コラム

thumb

形なくして勝利なし…森保一監督率いる東京五輪代表に覚える不安/日本代表コラム

チームの主力を務めてきた海外組が不在だったというエクスキューズはあるが、屈辱以外の何物でもない結果となった。 森保一監督率いるU-23日本代表は、AFC U-23選手権の第2戦のシリア代表戦で1-2と敗戦。初戦のサウジアラビア代表戦に続く連敗で、大会を後にすることが決定した。 お粗末と言えばそれまで。サウジ 2020.01.13 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

後手を踏み対応しきれなかった日本、光明となった相馬勇紀の可能性/日本代表コラム

3大会ぶり2度目の優勝を目指して臨んだEAFF E-1サッカー選手権の韓国代表戦。しかし、結果は1-0で敗れ、逆転で韓国の3連覇、初の自国開催での優勝を見届けることとなってしまった。 「勝利にこだわる」と森保一監督は常々語り、タイトル獲得を目指していた日本代表。しかし、結果は望んでいたものではなかった。そこにある 2019.12.20 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

攻撃のタクトを振った大島僚太、ゲームメイク力が必要な森保ジャパン/日本代表コラム

初戦の中国代表戦からスタメン11名を入れ替えて臨んだ香港代表戦。東京オリンピック世代の6名がA代表デビューとなり、デビュー済みの3名を含め9名がスタートからピッチに立った。 相手との実力差もある中、若い選手たちが立ち上がりからアグレッシブにプレー。結果として5得点を奪い、無失点で試合を終えたことは評価すべきところ 2019.12.15 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

課題見えるも及第点の3バック、気になった基礎スキルの問題/日本代表コラム

J1リーグ最終節から移動日を含めて中2日。スケジュールとしては過酷なものとなったEAFF E-1サッカー選手権の初戦は、中国代表相手に1-2で勝利を収めた。 Jリーグ勢が招集された今回の日本代表には、2020年の東京オリンピック世代の選手も多く含まれ、初招集の選手が多く経験が少ない状態での大会参加となった。いくら 2019.12.11 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

最高級の“赤ワイン”に飲まれ、対応力に頼りコントロールを失った日本/日本代表コラム

ここまでの試合を観たのはいつ以来だろうか。あまりにも酷い45分間に、平日夜にパナソニックスタジアム 吹田に駆けつけた日本代表サポーターからは、大きなブーイングが浴びせられた。 森保一監督が就任してから、ベネズエラ代表戦でキリンチャレンジカップは通算11試合目。昨年11月のキルギス代表を除いては、中南米の国を呼び、 2019.11.20 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

苦戦も対応力を見せた日本代表、格下は存在しないアジアの戦い/日本代表コラム

初めてのキルギスでの試合。前日練習の時点で想定ができていたピッチ状況だが、日本は想像以上に苦しんだと言える。 FIFAランキングでは日本の28位に対して94位と大きく離れているが、グループ内では首位と2位の対戦。日本がアウェイで2-0で勝利したミャンマー代表相手に、ホームで7-0で勝利していることを考えても、簡単 2019.11.15 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

見せた対応力、ポジション争いのカギはクラブでのパフォーマンス/日本代表コラム

慣れないアウェイのピッチ、未知のタジキスタン、そして完全アウェイの空気を作っていたスタジアムの観客──。普段通りとは到底行かないであろう条件の中で日本代表は3-0で勝利した。 ミャンマー代表戦、モンゴル代表戦、そしてタジキスタン代表戦と3試合連続クリーンシート、いずれも複数得点での勝利は、良い予選のスタートと言え 2019.10.16 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

徹底した攻撃、巧さを見せた南野拓実、進化を見せる日本代表の攻撃/日本代表コラム

「日本代表を熟知している」というモンゴル代表のミハエル・ワイス監督の不敵な発言もあった中、日本代表がモンゴル代表戦でみせた戦いは圧巻だった。 相手との実力差があることはわかっていたが、過去にはそういった相手にも苦しい戦いを強いられてきたことも少なくなかった日本代表。それでも、6-0という圧倒的なスコアで予選連勝を 2019.10.13 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

自走できた森保ジャパンが誇る攻撃ユニット、課題は後半の決定機逸/日本代表ポイントレビュー

日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でミャンマー代表と対戦した。7大会連続のW杯出場を目指す日本代表にとって、大事な初戦。過酷なアウェイの地で、2-0と勝利を収めた。 高温多湿な気候に加え、雨季の終盤ということもあり、環境面では日本と大きく異なる中での試合となり、日中に加え、キックオフ 2019.09.11 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

前後半の出来の差は? 見えたオートマティズムと戦い方の選択/日本代表コラム

コパ・アメリカから約2カ月。久々に集まった日本代表は、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦した。カタール・ワールドカップ(W杯) アジア2次予選を控える日本にとって、この一戦は確認と調整の場であっただろう。 ★攻撃で見せたオートマティズム (C)CWS Brains,LTD.日本は1年間にわたる 2019.09.08 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

コパ・アメリカで明確化された課題、現実から目を離さずに成長の糧とできるか/日本代表コラム

勝てばベスト8進出となるベネズエラ代表戦で、1-1のドローに終わった日本代表。これにより、2度目のコパ・アメリカは2分け1敗となり敗退が決定した。 招待国としてカタール代表とともに出場した日本だったが、1999年大会と同様に1勝もできずに去ることとなった。この20年で多くの成長が見られ、日本サッカーは発展を繰り返 2019.06.27 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

三好康児と岩田智輝がもたらせた変化、悩ましいボランチ問題/日本代表コラム

初戦のチリ代表選で0-4と大敗を喫していた日本代表。優勝候補に挙げられ、初戦のエクアドル戦で4-0と大勝していたウルグアイ代表と相見えた。 初戦を終えた森保一監督は、ピッチにチリ戦から6名を変更した11名を送り出したが、チャレンジをやめることはなかった。 ◆強力2トップと真っ向勝負Getty Imagesル 2019.06.22 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

“本気”の相手に“チャレンジ”継続を…上田綺世が見せた可能性/日本代表コラム

東京オリンピック世代、U-22日本代表メンバーを中心に構成してコパ・アメリカに臨んでいる日本代表。初戦では大会連覇中のチリ代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。 ピッチに並んだ11名のうち、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 2019.06.18 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

新システムの収穫は両WB&永井謙佑の生かし方/日本代表コラム

6月シリーズと呼ばれるトリニダード・トバゴ代表戦、エルサルバドル代表戦を終え、日本代表はコパ・アメリカへと向かって行く。 編成としてはJリーグを中断させられないこと、そして日本は招待国となるため招集に拘束力がないことから、若手主体のメンバーを招集。ほとんどがA代表未経験者となっている。 9月に始まるカタール 2019.06.12 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

新システムのカギはWBと2シャドー、救世主はWB原口元気か/日本代表コラム

メンバー表を見たときに驚い人は少なくないのかもしれない。大きな期待を寄せられ、注目の的になっていたFW久保建英(FC東京)の名前がなかった。GK川島永嗣(ストラスブール/フランス)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)のベテラン勢と共にスタンドで試合を見守った久保。しかし、それ以上に驚かせたのは、新システムの 2019.06.06 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

経験者でも課題克服できず、収穫は畠中槙之輔&橋本拳人が見せた可能性/日本代表コラム

コロンビア代表戦から中3日。先発した11名全員を入れ替えて臨んだキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦は、1-0で勝利を収めた。 「チームの底上げ」をテーマに、準優勝に終わったアジアカップから大きくメンバーを変更した今回のキリンチャレンジカップ。コロンビア戦ではわずかな収穫と多くの課題が見つかっていたが、 2019.03.27 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「善戦」との決別へ…柴崎岳が見せた対応力と残り続ける課題/日本代表コラム

アジアカップ決勝での敗戦後、2019年最初のホームゲームとなったコロンビア代表戦は、0-1で敗戦に終わった。 今回のメンバーには、初招集となる選手が5名、さらにはMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)、DF昌子源(トゥールーズ/フランス)など、ロシア・ワールドカップ以来の招集となった選手がおり、アジアカップからメン 2019.03.25 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

次世代の旗手となれ! これが森保ジャパンの新鋭5名だ!

ロシア・ワールドカップ後、森保一監督が新指揮官として就任した日本代表は、選手の入れ替えを行い世代交代を実施。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)やMF堂安律(フローニンヘン/オランダ)、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)といった新たな選手が頭角を現してきた。 2019.03.21 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

今後の日本代表に必要なのは経験者か、経験値か/日本代表コラム

2大会ぶりのアジア王者まで、あと一歩と迫った日本代表。しかし、決勝では初優勝を目指すカタール代表の前に1-3と完敗。得点差以上に、内容で差をつけられ、目標であったアジア制覇はならなかった。 日本に足りなかったものは何だったのか。長らく言われ続けた、「個」の能力なのか。それとも、チームとしての「総合力」なのか。その 2019.02.04 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

悔やまれる前半、「差」が見えた敗戦から学ぶべきこと/日本代表コラム

2大会ぶり5度目のアジア王者を目指した日本代表だったが、1日に行われたカタール代表との決勝では1-3と敗戦。カタールに初優勝を許すとともに、目標であったアジア王者への返り咲きは叶わなかった。 大会初戦から苦しい戦いが続いた日本は、1点差ゲームをものにして準決勝に進出。準決勝では優勝候補最有力とも言われたイラン代表 2019.02.02 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベストゲームの要因は取り戻した“アグレッシブさ”、カギは大迫、冨安の存在/日本代表コラム

初戦のトルクメニスタン代表戦から数えて6試合目。今大会の優勝候補にも挙げられ、アジアNo.1の呼び声も高かったイラン代表と決勝進出を懸けて戦った日本は、今大会最高の試合を見せた。 ここまでの5試合を全て1点差で勝ち上がって来た日本は、無失点で勝ち上がって来たイランに対し0-3と快勝。90分間を通して、試合にイニシ 2019.01.29 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫勇也の復帰で見えた北川航也の課題/日本代表コラム

サウジアラビア代表戦から中2日。相手のベトナム代表よりも1日短い準備期間で迎えた準々決勝で、日本代表は0-1と勝利してベスト4に駒を進めた。 思えば、グループステージの初戦であるトルクメニスタン代表戦から、ここまでの5試合全てを1点差で勝ち抜いてきた日本。3試合目となるクリーンシートでの勝利は、結果としてチームに 2019.01.25 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

発展途上のチームにとってはマイナスではない勝ち方/日本代表コラム

アジアでの戦いでここまで相手にボールを持たれたことはあっただろうか。21日に行われたアジアカップ ラウンド16のサウジアラビア代表戦、日本代表は1-0で勝利し、ベスト8に駒を進めた。 負ければ即大会が終了するノックアウトステージに突入。初戦は、アジアの中でも強敵であるサウジアラビアとなった。ここ数年で再び力をつけ 2019.01.23 14:09 Wed
twitterfacebook
thumb

「総合力」を高めるための実験は及第点…森保監督の調合がカギに/日本代表コラム

「この試合に関してもこの大会を総力戦で戦っていくということをチーム内で共有していましたが、ウズベキスタン相手に総合力を示し、難しい試合を制して勝利してくれたと思います」 ウズベキスタン代表に逆転勝利を収め、グループステージ3連勝を果たした試合後、森保一監督が語った言葉だ。 ◆「総合力」を求めた一戦 オ 2019.01.18 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

停滞した後半で新たな課題、北川航也の見えざる貢献は新たな一手の可能性/日本代表コラム

初戦のトルクメニスタン代表戦で苦しみながらも勝利を収めた日本代表。その試合から中3日、第2戦のオマーン代表戦でも苦しみながら勝利。グループステージの突破を決めた。 結果としては、1-0で勝利し、初戦でミスから2失点を喫したディフェンス陣は無失点に抑えた。一方で、オフェンス陣は序盤の決定機を逸したことにより、1得点 2019.01.14 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

形に固執した最悪の前半、対応力不足を2戦目の糧にできるか/日本代表コラム

「厳しい戦いになるということはチームで共有して、今日のトルクメニスタン戦に臨みました」 試合後の記者会見で日本代表の森保一監督が最初に語った言葉。予想通りの苦しい展開であったことを認め、その中で逆転勝利を収めたことは、結果だけを見ればプラスと言える。しかし、チームとしての戦い方を紐解くと、やはり厳しい内容だったと 2019.01.10 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

新戦力が光明を見出すも選手間の差は明確に…/日本代表コラム

▽チーム発足から4カ月、森保ジャパンの2018年の戦いは全て終わった。結果は5試合で4勝1分け。初戦のチリ代表戦が北海道胆振東部地震の影響で中止となったものの、チームを作り上げ結果を残した。 ▽UEFAネーションズリーグの影響で欧州勢との試合が組めず、アフリカ・ネーションズカップの予選を戦うアフリカ勢とも対戦がで 2018.11.21 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

見え隠れした収穫と課題、差を埋められるか/日本代表コラム

▽選手たちがスタジアムに来ない…前代未聞のエクスキューズから始まったベネズエラ代表戦は、1-1のドロー。森保ジャパンにとって、初めて勝利を逃した試合となった。 ▽ウォーミングアップの時間が取れなかったことについては「ボールを使ったり、長い距離を走ったりというような試合の状況を想定した動きができませんでした」と振り 2018.11.18 23:01 Sun
twitterfacebook
thumb

守備は課題も攻撃陣&ボランチコンビの変化は収穫/日本代表コラム

「選手たちは個の特徴を発揮すること+チームのコンセプトとして一体感を持って戦うところで現段階のバランスは良いですし、良いトライをしてくれています」 ▽ウルグアイ代表戦後、森保一監督が記者会見で語った言葉だ。日本代表は、FIFAランキング5位のウルグアイ相手に互角に戦い、4-3で勝利。森保ジャパンは、新体制発足から 2018.10.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

簡単ではない融合、ピッチ内で化学反応を起こすトライを/日本代表コラム

▽森保新体制になった日本代表は、実戦2試合目となったパナマ代表戦でも3-0で勝利。9月のコスタリカ代表戦戦に続き、3得点&無失点と結果を残した。 ▽コスタリカ戦では、MF堂安律(フローニンヘン)、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)、さらに途中出場のMF天野純(横浜F・マリノス)、MF守田英正(川崎フロンターレ)が 2018.10.14 21:30 Sun
twitterfacebook