ウズベキスタン代表

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ウズベキスタン代表 13 4 1 5 6 7 -1 10
基本データ

正式名称:ウズベキスタン代表

原語表記:Ozbekiston Respublikasi

ホームタウン:タシケント

チームカラー:青/白

関連ニュース
thumb

ウズベキスタン代表、クーペル監督解任でアブラモフ氏が7年ぶりの復帰!

ウズベキスタンサッカー連盟(UFF)は23日、エクトル・クーペル監督(63)の解任およびヴァディム・アブラモフ氏(57)の新監督就任を発表した。 2000年代初めにバレンシアやインテルを指揮した経験を持つクーペル監督は、エジプト代表監督を経て2018年8月にウズベキスタン代表監督に4年契約で就任。今年1月に行われたAFCアジアカップではベスト16進出とまずまずの戦績を残していた。 その一方で2022年カタール・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選ではパレスチナ代表相手に0-2の敗戦スタートとなっていた。 また、今回新監督就任が決定したアブラモフ氏は、アルメニア人指揮官のアブラモフ氏は2010年から2012年までウズベキスタン代表を率いた経験を持っており、7年ぶり2度目のウズベキスタン代表監督就任となる。 2019.09.24 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

前回王者オーストラリア、ウズベキスタンとのPK戦を制して薄氷の準々決勝進出!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16、オーストラリア代表vsウズベキスタン代表が21日に行われ、120分を0-0で終えた。そしてPK戦を4-2で制したオーストラリアが準々決勝へ進出している。 グループBを2位で通過したオーストラリアと、日本代表と同居したグループFを2位で通過したウズベキスタンの一戦。 ウズベキスタンがボールを持つ立ち上がりとなった中10分、ショムロドフが単騎突破から決定機を迎える。しかし、ボックス左まで侵入したショムロドフのシュートはGKにセーブされた。 対するオーストラリアは12分、ベヒッチのミドルシュートでGKを強襲するも、引き続きウズベキスタンがボールを持つ展開となると、28分にシディコフが際どいミドルシュートを浴びせた。ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにシュートに持ち込めず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、オーストラリアがボールを持つ展開で立ち上がった中、シュートに持ち込めずにいたことから68分に負傷明けのレッキーを投入。すると72分、そのレッキーがミドルシュートでゴールに迫ると、77分にも決定機。レッキーがドリブルでボックス右に侵入して放ったシュートが右ポストに直撃した。 しかし、90分では勝負がつかず、試合は延長戦にもつれ込んだ。その延長戦ではウズベキスタンがボールを持つ展開となったもののチャンスは生み出せずにPK戦へ。 そのPK戦ではオーストラリアGKライアンが2本のPKをストップして4-2で勝利。苦しみながらも前回王者が準々決勝へ進出している。 2019.01.22 01:43 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】ターンオーバーでの勝利は評価も課題が散見…逆転勝利のウズベキスタン戦

超WS有料版で実施した17日に行われたAFCアジアカップ2019グループF最終節のウズベキスタン代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 決勝トーナメント進出が既に決まっていた森保ジャパンは、大幅にメンバーを入れ替えて試合をスタート。すると、ウズベキスタンに先制を許してしまう展開になりましたが、FW武藤嘉紀のヘディング弾で追いつき、DF塩谷司のスーパーミドルで逆転に成功しました。無事に主力を休ませつつも1位でトーナメント進出を決めた日本。しかし、一方でプレーの精度を欠くシーンが散見され、その点が課題として挙げられています。 採点では失点に関与してしまったDF槙野智章が「4.4」で最低点に。また、得点を奪い切ることができなかったFW北川航也に「4.7」という厳しい評価が下されています。反対に、逆転弾を決めたDF塩谷司が最高点で「6.6」。また、FW武藤嘉紀が「6.3」で次点と結果を出した選手が順当に評価されています。 ◆ウズベキスタン戦のユーザー採点結果 GK シュミット・ダニエル 5.9 DF 室屋成 6.1 三浦弦太 4.8 槙野智章 4.4 佐々木翔 5.0 MF 伊東純也 6.3 青山敏弘 5.5 北川航也 4.7 →冨安健洋 - 塩谷司 6.6 乾貴士 5.4 →原口元気 - FW 武藤嘉紀 6.3 →遠藤航 - 監督 森保一 5.4 ◆皆様の声(一部) ・このメンバーで勝てたのは大きい! ・控え中心で勝ちきれたのは良かった。ただ、相変わらずパスミスが目立つのとセカンドボールが拾えていないのが気になる ・予選1位通過おめでとう! サブ組の力を証明できたと思う ・控え組での戦いだったが勝ったもののコンディションの差がこの中で明白に出た ・プレーの精度を上げて行って欲しい ・本当の闘いはこれから 2019.01.18 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

森保一監督「総合力を示し、難しい試合を制してくれた」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は17日、AFCアジアカップUAE 2019のグループF最終節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で逆転勝利した。日本代表を率いる森保一監督の試合後のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずはチームの目標としていたグループステージ全勝をし、首位で決勝トーナメント進出を果たすという目標を結果をもって示してくれたと思います。そして、この試合に関してもこの大会を総力戦で戦っていくということをチーム内で共有していましたが、ウズベキスタン相手に総合力を示し、難しい試合を制して勝利してくれたと思います」 ――今日の試合、落ち着いているなと感じたが、その要因は 「まずはチームとして難しい時間を継続して試合をこなした中、結果を出したことで今日の試合でも落ち着いてプレーできたと思います」 ――この試合はテストだったのか 「今日の試合はテストではありませんでした。チームとして総合力を持って臨みました。選手たちは強い志を持って戦ってくれました」 ――次の対戦相手はどちらが望ましいか 「カタールにしてもサウジアラビアにしても非常に強いチームですので、どちらと対戦したいというのはありません。どちらにしても我々は最善の準備をするだけです」 ――後半、伊東を使うことによってペースが掴めたように思うが 「前半から純也(伊東)は良いポジショニングを取ることができていました。なかなか効果的な攻撃を仕掛けることはできませんでしたが、継続することで後半に良い形が出たと思います」 ――今日の試合がグループステージの中で最も実力が拮抗した対戦相手だったと思うが勝因は 「続けてやっていくことが同点になり、逆転になりということで、1点取られた際にそこで下を向いて頭を止めて足を止めていたら、おそらく失点の直後に同点に追いつくことはできなかったと思いますし、時間帯にしても難しい戦いになっていたと思いますけれども、選手たちがしっかり顔を上げて次の戦いに気持ちを切り替えてやってくれたことが、継続してやってくれたことが後半の逆転につながったと思います」 ――スタメンを大幅に入れ替えたことについて 「選手たちが練習から非常に良いパフォーマンスをしていたので、できる限り全員の選手を使いたいと思っていました。この入れ替えをリスクと考えずにチームとして結果を出そうと考えていました。チームのコンディションも、試合勘も決勝トーナメントからさらに続く厳しい戦いに向けて、良い試合になったと思います」 2019.01.18 03:57 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本 2-1 ウズベキスタン《AFCアジアカップ2019》

日本代表は17日、AFCアジアカップUAE 2019のグループF最終節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190117_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 シュミット・ダニエル 6.0 終盤のミドルシュートを好守で凌いだ DF 3 室屋成 6.0 ピンポイントクロスから同点弾をアシスト。守備面も問題なし 2 三浦弦太 5.5 失点の場面ではあっさりかわされてしまったが、概ね対人の強さを見せていた 20 槙野智章 5.0 1失点目の場面ではショムロドフにあっさり裏を取られて失点に関与 4 佐々木翔 5.5 絞っての守備でクロスボールを撥ね返す。攻撃面もまずまず MF 14 伊東純也 6.0 縦への突破で違いを生んだ 17 青山敏弘 5.5 守備面でやや軽さを見せる局面があったものの、気の利いたパスを出していた 11 北川航也 5.0 1本枠内シュートを放ったが、2つの決定機を逸する。消えている時間も多かった (→冨安健洋 -) 18 塩谷司 6.5 球際の強さ、前線へのパスの供給と十分なパフォーマンス。そして圧巻の代表初ゴール 10 乾貴士 5.5 幾つか軽率なミスがあったが、ドリブルでアクセントを付け、シュートも意欲的に狙った (→原口元気 -) FW 13 武藤嘉紀 6.0 起点となるプレーがなかなかできなかったが、同点弾を決めて結果を残す (→遠藤航 -) 監督 森保一 6.0 メンバーを大幅に代えて首位通過を決めた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 塩谷司(日本) ホームグラウンドで見事なパフォーマンスを発揮。攻守に効いていた上、スーパーミドルを叩き込んだ。 日本 2-1 ウズベキスタン 【日本】 武藤嘉紀(前43) 塩谷司(後13) 【ウズベキスタン】 ショムロドフ(前40) 2019.01.18 00:25 Fri
twitterfacebook

順位表

得点ランキング