ストーク・シティ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ストーク・シティ 33 7 12 19 35 68 -33 38
基本データ

正式名称:ストーク・シティFC

原語表記:Stoke City Football Club

愛称:ポッターズ

創立:1863年

ホームタウン:ストーク・オン・トレント

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

GKからボールが一度も地面に触れることなく…クラウチが豪快ボレーシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏がストーク・シティ時代に決めたゴールだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJlYzd0NzNZayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 現役時代2メートル超えの長身を武器にターゲットマンとしての地位を確立していたクラウチ氏は、プレミアリーグでは7クラブを渡り歩き通算468試合108ゴール58アシストを記録。自身の代名詞であるロボットダンスを用いたゴールセレブレーションなど記憶に残る名選手だった。 ヘディングでのゴールイメージが強いクラウチ氏だが、ストーク・シティ時代の2012年3月24日に行われたマンチェスター・シティ戦では、アクロバティックなゴールを決めている。 0-0で迎えた59分、GKアスミル・ベゴビッチの前線へのフィードがクラウチまで届くと、MFジャーメイン・ペナントへパス。ペナントが再びヘディングでクラウチに落とすと、クラウチは不格好な形で空中のボールをコントロールした。 このときクラウチはボックスかなり手前に位置し、ゴールに向かって真横を向いていたため、得点の匂いは全く感じられなかった。しかし次の瞬間、クラウチがノールックのまま右足一閃。美しい放物線を描いたボールは、元イングランド代表GKジョー・ハートが守るゴールネットに吸い込まれた。まさかのスーパーゴールにストークのホーム・ブリタニアスタジアムは大いに沸いた。 クラウチ本人のアクロバティックな動きもそうだが、注目すべきはその過程。GKベゴビッチのロングボールから、ボールは一度も地面に触れることなくゴールに吸い込まれ、ロングボール戦術で知られる当時のストーク監督、トニー・ピュリス氏のサッカーを象徴するようなゴールだった。 2020.06.11 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、指揮官に陽性反応出たストークとの練習試合を土壇場で回避

指揮官に新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が出たストーク・シティの一件が、マンチェスター・ユナイテッドにも小さくない影響を与えたようだ。『ESPN』が伝えている。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するストークは9日午後、マイケル・オニール監督(50)にコロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSeEl6VmZvTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そして、この一件がプレミアリーグ再開に向けて調整を続けるユナイテッドにも影響を与えたようだ。 『ESPN』が伝えるところによれば、今月19日にトッテナムとのリーグ再開初戦を控えるユナイテッドは、9日にキャリントンのトレーニング施設内でストークとの練習試合をセッティング。 ストークの選手たちは幾つかのグループに分かれ、キャリントンに到着したものの、キックオフ前にオニール監督の陽性反応が確認されたことを受け、試合を行わずにそのまま帰途についた。 また、ユナイテッド関係者からの情報によると、ストークの選手たちは試合前にユナイテッドのアカデミーが使用するグラウンドでウォームアップなどを行っており、トップチームのグラウンドで調整していたユナイテッドの選手たちとの接触はなかったようだ。 なお、急きょ練習試合がキャンセルとなった中、ユナイテッドは紅白戦に切り替えて試合勘を養ったという。 今回、思わぬ形で実戦での調整機会を失ったユナイテッドは、今後WBAとの練習試合を戦った後、トッテナム戦に臨む予定だ。 2020.06.10 15:19 Wed
twitterfacebook
thumb

ストークのオニール監督が新型コロナウイルス感染、一定期間の隔離措置へ

ストーク・シティは9日、マイケル・オニール監督(50)が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が出たことを発表した。 クラブの発表によると、8日に行われたテストで陽性反応を示したとのこと。オニール監督は、これまで行われた5回のテストでは陰性であった。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMVWU5N3VldyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 今後は医療ガイダンスに従い、一定期間の隔離措置を取るという。 また、20日に行われるチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディング戦までは、アシスタントマネージャーのビリー・マッキンレー氏がトレーニングを指導するとのことだ。 ストークは現在降格圏から勝ち点差3の17位に位置。チャンピオンシップに残留するために向けて、再開後の戦いは正念場となる。 なお、イングランドではアーセナルのミケル・アルテタ監督が新型コロナウイルスに感染していた。 2020.06.10 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ギネス認定!GKベゴビッチが決めたサッカー史上最長ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は現在はミランに所属する元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチのセーブではなくゴールだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6RTRSQzExUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2013年11月2日のプレミアリーグ第10節で、当時ストーク・シティに在籍していたベゴビッチはサウサンプトン戦に先発出場した。 試合開始13秒、味方のバックパスを受けたベゴビッチは、自陣ゴール前から前方へ大きく蹴り出すと、ボールが敵陣深くでワンバウンド。目測を誤ったサウサンプトンの元ポーランド代表GKアルトゥール・ボルツの頭上を越えて直接ゴールへ吸い込まれた。 このゴールは、キック位置からゴールまでの距離が301フィートと6インチ(約91.9メートル)あり、「サッカーの世界最長得点」として、ギネス世界記録に登録されている。 2020.05.29 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ストーク、アイルランド代表MFマクレーンの不適切なSNS投稿受け懲戒処分! 罰金とアカウント削除を科す

チャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティは27日、自身の公式『インスタグラム』に不適切な投稿を行ったアイルランド代表MFジェームズ・マクレーンに対して懲戒処分を科した。 26日にイギリス『デイリー・メール』が報じたところによると、イギリスの外出禁止令にのとって家族と共に自宅待機中のマクレーンは『インスタグラム』のストーリーに物議を醸す投稿を行っていたという。 マクレーンが投稿した「歴史の授業」とキャプションが付いた画像には、アイルランド共和軍(IRA)を模したフェイスマスクを着用した同選手が、2人の子供たちに授業をしている様子が写されていた。 そして、以前からアイルランド民族主義を支持するマクレーンの暴力的なイメージを助長する今回の投稿に多くのユーザーから非難の声が上がっていた。 この事態を受けて、ストークはマクレーンに対して2週間分の給与を罰金とし、さらに『インスタグラム』の公式アカウントの削除を命じた。 また、不適切で攻撃的と断じられた投稿に対して、マクレーン本人は以下のように謝罪している。 「私自身にいかなる攻撃的な意図もありませんでしたが、最終的に今回の投稿がそういった印象を抱かせるものであったことを理解し、無条件に謝罪します。そして、クラブとの話し合いの結果、『インスタグラム』のアカウントを削除します」 なお、ストークは今回の処分および謝罪文の掲載をもって、今後本件に関するコメントは差し控えたいとの意向を明らかにしている。 <div id="cws_ad">◆目を疑う光景<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">James McClean courts controversy AGAIN by posting an image of his home school &#39;history lesson&#39; while wearing a balaclava to mimic the IRA... after being criticised for refusing to wear a poppy<br><br>Sacked in the morning? <a href="https://t.co/oJSOPjnRHk">pic.twitter.com/oJSOPjnRHk</a></p>&mdash; Instant Football (@InstantFootieUK) <a href="https://twitter.com/InstantFootieUK/status/1243244844404936705?ref_src=twsrc%5Etfw">March 26, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> 2020.03.28 13:30 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング