ボーンマスにクラブレコードで加入のFWアフォベ、将来はイングランド代表を選択せず?

2016.02.18 15:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
▽U-21イングランド代表にも招集されており、今冬にクラブレコードとなる移籍金1000万ポンド(約16億3000万円)でウォルバーハンプトンからボーンマスへと加入したFWベニク・アフォベ(23)が、将来の代表チーム選択について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽アフォべはアーセナルの下部組織出身で、U-12からイングランド代表に選出。キャプテンを務めるなど将来が期待され、U-16。U-17、U-19、U-21と世代別のイングランド代表に選出されてきた。

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)でも目覚まし活躍を見せており、当然ながら将来的にはイングランド代表を選択することが考えられていたが、アフォべは両親の故郷でもあるDRコンゴ代表を選択することを考慮しているようだ。

「次のインターナショナルブレイクで何が起こるかを見てみようと思う。もちろん、僕に興味を持ってくれているのは知っているし、僕の家族や代理人、そして僕自身も話し合いの席に座る可能性を否定しない」

「もちろん、大きな決断になるだろう。なぜなら、1度でも親善試合以外の国際試合でプレーしたら、選択したことになり、それを受け入れなければいけない」

「僕は家族とともにしっかりと選択したいし、何も後悔はしたくないよ」

▽アフォべはウォルバーハンプトンでの2シーズンで23ゴールを記録。ボーンマス移籍後も、プレミアリーグで6試合に先発し3ゴールと結果を残している。果たして、若きストライカーはどちらの国を選択するのだろうか。

関連ニュース
thumb

ボーンマスに買収話が浮上? NHLゴールデンナイツのオーナーが動き進める

ボーンマスにアメリカ人実業家による買収話が浮上しているようだ。 1890年に創設されたボーンマスは、2011年にロシア人実業家のマキシム・デミン氏がクラブ株式50%を購入し、共同オーナーに。その後は、若き智将エディ・ハウ監督(現ニューカッスル)の下で着実に力を付け、2014-15シーズンにはチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝を果たし、クラブ史上初のプレミアリーグ昇格を成し遂げた。 直近2シーズンはチャンピオンシップでの戦いを強いられたが、スコット・パーカー前監督の下で3シーズンぶりのプレミア昇格。開幕からの低迷によってパーカー監督は早期解任の憂き目を味わったが、ギャリー・オニール暫定監督の下でチームは12位まで順位を上げている。 イギリス『デイリー・メール』などの複数現地メディアによると、現在そのボーンマスには、NHL(ナショナルホッケーリーグ)のベガス・ゴールデンナイツのオーナーであるアメリカ人実業家のビル・フォーリー氏が、1億5000万ポンド(約245億円)でのクラブ買収に向けた動きを進めているという。 フォーリー氏はクリスタル・パレスの共同オーナーで、ブラジルのボタフォゴやベルギーのRWDモレンベークも所有するアメリカの実業家ジョン・テクストル氏とビジネスパートナーの関係にある。 現在、両者はフランスの名門リヨンの買収に動いており、フォーリー氏はテクストル氏に対して最大4億5000万ポンド(約737億円)相当の信用枠を提供しているという。 また、フォーリー氏は『シティ・フットボール・グループ』のようなマルチクラブモデルに関心を持っており、リヨンと並行してボーンマスの経営に参画する考えを持っているようだ。 2022.09.20 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがセインツDFスティーブンスをレンタル! かつて吉田麻也とコンビ形成

ボーンマスは1日、サウサンプトンからイングランド人DFジャック・スティーブンス(28)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定している。 プリマス・アーガイルでキャリアをスタートしたスティーブンスは、2011年にサウサンプトンに加入。スウィンドンやミドルズブラなどへの武者修行を経て、2016–17シーズン以降はセンターバックの準主力に定着。日本代表DF吉田麻也(現シャルケ)ともコンビを組んでいた。 クラブ通算151試合に出場しているスティーブンスだが、直近2シーズンはチーム内での序列が下がっており、昨季はケガの影響などもあり、リーグ戦の出場は11試合にとどまった。今季は味方の負傷によって開幕戦の後半からプレーしたが、以降は試合終了間際の時間稼ぎのための交代のみに終わっていた。 一方、ボーンマスは開幕から大量失点が続いており、センターバックのテコ入れが急務となっていた。 2022.09.01 23:18 Thu
twitterfacebook
thumb

開幕4試合でボーンマスがパーカー監督を解任…リバプールに9-0敗戦で終焉

ボーンマスは30日、スコット・パーカー監督(41)の解任を発表した。 現役時代はチャールトンやノリッジ・シティ、チェルシー、ニューカッスル、ウェストハム、トッテナム、フルアムでプレーしたパーカー監督。引退後、トッテナムU-18の監督として指導者キャリアを歩む。 その後フルアムでアシスタントコーチになると、2019年2月に監督就任。2021年7月にボーンマスの監督に就任していた。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスを率いると、チームは見事に1年での昇格を掴み、今シーズンからプレミアリーグに復帰していた。 今シーズンは開幕戦でアストン・ビラを2-0で下して良いスタートを切ったかに思われたが、第2節でマンチェスター・シティに4-0で敗戦。すると、第3節ではアーセナルに0-3、第4節ではリバプールに9-0という歴史的大敗を喫してしまい、無得点で3連敗という厳しいスタートとなってしまった。 とはいえ、昨季のプレミアリーグ1位と2位、そして5位とリーグの中でも力のある3クラブを相手の結果だったが、あまりにも酷い試合内容が引き金となったようだ。 2022.08.30 17:03 Tue
twitterfacebook
thumb

「むしろ最大限の敬意がある」 9‐0勝利でうっ憤晴らすクロップ、相手に配慮も

リバプールのユルゲン・クロップ監督がうっ憤晴らす快勝劇で飾ったプレミアリーグ第4節のボーンマス戦を振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今季も優勝争いの筆頭と目されるものの、ケガ人も多く、開幕から2分け1敗とスタートで躓いたリバプールだが、27日の第4節ではこれまでの悪い流れを吹き飛ばすゴールラッシュに。コロンビア代表FWルイス・ディアスが開始3分に決めた先制弾を皮切りに大量9ゴールを決めると、守りも無失点で抑え込み、9-0で勝利した。 プレミアリーグのタイ記録となる最大得点差での勝利で待望の今季初白星を手にしたクロップ監督も大満足の様子をうかがわせた。 「非常に良かったよ。リアクションしたかった。自分たちらしさをもってね。ベストな自分たちになるためにだ。我々はある特定の戦い方をやる。ゴールはいずれも素晴らしいものだったね。落ち着いて試合をやり、ゴールを重ねていった。継続が大事だったんだ」 今後の戦いにも大きく弾みをつける結果にもなったが、スコット・パーカー監督が率いるボーンマスに配慮のコメントも残している。 「ボーンマスに屈辱を与えようとしたわけではなく、むしろ最大限のリスペクトがある。(頭のなかにあったのは)相手にプレッシャーをかけていくことだけだった。選手たちをそうさせることができたし、彼らはこの勝利に値する。すべてがほぼパーフェクトだったよ」 2022.08.28 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「This is Liverpool!!」、圧巻9ゴールでボーンマス撃破のリバプールが開幕3戦の鬱憤晴らす今季初勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、リバプールvsボーンマスが27日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが9-0で圧勝した。 負傷者続出でまさかの開幕3未勝利と厳しい船出となった今季のリバプール。1-2で敗れたマンチェスター・ユナイテッド戦からのバウンスバックを図る今節は、マンチェスター・シティ、アーセナル相手に2戦連続大敗を喫した昇格組ボーンマスとのホームゲームに臨んだ。 アンフィールドで今季リーグ戦初白星を狙うクロップ監督は、引き続き厳しい台所事情を強いられる中、前節からはミルナーに代えてファビーニョを起用した以外同じスタメンを採用した。 今季初勝利に向けてアグレッシブな入りを見せたホームチームがキックオフ直後からアウェイチームを圧倒。畳みかける攻めで連続ゴールを奪う。 まずは3分、右サイドでの細かい繋ぎからボックス手前右でサラーからマイナスのパスを受けたフィルミノが正確なクロスを供給。これをボックス左でうまく浮いたルイス・ディアスがヘディングでゴール右隅へ決めた。 さらに、直後の6分には再びサラーの右サイドを起点とした攻めからペナルティアーク付近で横パスを受けたフィルミノのトラップが大きくなったところに反応したエリオットがすかさず得意の左足を一閃。鋭いシュートがゴール左隅を射抜き、嬉しいプレミアリーグ初ゴールとなった。 直近の上位相手の大敗が早くも頭によぎるボーンマスに対して、リバプールはペースを落とすことなく攻守両面で高いインテンシティを見せる。16分には左サイドでのディアス、フィルミノ、エリオットの鮮やかな連携からファーサイドに飛び込んだサラーに2戦連続ゴールのチャンスも、ここはうまく合わせ切れない。 以降はボーンマスに散発的ながらフィニッシュまで持ち込まれるシーンも出てきたリバプールだが、前半半ばを過ぎて再びギアを上げると、圧倒的な個のクオリティを生かしてあっさりとゴールを重ねていく。 まずは28分、相手陣内中央右で果敢に縦へ仕掛けたアレクサンダー=アーノルドが一度失いかけるも奪い返し、フィルミノにボールを預けてボックス手前まで侵攻。リターンパスを受けた後に豪快に右足を振り抜くと、鋭いカーブがかかったシュートがゴール左上隅に突き刺さる。続く31分には右サイド深くでボールを持ったサラーのクロスがDFに当たってゴール前のスペースに流れると、この浮き球に反応したフィルミノが見事なジャンピングボレーで流し込む。 この連続ゴールで完全にアウェイチームの心を折ったホームチームは、45分にもロバートソンの左CKを中央のファン・ダイクがストロングヘッドで叩き込み、前半45分間のゴールショーを締めくくり、前半終了を告げるホイッスルが鳴った際にはスタンドを埋めるKOPから万雷の拍手が鳴り響いた。 迎えた後半、2枚替えを敢行したボーンマスに対して、殊勲のエリオットに代えてカルヴァーリョをハーフタイム明けに投入したリバプール。立ち上がりの46分にはアレクサンダー=アーノルドの高精度の右クロスがDFメファムのオウンゴールを誘い、前半同様に開始早々のゴールとした。 6点リードでややペースを落としたリバプールだが、相手の攻撃をしっかりと受け止めてカウンターからゴールチャンスを窺う。そして、62分には右CKのショートコーナーからロバートソンが左足インスウィングで入れたクロスのこぼれ球に詰めたフィルミノが2度目のシュートを冷静にゴールネットへ流し込む。 クロップ監督はこの7点目を受け、ロバートソン、フィルミノ、ヘンダーソン、アレクサンダー=アーノルドと主力を下げてバイセティッチ、クラークの若手2人をデビューさせるなど今後を睨んだ采配を見せる。 しかし、完全に火が付いた攻撃陣が躍動を続け、80分には途中出場のツィミカスのお膳立てからカルヴァーリョが見事な右足ボレーシュートで嬉しい加入後初ゴールを奪取。85分にはツィミカスの右CKをディアスが頭で合わせ、驚愕の9点目まで奪って見せた。 そうなると、サラーのゴールと共に2桁の大台に乗せたいところだったが、ボーンマスも屈辱の10失点目を回避するため意地の戦いをみせ、試合はこのままタイムアップ。開幕3試合の鬱憤を晴らす圧巻のゴールショーを見せたリバプールが、「This is Liverpool!!」という戦いぶりで待望の今季初勝利を手にした。 2022.08.28 01:02 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly