば、前回対戦でも得点を決めたパク・チュヨンもFKからのヘディングで相手ゴールを脅かす。 さらにはシン・ヒョンミン、再びパク・チュヨンが同じくヘディングシュートを浴びせ続けるが、前半は1点にとどまった。 後半から蔚山は天野純をユン・イルロクに代えて投入。その天野は53分、左から上がったクロスを頭で合わせるが、惜しくもGKの正面に。それでも直後のプレーで右サイドに流れた天野の左足のクロスをマーク・コスタが頭で合わせて蔚山が追加点を奪った。 その直後にもマーク・コスタがクロスバー直撃のシュートを放つなど攻勢を緩めない蔚山。天野も左サイドから上がったクロスをダイレクトで叩いてゴールに迫る。 64分には投入直後のカザイシュヴィリが決めてさらに突き放すと、迎えた73分、味方とのワンツーでボックス左に侵入したソル・ヨンウの折り返しを天野がダイレクトで合わせて4点目。天野はACLでは2020年11月の上海海港戦以来のゴールとなった。 85分にはソル・ヨンウのゴールで5点目を奪った蔚山。前節以上の得点差で広州を粉砕し、2連勝を収めた。 広州FC 0-5 蔚山現代 【蔚山現代】 ユン・イルロク(前4) マーク・コスタ(後9) カザイシュヴィリ(後19) 天野純(後28) ソル・ヨンウ(後40) 2022.04.24 19:53 Sun
twitterfacebook
thumb

天野純欠場も、パク・チュヨンの豪快ボレー弾などで蔚山現代が今大会初勝利! 広州FCは3試合で16失点《ACL2022》

21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第3節の蔚山現代(韓国)vs広州FC(中国)が行われ、3-0で蔚山が勝利した。 ここまで1分け1敗の蔚山と2連敗の広州の一戦。蔚山はMF天野純がメンバー外になるなど、ここまでの2試合とメンバーを入れ替えて臨んだ。 立ち上がりから試合のペースを握ったのは蔚山。しっかりとボールを繋いでポゼッションを高めて攻めていく。 対する広州は2試合で13失点と守備が崩壊。押し込まれる展開の中、[6-4]というブロックを敷いて失点を防ぐ戦いを見せ、カウンター一発でゴールを目指す。 攻め続ける蔚山は20分にビッグチャンス。ユン・イルロクのスルーパスを受けたパク・チュヨンがボックス内でフリーになりシュートもGKがセーブ。こぼれ球をマーク・コスタが頭で押し込むが、GKが再びセーブし得点を許さない。 それでも28分に蔚山はボックス手前のやや離れた位置でFKを獲得。これをコスタが左足で直接狙うと、ゴール左に見事に決まり、蔚山が先制する。 その後も攻め込む蔚山は33分に右サイドからのオ・インピョのクロスをユン・イルロクがボックス内でヘッド。しかし、これは枠を超えていく。 攻めあぐねて前半は1点しか奪えなかった蔚山。ハーフタイムにはキム・ミンジュンに代えて、イ・チョンヨンを入れて活性化を図る。すると53分には大きなサイドチェンジをボックス内左で受けたイ・ミョンジェが折り返すと、コスタがダイレクトで蹴り込むも、これも決まらない。55分には、右サイドを崩しユン・イルロクがボックス内でハーフボレーも枠を捉えられない。 それでも57分、左からのクロスをボックス右でイ・チョンヨンがダイレクトボレーで折り返すと、これをパク・チュヨンがボックス中央でダイレクトボレーで叩き込み、蔚山が追加点を奪う。 さらに68分には左CKを獲得すると、ニアサイドでウォン・ドゥジェがフリックしたボールをユン・イルロクが決めてさらにリードを広げる。 その後も押し込み続ける蔚山だったが、追加点は奪えず。3-0で今大会初勝利を収めた。 蔚山現代 3-0 広州FC 【蔚山】 マーク・コスタ(前28) パク・チュヨン(後12) ユン・イルロク(後23) 2022.04.21 19:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly