コラム

thumb

10月と11月に開催予定だったカタールW杯アジア予選が来年に延期…AFCとFIFAが発表

アジアサッカー連盟(AFC)は12日、各国で感染が続く新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を考慮し、2020年10月と11月のインターナショナルマッチウィークに予定されていた2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選およびAFCアジアカップ2023予選を2021年に延期することを発表した。 2020.08.12 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

町田がFW晴山岬の新型コロナウイルス陽性を発表、U-19日本代表候補トレーニングキャンプで発覚

FC町田ゼルビアは2日、FW晴山岬が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応となったことを発表した。 晴山は月1日(土)、千葉県内で行われたU-19日本代表候補のトレーニングキャンプに合流した際、集合時に参加者全員に対して行われたSmartAmp法およびPCR検査の結果、陽性反応が認められていた。なお現在 2020.08.02 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表候補トレーニングキャンプが急きょ中止に、選手1名から新型コロナウイルス陽性反応

日本サッカー協会(JFA)は1日、5日まで予定されていたU-19日本代表候トレーニングキャンプの中止を発表した。 JFAの発表によると、1日にU-19日本代表候補トレーニングキャンプ集合時に参加者全員に対して実施したSmartAmp法およびPCR検査の結果、参加者(選手)1名から新型コロナウイルスの陽性反応が認め 2020.08.01 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表が候補発表 斉藤光毅や松村優太、小畑裕馬ら26選手《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は31日、8月に行われるU-19日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーを発表した。 千葉県で行われるトレーニングキャンプに向け、26名の選手が招集。横浜FCのFW斉藤光毅や鹿島アントラーズのFW松村優太、ベガルタ仙台のGK小畑裕馬、東京ヴェルディのMF藤田譲瑠チマらが選出された。 2020.07.31 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手㊿】「求められるのはゴールという結果」。今季未勝利の清水の救世主になれるか?/鈴木唯人(清水エスパルス/MF)

「今はボールを持ったらひたすらゴールに向かおうと考えてますけど、もっと確実な判断をして点を取ることが大事。よりチームが点を取れる各自な判断、チョイスができるように考えていきたいと思っています」 今季いまだリーグ未勝利でJ1最下位に沈んでいる清水エスパルス。コロナ禍の今季はJ2降格なしという特例があるものの、苦しい 2020.07.26 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「家族との時間を楽しみたい」元日本代表監督のザッケローニ氏、監督業を引退へ

かつて日本代表も率いたアルベルト・ザッケローニ氏が、監督業からの引退を明かした。イタリア『チェゼーナ・トゥデイ』が伝えた。 ザッケローニ氏は、監督としてウディネーゼやミラン、ラツィオ、インテル、トリノ、ユベントスと指揮。イタリアのビッグ3全てで指揮を執るなどの功績があった中、2010年9月に日本代表の監督に就任し 2020.07.19 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

カタールW杯の試合日程が発表! 開幕は11月21日、決勝は12月18日

国際サッカー連盟(FIFA)は15日、2022年にカタールで予定されているワールドカップの大会スケジュールを発表した。 ちょうど2年前、2018年7月15日はロシア・ワールドカップ決勝の日。フランス代表vsクロアチア代表の一戦は、4-2でフランスが勝利し、2度目の世界王者となった。 ◆イニエスタ、2010W 2020.07.15 23:07 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手㊾】「ガンバ基準を落としちゃいけない」。再開序盤戦で苦しむ山口の救世主となり、東京五輪へ/高宇洋(レノファ山口FC/MF)

「僕だけじゃなくて、見ている人みなさんが気づいていると思いますけど、ヤンの成長っていうのはホントに目に見えるようなスピードで進んでいる。彼の性格、向上心、成長への欲求はもちろんですけど、ちゃんと頭の中で考えてサッカーをやるようになってきた。自分のストロングや課題をしっかり理解したうえで、両面にわたって積極的なトライをし 2020.07.15 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユのビラス=ボアス監督が日本代表監督に興味? かつてはチェルシーやトッテナムを指揮

日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督(42)が、日本代表監督就任の希望を明かした。フランス『le10sport』が伝えた。 ポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、上海上港などで指揮を執ってきたビラス=ボアス監督は、2019年7月にマルセイユの監督に就任。今シーズンは新型コロナウ 2020.07.14 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪のFW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

日本サッカー協会(JFA)は13日、11日から行われているU-19日本代表候補のトレーニングキャンプにガンバ大阪のFW唐山翔自が不参加となることを発表した。 JFAの発表によると、唐山はチーム事情により不参加となるとのこと。なお、代替選手の招集は行わないとしている。 唐山は今シーズンはG大阪 U-23の一員 2020.07.13 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

反町技術委員長の隠された才能/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は7月9日、定例となる第9回理事会を開き、日本代表の強化スタッフの位置づけを確認したり、21年秋に始まる女子プロリーグ、WEリーグの代表理事(Jリーグにおけるチェアマン)を選出したりした。 他にも理事会では、本来なら1月3日から3月27日までの移籍期間が、新型コロナウイルスの影響でほとん 2020.07.11 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表が候補発表 斉藤光毅や染野唯月、松岡大起、唐山翔自ら30選手《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は10日、7月に行われるU-19日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーを発表した。 千葉県で行われるトレーニングキャンプに向け、30名の選手が招集。横浜FCのFW斉藤光毅や鹿島アントラーズのFW染野唯月、サガン鳥栖のMF松岡大起、ガンバ大阪U-23の一員としてプレーするFW唐山翔自ら 2020.07.10 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手㊽】柴崎二世の天才肌のボランチ、再開J2で完全復活へ。ポルトガル行きの行方は?/藤本寛也(東京ヴェルディ/MF)

新型コロナウイルス感染拡大でストップしていたJ2の再開がいよいよ27日に迫ってきた。2月23日の第1節終了時点での状況をおさらいしてみると、上位はアルビレックス新潟、徳島ヴォルティスら10チームが勝ち点3で並んでいる。非常に混とんとした状態からのリスタートとなるのだ。 J1最多得点記録の185ゴールを挙げている大 2020.06.27 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

女子W杯辞退と主審の重要性/六川亨の日本サッカー見聞録

本来なら6月25日はFIFA(国際サッカー連盟)カウンシルでリモートによる投票から2023年の女子W杯開催国が決まるはずだった。しかし日本は22日の臨時理事会で女子W杯の招致から撤退することを決めた。 その理由として、10日に公表されたFIFAの候補地評価報告書では、6項目(スタジアム、・チーム、審判の設備、・宿 2020.06.26 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

日本が2023年女子W杯招致撤退…25日に開催国決定

日本サッカー協会(JFA)が22日、2023年の女子ワールドカップ(W杯)招致撤退を発表した。 2023年大会の開催国を巡っては共同開催を狙うオーストラリアとニュージーランド、コロンビア、そして日本が立候補。25日に行われる国際サッカー連盟(FIFA)の理事会で招致国が決まる予定だったが、JFAは本日の臨時理事会 2020.06.22 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ビーチサッカー日本代表監督にエースで昨年のW杯MVPの茂怜羅オズ氏が就任

日本サッカー協会(JFA)は18日、ビーチサッカー日本代表の新監督にかつてのエースである茂怜羅オズ氏(34)が就任したことを発表した。 茂怜羅オズ監督は、ブラジル出身で、2012年12月に日本国籍を取得。ヴァスコ・ダ・ガマなどでプレーしたのち、2007年から2015年まで東京レキオスBSでプレー。その後は、イラン 2020.06.18 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

10月開催予定のAFC U-19選手権、日本は韓国、イラク、バーレーンと同居!《AFC U-19選手権》

アジアサッカー連盟(AFC)は18日、10月に予定されているAFC U-19選手権の組み合わせ抽選会を実施した。 同大会は10月14日(水)〜10月31日(土)までウズベキスタンで開催。日本は、グループBに入り、韓国、イラク、バーレーンと同居することとなった。 なお、上位4チームは2021年にインドネシアで 2020.06.18 19:45 Thu
twitterfacebook
thumb

U-17W杯出場権を懸けたAFC U-16選手権の組み合わせが決定!今年11月開催予定で中国、インドネシア、サウジと同居《AFC U-16選手権》

アジアサッカー連盟(AFC)は18日、11月に予定されているAFC U-16選手権の組み合わせ抽選会を実施した。 同大会は11月25日(水)〜12月12日(土)までバーレンで開催。日本は、グループDに入り、インドネシア、サウジアラビア、中国と同居することとなった。 なお、上位4チームは2021年にペルーで行 2020.06.18 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル、2023年女子W杯の招致断念…日本も立候補中

ブラジルサッカー連盟(CBF)が2023年に行われる女子ワールドカップ(W杯)の招致断念を発表した。 2023年大会の開催国として、共同開催を狙うオーストラリアとニュージーランド、コロンビア、日本、そしてブラジルが立候補。招致国は国際サッカー連盟(FIFA)が今月25日に予定する理事会にて、オンライン投票で決めら 2020.06.09 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック④ドーハの悲劇/六川亨の日本サッカーの歩み

1993年の日本サッカーを振り返るコラムも今回が最終回だ。前年のアジアカップで初優勝、そしてJリーグの開幕により、悲願のワールドカップ初出場に期待がかかった。しかしオフト・ジャパンには不安もあった。左SB(サイドバック)の都並敏史(V川崎)がJリーグの試合で左足首を亀裂骨折してしまったからだ。 9月15日から始ま 2020.06.08 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック③U-17W杯日本大会/六川亨の日本サッカーの歩み

1993年、ソロモン諸島ガダルカナル島でのU-17W杯オセアニア最終予選を取材したことは先週のコラムで紹介した。当時、現地で出会ったソロモン諸島の監督は青年海外協力隊で現地に赴任していた日本人の渡邊和典(わたなべ かずのり)さんだった。 彼とは現地で別れて以来音信不通だったが、ふとしたことで同業者が彼と知り合いに 2020.06.02 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手㊻】酒井宏樹の後継者として期待される右サイドバック。J再開後は浦和を引っ張る!/橋岡大樹(浦和レッズ/DF)

「試合ができるなら早くしたいですし、無観客だったとしてもすぐにサッカーがしたいというのが今の正直な気持ちです。もちろんサポーターのみなさんがいた方が僕たちも力が出せますけど、無観客であったとしても、サッカーができないムシャクシャする気持ちをピッチで発散できる。そういう意味で再開のメドが立ってきたのは嬉しい。まずはDAZ 2020.05.30 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

川口能活&那須大亮がインターハイ中止となった現役高校生に授業「また新しい第一歩を踏み出して欲しい」

かつてJリーグでも活躍した元日本代表GK川口能活氏と、Jリーグで活躍し現在はYouTuberとしても活躍するDF那須大亮氏は27日、オンライン授業『明日へのエールプロジェクト』に参加。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)が史上初めて中止になったことを受け、現役高校生 2020.05.28 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

MF本田圭佑が「WEIN 挑戦者FUND」を設立!

ボタフォゴに所属するMF本田圭佑28日、「WEIN 挑戦者FUND」の設立を発表した。 設立メンバーは国際NGOジャパンハートアドバイザーの溝口勇児氏と、ケイアンドカンパニー株式会社代表取締役の高岡浩三氏の3名。「21世紀の課題を解決する」を目標に掲げ、「孤独・退屈・不安」といった21世紀の課題を解決するスタート 2020.05.28 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック②ソロモン諸島取材編/六川亨の日本サッカーの歩み

今週は先週に引き続き、93年4月から5月にかけて、U-17W杯オセアニア最終予選を取材した際のエピソードをお届けしよう。 オーストラリアのケアンズ経由で無事にソロモン諸島の首都ホニアラに到着したのは午後の3時過ぎ。現地通貨であるソロモンドルは事前に購入することができないため、米ドルの現金とトラベラーズチェック、そ 2020.05.26 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

JFA反町技術委員長の憂鬱/六川亨の日本サッカー見聞録

松本山雅FC元監督である反町康治氏がJFA(日本サッカー協会)の新技術委員長就任が決まったのは3月12日だった。正式には3月29日の評議員会と新理事会の承認を得てからになる。当時はすでに新型コロナウイルスでJリーグが延期になるなどスポーツ界にも暗雲が漂い始めていた。 反町技術委員長の誕生で、関塚隆氏はナショナルチ 2020.05.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手㊺】プラチナ世代の柴崎岳、遠藤航とともに日本代表ボランチの主軸になれるのか?/小林祐希(ワースラント・ベベレン/MF)

新型コロナウイルスの感染拡大によって、欧州で最初にリーグ戦打ち切りが決まったのがベルギーだ。日本代表の伊東純也(ゲンク)や植田直通(セルクル・ブルージュ)らは「これからシーズン終盤」というところで試合がなくなり、不完全燃焼感を抱いたことだろう。 今季から戦いの場をオランダからベルギーに移した小林祐希(ワースラント 2020.05.17 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFA、2023年に開催される女子ワールドカップの開催国を6月末に決定!

国際サッカー連盟(FIFA)は15日、2023年に開催されるFIFA女子ワールドカップの開催国を6月25日に決定すると発表した。 現在、日本、ブラジル、コロンビア、オーストラリア&ニュージーランド(共同開催)が同大会の招致に動いており、FIFAは6月25日に行われる理事会で投票を行い、開催地を決定するとのこと。 2020.05.16 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグ開幕から27年…ジーコ氏が古巣フラメンゴのインタビューで日本での活躍を回顧

選手、監督として日本サッカーに大きく貢献したブラジルのレジェンドであり“神様”としても崇められるジーコ氏が、自らの日本での活躍を振り返った。フラメンゴ公式サイトが伝えている。 現役時代、ブラジルの名門フラメンゴやセリエAのウディネーゼで活躍したジーコ氏。ブラジル代表として3度のワールドカップ(W杯)に出場した他、 2020.05.15 19:33 Fri
twitterfacebook
thumb

日本参戦のU-20&U-17女子W杯は2021年冬に開催! 当初、今夏開催予定もコロナ禍で延期…

国際サッカー連盟(FIFA)は12日、2020 FIFA U-20女子ワールドカップ(W杯)を2021年1月に開催することを発表した。 コスタリカとパナマの共催となる今大会は、当初2020年8月10日から同30日の日程で行われる予定だった。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行を受けて、今年 2020.05.12 21:10 Tue
twitterfacebook