トルコ代表、ルチェスク氏を新監督に招へい!2017.08.03 03:36 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トルコサッカー連盟(TFF)は2日、ミルチェア・ルチェスク氏(72)をトルコ代表の新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となり、更なる契約延長オプションが付随している。▽現在行われているロシアW杯欧州予選のグループIで首位クロアチア代表と勝ち点2差の3位と本大会出場の可能性を残しているトルコ代表だが、先月末に協会幹部との確執が報じられたファティ・テリム監督(63)との契約を双方合意の下で解消していた。

▽これまでインテルやガラタサライ、ベシクタシュなどの監督を歴任してきたルチェスク氏は昨年、12年の長期政権を築いて8度のウクライナリーグ優勝、2009年のUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝に導いたシャフタールの指揮官を退任。昨シーズンはゼニトで指揮を執っていたが、国内リーグ3位と期待外れの結果に終わり、シーズン終了後に解任されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

W杯王者フランスを枠内シュート0本に抑えたトルコが完勝で3連勝を飾る!《ユーロ予選2020》

ユーロ2020予選グループH第3節のトルコ代表vsフランス代表が8日に行われ、2-0でトルコが勝利した。 共にグループHで2連勝中のトルコと、フランスが首位攻防戦。トルコはユルマズやジェンギズ・ウンデルが先発する中、チャルハノールがベンチスタートとなった。対するフランスは、2日に行われたボリビア戦から先発を4人変更。GKアレオラやトヴァン、エンドンベレ、レマルに代えてGKロリスやジルー、マテュイディ、ムサ・シソコが先発に名を連ねた。 立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、先手を取ったのはホームのトルコだった。30分、左サイドで獲得したFKからジェンギズ・ウンデルがクロスを上げると、ファーサイドのメリヒ・デミラルが折り返したボールをゴール前に走り込んだアイハンがヘディングで叩き込んだ。 先制したトルコは、40分にも敵陣でハイプレスをかけたブラク・ユルマズがボールを奪うと、こぼれ球を拾ったトコズのパスをボックス右で受けたジェンギズ・ウンデルがシュートをゴール左隅に突き刺した。 迎えた後半、2点を追うフランスはマテュイディとディーニュを下げてコマンとフェルラン・メンディを投入。しかし、先にチャンスを迎えたのはトルコ。55分、パヴァールのクリアをハイプレスをかけたカラマンがブロックすると、こぼれ球をボックス左で拾ったユルマズがゴール右隅を狙ったコントロールショットを放ったが、これはGKロリスが弾き出した。 膠着状態が続く中、トルコは86分にカウンターから決定機。自陣からのパスを敵陣中盤でで受けたカラマンが素早く左のスペースへ展開すると、これを受けたユルマズがボックス左まで持ち上がりシュート。しかし、ジャストミートしなかったボールはゴール右に逸れた。 結局、試合はそのまま2-0で終了。トルコがW杯王者フランスを枠内シュートを0本に抑えて完勝。予選3連勝でグループHの首位に立っている。 ◆8日開催グループHその他の試合結果 アイスランド 1-0 アルバニア モルドバ 1-0 アンドラ ◆グループH順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.トルコ[9/3/8] 2.フランス[6/3/5] 3.アイスランド[6/3/-1] 4.アルバニア[3/3/0] 5.モルドバ[3/3/-6] 6.アンドラ[0/3/-6] 2019.06.09 05:56 Sun
twitterfacebook
thumb

トルコサッカー連盟、“剃刀騒動”で永久追放のトルコ人MFの処分軽減を発表

トルコサッカー連盟(TFF)の懲戒委員会は28日、トルコ3部リーグに所属するアメドスポルのMFマンスール・カラール(33)の処分を『永久追放』から『公式戦20試合の出場停止と4000ユーロ(約50万円)の罰金処分』に軽減したことを発表した。 カラールは、2日に行われたトルコ3部リーグ第24節のサカリヤスポル戦で隠し持っていたカミソリの刃で試合中に相手選手4人の首や腕、臀部などを切りつけたとされており、TFF懲戒委員会は7日に同選手の永久追放処分を発表。しかし、これに納得できないカラールとアメドスポルは、処分軽減のために上訴に動いた。 この訴えを受け、TFF懲戒委員会は28日に再度審議会を実施。その後、『公式戦20試合の出場停止と4000ユーロ(約50万円)の罰金処分』に軽減したことを発表した。 なお、カラールは処分の延期を要求したが、これはTFF懲戒委員会により棄却された。 2019.03.29 02:40 Fri
twitterfacebook
thumb

トルコ3部で剃刀騒動…試合中に対戦相手を切りつけた疑い

トルコ3部リーグで、試合中に選手が剃刀を用いて相手を傷付けた疑いが浮上している。イギリス『BBC』が報じた。 報道によれば、トルコ3部リーグのアメドスポルvsサカリヤスポルでその事件が発生。アメドスポルの選手が剃刀を用いて対戦相手を試合中に切りつけたとされており、サカリヤスポルの選手数名が病院に運び込まれた。 サカリヤスポルは「試合終了後、選手たちは病院に運び込まれ、切断面が鋭利なものによる攻撃の結果だと証明された」、「問題は完全に司法の場に移された」と非難の声明をリリース。アメドスポル側は「根拠の無い主張」と否定しており、容疑のかかっている選手が剃刀など鋭利なものを持っていなかったと主張している。 しかし、トルコ『フリイェト』の報道によれば、当該の選手は身柄を拘束されており、裁判所も渡航禁止を命令。保留状態とはなっているものの、試合の映像の中には剃刀の刃の様なものをアメドスポルの選手が手にしている様子が映し出されている。 また、サカリヤスポルの選手、フェハト・ヤズガンは自身の首に付けられた傷の画像をSNS上に投稿し、被害を強調。とはいえ、『BBC』はヤズガンの傷をその写真から断じることは困難であり、爪の傷の可能性もあると論じている。 なお、今回の事件が複雑になっている背景には、アメドスポルが代表的なクルド人街であるディヤルバクルをホームとしていること、サカリヤスポルのホームがナショナリズムやトルコ軍を支持するアダパザリに本拠地を置いていることが説明されている。2つの土地は政治的に大きく対立しており、張り詰めた緊張の中で諍いの火種となってしまったようだ。 2019.03.05 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

香川所属ベシクタシュの指揮官ギュネシュ氏がトルコ代表の新監督就任で合意! 2004年以来15年ぶりの復帰

トルコサッカー連盟(TFF)は2月28日、同代表の新指揮官にシェノール・ギュネシュ氏(66)を招へいすることで合意に至ったと発表した。なお、契約期間は2019年7月から2023年6月までの4年間となる。 TFFは11日、2017年8月からチームを率いてきたミルチェア・ルチェスク監督(73)との契約を双方合意の下で解除したことを発表していた。 後任のギュネシュ氏は、1988年にトラブゾンスポルのアシスタントコーチとして指導者キャリアをスタート。その後、トラブゾンスポルやアンタルヤスポルなど、国内クラブの監督を歴任し2000年にトルコ代表監督に就任すると、2002年の日韓ワールドカップではトルコ史上最高位となる3位入賞を果たした。 また、翌年に行われたFIFAコンフェデレーションズカップ2003でもグループリーグを突破し3位に入ったものの、UEFAユーロ2004の出場権をプレーオフの末に逃し、同代表監督を辞任した。 その後、再びトラブゾンスポルの指揮官に就任したギュネシュ氏は、FCソウルやブルサスポルの監督を歴任。2015年からは、現在日本代表MF香川真司がレンタルで加入しているベシクタシュの監督を務めており、同クラブとの契約は今シーズン終了までとなっている。 2019.03.01 03:40 Fri
twitterfacebook
thumb

トルコ代表のルチェスク監督が契約を解除… 後任候補に日韓W杯でトルコを3位に導いたギュネシュ氏が浮上

トルコサッカー連盟(TFF)は11日、ミルチェア・ルチェスク監督(73)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 これまでインテルやガラタサライ、シャフタール、ゼニトなどの監督を歴任してきたルチェスク氏は、2017年8月に協会幹部との確執が報じられ双方合意の下で契約を解除したファティ・テリム監督の後任としてトルコ代表監督に就任。 就任当時はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループIで首位クロアチア代表と勝ち点2差の3位と本大会出場の可能性を残していたが、就任後の4試合で1勝2敗1分けと失速。最終的にグループ4位で予選を終え、ロシアW杯に出場権を逃した。 また、昨年行われたUEFAネーションズリーグでは、ロシア代表とスウェーデン代表が同居するリーグBのグループ2に属したが、1勝3敗で最下位となり、リーグCに降格していた。 なお、トルコメディアによれば、後任候補には2002年日韓W杯でトルコを3位に導いたシェノール・ギュネシュ氏(66)の名が挙がっており、就任が決定すれば15年ぶりの復帰となる。しかし、同氏は現在ベシクタシュの監督を務めており、今シーズン終了まではベシクタシュを離れることは無いと伝えている。 2019.02.12 02:29 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース