小見洋太 ニュース一覧

thumb

逆転の新潟がアウェイで白星発進! 谷口海斗のゴラッソなどで鳥栖を下す【明治安田J1開幕節】

24日、明治安田J1リーグ開幕節のサガン鳥栖vsアルビレックス新潟が駅前不動産スタジアムで行われ、1-2で新潟が勝利した。 昨シーズンのJ1を14位で終えていた鳥栖は、川井健太監督体制3年目に突入。ホームで迎えた開幕節ではキム・テヒョン、丸橋祐介、マルセロ・ヒアンといった新加入組もスタメンに名を連ねた。 対 2024.02.24 16:14 Sat
Xfacebook
thumb

エース抜けながらJ1復帰初年度は健闘… 今度は三戸舜介が海外移籍も希望ある松橋体制3年目へ【J1開幕直前ガイド|アルビレックス新潟】

2024シーズンの明治安田J1リーグが23日からいよいよ開幕する。今季からは20チーム制となり、降格も3つに増枠しての争いに。ここでは新シーズンの幕開けに先駆け、J1リーグ全チームをピックアップし、アルビレックス新潟を紹介していく。 【直近3シーズンの成績】 2023シーズン:10位(11勝12分け11敗) 2024.02.11 18:45 Sun
Xfacebook
thumb

6年ぶりのJ1で残留果たした新潟が選手背番号発表! 新加入のMF小野裕二は「99」、MF長谷川元希は「14」

アルビレックス新潟は10日、2024シーズンの新体制と選手背番号を発表した。 2023シーズンは、6年ぶりにJ1を戦った新潟。松橋力蔵監督の下、チームは明治安田生命J1リーグで10位の成績を収めていた。 2024シーズンも松橋監督が指揮を執る中、チームは主軸のMF三戸舜介がスパルタ・ロッテルダム(オランダ) 2024.01.11 18:25 Thu
Xfacebook
thumb

新潟がFW小見洋太と契約更新、今季J1初挑戦で29試合1得点「プレーや行動で体現をしていく」

アルビレックス新潟は12日、FW小見洋太(21)との契約更新を発表した。 小見は昌平高校から2021年に新潟に加入。プロ1年目に明治安田生命J2リーグで4試合、天皇杯で1試合に出場。2年目の2022シーズンはJ2で23試合4得点、天皇杯で1試合1得点を記録し、チームのJ1昇格に貢献した。 今シーズンは明治安 2023.12.12 14:15 Tue
Xfacebook
thumb

新潟のパリ五輪世代MF三戸舜介が「ベストヤングプレーヤー賞」受賞! 過去には南野拓実や田中碧ら多くの日本代表選手が受賞

Jリーグは4日、2023シーズンのJリーグの各賞を発表。「ベストヤングプレーヤー賞」にはアルビレックス新潟のU-22日本代表MF三戸舜介(21)が選ばれた。 「ベストヤングプレーヤー賞」は、シーズンで最も活躍した21歳以下の選手に贈られる賞。半数の試合以上に出場することが条件で、今シーズンは15名が対象となった。 2023.12.04 11:55 Mon
Xfacebook
thumb

横浜FMが痛恨のドロー! 攻め込みながらも決め手欠き、新潟GK小島亨介がセーブ連発…明日にも神戸がJ1初優勝の可能性【明治安田J1第33節】

24日、明治安田生命J1リーグ第33節の横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟が日産スタジアムで行われ、 今シーズンも残り2節。2位の横浜FMは今節引き分け以下に終わると、ヴィッセル神戸の優勝が決まる可能性がある状況だ。対する新潟は1桁フィニッシュに向けて勝利したい試合となった。 横浜FMは直近のリーグ戦か 2023.11.24 21:02 Fri
Xfacebook
thumb

開始2分で先制も逆転許した日本、惜しくも準優勝に… 2大会連続決勝で韓国に敗れる【第19回アジア競技大会】

U-22日本代表は7日、第19回アジア競技大会(The 19th Asian Games)の決勝でU-24韓国代表と対戦し、1-2で敗れた。 13年ぶりの優勝を目指す日本は準決勝でU-24香港代表を4-0で下し、2大会連続の決勝進出。金メダルを争う相手はイ・ガンイン(パリ・サンジェルマン)擁する韓国となり、前回大 2023.10.07 23:06 Sat
Xfacebook
thumb

日本が2大会連続の決勝進出! 3ゴール生まれた後半は香港を圧倒【第19回アジア競技大会】

U-22日本代表は4日、第19回アジア競技大会(The 19th Asian Games)の準決勝でU-24香港代表と対戦し、日本が4-0で勝利した。 2大会連続の決勝進出、13年ぶりの優勝を目指す日本。グループDを2戦2勝の首位で通過すると、ラウンド16ではU-24ミャンマー代表に7-0で大勝。準々決勝では苦し 2023.10.04 21:17 Wed
Xfacebook
thumb

U-22日本代表がミャンマー相手にラウンド16で圧巻の7ゴール! ベスト4をかけ北朝鮮と対戦【第19回アジア競技大会】

28日、第19回アジア競技大会(The 19th Asian Games)のラウンド16が行われ、U-22日本代表はU-24ミャンマー代表と対戦し、7-0で勝利した。 パリ・オリンピックを目指す世代。グループステージで連勝した日本は、13年ぶりの優勝を目指して 大岩剛監督はグループステージ2試合から大きくメ 2023.09.28 22:24 Thu
Xfacebook
thumb

アジア競技大会に臨むU-22日本代表が発表!海外組は松岡大起&佐藤恵允が招集、1年越しに中国で開催【アジア競技大会】

日本サッカー協会(JFA)は1日、第19回アジア競技大会に臨むU-22日本代表メンバーを発表した。 2022年に開催予定だったアジア競技大会だったが、中国での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中止に。1年延期され、杭州で今年開催される。 9月19日から10月7日にかけて行われる大会。グ 2023.09.01 14:40 Fri
Xfacebook
thumb

ベスト8が決定! J2勢で唯一勝ち上がったのはFC東京を下した熊本、唯一PK戦までもつれたC大阪vs湘南は守護神躍動で湘南が勝ち上がり【天皇杯】

2日、第103回天皇杯のラウンド16が全国各地で開催。ベスト8が決まった。 ここまでJ1チームを連続で撃破してきたJFLの高知ユナイテッドSCは川崎フロンターレを迎えての一戦に。圧倒的にポゼッションされる中、鋭いカウンターから何度も川崎Fのゴールに襲い掛かるがゴールを奪えない。 その状態が最後まで続くが、川 2023.08.02 22:05 Wed
Xfacebook
thumb

「1年か2年でブラジルに…」ラモス瑠偉氏が来日時のエピソード明かす、槙野智章氏の憧れは「森保一さん」…Jリーグ30周年記念イベントでトークショー

Jリーグは6日、「Jリーグ30周年記念イベント~おかわり with TikTok~」を都内で実施。Jリーグ公認ショートムービー企画「TikTok Cup 2023」 1st Stageの結果を発表した。 今回のイベントには、元日本代表でJリーグ開幕戦にも出場したラモス瑠偉氏や元日本代表DFの槙野智章氏、Jリーグウ 2023.07.07 21:58 Fri
Xfacebook
thumb

「どうして?しかない」家本政明氏、FC東京vs新潟で生まれた話題のファウル誤判定に見解「修正対応できたシーン」「残念です」

元国際審判員の家本政明氏が、FC東京vsアルビレックス新潟で起きた事象を解説した。 2日、『DAZN』は『Jリーグジャッジリプレイ2023 #10』を配信。ゲストに元日本代表DF坪井慶介氏、同じく日本代表でプレーし浦和レッズ時代のチームメイト、KONOSU CITY FOOTBALL CLUB(埼玉県3部リーグ) 2023.05.02 16:40 Tue
Xfacebook
thumb

ドイツW杯でもゴールの元日本代表FW玉田圭司氏が昌平高校のコーチに就任!監督は高校時代の同期「躍進に貢献していきたい」

ワールドカップ(W杯)でもブラジル代表戦でゴールを決めている元日本代表FW玉田圭司氏(43)が指導者キャリアをスタートすることを発表した。 玉田氏は自身のインスタグラムを更新。埼玉県の強豪校である昌平高校で指導者キャリアをスタートさせることとなった。スペシャルコーチに就任するという。 現役時代は柏レイソル、 2023.04.14 17:25 Fri
Xfacebook
thumb

横浜FMはOG、名古屋は90分の逆転弾でそれぞれ3連勝! 湘南は監督交代で息巻く清水を一蹴、広島はJ1首位の神戸に5発快勝【ルヴァンカップ】

5日、YBCルヴァンカップ グループステージ第3節の10試合が全国各地で行われた。 グループAでは2連勝の横浜F・マリノスと1勝1分けの北海道コンサドーレ札幌が対戦。リーグ戦では札幌が圧倒した中、この試合も札幌が主導権を握る。 すると6分にディフェンスラインの裏に抜けた中島大嘉が無人のゴールに決めて先制。し 2023.04.05 21:27 Wed
Xfacebook
thumb

6年ぶりJ1復帰の新潟が選手背番号発表 復帰の新井は2番で「10」は空きのまま

アルビレックス新潟は12日、2023シーズンの新体制ならびに選手の背番号を発表した。 2022年の新潟はアルベル・プッチ・オルトネダ前監督が礎を築いたポジショナルプレーを、松橋力蔵監督のもとで継続・昇華。明治安田生命J2リーグで25勝9分け8敗、リーグ最多73得点、最少タイの35失点という成績を残し、見事に優勝を 2023.01.12 19:10 Thu
Xfacebook
thumb

J1昇格の新潟がMF吉田陣平、FW小見洋太、MF星雄次と契約更新…小見は背番号が「23」から「16」に変更

アルビレックス新潟は5日、MF吉田陣平(19)、FW小見洋太(20)、MF星雄次(30)の契約更新を発表した。 吉田は地元の新潟県出身で、佐賀東高校から今季入団。明治安田生命J2リーグで3試合に出場した。 小見は、昌平高校から2021年に入団。プロ2年目の今シーズンはJ2で23試合に出場し4得点、天皇杯で1 2022.12.05 14:35 Mon
Xfacebook
thumb

J1昇格迫る新潟、高卒2年目の小見洋太がプロA契約に

アルビレックス新潟は29日、FW小見洋太(20)とのプロA契約締結を発表した。 小見は2021年に昌平高校から入団したアタッカー。昨季こそ公式戦で5試合の出場だったが、チームがJ1昇格に迫る今季はここまで20試合で5得点と数字を伸ばす。 そのなか、14日に行われた明治安田生命J2リーグ第36節のヴァンフォー 2022.09.29 13:15 Thu
Xfacebook
thumb

J1昇格目指す首位・新潟に痛手、今季9得点のMF高木善朗が右ヒザ前十字じん帯損傷

アルビレックス新潟は21日、MF高木善朗の負傷を発表した。 クラブの発表によると、高木は18日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節の水戸ホーリーホック戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、右ヒザ前十字じん帯損傷と診断。全治は明かされていない。 高木は水戸戦に先発出場。しかし、26分に味方からのパス 2022.09.21 10:33 Wed
Xfacebook
thumb

横浜FC、新潟が揃って勝利し仙台はまたも下位に敗れる…徳島は20個目の引き分けに【明治安田J2第32節】

20日、明治安田生命J2リーグ第32節の10試合が各地で行われた。 首位の横浜FCはニッパツ三ツ沢球技場で4位・ファジアーノ岡山との上位対決に臨んだ。 横浜FCは開始早々に小川航基がGK堀田大暉との一対一を迎えるなどチャンスを作ったが、決め切ることができない。岡山も高い位置でのボール奪取から佐野航大がボック 2022.08.20 22:09 Sat
Xfacebook
thumb

新潟が暫定ながらも首位奪還、大分は梅崎が復帰後初得点も2点のリードを守り切れず【明治安田J2第31節】

14日、明治安田生命J2リーグの3試合が各地で行われた。 昨日の横浜FCの試合中止を受け、暫定ながらも首位奪還のチャンスを得た2位のアルビレックス新潟は、アウェイで15位・栃木SCと対戦した。 3分に小見洋太のヘディングがポストのわずか右へそれると、以降はいちご一会とちぎ国体開催記念ユニフォームを着用した栃 2022.08.14 21:35 Sun
Xfacebook
thumb

新潟が高卒ルーキーFW小見洋太と契約更新「濃いシーズンであったことは間違いありません」

アルビレックス新潟は27日、FW小見洋太(19)との契約更新を発表した。 小見は昌平高校から今シーズン新潟へと入団。明治安田生命J2リーグで4試合、天皇杯で1試合に出場した。 「2022シーズンもアルビレックス新潟でプレーできることになりました」 「今年は、チームとしての目標も個人としての目標も達成で 2021.12.27 13:20 Mon
Xfacebook
thumb

新潟・アルベルト監督がサポーターに感謝、メッセージ入りのフラッグを手に「宝物にします!」

アルビレックス新潟のアルベルト・プッチ・オルトネダ監督がサポーターへ感謝のメッセージを綴った。 序盤はボジショナルプレーがはまり、快進撃を見せた今季の新潟。ただ、中盤以降は相手の対策に手を焼き、ゴールが遠のいて足踏みが続いた。第37節でジュビロ磐田に敗れたことで、5試合を残して今季のJ1昇格の可能性が消滅。直近の 2021.11.14 14:30 Sun
Xfacebook
thumb

「若者にはミスを犯す権利がある」新潟・アルベルト監督が、ミスに責任感じる高卒ルーキーFWに金言、犯してはいけないミスは「勇気を持たないこと」

アルビレックス新潟のアルベルト・プッチ・オルトネダ監督が、ミスを悔む若手に最高の言葉をかけた。 新潟は3日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節で首位のジュビロ磐田と対戦。試合は0-0のまま進んだ中、64分にJ2得点王のルキアンにゴールを許し、0-1で敗戦。この結果、今シーズンのJ1昇格の可能性が潰えてしまった 2021.11.05 22:43 Fri
Xfacebook
thumb

新潟が昌平高校U-18日本代表FW小見洋太の来季入内定を発表「『結果』という形で恩返しできるように」

アルビレックス新潟は28日、昌平高校に在学するU-18日本代表FW小見洋太(18)の来季加入内定を発表した。 埼玉県出身の小見は、169cm、64kgのFW。今年行われた第98回全国高校サッカー選手権大会では、2年生ながら攻撃の起点となり、昌平をベスト4へ導いた。 新潟は小見の特徴を「常にゴールを狙い、攻守 2020.09.28 17:40 Mon
Xfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly