コラム

thumb

週末のJを襲ったコロナ禍/六川亨の日本サッカーの歩み

なんとも慌ただしい週末だった。 先週8月1日はJ1リーグのFC東京対鳥栖戦を取材した。今シーズン未勝利の鳥栖だったが、4-3-3のフォーメーションから20歳の右FW石井快征がトップ下のポジションに入ることでフリーとなり、鳥栖の攻撃陣を牽引。前半30分には樋口雄太が右サイドをえぐると、その折り返しを石井が決めて鳥栖 2020.08.04 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

J親子対決が4年ぶりに実現/六川亨の日本サッカー見聞録

6月27日に再開・開幕したJリーグも約1ヶ月が過ぎた。当初は新型コロナの感染拡大を防ぐため、移動のリスクを減らそうとチームを東西に分けての対戦だった。そして8月1日からは「超」厳戒態勢を厳戒体制に変更。東西のチーム分けはやめ、5000人か50%を上限に入場者数の引き上げやビジタ-席の開放を実施する予定だった。 し 2020.07.30 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

感染防止のため飲食は禁止/六川亨の日本サッカーの歩み

今週最初のコラムは、またまたコロナの話題になってしまった。これまでも何度となくコロナ話題で原稿を書いてきたが、6月上旬のFW金崎夢生、GKランゲラック(ともに名古屋)の感染が確認されて以降、6月下旬に再開・開幕したJリーグではコロナ対策が功を奏したのか、選手・スタッフはもちろん観客の感染者もゼロだった。「不幸中の幸い」 2020.07.27 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ベベットに思う栄枯盛衰/六川亨の日本サッカー見聞録

J1リーグは22日に第6節を終了。仙台に0-2とリードされながら、小林悠の2ゴールなどで3-2と逆転した川崎Fが首位(勝点16)を守った。同じく無敗の名古屋が勝点2差で2位につけているのは正直意外ではあるが、今シーズンのJ1リーグは早くも川崎Fが優勝争いの主役になりつつあるようだ。 といったところで政府は22日、 2020.07.24 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグが制限緩和を10日まで延長/六川亨の日本サッカーの歩み

いつもいつも、Jリーグとコロナの話題ばかりで食傷気味かもしれないが、今週も触れなければならない状況のようなのでご勘弁を。 Jリーグは20日、第11回臨時実行委員会を開催し、当初は8月1日から入場制限の引き上げ(チケッティング)やビジタ-席の開放(ファン・サポーター対応)など、制限を緩和する予定だったガイドラインを 2020.07.21 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

規制緩和も難しいチケッティング/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは7月16日の実行委員会で、8月1日からは「政府の方針」に則り、「超厳戒態勢」から「厳戒態勢」に移り、入場規制の緩和を方針通り実施することを明らかにした。7月内のJリーグは、有観客試合ながらマックス5000人以下か、収容人数の50%の少ない方に規制されていた。それが8月からは、収容人数の50%以内へと緩和される 2020.07.18 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

反町技術委員長の隠された才能/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は7月9日、定例となる第9回理事会を開き、日本代表の強化スタッフの位置づけを確認したり、21年秋に始まる女子プロリーグ、WEリーグの代表理事(Jリーグにおけるチェアマン)を選出したりした。 他にも理事会では、本来なら1月3日から3月27日までの移籍期間が、新型コロナウイルスの影響でほとん 2020.07.11 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグとプロ野球が進めた新型コロナ対策、両ドクターが感じた限界とは?/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグは7月6日にNPB(日本野球機構)の対策連絡会議を、翌7日には第7回実行委員会を開催し、それぞれメディアむけにwebでブリーフィングを実施した。7日の実行委員会では前日の対策連絡会議を受け、10日(J2の岡山対北九州)から観客を入れ(ホームチームに限り、5千人もしくはスタジアムのキャパの50%)、アルコールを除 2020.07.09 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

再開するJ1を展望/六川亨の日本サッカー見聞録

6月27日に再開・開幕したJ2、J3リーグに続き、7月4日にはJ1リーグが開幕する。再開2試合は安全性を担保するため無観客、通称リモートマッチで開催され、長距離移動による感染拡大を防ぐため、当面は神奈川県から北にある10チームと、静岡県から南にある8チームによるホーム・アンド・アウェーのリーグ戦となっている。 試 2020.07.03 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リモートマッチで感じたサポーターの存在/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグは27、28日、約4カ月ぶりにJ2リーグが再開し、J3リーグも開幕した。選手・関係者はもちろんのこと、ファン・サポーターがどれほどこの日を待ち望んでいたか。それを計るバロメーターの1つとして各試合会場の入場者数をあげられるが、再開・開幕2試合はリモートマッチ(無観客試合)のため彼らの熱量を計ることはできない。 2020.06.30 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

女子W杯辞退と主審の重要性/六川亨の日本サッカー見聞録

本来なら6月25日はFIFA(国際サッカー連盟)カウンシルでリモートによる投票から2023年の女子W杯開催国が決まるはずだった。しかし日本は22日の臨時理事会で女子W杯の招致から撤退することを決めた。 その理由として、10日に公表されたFIFAの候補地評価報告書では、6項目(スタジアム、・チーム、審判の設備、・宿 2020.06.26 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

無観客試合で聞こえる選手の声/六川亨の日本サッカーの歩み

3月19日に始まったJリーグのwebブリーフィングは、6月23日の臨時理事会のブリーフィングで33回目を迎えた。週に換算すると15週になるので、単純計算で毎週2回はNPBとJリーグの対策連絡会議(計10回)か、Jリーグの理事会と臨時理事会、実行委員会と臨時実行委員会が開催されたことになる。 Jリーグの再開・開幕に 2020.06.24 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

Jクラブの戦いはこれから/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は18日に定例理事会を開催し、第100回天皇杯の参加チームを50から52に増やし、準々決勝の開催を追加することを決定した。これは、J1勢2チームが準決勝から出場することは決まっていたものの、J2勢とJ3勢には門戸が閉ざされていたため新たに参加を承認したものだ。 過去にはJ2リーグのチーム 2020.06.18 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグ再開の日程が決定/六川亨の日本サッカーの歩み

6月15日の月曜はJ1〜J3リーグの全日程が発表され、夕方には日本トップリーグ連携機構が「無観客試合」の新名称を公募した結果「リモートマッチ」に決定したことを発表した。そして16日はJリーグの第9回臨時実行委員会が午前10時から開催され、午後からは村井チェアマンらがwebでの会見に臨んだ。 まず日程だが、J1〜J 2020.06.16 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

改めて唾吐きと飲水を考える/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは6月9日、webによる実行委員会を開催し、27日に無観客で再開・開幕するJ2リーグとJ3リーグは、7月10日から観客を入れることで合意した。J1リーグは7月4日から同じく無観客で再開し、各スタジアムはキャパシティが異なるため第4節から5000人、あるいは収容人員の50%の観客を入れることで合意した。 正 2020.06.11 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック④ドーハの悲劇/六川亨の日本サッカーの歩み

1993年の日本サッカーを振り返るコラムも今回が最終回だ。前年のアジアカップで初優勝、そしてJリーグの開幕により、悲願のワールドカップ初出場に期待がかかった。しかしオフト・ジャパンには不安もあった。左SB(サイドバック)の都並敏史(V川崎)がJリーグの試合で左足首を亀裂骨折してしまったからだ。 9月15日から始ま 2020.06.08 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

再開のJリーグ、5人の交代枠は必要か?/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは昨日6月5日に臨時の理事会を開催し、7月4日に再開するJ1リーグの最終節を12月19日にすると発表した。合わせて今シーズンは1試合の交代枠を3人から5人に拡大するが、「交代回数はハーフタイムを除き3 回までとする」ことで合意した。 すでに反町康治JFA(日本サッカー協会)技術委員長が就任会見でも述べてい 2020.06.06 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック③U-17W杯日本大会/六川亨の日本サッカーの歩み

1993年、ソロモン諸島ガダルカナル島でのU-17W杯オセアニア最終予選を取材したことは先週のコラムで紹介した。当時、現地で出会ったソロモン諸島の監督は青年海外協力隊で現地に赴任していた日本人の渡邊和典(わたなべ かずのり)さんだった。 彼とは現地で別れて以来音信不通だったが、ふとしたことで同業者が彼と知り合いに 2020.06.02 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグ再開に改めてチェアマン評価/六川亨の日本サッカー見聞録

ようやくJリーグの再開・開幕の日程が決まった! Jリーグは5月29日に第8回の臨時実行委員会を開き、J2リーグとJ3リーグは6月27日(土曜)に再開・開幕し、J1リーグは7月4日(土曜)にいずれも無観客で再開することを村井満チェアマンが発表した。 対戦カードは移動による新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、「長 2020.05.30 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック②ソロモン諸島取材編/六川亨の日本サッカーの歩み

今週は先週に引き続き、93年4月から5月にかけて、U-17W杯オセアニア最終予選を取材した際のエピソードをお届けしよう。 オーストラリアのケアンズ経由で無事にソロモン諸島の首都ホニアラに到着したのは午後の3時過ぎ。現地通貨であるソロモンドルは事前に購入することができないため、米ドルの現金とトラベラーズチェック、そ 2020.05.26 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

JFA反町技術委員長の憂鬱/六川亨の日本サッカー見聞録

松本山雅FC元監督である反町康治氏がJFA(日本サッカー協会)の新技術委員長就任が決まったのは3月12日だった。正式には3月29日の評議員会と新理事会の承認を得てからになる。当時はすでに新型コロナウイルスでJリーグが延期になるなどスポーツ界にも暗雲が漂い始めていた。 反町技術委員長の誕生で、関塚隆氏はナショナルチ 2020.05.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック①ソロモン諸島/六川亨の日本サッカーの歩み

先週金曜の15日は「Jリーグの日」として、93年の開幕戦、ヴェルディ川崎対横浜マリノス戦が、翌16日の土曜も当時の4試合がオンエアされた。そして16日には新型コロナウイルスの感染拡大で2ヶ月間ほど中断していたブンデスリーガが無観客試合で再開。首位のバイエルン・ミュンヘンはウニオン・ベルリンを2-0で退けて首位をキープし 2020.05.19 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

一部解除の緊急事態宣言、Jリーグ再開の日程と検査/六川亨の日本サッカー見聞録

JリーグとNPB(日本野球機構)の「第7回新型コロナウイルス対策連絡会議」が5月11日の午前に、そして同日の午後からはJリーグの「第5回合同実行委員会」が開催された。 結論から先に言うと、この日もJリーグとプロ野球の再開・開幕の日程について具体的に話し合われることはなかった。午前中の会議で明らかになったことは、緊 2020.05.15 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

人々の熱意で再生した「サガン鳥栖」/六川亨の日本サッカーの歩み

5月11日、第7回となる「新型コロナウイルス対策連絡会議」が開催され、午前11位時過ぎよりZOOMを使用したメディアカンファレンスが行われた。さらに同日午後にはJリーグの「第5回合同実行委員会」が行われ、17時30分過ぎより同じくメディアカンファレンスが行われた。 午前の会議では、感染症の専門ドクター3人の意見と 2020.05.11 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

JFAの支援事業の概要が決定、地域に差し伸べられた救いの手/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)の田嶋幸三会長は5月7日、17時過ぎよりWeb会見を実施し、14時よりJFA公式サイト上に、新型コロナウイルス対策として電話での相談窓口と、資金難に陥っているクラブ・チームを対象にした財政支援のためのwebによる申請フォームを開設したと発表した。 すでに4月24日のweb会見で、田嶋会長 2020.05.08 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

サガン鳥栖は歴史を繰り返すのか/六川亨の日本サッカーの歩み

再開の目処が立たないJリーグに関し、将来的なスポンサー離れなどネガティブな報道が増えてきたのは仕方のないことだろう。特にここ1週間は、先月26日に株主総会と19年度決算報告を行い、約20億1486万9000円の赤字を計上したサガン鳥栖の経営状況について悲観的な報道が目立つ。 鳥栖が経営危機に陥ったのは、収入の2本 2020.05.04 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

FIFAが検討する「唾吐き禁止」、それ以上にすべきこと/六川亨の日本サッカー見聞録

新型コロナウイルスはJリーグその他の大会の延期はもちろん、Jクラブの経営にも影響を与えているのは周知のところ。まずは新潟が秋にも資金ショートを表明すると、スポンサーの撤退した鳥栖も「天文学的数字の赤字」(竹原稔社長)と経営状況の悪化を公表した。 それに対しJリーグもコミットメントラインという、金融機関からの融資枠 2020.05.01 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

天皇杯のあり方…アマチュア大会へモデルチェンジのススメ/六川亨の日本サッカーの歩み

日本で最古の大会である天皇杯全日本サッカー選手権大会が始まったのは、1921年(大正10年)11月のことだった。東京の日比谷公園グラウンドで4チームにより開催され、東京蹴球団(教員で作られた日本初のクラブチーム)が第1回大会の覇者となった。 それから100年、今年の天皇杯は記念すべき第100回大会とあって、JFA 2020.04.28 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグは再開の目処立たず/六川亨の日本サッカー見聞録

JリーグとNPB(日本野球機構)、そして感染症の専門ドクター3人による「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第6回目が4月23日に行われ、会議後の11時30分からwebによる記者ブリーフィングが開催された。 不要不急の外出を自粛するなど政府の緊急事態宣言から2週間が過ぎた。しかし新型コロナウイルスに収束の兆しは見え 2020.04.23 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

改めて感じるJの先見性/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグは4月21日、今年で第4回となる定例理事会を実施した。といっても、4月15日の臨時理事会から1週間なので、リーグ戦再開・開幕に向けた動きなど具体的な話はなかった。それでも、改めてJリーグと村井満チェアマンは様々なプランを考えているのだなと感心してしまった。 Jクラブの収入源はDAZNの放映権料とJリーグか 2020.04.21 20:00 Tue
twitterfacebook