バレンシア、PSGからグエデスをシーズンローン2017.09.02 08:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは1日、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・グエデス(20)のレンタル移籍加入を発表した。加入期間は2018年6月30日までとなる。

▽ベンフィカ下部組織出身のグエデスは、2014年にトップチームデビュー。2015年にポルトガル代表デビューも果たした逸材で、今年1月にPSG入りした。だが、熾烈なポジション争いもあり、11試合の出場にとどまった。
コメント
関連ニュース
thumb

ビジャレアルとの同国対決を快勝で制したバレンシアが準決勝でアーセナルと対戦へ!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、バレンシアvsビジャレアルが18日に行われ、2-0でバレンシアが勝利した。この結果、2戦合計スコアを5-1としたバレンシアが準決勝に進出している。 1週間前に敵地で行われた1stレグを後半追加タイムの2ゴールで3-1と先勝したバレンシアと、逆転突破のためには少なくとも3点が必要なビジャレアルによるスペイン同国対決。 共にフラットな[4-4-2]で臨んだバレンシア自治州ダービーは、ホームチームのバレンシアが押し込む入りとなると、10分にパレホがGK強襲のシュートを浴びせた。 そして13分、バレンシアが先制する。敵陣でゴンサロ・ゲデスがボールを奪って柔らかい浮き球パスを送ると、ボックス左に走り込んだラトがボレーでうまく合わせた。 先制後はバレンシアが余裕を持って試合をコントロール。そして前半半ば以降はバレンシアが自陣に引きながら対応し、ビジャレアルに付け入る隙を見せない。39分にCKからジェラール・モレノに打たれたヘディングシュートはGKネトが難なくセーブし、2戦合計スコア4-1として前半を終えた。 後半からラバに代えてチュクウェゼを投入したビジャレアルが前がかると、52分にペドラサが枠内シュートを浴びせる。 それでも54分、バレンシアにゴールが生まれる。ボックス手前左で得たFKをパレホが直接狙うと、壁に当たってコースの変わったシュートがゴール右に吸い込まれた。 逆転には4点が必要なビジャレアルが終盤にかけても押し込む展開となったが、バレンシアが集中を切らさずにシャットアウト。2戦合計スコア5-1で圧勝したバレンシアは準決勝でエメリ監督率いるアーセナルと対戦する。 2019.04.19 05:58 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアMFコンドグビア、筋肉内血腫で入院

バレンシアは17日、中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビアが筋肉内血腫の再出血で入院したことを発表した。 今季ここまで公式戦27試合に出場しているコンドグビアは、今月上旬に左大腿部に同様の問題が見つかり手術に至っていた。だが、この度手術した箇所から再び出血し、16日夜から入院しているという。 クラブによると現在も入院したままのようで、今後の経過を見守っていくとのことだ。 2019.04.17 18:51 Wed
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.27“ベニテスの堅守速攻”2冠達成/バレンシア[2003-04]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.27</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2003-2004シーズン/バレンシア 〜ベニテスの堅守速攻〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2003-04valencia.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:ラファエル・ベニテス(43) 獲得タイトル:リーガエスパニョーラ、UEFAカップ 攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層7:★★★★★★★☆☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">2冠達成</div> 当時のバレンシアの監督は、就任3年目のラファエル・ベニテスだった。2001-02シーズンにバレンシアに招へいされたベニテスは、1年目にして約30年ぶりとなるリーガエスパニョーラ制覇を達成。メンディエタやキリ・ゴンサレスを擁して2000年から2シーズン連続でCLファイナリストとなったエクトル・クーペルがつくった堅守速攻のチームをベースとしたベニテスは、サポーターが待ち望んでいたタイトルを獲得した。 2003-04シーズンは、リーガエスパニョーラで第2節から第7節まで6連勝するなど好スタートを切った。中盤戦以降は、バルセロナ、レアル・マドリー、デポルティボと熾烈な優勝争いを繰り広げたが、第27節でデポルティボを3-0で下したのをキッカケに、そこから6連勝と勢いに乗る。そして、最終的には2位バルセロナに勝ち点5差をつけて、71得点27失点という素晴らしい成績で、2年ぶり6度目の優勝を達成した。なお、リーガでは、2013-14シーズンにアトレティコ・マドリーが優勝するまで、このシーズンのバレンシアが、レアル・マドリードとバルセロナ以外で最後に優勝したチームであった。 また、UEFAカップでは、決勝トーナメントでボルドーやビジャレアルを撃破し、決勝に進出。マルセイユとの決勝では、ビセンテとミスタのゴールによって2-0で勝利し、見事に戴冠を果たした。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ソリッドな守備+a</div> 前述したように、チームのベースはクーペル時代からの堅守速攻。ただ、ベニテスは、ワントップのクラウディオ・ロペスやカリューをスペースに走らせていたクーペル時代よりも、ストライカーも含めてショートパスを繋ぐスタイルを意識していた。 守護神は安定感抜群のカニサレスが務め、アジャラがまとめる最終ラインは大きく崩れることはなかった。中盤の底には、バレンシアお馴染みの“バラハ&アルベルダ”。2人のコンビネーションは抜群だった。右サイドには、メンディエタほどの輝きはなかったものの、攻守に堅実なルフェテを配置。左サイドのビセンテは、キレ味鋭いドリブルが持ち味だった。 システムは4-2-3-1と4-4-2を併用。4-2-3-1の場合は、ワンタッチプレーでアクセントを付けるアイマールがトップ下を務め、2トップの場合は縦への推進力があるアングーロがミスタとコンビを組むパターンが多かった。 2000年代前半のバレンシアの問題点だったのが、エース不在による得点力不足。しかし、このシーズンはミスタが19ゴールを挙げる活躍を披露。ビセンテも2桁ゴールを記録し、強固な守備組織を有するチームのなかで、得点力が大幅にアップしたのが2冠達成の最大の要因となった。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">DFロベルト・アジャラ (30)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/ajaraPC.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アルゼンチン代表として115試合に出場した名センターバック。加入した2000年以降、バレンシアの最終ラインの中心となり、2度のリーガ優勝やCL決勝進出に多大な貢献を果たした。177cmとセンターバックとしては小柄ながらも、驚異的なジャンプ力を誇り、空中戦に無類の強さを誇った。UEFAカップの決勝では、当時マルセイユに所属していたドログバを、まるで子ども扱い。売り出し中のストライカーを完璧に抑えきり、優勝の立役者となった。 2019.04.16 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

後半ATに2GのバレンシアがAG3つ獲得! ビジャレアルとの同国対決を先勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、ビジャレアルvsバレンシアが11日に行われ、1-3でバレンシアが勝利した。 ラウンド16でゼニトを下したビジャレアルと、クラスノダールを下したバレンシアによるベスト4を懸けたスペイン同国対決。 ビジャレアルはチュクウェゼとジェラール・モレノが2トップを形成するフラットな[4-4-2]でスタート。一方のバレンシアはガメイロとロドリゴ・モレノが2トップを形成する、こちらもフラットな[4-4-2]でスタートした。 試合は5分、ゴンサロ・ゲデスがボックス左でカセレスに倒されて、バレンシアがPKを獲得する。キッカーのパレホがゴール左に蹴ったシュートはGKアセンホに防がれるも、ルーズボールをゲデスが詰めてバレンシアが先制した。 失点を受けて前がかったビジャレアルだったが、バレンシアの守備を崩せずシュートを枠に飛ばすことはできない。それでも35分、ビジャレアルにもPKが与えられる。イボーラがボックス左に侵入したところでガライに倒された。これをカソルラが決めてビジャレアルが試合を振り出しに戻した。 追いついたビジャレアルは前半追加タイム1分、チュクウェゼが枠内シュートを浴びせたが、GKネトにセーブされ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もビジャレアルがボールを持つ流れで推移する中、59分に決定機。カソルラのスルーパスでディフェンスライン裏に抜け出したチュクウェゼがシュート。だが、前に出ていたGKネトにキャッチされてしまった。 さらに直後、チュクウェゼがミドルシュートを放つも枠を捉えきれない。その後もビジャレアルが攻勢に出る中、67分にイボーラに代えてバッカを投入し勝負に出た。 しかし、終盤にかけては互いに目立ったチャンスを生み出せずに1-1でタイムアップするかに思われた。ところが追加タイム2分、ガヤの左クロスをファーサイドのヴァスが左足ダイレクトで合わせたシュートがゴール左に決まり、バレンシアが勝ち越した。 さらにラストプレーでバレンシアに大きな3つ目のアウェイゴールが生まれる。ロングカウンターに転じたバレンシアは、左サイドのスペースを突いたチェリシェフがクロスを入れると、ファーサイドのゲデスが決めて3-1で勝利。後半追加タイムに2ゴールを加点したバレンシアがベスト4進出に大きく近づいている。 2019.04.12 06:08 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ジダン体制3戦目で好調バレンシアに屈し初黒星…《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは3日、リーガエスパニョーラ第30節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 3日前に行われた前節の最下位ウエスカ戦を3-2と競り勝ってジダン体制2連勝とした3位レアル・マドリー(勝ち点57)は、代表戦の影響で主力を温存したウエスカ戦のスタメンから7選手を変更。モドリッチやヴァラン、カゼミロら主力が先発に戻った。 前節セビージャ戦を勝利し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに踏み留まった公式戦ここ16試合負けのない6位バレンシア(勝ち点43)に対して、3トップに右からL・バスケス、ベンゼマ、アセンシオと並べる[4-3-3]で臨んだレアル・マドリーがポゼッションを高めていく展開となる。 フラットな[4-4-2]のブロックを敷くバレンシアに対して敵陣でボールこそ持つものの、シュートに持ち込めないレアル・マドリーは、22分にクロースのミドルシュートでこの試合最初のオンターゲットを記録。 しかし35分、一瞬の隙を突かれて失点する。CKの流れからボックス左でパスを受けたゴンサロ・ゲデスにゴール左へシュートを蹴り込まれた。 ハーフタイムにかけても目立ったチャンスを作れなかったレアル・マドリーは前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半もレアル・マドリーがボールを持つ展開となったが、53分に決定機を迎えたのはバレンシア。カウンターの流れからボックス右まで侵入したソレールがシュートに持ち込んだが、GKケイロル・ナバスにセーブされた。 その後も攻めあぐねたレアル・マドリーは64分に2枚代えを敢行する。アセンシオとクロースに代えてベイルとイスコを投入した。 それでも74分にカウンターを受けてソレールに決定的なシュートを許すなど主導権を握れないレアル・マドリーは、78分に最後のカードとしてマリアーノを投入する。 しかし84分、バレンシアに決定的な2点目を決められる。パレホの左CKからガライにヘディングシュートを叩き込まれた。結局、試合終了間際にベンゼマが1点を返したレアル・マドリーだったが1-2で敗れ、ジダン体制3戦目で初黒星となった。 一方、勝利したバレンシアは4位ヘタフェに1ポイント差に迫っている。 2019.04.04 06:24 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース