レンジャーズ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 レンジャーズ 9 2 3 1 8 6 2 6
基本データ

正式名称:グラスゴー・レンジャーズFC

原語表記:Rangers Football Club

愛称:The Gers

創立:1873年

ホームタウン:グラスゴー

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

114年ぶりの快挙!ジェラード監督率いるレンジャーズが開幕6試合連続クリーンシート達成

スティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズが、114年ぶりの偉業を達成した。 8月からスタートしているスコティッシュ・プレミアシップ。29日に第6節が行われ、レンジャーズはハミルトン・アカデミカルと対戦。0-2で勝利を収め、首位をキープした。 開幕から5勝1分けとしたレンジャーズだが、この間偉業を達成。開幕から6試合が経過し未だ無失点を継続するレンジャーズは、1906年のセルティックの記録に並んだとのこと。114年ぶりの快挙達成となった。 2019-20シーズンはシーズン途中で打ち切りとなったスコティッシュ・プレミアシップ。ジェラード監督の下、チーム再建を進めているが、今シーズンはこのままの勢いでセルティックの連覇を止め、リーグ制覇を成し遂げられるだろうか。 2020.08.30 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

レンジャーズを下したレバークーゼン、準々決勝はインテルと激突!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、レバークーゼンvsレンジャーズの2ndレグがバイ・アレーナで行われ、1-0で勝利したレバークーゼンが合計スコア4-1で準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響で3月の開催を最後に中断していたEL。当カードは、レンジャーズのホームに乗り込んだレバークーゼンが1-3で勝利した1stレグでストップ。それからおよそ5カ月ぶりの再開となった。 この間にレバークーゼンはブンデスリーガで5位となり来季のEL出場権を獲得。レンジャーズはスコティッシュ・プレミアシップが打ち切りとなり暫定順位の2位でフィニッシュ。そして早くも2020-21シーズンが開幕しており、第1節ではアバディーンに0-1で勝利している。 静かな立ち上がりとなった2ndレグ。ホームのレバークーゼンが主導権を握る中、初めてチャンスを迎えたのは16分のことだった。右サイドのクロスから、ボックス右のハフェルツがクロスバー直撃の強烈な左足のシュートを見舞う。23分にはパラシオスのスルーパスで飛び出したハフェルツが再びゴールに迫るが、ボックス左からのシュートは右に逸れた。 43分にもチャンスシーンを作ったレバークーゼンは後半開始早々の51分、アランギスのロングパスに反応したディアビがスピードを落とさない丁寧な胸トラップでボックスへ侵入。そのままゴールを陥れた。 これで合計スコアを4-1としたレバークーゼン。ベスト8進出が濃厚となった中、71分の相手のFKの場面では、ゴールドソンのヘディングシュートをタプソバがライン上でクリアするファインプレーで失点を回避。 その後は隙を与えない試合運びでクローズしたレバークーゼンが勝利を収め、インテルの待つベスト8進出を決めた。ここからは中立地ドイツでの一発勝負となる。 2020.08.07 04:01 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンMFアミリがEL2試合を欠場…コロナ陽性者と接触し現在は隔離措置に

レバークーゼンは4日、ドイツ代表MFナディエム・アミリがミッドウィークのゲームを欠場することを発表した。 ヨーロッパリーグ(EL)ベスト16・1stレグでレンジャーズに3-1で先勝したレバークーゼン。新型コロナウイルスの影響により約5カ月の中断を経て、6日に再開される2ndレグでレンジャーズをホームに迎える。 そんな中、クラブの発表によれば、アミリは先週の土曜日に新型コロナウイルスの陽性反応が確認された人物と短時間だが接触していたことが発覚。その後に実施した新型コロナウイルスの検査では陰性と判断されたが、クラブは念のためアミリを1週間に渡って隔離するとのことだ。 これにより、6日のレンジャーズ戦に加え、10~11日に開催が予定されている準々決勝のメンバーからも外れることとなった。なお、すでに準々決勝の抽選会は行われており、レバークーゼンが勝ち進んだ場合は、インテルとヘタフェの勝者と対戦する。 2020.08.05 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

3歳の愛息が白血病に…エバートンとイングランドのレジェンドがドナー登録を呼び掛け

エバートンとイングランド代表のレジェンドであるギャリー・スティーブンス氏(57)が、白血病を患っている3歳の息子のため、ドナー登録を呼び掛けている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スティーブンス氏は1980年代から1990年代にエバートン、グラスゴ・レンジャーズ、トランメア・ローヴァーズで活躍したイングランド代表の右サイドバック。 1986年のメキシコ大会、1990年のイタリア大会と2度のワールドカップに出場した名サイドバックは、エバートンで2度のリーグ制覇、レンジャーズで6度のリーグ制覇に貢献するなど、輝かしいキャリアの持ち主だ。 そのレジェンドは2011年にオーストラリアのパースに移住し、南アフリカ出身の妻ルイーズさんと、ジョシュア君(10)、オリヴァー君(6)、ジャック君(3)という3人の息子と穏やかな日々を過ごしていた。 しかし、今年5月に三男のジャック君が若年性骨髄球性白血病(JMML)という難病を患っていることが発覚。このJMMLは同種造血幹細胞移植(骨髄移植や臍帯血移植)といった治療を行わない限り、生存率がわずか5%という難病だ。 そして、スティーブンス氏は愛息の命を何とか救うため、多くの人々にドナー登録を呼びかけている。 「今、自分の人生がひどく儚いものに感じられています」 「初めて診断結果を知らされたときはあまりに衝撃的で受け入れることができませんでした。それでも、我々に事実を受け止める以外に選択肢はありませんでした。息子は現状を完全に理解しているわけではないですが、少しずつ状況を把握していると思います」 「ただ、現時点で息子は病院をホテルのように感じており、病院の方々は本当に素晴らしい対応をしてくれています」 現在、パース市内の病院で化学療法を受けているジャック君だが、JMMLを完治させるためには骨髄移植や臍帯血移植が必要となる。そして、スティーブンス氏は多くの人々に対して、切にドナー登録を呼びかけている。 「ジャックはこの8週間で20パイントもの輸血を受けています。だから、皆さんには献血をお願いしたいと思っています。同時に、幹細胞の登録をお願いします。それは献血とほぼ変わらず、手術の必要などはありません。それでも、ジャックのような治療を必要とする世界中の患者を助けることができるものです」 「そのドナー登録は世界中で活用が可能です。現時点で次男のオリヴァーがジャックが適合する可能性を持っています。ただ、幾つかの詳しい検査を必要としています。ただ、リストに載る数が多ければ多いほど、私たちの息子のような子供たちが助かるチャンスが増えます」 また、スティーブンス氏は先日からスタートした自身のチャリティーキャンペーンを支援してくれている人々への感謝を伝えている。 「現在、妻はジャックの世話のために仕事を辞め、私自身も理学療法士としての仕事を減らしている状況です。そのため、チャリティーキャンペーンをスタートしました。そして、その反響に驚いています」 「多くの方々から受け取った支援によって私たち家族の心は洗われているように感じています。ただ、もしマージーサイドやグラスゴーの方々がいなければ、これほどのことにはならなかったでしょう。その心遣いに心から感謝しています」 2020.07.28 19:22 Tue
twitterfacebook
thumb

リールが前線2選手の獲得に動く! レンジャーズの主砲&赤い悪魔退団の逸材MF

リールがグレートブリテン島方面から2選手の補強に動いているようだ。フランス『RMC sport』が報じている。 リールは今夏、元フランス代表FWロイク・レミ(33)の退団に加え、ナポリ移籍が迫るナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)、フランス代表MFジョナタン・イコネ(22)らに退団の噂が出ている。 そのため、今夏の移籍市場では昨夏同様に前線の大幅な刷新が見込まれており、すでにヘントのカナダ代表FWジョナサン・デイビッド(20)、レッドブル・ザルツブルクのザンビア代表FWパトソン・ダカ(21)、トルコ代表FWブラク・ユルマズ(35)らへの関心が取り沙汰されている。 さらに、『RMC sport』が伝えるところによれば、リールはグラスゴー・レンジャーズに所属するコロンビア代表FWアルフレド・モレロス(24)の獲得に動いているという。 個での打開力と決定力を併せ持つモレロスは、今シーズンの公式戦46試合で29ゴール10アシストを記録するなど、スコティッシュ・プレミアリーグ得点王に輝いた昨季に続いて好調を維持している。 そのレンジャーズのエースストライカーを狙うリールは、スポーツ・ディレクターを務めるルイス・カンポス氏が、直接話し合いを行った末に個人間での合意を取り付けた模様。ただ、クラブ間での交渉は開始されたばかりだという。 また、リールは今月初めにマンチェスター・ユナイテッドを退団したU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の獲得にも乗り出している模様だ。 一時、チェルシーやインテル行きの可能性が伝えられたアンヘル・ゴメスだが、ここ最近は去就に関する報道は少なくなっている。そういった状況の中でリールは、フリートランスファーで獲得可能な逸材MFへの関心を強めているという。 2020.07.28 14:09 Tue
twitterfacebook

順位表




得点ランキング