沼津のMF後藤虹介がJFLの浦安に移籍!! リーグ戦終了後に沼津へ再入団予定

2017.08.15 17:28 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
▽アスルクラロ沼津は15日、MF後藤虹介(23)がJFLのブリオベッカ浦安に加入することを発表した。なお、後藤は第19回日本フットボールリーグ終了後、沼津に再入団する予定となっている。

▽飛龍高から大阪体育大を経て沼津に加入した後藤は、今シーズンの明治安田生命J3リーグでの出場はなく、天皇杯の1試合でプレーした。

▽後藤は沼津公式サイト上で次のようにコメントしている。
「この度ブリオベッカ浦安に移籍することになりました。短い期間でしたがアスルクラロ沼津に関わる選手、スタッフ、サポーター、スポンサーの皆様ありがとうございました」

「途中でチームを離れることになりとても悔しいです。成長してチームに必要とされる選手になれるように頑張るので応援よろしくお願いします。また、アスルクラロ沼津のJ3優勝を祈っています」

関連ニュース
thumb

沼津で監督業スタートの中山雅史が意気込み「全力で闘う姿勢の観えるサッカーを」

アスルクラロ沼津は1日、新シーズン指揮を執ることが決まっている中山雅史監督(55)の就任コメントを伝えた。 現役時代はジュビロ磐田、北海道コンサドーレ札幌、そして沼津でプレーした中山氏。日本代表としても2度のワールドカップ(W杯)メンバーに入り、歴史的な日本代表としてのW杯初ゴールも記録した魂のストライカーだった。 引退後は古巣の磐田でコーチを務めていたが、今シーズン限りで退任。同日に沼津の監督就任が発表されていた。 中山氏は古巣でもある沼津で監督業をスタートさせることになるが、新シーズンへの意気込みを語っている。 「来季監督としてアスルクラロ沼津に戻る事になりました!!やると決めたからには、全力で闘う姿勢の観えるサッカーを目指します」 「フロントと現場が一体となり、勝負強い・粘り強いアスルクラロ沼津を作っていきたいと思います」 「スタジアムに足を運んでくれたみなさんが、感情移入出来る熱い闘いができるかどうか、また来たいと思ってもらえる闘いが出来るかどうかが勝負だと思っています」 「最高の喜怒哀楽を共有し、皆さんと共に闘っていきたいと思います。よろしくお願いします!!前進あるのみ」 2022.12.01 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島、今季加入のMF長谷川雄志との契約を更新「ぜひ、自分に期待してください!」

徳島ヴォルティスは1日、MF長谷川雄志(25)との契約更新を発表した。 鹿児島県出身の長谷川は、2019年に宮崎産業経営大学から大分トリニータ入り。プロ1年目からポジションを掴んでいたが、昨季はチームでの序列が低下したこともあり、シーズン終了後に徳島へ完全移籍で加入した。 今シーズンは開幕戦で出番を得たものの、チームで絶対的なポジションを掴むまでには至らず。明治安田生命J2リーグで19試合に出場したが、先発は4試合にとどまった。 それでも、徳島との契約更新を決めた長谷川。クラブを通じて、来シーズンこそJ1昇格を成し遂げたいと気合いを示した。 「来シーズンも徳島ヴォルティスでプレーできることに喜びを感じています。ぜひ、自分に期待してください!!!来シーズンは必ず昇格しましょう!LOVE!VORTIS!」 2022.12.01 16:06 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖がクラブOBで今季途中までJFLのFCティアモ枚方を指揮した小川佳純氏をコーチに招へい「共に戦いましょう!」

サガン鳥栖は1日、トップチームのコーチにクラブOBの小川佳純氏(38)が就任することを発表した。 小川監督は市立船橋高校から明治大学を経て、2007年に名古屋グランパスに入団。その後、鳥栖、アルビレックス新潟でプレーし、2019年に現役を引退していた。 鳥栖時代はわずか半年の在籍だったが、J1で5試合、リーグカップで4試合に出場していた。 現役引退とともに2020年からFCティアモ枚方の監督に就任することが決定。就任1年目には当時所属していた関西サッカーリーグ1部でチームを初優勝に導くと、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2020では見事に優勝を成し遂げ、JFL昇格を果たしていた。 今シーズンは就任して3年目だったが、チームは低迷。9月に契約解除となっていた。 小川氏はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズン、トップチームのコーチに就任することになりました小川佳純です。2017年にサガン鳥栖に加入、半年間という短い時間でしたが選手としてプレーしたこのクラブに、約5年半の歳月を経て帰ってくる事ができ、大変嬉しく思います」 「選手時代と立場は違いますが、このクラブが勝利する為に、全てを注ぎたいという思いはあの頃と変わりません。サガン鳥栖に関わる皆さんと、勝利の瞬間を共有できるのを楽しみにしています。また共に戦いましょう!よろしくお願いします!」 2022.12.01 16:03 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、チャウワットが2度目の退団「大きな経験になりました」

セレッソ大阪は1日、MFチャウワット(26)が契約満了でBGパトゥム・ユナイテッドFCに復帰することを発表した。 かつて2018シーズンにC大阪で1年過ごしたチャウワットは、今年6月に再び期限付き移籍で復帰。しかし、一度も出場することなく、クラブを去ることになった。なお、2018年は当時在籍していたU-23で14試合に出場しているが、結局トップチームでの出番は一度もなかった。 「まずセレッソに関わった全てのスタッフに感謝を伝えたいです。そしてファンの皆様いつも応援ありがとうございました。僕にとってセレッソ大阪というチームに入れて本当によかったです。J1リーグで活躍しているトップチームに加入できたのは大きな経験になりました」 「またタイに戻ってからも、この経験を活かせるよう努力し、もっと良い選手になれるよう頑張ります。最後に僕の事を温かく受け入れてくれたチームメイトの皆様、ありがとうございました。僕の将来を心から応援してくれて嬉しかったです。僕はいつまでもこのチームのファンであり、何かあればチームを支えたいと思います」 2022.12.01 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

清水がFW後藤優介との契約満了を発表「家族全員が静岡を大好きになりました」

清水エスパルスは1日、FW後藤優介(29)との契約満了を発表した。 鹿児島出身の後藤は大分トリニータの下部組織で育ち、2012年にトップチーム昇格。主力の一人としてチームのJ2昇格、J1昇格に貢献し、2020年に清水へ完全移籍で加入した。 加入初年度はポジションを掴み明治安田生命J1リーグで32試合に出場したが、昨シーズンはリーグ戦出場が18試合と出番が減少。今シーズンもJ2降格が決まったチームにあってリーグ戦15試合の出場にとどまり、得点はなかった。 3シーズンを過ごした清水から去ることになった後藤は、クラブを通じてサポートへの感謝を述べている。 「今シーズン限りで清水エスパルスを離れることになりました。エスパルスに関わる全ての皆様、3年間お世話になりました。長く在籍した大分から初めての移籍ということもあり、不安なことも多かったですが、選手、スタッフ、サポーターの皆様のおかげで、3年間僕なりに真剣にサッカーに取り組むことができました。どんな時も変わらず応援してくれてありがとうございました」 「苦しい結果となってしまいましたが、今後のエスパルスの発展を祈り、自分もここでの経験を糧に新天地で頑張ります。最後に、静岡で出会った方達は皆さん温かく、家族全員が静岡を大好きになりました。3年間ありがとうございました」 2022.12.01 15:39 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly