蔚山現代

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 蔚山現代 11 3 2 1 5 7 -2 6
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

ACL2020グループF
第2節
蔚山現代 vs 上海申花

ACL2020グループF
第3節
蔚山現代 vs パース・グローリー

ACL2020グループF
第4節
パース・グローリー vs 蔚山現代

ACL2020グループF
第5節
FC東京 vs 蔚山現代

ACL2020グループF
第6節
上海申花 vs 蔚山現代
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.02.11
19:30
ACL2020グループF
第1節
蔚山現代 1 - 1 FC東京
基本データ

正式名称:蔚山現代

原語表記:Ulsan Hyundai FC

愛称:ホランイ

ホームタウン:蔚山

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

韓国代表MFイ・チョンヨンが11年ぶりにKリーグへ! プレミアで100試合以上出場

Kリーグ1(韓国1部)の蔚山現代は3日、韓国代表MFイ・チョンヨン(31)が完全移籍で加入することを発表した。なお、移籍金に関しては非公開で両クラブが合意しているとのことだ。 イ・チョンヨンは、FCソウルで2004年1月にプロキャリアをスタート。2009年8月にボルトンへと完全移籍すると、2015年にクリスタル・パレスへと完全移籍。2018年7月までプレーした。 2018年9月にはボーフムへとフリートランスファーで加入。今シーズンはブンデスリーガ2部で12試合、DFBポカールで2試合に出場していた。 通算では、ボルトンで195試合20ゴール36アシスト、クリスタル・パレスで50試合2ゴール2アシスト、ボーフムでは37試合1ゴール6アシストを記録していた。なお、プレミアリーグでは105試合8ゴール15アシストを記録している。 11年ぶりに韓国に戻ってきたイ・チョンヨンは、「優勝という確かな目標を持っている蔚山に加入できて嬉しい。ときめいた心でKリーグ復帰に向けて準備していた。クラブからの継続的な関心と愛情が見られて、入団を決心することにした」とコメント。「サッカー選手として成長することを助けてくれたFCソウルとファンに感謝の言葉を伝えたい。もう蔚山の選手だが、常に最善を尽くす姿で報いたい」と、古巣への感謝を忘れず、新天地での決意を新たにした。 なお、蔚山現代は今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。FC東京、パース・グローリー、上海申花とグループステージで同居。選手登録期限は過ぎているため、イ・チョンヨンが登録されるとなれば、順々決勝に勝ち進んだ場合となる。 2020.03.04 20:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】2016年以来の本大会出場、アウェイ初戦のカギは新戦力《蔚山現代vsFC東京》

11日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020が開幕を迎える。 Jリーグ勢からはJリーグ王者の横浜F・マリノス、天皇杯王者のヴィッセル神戸、そしてプレーオフを勝ち抜いたJリーグ2位のFC東京が参戦。鹿島アントラーズは惜しくもプレーオフで敗退となった。 新型コロナウイルスの影響もあり、中国勢との対戦日程が変更されるなど、色々なエクスキューズがある今大会。そんな中で、日本勢の先陣を切るのがFC東京だ。 ◆4年ぶりのACL <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20200211tokyo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FC東京は、昨シーズンの明治安田生命J1リーグで首位を走りながらも、シーズン後半に横浜FMの追い上げを受け、悲願のJ1タイトルを逃していた。 2位となり、プレーオフではセレス・ネグロス(フィリピン)と対戦。大雨に見舞われた中での試合を2-0と制し、本大会に出場することとなった。 グループには蔚山現代(韓国)、上海申花(中国)、パース・グローリー(オーストラリア)が同居する中で、まずはクラブ最高位と同じグループステージ突破が目標となる。 ◆新戦力のフィットがカギ プレーオフですでに今シーズンの公式戦を戦っているFC東京。そのプレーオフでは、昨シーズンのリーグ2位の立役者であるFW永井謙佑、FWディエゴ・オリヴェイラがメンバー外に。一方で、DFジョアン・オマリ、FWアダイウトン、FWレアンドロの新外国人が機能した。 今シーズンもリーグ優勝を目標に掲げながら、アジアの舞台でもしっかり戦いたいFC東京。そのためには、新戦力のフィットが大きなカギを握ることになる。 システムも[4-3-3]に変更して臨む今シーズンだが、準備期間が短いのも懸念点。新戦力と新システムの融合に関しては、シーズン序盤は様子見の状況が続くだろう。 それでも、ディエゴ・オリヴェイラやMF橋本拳人らが復帰。リーグ戦開幕前に迎えるACLでまずは良いスタートを切りたい。 ◆Kリーグ2位の蔚山現代 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20200211tokyo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対する蔚山現代は、昨シーズンのKリーグ1で2位に終わっている。さらに、リーグMVPを獲得したMFキム・ボギョンが優勝した全北現代モータースへ移籍。また、韓国代表GKキム・スンギュも柏レイソルへと完全移籍し、チームの核を失った。 しかし、FWイ・グノやDFパク・チュホらJリーグを経験しているベテランが残留。さらに、大邱FCの韓国代表GKチョ・ヒョヌ、鹿島アントラーズの韓国代表DFチョン・スンヒョン、アビスパ福岡のDFウォン・ドゥジェを獲得。また、AZからノルウェー代表FWビヨルン・ヨハンセンを獲得し、チームの強化を図っている。 ホームでの開幕戦となるだけに、ACLで優位に立つためには勝利を求めて激しいプレーを出してくるだろう。引き続き指揮を執るキム・ドフン監督が継続して指揮を執っており、チーム力は高いままと予想できる。 ★FC東京予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20200211tokyo_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:林彰洋 DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:高萩洋次郎、橋本拳人、三田啓貴 FW:レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン 監督:長谷川健太 ◆注目選手 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20200211tokyo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 注目選手は新加入のMFアダイウトンをピックアップしたい。 ジュビロ磐田では公式戦157試合43ゴール21アシストを記録していたアダイウトン。そのパワフルなプレースタイルは、今シーズンの初戦となったセレス・ネグロス戦でも健在だった。 大雨による劣悪なピッチコンディションにおいて、馬力を見せるとともに、高いテクニックも見せつけ、絶妙なループシュートでゴールを記録。FC東京での初ゴールを記録した。 レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラとのブラジル人トリオがいかに機能するかが今シーズンのFC東京のカギ。新システムが完全にフィットしている状況ではないが、このトリオの感覚でその穴を埋めていきたい。 久々のACL。アダイウトンにとっても初挑戦となるが、しっかりと相手の脅威になれるのか。ゴール、アシストでの活躍に期待したい。 2020.02.11 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国代表GKチョ・ヒョヌ、蔚山現代FCへ! 昨季限りで大邱FCを退団

蔚山現代FCは20日、昨シーズン限りで大邱FCを退団した韓国代表GKチョ・ヒョヌ(28)の加入を発表した。 チョ・ヒョヌは2013年に鮮文大学校からKリーグの大邱FCに入団した。1年目から主力として活躍し、昨シーズンも公式戦44試合に出場。2017年から3シーズン連続でKリーグベストイレブンに選出されている。 2017年にデビューを飾った韓国代表ではこれまで15試合に出場。2018年のロシア・ワールドカップでは3試合にフル出場し、第3戦のドイツ代表戦ではクリーンシートを達成したことで注目を集めた。 フリーでの蔚山現代への加入が決まったチョ・ヒョヌは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「蔚山に加入することができて嬉しい。昨シーズンは優勝を逃しているため、今シーズンは必ず目標を達成できるように最善を尽くしたい。また、これまで応援してくださった大邱ファンの皆さんにも感謝の言葉を伝えたい」 2020.01.20 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

半年でJ復帰のキム・スンギュ、タイトルに意欲「優勝も充分に」

蔚山現代FC(韓国)から柏レイソルへ加入した韓国代表GKキム・スンギュが、チームメイトに自信を持っているようだ。 2016年シーズンから今シーズン夏までヴィッセル神戸に在籍していたキム・スンギュは、今回の移籍について「新しいチームを選ぶ際、監督は非常に大きな要素になってくると思います。ネルシーニョ監督に関しては(神戸の時)一緒にやったことがありましたので。新しいチームになりますが、監督はわかっていて移籍するにあたり迷いはなかったです」と半年ぶりのJリーグ復帰に至った経緯を説明した。 対戦経験もある柏の印象について「以前にJ1で対戦した時も非常にやりづらい強い相手、手強い相手という印象がありました。去年からやってきたことを今年も引き続き継続できるのであれば、優勝も充分に狙えるチームなのではないかなと思います」。 また、それを成し遂げるための人材がいて、自身のタスクを遂行することを誓った。「自分がGKというポジションなので、 “失点をしない”“難しい時間帯を耐える”ことが非常に大事になってくると思います。それができるのであれば、我々のチームの前線には非常に能力の高い選手たちが揃っていますので仕事をしてくれると思います。なので、まずは自分の仕事をしっかりとやっていきたいと思います」とコメントしている。 そのキム・スンギュには熾烈なレギュラー争いが待ち受けている。新体制発表会の背番号発表時に退団の噂があったGK中村航輔の名前がコールされると会場は歓喜。絶対守護神としてJ1返り咲きに尽力した中村からゴールマウスを奪わなければならない。奇しくも、キム・スンギュは昨年12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権2019の最終節の韓国代表vs日本代表で中村と対峙。その試合は、キム・スンギュが無失点で抑え1-0で韓国が勝利している。キャンプやプレシーズンマッチなどでアピールを続け、ネルシーニョ監督のファーストチョイスになることはできるだろうか。開幕戦のゴール前に注目が集まる。 2020.01.15 04:45 Wed
twitterfacebook
thumb

J1復帰の柏、元神戸の韓国代表GKキム・スンギュを完全移籍加入合意を発表!

柏レイソルは10日、韓国の蔚山現代FCの韓国代表GKキム・スンギュ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 キム・スンギュは、2008年から蔚山現代でプレー。2015年にヴィッセル神戸へ完全移籍すると、3シーズン半在籍。明治安田生命J1リーグで107試合に出場していた。 2019年7月には古巣の蔚山現代へと復帰。Kリーグ1では16試合に出場していた。また、韓国代表としても48試合に出場。昨年1月のアジアカップや、12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権の日本戦でもプレーしていた。 なお、柏を率いるネルシーニョ監督とは神戸時代も仕事をしており、正守護神として起用していた。 2020.01.10 14:19 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング