静岡のJ4クラブが『One Shizuoka Project』を発足! 「静岡県のために自分たちができることを…」

2020.05.15 18:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
静岡県を拠点とするジュビロ磐田、清水エスパルス、アスルクラロ沼津、藤枝MYFCのJリーグ4クラブの選手会は15日、新型コロナウイルスの支援を行うべく『One Shizuoka Project』の発足を発表した。賛同者は磐田からDF櫻内渚、DF小川大貴、MF山田大記、FW中野誠也、清水からMF竹内涼、MF金子翔太 MF西澤健太、藤枝からGK杉本拓也、MF松岡亮輔、MF片岡爽、沼津からDF尾崎瑛一郎、MF前澤甲気の12名となる。

山田は『One Shizuoka Project』の設立理由として次のように説明している。

「ジュビロ磐田選手会の中で、地域の皆さんのために何かできないかと思っていました。そのなかで、県内のJ4クラブ何かできれば良いねという話が出ました。各クラブの選手にお声がけをして、1度ミーティングをオンラインで行ったのがきっかけです」

「僕らとしては4クラブの全員が出てきて、メッセージ動画を撮ったりしたら良いよねというぼんやりしたものでした。選手方に集まっていただいて、話し合いを行っていく中で、より多くの方に支援やメッセージを届けていきたい。地域にいろんなものを返していきたい気持ちが強い選手が多かったです」

「今後も静岡県のために自分たちができることを模索し、行動していこうという話になり、プロジェクトを立ち上げることになりました」

静岡県のJ4クラブ選手会が主導となり、活動していくという今回のプロジェクト。1つ目の取り組みとして、クラウドファンディングを行うという。2週間の期間で、目標金額は500万円。静岡県コロナ対策部に寄付して、県内PCR検査体制の拡充費用に充ててもらうことを目指す。また、リターンとしてユニフォームやグッズをプレセントが予定され、選手とオンラインで話せる特典も検討されているようだ。

もう1つは、『YouTube』チャンネルの開設。コンテンツの軸は2つで、1つ目は教育系のコンテンツだという。新型コロナウイルスの影響でインターハイや中体連が中止の中高生を中心とした悩みなどに答えていくようだ。また、エンタメ系に関しては、各クラブでの対決企画などを用意しており、ファンに投票形式で勝敗を決めてもらうとのこと。小学生以下の人たちにはQ&Aをオンラインで行うことも明らかにしている。

各クラブの選手会長を務める4選手は以下のようにコメントしている。

◆小川大貴(ジュビロ磐田)
「サポーター、スポンサー、地域の皆さんに笑顔や元気を届けられないかがきっかけでした。4クラブで何かできないかと話が出た時に合同プロジェクトを行うこことは難しいことだったと思います。ですが、始動できたことを嬉しく思います。各クラブにも大変協力を頂いた部分もあったので感謝しています」

「このプロジェクトを通して、サポーター、スポンサー、地域の皆さんに笑顔を届けることが大切だと思います。その上で4クラブが垣根を超えて、こういったプロジェクトをできたことが本当に意味のあることだと思っています。普段はピッチ上でしのぎを削り会う相手ですけど、ピッチ外では手と手を取り合って助けていく姿勢は、見てくださる皆さんに大きな影響を与えることができると思います」

◆金子翔太(清水エスパルス)
「今回、静岡合同でプロジェクトを立ち上げることができて嬉しく思います。清水エスパルスというクラブが成り立っているのは、まぎれもなくサポーターの皆さんやスポンサー、パートナーさん、地域の方々の支援だと思っています。そういった方達にエスパルス単体だけでなく、県内4つのJクラブで力を合わせることによってできあがる特別な力があると思っています。今後さまざな形でメッセージや支援などを届けられたらと思います」

◆松岡亮輔(藤枝MYFC)
「この時期にみんな自粛生活のなかで、それぞれ選手が何かできないかと思っています。何かできないかと思うだけで、日常が過ぎていくだけではなく、山田選手を中心に各クラブに声をかけ、企画をしています。始動したのが2週間くらい前ですけど、かなりスピード感を持っているのは、山田選手を中心としたジュビロ勢のスピード感と実行力のおかげだと思っています。僕たちはそれに感謝しています」

◆尾崎瑛一郎(アスルクラロ沼津)
「大変な状況のなか、どのクラブもどの選手もみなさんの声援によって日々やれていると思っています。そんな僕たちが何ができるかを考えていた時に、山田選手のプロジェクトのお話を聞いて、素晴らしいなと思いました。そのプロジェクトに参加できることを嬉しく思っています。僕たちだから必ずできることはあると思いますし、4クラブで力を合わせられるのは静岡ならではだと思います。強い思いを持ってプロジェクトをやっていきたいと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

元日本代表MF今野泰幸が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治6週間、磐田3バックの中心で復活

ジュビロ磐田は28日、元日本代表MF今野泰幸の負傷を発表した。 クラブの発表によると、今野は21日に行われた東京ヴェルディ戦で負傷。浜松市内の医療機関にて検査を受け、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は約6週間とのことだ。 2019年途中にガンバ大阪から加入した今野は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで6試合に出場していた。 今野は、フェルナンド・フベロ監督の下では全くと言っていいほど出場機会がなかったものの、鈴木政一新監督の下、G大阪時代の盟友であるMF遠藤保仁が加入し、3バックシステムが採用されると5試合連続で先発出場していた。 2020.10.28 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

若手が輝く北九州、磐田MF針谷岳晃を期限付き移籍で獲得

ギラヴァンツ北九州は28日、ジュビロ磐田のMF針谷岳晃(22)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2021年1月31日までとなり、磐田と対戦する公式戦には出場できない。 針谷は昌平高校から2017年に磐田に入団。プロ1年目はYBCルヴァンカップと天皇杯でプレー。リーグ戦デビューはプロ3年目の2019年だった。 今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。針谷は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ギラヴァンツ北九州 「ギラヴァンツ北九州のサポーターの皆さん、初めまして針谷岳晃です。早くチームの力になれるように頑張るので、応援よろしくお願いします!」 ◆ジュビロ磐田 「この時期に移籍させてくれるジュビロに感謝したいですし、自分にとって成長できる機会だと思うので、また成長した姿で戻って来られるように頑張るので、応援していただけたら嬉しいです」 2020.10.28 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田が遠藤初ゴールの直接FK弾を皮切りに逆転勝利! 首位福岡は2位徳島と3pt差に《J2》

明治安田生命J2リーグ第28節の9試合が25日に各地で行われた。 11位のジュビロ磐田はヤマハスタジアムで18位のザスパクサツ群馬と対戦。4試合連続無失点中の磐田だったが、立ち上がりの2分にCKの流れから先制を許したが、前半のうちに同点に。29分、バイタルエリア中央の位置で獲得したFKのチャンスから遠藤が直接狙うと、ゴール右を突いたボールがネットを揺らした。 遠藤の加入後初ゴール&プロ23年連続弾で追いついた磐田は76分に勝ち越し。遠藤から横パスを受けた小川大貴が左足シュートを放つと、相手GKの弾いたボールを三木が左足で押し込んだ。さらに、その3分後には遠藤の縦パスを受けた山本康裕がボックス内でファウルを受けて、PKを獲得。これをルキアンが決め、リードを広げた。 その後、落ち着いて試合をコントロールして試合を終わらせにかかった磐田が2試合ぶりの勝利。遠藤の3得点に絡む活躍で9試合ぶりの複数得点という内容も手に5試合無敗を継続して、8位に浮上した。 そのほか、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた2位・徳島ヴォルティスと5位・アルビレックス新潟の上位対決は0-0の引き分けに終わった。首位のアビスパ福岡はベスト電器スタジアムで16位のジェフユナイテッド千葉と対戦し、松本のJリーグ初ゴールで1-0の勝利。15試合負けなしを成し遂げ、徳島との勝ち点差を「3」に広げた。 ◆明治安田生命J2リーグ第29節 ▽10/25(日) 大宮アルディージャ 0-0 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-1 FC町田ゼルビア 徳島ヴォルティス 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 3</span>-1 ザスパクサツ群馬 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 水戸ホーリーホック</span> ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">琉球FC 2</span>-1 京都サンガF.C. ▽10/24(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-0 東京ヴェルディ ツエーゲン金沢 0-0 ファジアーノ岡山 2020.10.25 20:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ルーキーFW三木のプロ初弾で磐田が新体制初白星! 上位対決制した11連勝の福岡が首位徳島と勝ち点で並ぶ《J2》

14日、明治安田生命J2リーグ第25節の全11試合が行われた。 デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsアビスパ福岡は、アウェイの福岡が1-2で勝利した。 3連勝で5位に付ける新潟と、10連勝で2位に位置する福岡による、好調同士によるJ1昇格の行方を左右するシックスポインター。新潟がボールを握り、福岡が堅守速攻で迎え撃つ互いの特長を押し出した展開の中、先手を奪ったのはアウェイチームだった。14分、左CKの場面でサロモンソンが入れたクロスをファーの福満が頭で折り返すと、中央のドウグラス・グローリが打点の高い浮き球のヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ホームで先制された新潟はより守備の集中力を高めた福岡を押し込んで攻勢に打って出る。田上のミドルシュートや右CKからファビオが際どいヘディングシュートを放つが、相手の堅守をこじ開けるまでには至らず。 迎えた後半、積極的に交代カードを切った新潟はセットプレーでやり返す。64分、右CKの場面で島田からの鋭いボールをファーのファビオが頭で合わせると、GK村上の好守に遭ったが、こぼれ球を本間が押し込んだ。 ここから流れがホームチームに傾くかに思われたが、福岡の見事なカウンターが炸裂する。71分、相手CKを撥ね返して自陣でルーズボールを拾った増山が長い距離を持ち上がり、ボックス中央にフリーで走り込んだ福満にボールが渡ると、ボールがやや足元に入り過ぎたものの、うまく歩幅を合わせた福満のシュートがゴールネットを揺らした。 その後、切り札の鄭大世をピッチに送り込んだ新潟の猛攻に晒された福岡だったが、後半アディショナルタイムの荻原の強烈なミドルシュートはGK村上が見事な反応ではじき出し、試合はこのままタイムアップ。好調の新潟を敵地で退けた福岡が11連勝を飾った。 9戦負けなしで首位の徳島ヴォルティスが、15位のファジアーノ岡山のホームに乗り込んだ一戦は 、1-1のドローに終わった。 試合を通して主導権を握った徳島は後半立ち上がりにセットプレーの流れから岸本に続けてビッグチャンスが訪れるが、相手GKポープ・ウィリアムスのビッグセーブに阻まれる。 それでも、後半に入って積極的に交代カードを切った中、79分には岩尾の直接FKのこぼれ球に反応したジエゴからの浮き球パスをボックス中央で受けた河田が胸トラップから見事な右足のボレーシュートを流し込み、アウェイチームが先制に成功した。 これで徳島の勝利は堅いかに思われたが、岡山が最後の最後に意地を見せる。92分、右サイド深くに侵攻した白井のクロスをゴール前に飛び込んだ齊藤が頭で合わせ、土壇場の同点ゴールとした。この結果、徳島は無敗記録を「10」に更新も、2位の福岡と勝ち点52で並ばれることになった。 また、7位のヴァンフォーレ甲府と3位のギラヴァンツ北九州の上位対決は、ホームの甲府が3-2で勝利した。 甲府が2連敗、北九州が5戦未勝利と是が非でも勝ち点3がほしい中、試合は激しい打ち合いとなった。泉澤の見事な個人技から宮崎、太田がゴールを奪ったホームチームに対して、北九州は10番の高橋、エースFWディサロ燦シルヴァーノの2ゴールで2度のビハインドを追いつく。 その後は北九州が押し込む展開となったが、甲府が粘りの守備で耐え抜くと、88分にはジュニオール・バホスのシュート性のクロスを武田が頭で合わせ、甲府が三度勝ち越す。そして、このまま逃げ切った甲府が北九州にシーズンダブルを決めた。 その他の注目カードでは前節、遠藤保仁がデビューを飾り、鈴木新体制初白星を目指す14位のジュビロ磐田と、2連勝で再浮上の予感漂わせる4位のV・ファーレン長崎の一戦は、ホームの磐田が1-0で勝利した。 一進一退の攻防を見せた試合はゴールレスで後半へと折り返すと、その立ち上がりにゴールが生まれる。47分、右CKの場面でキッカーの遠藤が正確なアウトスウィングのボールを入れると、ニアで大森が競ったこぼれ球がファーに流れる。これを三木が冷静に左足で流し込み、下部組織育ちの19歳が待望のJリーグ初ゴールを挙げた。 その後、長崎の反撃を安定した守備できっちり撥ね返し続けた磐田が1-0で試合をクローズ。ルーキー三木のプロ初ゴールによって鈴木新体制初白星と共に、J2通算50勝目を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第26節 ▽10/14(水) 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> 大宮アルディージャ 0-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 3</span>-0 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 3</span>-2 ギラヴァンツ北九州 松本山雅FC 2-2 水戸ホーリーホック アルビレックス新潟 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 4</span>-2 レノファ山口FC ファジアーノ岡山 1-1 徳島ヴォルティス 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 東京ヴェルディ</span> FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 V・ファーレン長崎 2020.10.14 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤保仁デビューの磐田は松本とドローで辛くも連敗ストップ…2位福岡が10連勝&首位徳島がダービーで愛媛に完勝リベンジ《J2》

10日、明治安田生命J2リーグ第25節の9試合が行われた。 サンプロアルウィンで開催された松本山雅FCvsジュビロ磐田は、0-0の引き分けに終わった。 共に1年でのJ1復帰を目指す中、成績不振によりシーズン途中の監督交代に踏み切った20位の松本と、13位の磐田による一戦では、ガンバ大阪から期限付き移籍で磐田に電撃加入となった元日本代表MF遠藤保仁が、G大阪時代の元同僚である今野、大森と共に早速スタメンを飾った。 共に[3-5-2]の布陣を採用した中、立ち上がりから新加入の遠藤を起点にスムーズにボールを動かすアウェイチームは、遠藤から2トップへの正確なフィード、左サイドで流動的な動きを見せる大森を使った攻めでペースを握る。15分にはセットプレーの二次攻撃から山田が際どいミドルシュートを放つが、これは右ポストを叩く。 一方、なかなか良い形でボールを奪えない松本だが、時間の経過と共に相手を引っくり返す場面を作り出すと、21分には前のボックス内への抜け出しからゴール前に入った佐藤和に続けてシュートチャンスも、クロスバーとGK八田のビッグセーブに遭い、デビュー戦ゴールとはならず。 その後は松本がビルドアップへの制限を強めたことで、より拮抗した展開となるが、前半終了間際の阪野のバックヘッドがクロスバーを叩くなど、互いに最後で決め切れず、0-0で試合を折り返した。 後半の立ち上がりはややこう着状態が続き、両ベンチは選手交代で流れを変えにいく。その流れの中で2トップを入れ替えた磐田は前線で起点となれるルキアンが徐々に存在感を放つ。 65分には右CKの場面で遠藤のクロスに合わせたルキアンがゴール前で続けて決定機も、クロスバーと阪野の身体を張ったクリアに遭う。さらに、67分にも右サイドからのクロスに合わせたルキアンのシュートが枠を捉えるが、序盤から再三の好守を見せていたGK村山のビッグセーブに遭う。 後半は磐田のペースが続く中、70分には注目の遠藤に最大の見せ場が訪れる。ボックス手前左の好位置で得たFKの場面で、Jリーグ屈指のプレースキッカーは直接右足で狙うが、ややボールが落ち切らず惜しくもクロスバーを叩いた。 試合終盤にかけては一進一退の攻防を見せた両者だが、村山、八田と両守護神の牙城を破ることはできず、ゴールレスのままタイムアップ。新天地でいきなりフル出場となった遠藤のデビュー戦を飾ることはできなかった磐田だったが、連敗を「3」でストップした。 山梨中銀スタジアムで開催された7位のヴァンフォーレ甲府と、2位のアビスパ福岡の上位対決は、アウェイの福岡が2-0で勝利して10連勝を達成した。 互いに安定した守備を特長とする両チームの一戦は、予想通りに守備の集中力が強調される拮抗した展開に。しかし、ゴールレスで折り返した後半に福岡の主砲が仕事を果たす。59分、左サイドで石津が上げた浮き球のクロスをゴール前のフアンマ・デルガドが頭で合わせ、ゴール右隅に流し込む。 畳みかけるアウェイチームは71分には右サイドでの細かい崩しから、最後はボックス左で遠野の短い落としに反応した石津が強烈な左足のシュートを突き刺し、追加点を奪取。その後は連敗を避けたいホームチームの猛攻に晒されたものの、前半から安定したゴールキーピングを見せていたGK村上が再三の好守で凌ぎ切って3試合連続のクリーンシートで試合を締めくくった。 また、上位争いでは首位の徳島ヴォルティスが、21位の愛媛との今季2度目の“四国ダービー”に臨み、2-0で完勝。無敗記録を9試合に更新した。前回対戦で3点差を引っくり返されて逆転負けを喫した因縁の相手にリベンジを狙う徳島は、立ち上がりから試合の主導権を掌握。前半終了間際の39分にはジエゴのシュートに詰めた垣田のゴールで先制。さらに、後半も立ち上がりに岩尾の左CKが相手のオウンゴールを誘い追加点を挙げると、最後まで主導権を与えることなく快勝し、リベンジを達成した。 その他では前節9試合ぶりの白星を手にした4位のV・ファーレン長崎が、レノファ山口FCをホームで迎え撃った一戦を90分の澤田の劇的ゴールで勝ち切り、久々の2連勝。5位の京都サンガF.C.と、6位のアルビレックス新潟の上位対決は2-1で競り勝った新潟が3連勝で5位に浮上した。一方、3位のギラヴァンツ北九州は、最下位に沈むザスパクサツ群馬を相手に0-0のドローに終わり、5戦未勝利となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第25節 ▽10/10(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 3</span>-0 FC琉球 大宮アルディージャ 0-0 栃木SC 松本山雅FC 0-0 ジュビロ磐田 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-0 愛媛FC ギラヴァンツ北九州 0-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 4</span>-3 レノファ山口FC ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 水戸ホーリーホック</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> ▽10/11(日) 《14:00》 FC町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢 《16:00》 東京ヴェルディ vs ファジアーノ岡山 2020.10.10 18:06 Sat
twitterfacebook