ボーンマスが豪代表GKフェデリチのレンタル移籍解消を発表…代表活動でヒザを負傷し手術2017.09.12 17:27 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボーンマスは11日、オーストラリア代表GKアダム・フェデリチ(32)に関して、ノッティンガム・フォレストへのレンタル移籍を解除することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽フェデリチは、8月31日にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のノッティンガム・フォレストへのレンタル移籍が決定。1月中旬までのレンタル移籍を果たしていた。しかし、オーストラリア代表としての活動中にヒザを負傷。手術が必要となることが判明し、ボーンマスに復帰することが決定した。

▽ノッティンガム・フォレストのマーク・ワーバートン監督は「アダムは手術を受けており、我々は回復を願っていた。しかし、ボーンマスは基本的なローン契約を解除し、選手を連れ戻した」とコメント。また、「そのことは彼らの素晴らしい姿勢だった」とレンタル移籍を取りやめることにしたボーンマスの態度を称賛した。
コメント
関連ニュース
thumb

フレイザー、アーセナルからの関心の噂に開口

ボーンマスに所属するスコットランド代表MFライアン・フレイザー(25)が、アーセナルから関心が寄せられている噂について口を開いた。イギリス『メトロ』が伝えた。 2013年冬にボーンマスに加入したフレイザーは163cmと小柄ながら、アジリティとスピードを武器にサイドアタッカーとして活躍。今シーズンのプレミアリーグでは32試合で6ゴール10アシストを記録するなど好パフォーマンスを見せている。 そのフレイザーにイギリスの複数メディアがアーセナルから関心が寄せられていると報道。イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでこれについて問われた同選手は正直な気持ちを言葉にした。 「嘘はつきたくない。とても嬉しいよ。自分のしていることが正しいということだからね」 「彼らは巨大なクラブ、圧倒的なクラブなんだ」 「もし身の周りで自分の名前が話題になったら、いつも自分はボーンマスの選手でベストを尽くせとじっくり考えるんだ」 「嘘はつきたくない。嬉しいよ。特にこんなビッグクラブだったらね」 2019.04.04 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ボーンマス快速アタッカーに関心か

アーセナルが、ボーンマスに所属するスコットランド代表MFライアン・フレイザー(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 アバディーン下部組織出身で2013年冬にボーンマスに加入したフレイザーは、163cmと小柄だが高いアジリティと圧倒的なスピードを兼ね備えているサイドアタッカー。今シーズンのプレミアリーグでは32試合で6ゴール10アシストを記録するなど好パフォーマンスを見せている。 『ミラー』によれば、同選手にはトッテナムも注目している模様。また、アーセナルは今夏のユベントス移籍が決まっているウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜や左サイドバックの獲得も目指しているようで、夏の補強資金が限られているアーセナルがどこまで本気でフレイザー獲得に動くかは不明なところだ。 2019.04.02 14:28 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、守備強化にアケを注視か

ナポリが、ボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 母国フェイエノールト下部組織からチェルシーアカデミーに加入し、後にトップデビューを飾ったアケ。だが、世界的レベルの選手を揃えるチェルシーにおいて、若輩だったアケはポジションを掴むことはできずレンタル移籍を繰り返した。 そんな中、2016年夏からレンタル加入していたボーンマスで結果を残し完全移籍を勝ち取ると、今シーズンはここまでリーグ戦全31試合に出場。180cmと上背こそないものの高い身体能力とセントラルMFや左サイドバックでもプレー可能なスピード、ボールスキルを武器に総合力の高いセンターバックとして活躍している。 ナポリはそんなアケを高く評価。チェルシーからボーンマスへ加入した際の移籍金2280万ユーロ(約28億円)だったが、3000万ユーロ(約37億円)の評価額に上昇しているものの、守備強化を掲げるナポリが注視している模様だ。 だが、アケには、ナポリ同様に守備強化を目指すマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムも獲得を狙っていることが伝えられている。そのため、2022年まで契約を残すアケを巡って、水面下で火花が散ることになりそうだ。 2019.03.23 21:34 Sat
twitterfacebook
thumb

リッチーの土壇場ボレー弾でニューカッスルが敵地でドロー…武藤は13試合ぶりにプレー《プレミアリーグ》

日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは、16日にプレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、2-2の引き分けに終わった。武藤は82分からプレーした。 13位ニューカッスル(勝ち点34)が、12位のボーンマス(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。前節エバートンとの打ち合いを制したニューカッスルは、その試合から先発を3人変更。武藤は2試合ぶりのベンチ入りとなった。 試合は序盤から一進一退の攻防を繰り広げる。すると10分、ボーンマスはJ・キングのパスをボックス左手前で受けたフレイザーがそのままボックス内まで侵入しシュート。しかし、このシュートは右ポストに弾かれた。 膠着状態が続く一戦が動いたのは前半アディショナルタイム。ニューカッスルはボックス左手前でアルミロンがアイブに倒されFKを獲得。このFKをロンドンが直接ゴール左に突き刺した。 1点リードで前半を終えたニューカッスルだったが、後半開始早々に失点する。47分、右CKをボックス内で競り合ったF・フェルナンデスがアケを引き倒しPKを献上。これをJ・キングが確実に決めた。 開始早々の同点弾で主導権を握ったボーンマスは81分、途中出場のソランケが相手ボックス手前でボールを奪うと、ボックス内で相手DF4人を引きつけラストパスを供給。これをボックス中央に走り込んだJ・キングがゴールに流し込み、ホームチームが逆転に成功した。 逆転を許したニューカッスルは、82分にアルミロンを下げて武藤を、83分にディアメを下げてシェルヴェイをピッチに送り出す。すると、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。 後半アディショナルタイム4分、ルジューヌのパスを右サイド高い位置で受けたイェドリンがダイレクトで折り返すと、ファーサイドのリッチーが強烈なボレーシュートをゴールネットに突き刺し、ニューカッスルが土壇場で食らいつく。 結局、試合は2-2のままタイムアップ。リッチーの土壇場弾でドローに持ち込んだニューカッスルが、敵地で勝ち点1を獲得した。 2019.03.17 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがウェールズ代表MFブルックスとの契約延長を発表!

ボーンマスは4日、ウェールズ代表MFデイビッド・ブルックス(21)との契約延長を発表した。なお、契約期間は長期とのみ伝えられている。 シェフィールド・ユナイテッド出身のブルックスは2018年夏にボーンマスに加入。シェフィールド・Uでは主に攻撃的MFを主戦場にしていたが、エディ・ハウ監督率いるボーンマスでは主に右ウイングで起用されるようになり、ここまでリーグ戦23試合で6ゴール4アシストを記録している。 新契約にサインしたブルックスは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「クラブと新たな契約についての話し合いにはそれほど時間がかからなかった。ボーンマスとの契約延長は僕も望んでいたことだからね」 2019.03.05 01:00 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース