ギラシーのドルトムント入りがストップ、メディカルチェックで問題発生か

2024.07.11 12:40 Thu
セール・ギラシーのドルトムント入りに暗雲
Getty Images
セール・ギラシーのドルトムント入りに暗雲
ドルトムントのギニア代表FWセール・ギラシー(28)獲得は、突如として暗礁に乗り上げているようだ。

シュツットガルト所属のギラシーは、昨シーズンのブンデスリーガで26試合に出場し25ゴール2アシストと、並外れた成績を記録。チームの2位フィニッシュに大きく貢献しており、ビッグクラブから関心を集めていた。
そんな中で、獲得に接近したのがドルトムント。 契約解除条項である1750万ユーロ(約29.9億円)を支払うことで、残すはギラシーのメディカルチェックを残すのみという状況になっていた。

しかし10日、ドルトムントは公式X(旧ツイッター)にて、「ギラシーのメディカルチェック中、さらなる解明が必要な負傷が発見された」と説明。これにより、4年契約となる予定だったギラシーの加入はストップすることとなった。

ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、負傷箇所はヒザとのこと。現時点ではそこまで重いものではなく、医師からは保存療法でも対処できるとの意見があることから手術の必要はないようだ。
ただし、ドルトムントはさらに詳しい検査をしていく模様。契約は今週中にはまとまらない見込みとなっており、ギラシーは一度シュツットガルトへ戻る予定となっている。

セール・ギラシーの関連記事

ギニア代表FWセール・ギラシーがドルトムントへの移籍を決断した理由を明かしている。 2023-24シーズンのブンデスリーガ28試合で28ゴールを記録し、シュツットガルトの2位フィニッシュに大きく貢献したギラシーは、今夏にドルトムントへの移籍を決断。一時はメディカルチェックでヒザに問題が発覚し、移籍が頓挫する可能性があったが、自らヒザの専門医の検査を受けに行くなど、問題がないことを証明した。 18日にドルトムントへの移籍が正式発表されたギラシーは20日、YouTube『Le Club des 5』に出演。移籍を決断した理由を以下のように語った。 「僕がドルトムントを選んだ理由は、家族とともに慎重に考えた結果だ僕は安定性を重視していたんだ。ドルトムントは今でもドイツで2番目に大きなクラブだし、完璧な選択だったよ」 また、ドルトムントの本拠地であるシグナル・イドゥナ・パルクの雰囲気にも感銘を受けたようだ。 「対戦相手として、あの熱気に満ち溢れたスタジアムでプレーするのは、今年実際に経験したことだけど、90分間観客が後押ししてくるから、非常にやりにくいんだ。対戦相手として、あの熱気に満ち溢れたスタジアムでプレーするのは、今年実際に経験したことだけど、非常に難しかったよ。観客の後押しによってパフォーマンスが大きく向上する。そんなクラブでプレーすることは僕に夢を見させてくれるんだ」 2024.07.21 07:00 Sun
ドルトムントは18日、シュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によれば、約1800万ユーロ(約30億7500万円)の契約解除金を支払っての獲得となったという。 ギラシーはクラブのメディカルチェックでヒザに問題が発覚。移籍が頓挫する可能性があったが、自らヒザの専門医の検査を受けに行き、問題がないことを証明。手術の必要もなく、リハビリをすればシーズン開幕に間に合う見込みから契約となった。 ギラシーは、スタッド・ラヴァルの下部組織で育った中、2014年7月にファーストチームに昇格。2015年7月にはリールへと完全移籍した。 おセールへのレンタル移籍を経験すると、2016年7月にケルンへ完全移籍。アミアンへのレンタル移籍を経験。2020年8月にスタッド・レンヌへと完全移籍すると、2022年9月にシュツットガルトに完全移籍していた。 シュツットガルトでは58試合に出場し44ゴール5アシスト。2023-24シーズンはブンデスリーガで28試合28ゴールを記録し、チームの2位フィニッシュに大きく貢献していた。 ギラシーはクラブを通じて加入の喜びを語っている。 「サッカーに興味のある世界中の子供たちは皆、このクラブを知っており、黒と黄色のジャージを知っており、黄色の壁を知っている。新しいチームメイトのこと、このすべてにとても興奮している」 「そして、これを言うことが僕にとって重要だ『僕はタイトルを獲得するためにここに来た』それが僕の主張であり、動機だ。クラブは昨年、チャンピオンズリーグ決勝に進出することで、ドルトムントで何が可能であるかを示した」 2024.07.18 23:42 Thu
メディカルチェックで問題が生じたギニア代表FWセール・ギラシー(28)だが、ドルトムント行きが確実となったようだ。 シュツットガルト所属のギラシーは、昨シーズンのブンデスリーガで26試合25ゴール2アシストと、特筆した成績を記録してチームの2位フィニッシュに大きく貢献。今夏の移籍市場では注目銘柄となり、本人もステップアップを希望していたことから移籍は確実視されていた。 そんな中で、ドルトムントが契約解除条項である1750万ユーロ(約29.9億円)の支払いを決断。残すはメディカルチェックのみの状況となっていたが、そこでヒザの負傷が確認されたことで交渉ストップの状態となっていた。 移籍を望むギラシーはフランスにてヒザの専門医の診察を受け、手術は回避できるというお墨付きを得たとの報道も。ドルトムントの決断が注目されていたが、ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとクラブ側も獲得にGOサインを出したとのことだ。 正式契約は18日の予定。負傷により数週間の離脱を余儀なくされるものの、その後にチームへ合流する見込みと報じられている。 2024.07.17 13:40 Wed
今夏の移籍市場でドルトムントへの移籍が噂されているシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)。メディカルチェックの問題で破談になる可能性が報じられていた。 2023年7月にスタッド・レンヌからシュツットガルトに完全移籍で加入したギラシーは、2023-24シーズンのブンデスリーガで28試合に出場し28ゴールを記録した。 その活躍もあり、ドルトムントが獲得を目指したが、ヒザに問題が発覚。移籍間近と見られた中で、外側じん帯損傷という問題が発生していた。しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、問題は解消される可能性があるようだ。 『スカイ・スポーツ』によると、ギラシーはフランスにてヒザの専門医の診察を受けたとのこと。結果は良好であり、深刻な状態ではないという。 ドクターによると、ギラシーは手術の必要はないとのこと。2週間以内にトレーニングに戻れるという。4週間もあれば、ピッチでプレーも可能なようだ。 ただ、ギラシーはこの診察を非公開で行ったとのこと。ドルトムントへの移籍に関しては、メディカルチェックは再度行われるとのことだ。 専門医の診察結果もありながら、クラブが問題ないと判断すればギラシーの移籍は成立する状況。4年契約を結び、移籍金は1800万ユーロ(約31億円)程度が支払われることになるという。 2024.07.14 23:30 Sun
ミランがドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルク(31)の獲得に動き出したようだ。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)の退団により、センターフォワード補強を進めるミラン。アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)との交渉を進め、迎え入れられるかどうかは本人の決断次第となっている。 しかし、ミランはもう1人ストライカーを確保したい意向とのこと。イタリアの移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、フュルクルクを確保すべく最初の接触を図ったという。 メディカルチェックで問題が見つかったものの、ドルトムントはシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)との契約に着手。これを快く思っていないフュルクルクは退団を検討しているという。 一方、ドイツ『スカイ・スポーツ』のパトリック・ベルガー氏はディ・マルツィオ氏の報道を引用しつつ、具体的なことはまだ何も起きていないと主張。ドルトムントのヌリ・シャヒン新監督はユーロ2024に参戦していたフュルクルクと電話で良好なやり取りを交わし、ギラシーとの両立も頭にあるようだ。 フュルクルクは2023年夏にブレーメンからドルトムントへ移籍。加入1年目から公式戦46試合16ゴール10アシストの成績を残し、今回のユーロを含め、ドイツ代表でも存在感を放っている。 フュルクルクとドルトムントの契約は2026年6月まで。なお、ミランはローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)への関心も取り沙汰されている。 2024.07.14 14:23 Sun

記事をさがす

セール・ギラシーの人気記事ランキング

1

ミランがさらなるストライカー補強へ…ドルトムントのドイツ代表FWフュルクルクに接触か

ミランがドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルク(31)の獲得に動き出したようだ。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)の退団により、センターフォワード補強を進めるミラン。アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)との交渉を進め、迎え入れられるかどうかは本人の決断次第となっている。 しかし、ミランはもう1人ストライカーを確保したい意向とのこと。イタリアの移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、フュルクルクを確保すべく最初の接触を図ったという。 メディカルチェックで問題が見つかったものの、ドルトムントはシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)との契約に着手。これを快く思っていないフュルクルクは退団を検討しているという。 一方、ドイツ『スカイ・スポーツ』のパトリック・ベルガー氏はディ・マルツィオ氏の報道を引用しつつ、具体的なことはまだ何も起きていないと主張。ドルトムントのヌリ・シャヒン新監督はユーロ2024に参戦していたフュルクルクと電話で良好なやり取りを交わし、ギラシーとの両立も頭にあるようだ。 フュルクルクは2023年夏にブレーメンからドルトムントへ移籍。加入1年目から公式戦46試合16ゴール10アシストの成績を残し、今回のユーロを含め、ドイツ代表でも存在感を放っている。 フュルクルクとドルトムントの契約は2026年6月まで。なお、ミランはローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)への関心も取り沙汰されている。 2024.07.14 14:23 Sun
2

ヒザの問題発覚でドルトムント行きが暗礁に乗り上げたギラシー、自ら専門医の診察を受け重傷ではないと診断…再びクラブのチェックへ

今夏の移籍市場でドルトムントへの移籍が噂されているシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)。メディカルチェックの問題で破談になる可能性が報じられていた。 2023年7月にスタッド・レンヌからシュツットガルトに完全移籍で加入したギラシーは、2023-24シーズンのブンデスリーガで28試合に出場し28ゴールを記録した。 その活躍もあり、ドルトムントが獲得を目指したが、ヒザに問題が発覚。移籍間近と見られた中で、外側じん帯損傷という問題が発生していた。しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、問題は解消される可能性があるようだ。 『スカイ・スポーツ』によると、ギラシーはフランスにてヒザの専門医の診察を受けたとのこと。結果は良好であり、深刻な状態ではないという。 ドクターによると、ギラシーは手術の必要はないとのこと。2週間以内にトレーニングに戻れるという。4週間もあれば、ピッチでプレーも可能なようだ。 ただ、ギラシーはこの診察を非公開で行ったとのこと。ドルトムントへの移籍に関しては、メディカルチェックは再度行われるとのことだ。 専門医の診察結果もありながら、クラブが問題ないと判断すればギラシーの移籍は成立する状況。4年契約を結び、移籍金は1800万ユーロ(約31億円)程度が支払われることになるという。 2024.07.14 23:30 Sun
3

昨季CL準優勝のドルトムント、ブンデス28ゴールのFWギラシーをシュツットガルトから完全移籍で獲得「タイトルを獲得するためにここにきた」

ドルトムントは18日、シュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によれば、約1800万ユーロ(約30億7500万円)の契約解除金を支払っての獲得となったという。 ギラシーはクラブのメディカルチェックでヒザに問題が発覚。移籍が頓挫する可能性があったが、自らヒザの専門医の検査を受けに行き、問題がないことを証明。手術の必要もなく、リハビリをすればシーズン開幕に間に合う見込みから契約となった。 ギラシーは、スタッド・ラヴァルの下部組織で育った中、2014年7月にファーストチームに昇格。2015年7月にはリールへと完全移籍した。 おセールへのレンタル移籍を経験すると、2016年7月にケルンへ完全移籍。アミアンへのレンタル移籍を経験。2020年8月にスタッド・レンヌへと完全移籍すると、2022年9月にシュツットガルトに完全移籍していた。 シュツットガルトでは58試合に出場し44ゴール5アシスト。2023-24シーズンはブンデスリーガで28試合28ゴールを記録し、チームの2位フィニッシュに大きく貢献していた。 ギラシーはクラブを通じて加入の喜びを語っている。 「サッカーに興味のある世界中の子供たちは皆、このクラブを知っており、黒と黄色のジャージを知っており、黄色の壁を知っている。新しいチームメイトのこと、このすべてにとても興奮している」 「そして、これを言うことが僕にとって重要だ『僕はタイトルを獲得するためにここに来た』それが僕の主張であり、動機だ。クラブは昨年、チャンピオンズリーグ決勝に進出することで、ドルトムントで何が可能であるかを示した」 2024.07.18 23:42 Thu
4

シュツットガルト、新エースFW候補デミロビッチ獲得に前進! 今週末に交渉完了か

シュツットガルトが、アウグスブルクのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(26)の獲得に一歩前進したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ドルトムント移籍に向けたメディカルチェックで問題が発生したものの、ギニア代表FWセール・ギラシーの退団が既定路線となっているシュツットガルト。また、ブライトンから完全移籍での買い取りを目指すドイツ代表FWデニス・ウンダブの交渉も難航しており、前線の補強が急務となっている。 そういったなか、一時は高額な移籍金によって獲得が困難と思われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWの交渉に大きな進展がみられた。 報道によると、金額の詳細は明かされていないが、クラブ間の交渉で大筋合意に近づいており、今週末にも交渉が完了する見込みだという。また、シュツットガルト行きを望む選手はメディカルチェックの許可が下り次第、現地に向かう予定だという。 ハンブルガーSV、RBライプツィヒ、アラベスのBチームを渡り歩いたデミロビッチは、2018年7月にファーストチームへ昇格。その後はソショー、アルメリア、ザンクト・ガレンへの武者修行を繰り返し、2020年にフライブルクへ完全移籍。アウグスブルクには2022年夏にフリートランスファーで加入した。 185cmのストライカーは、昨シーズンのブンデスリーガで33試合15ゴール10アシストの数字を残し、シュツットガルトのセバスティアン・ヘーネス監督は予てよりギラシーの後釜として加入を熱望していた。 2024.07.12 23:35 Fri
5

メディカルチェックで問題発生も…ギラシーのドルトムント入りが正式決定か

メディカルチェックで問題が生じたギニア代表FWセール・ギラシー(28)だが、ドルトムント行きが確実となったようだ。 シュツットガルト所属のギラシーは、昨シーズンのブンデスリーガで26試合25ゴール2アシストと、特筆した成績を記録してチームの2位フィニッシュに大きく貢献。今夏の移籍市場では注目銘柄となり、本人もステップアップを希望していたことから移籍は確実視されていた。 そんな中で、ドルトムントが契約解除条項である1750万ユーロ(約29.9億円)の支払いを決断。残すはメディカルチェックのみの状況となっていたが、そこでヒザの負傷が確認されたことで交渉ストップの状態となっていた。 移籍を望むギラシーはフランスにてヒザの専門医の診察を受け、手術は回避できるというお墨付きを得たとの報道も。ドルトムントの決断が注目されていたが、ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとクラブ側も獲得にGOサインを出したとのことだ。 正式契約は18日の予定。負傷により数週間の離脱を余儀なくされるものの、その後にチームへ合流する見込みと報じられている。 2024.07.17 13:40 Wed

ドルトムントの人気記事ランキング

1

ベリンガムの靴下が穴だらけ…決して削られたわけではなく…

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムの足に注目が集まっているようだ。 2日のブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムを1-0で下したドルトムント。6日にはチャンピオンズリーグ(CL)グループG開幕節でデンマークチャンピオンのコペンハーゲンをホームに迎え、マルコ・ロイスのゴールなどで3-0と快勝を収めた。 いずれの2試合を含めて今季フル出場を続けているのがベリンガムだ。コペンハーゲン戦では終盤に追加点も挙げている。 そのベリンガムだが、靴下に穴が空いているとの指摘が上がっている。 ホッフェンハイム戦後にドルトムントのツイッターが投稿したロイスとの抱擁シーンでは、確かにソックスのふくらはぎ部分に多数の穴が空いていることが確認できる。いったい何故なのか。 イギリス『スポーツバイブル』によると、これは決して削られたわけではなく、意図的に切り込みを入れているとのことだ。 サッカー用のソックスは締め付けが強い。そのため、切れ目や穴を空けることでそれを緩和し、筋肉の緊張をほぐして痛みを防ぐことができるという。ケガの防止にも役立つとしている。 同メディアは、これまでにもネイマール(パリ・サンジェルマン)やブカヨ・サカ(アーセナル)、ガレス・ベイル(ロサンゼルスFC)、カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)らも同様に靴下へ細工を施していると、紹介している。 疲労がたまるはずの終盤でもクオリティを保つベリンガム。小さな工夫の一つ一つがプレーの質につながっているのだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】穴の開いたベリンガムの靴下</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Hug me brotha <a href="https://t.co/yYVtDMtYUB">pic.twitter.com/yYVtDMtYUB</a></p>&mdash; Borussia Dortmund (@BlackYellow) <a href="https://twitter.com/BlackYellow/status/1565781621890072579?ref_src=twsrc%5Etfw">September 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.07 20:45 Wed
2

1カ月前は110kg…“太り過ぎ”指摘のジューレが減量成功でお腹も凹む

ドルトムントのドイツ代表DFニクラス・ジューレが減量に成功した。 身長195cmの巨漢DF、ニクラス・ジューレ。 ドイツを代表するセンターバックの1人だが、パフォーマンスにはムラがあり、スピードはなく、アジリティに長けたアタッカーとの対峙は不得手とする。23-24シーズンの体重管理、フィットネスは見るからに万全ではなかった。 結果的に終盤戦はスタメン落ちが増え、チャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦、そして自国開催のユーロ2024に出られず。 そんなジューレだが、ドイツ『ビルト』によると、7月10日、新シーズンに向けてドルトムントの練習場へ帰ってきた姿は、約1カ月前のそれとは別人だったとのこと。 1カ月ほど前まで体重は110kg前後あったとされるなか、クラブから厳命を受け、休暇中にフィットネスコーチを伴ってのダイエットに精進。少なくとも8kg落としたのだという。 ドルトムントは今季より、アシスタントコーチのヌリ・シャヒン氏が新監督に内部昇格。ジューレはまず、新しいボスに好印象を与えることに成功したようだ。 <span class="paragraph-title">【比較写真】減量前のポッコリお腹のジューレと凹んだジューレ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="et" dir="ltr"> <a href="https://t.co/O5yY3hUuOu">pic.twitter.com/O5yY3hUuOu</a></p>&mdash; Extra Time Indonesia (@idextratime) <a href="https://twitter.com/idextratime/status/1791453097631551587?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">An die Arbeit! <a href="https://t.co/iKisD2HZNa">pic.twitter.com/iKisD2HZNa</a></p>&mdash; Borussia Dortmund (@BVB) <a href="https://twitter.com/BVB/status/1810962736681017624?ref_src=twsrc%5Etfw">July 10, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.11 15:12 Thu
3

ミランがさらなるストライカー補強へ…ドルトムントのドイツ代表FWフュルクルクに接触か

ミランがドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルク(31)の獲得に動き出したようだ。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)の退団により、センターフォワード補強を進めるミラン。アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)との交渉を進め、迎え入れられるかどうかは本人の決断次第となっている。 しかし、ミランはもう1人ストライカーを確保したい意向とのこと。イタリアの移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、フュルクルクを確保すべく最初の接触を図ったという。 メディカルチェックで問題が見つかったものの、ドルトムントはシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)との契約に着手。これを快く思っていないフュルクルクは退団を検討しているという。 一方、ドイツ『スカイ・スポーツ』のパトリック・ベルガー氏はディ・マルツィオ氏の報道を引用しつつ、具体的なことはまだ何も起きていないと主張。ドルトムントのヌリ・シャヒン新監督はユーロ2024に参戦していたフュルクルクと電話で良好なやり取りを交わし、ギラシーとの両立も頭にあるようだ。 フュルクルクは2023年夏にブレーメンからドルトムントへ移籍。加入1年目から公式戦46試合16ゴール10アシストの成績を残し、今回のユーロを含め、ドイツ代表でも存在感を放っている。 フュルクルクとドルトムントの契約は2026年6月まで。なお、ミランはローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)への関心も取り沙汰されている。 2024.07.14 14:23 Sun
4

SB補強ポイントのドルトムント、昨季ジローナ躍進支えた両翼に関心か

ドルトムントが、昨シーズンのジローナの大躍進を支えた両サイドバックの獲得に動いている。ドイツ『スカイ』が報じている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝チームのドルトムントだが、シーズンを通してはサイドバックの問題が顕著だった。ノルウェー代表DFユリアン・リエルソンは両サイドで安定したパフォーマンスを披露したが、それ以外は負傷などもあり期待外れのパフォーマンスに。また、今年1月にチェルシーからレンタル移籍で加入したオランダ代表DFイアン・マートセンは今夏の買い取りを目指したが、アストン・ビラに引き抜かれた。 ヌリ・シャヒン新監督を迎え、各ポジションのテコ入れを図る中、サイドバックではブラジル代表DFヤン・コウト(22)、スペイン代表DFミゲル・グティエレス(23)の2選手を補強候補に挙げている。 ウイングもこなす攻撃的な右サイドバックのコウトに関しては選手サイドとすでに交渉を行っており、選手本人はジグナル・イドゥナ・パルク行きに前向きな姿勢を示しているという。ただ、保有元のマンチェスター・シティとの交渉が必要となり、クラブは2000万~2500万ユーロ(約34億4000万~43億円)程度の金額での獲得を目指しているようだ。 一方、左サイドバックのターゲットとなるグティエレスは豊富な運動量とアスリート能力に加え、ウイングやインテリオールの役割もこなせる多才なプレースタイルの持ち主だ。コウト以上の人気株は買い戻し条項を有するレアル・マドリーが主導権を握っており、現時点ではより困難なオペレーションとなる。 報道によると、同選手に関しては個人間、クラブ間の双方で具体的な動きには発展しておらず、他の候補と並行しながらチャンスを窺う形となる。 2024.07.15 14:10 Mon
5

ユベントスがアデイェミ獲得に向けてドルトムントとの交渉へ…スーレの売却資金を活用か

ユベントスがドルトムントのU-21ドイツ代表FWカリム・アデイェミ(22)を狙っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 チアゴ・モッタ新監督の望む陣容を揃えるべく、積極的に選手を入れ替えているユベントス。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)にも移籍の可能性があるウイングは注目箇所の1つとなっている。 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)への関心が報じられたが、こちらは対立していたエリク・テン・ハグ監督と歩み寄り、ユナイテッドで練習に復帰。ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジュントリ氏は、レンタル実現に忍耐が必要と考え、移籍市場閉幕が近づく8月中旬に狙いを定めているという。 そんななかでポールポジションに立ったのがアデイェミ。レスター・シティやローマ、ウェストハムから関心のU-23アルゼンチン代表FWマティアス・スーレ(21)を売却することで得られる資金を用いるという。 すでに選手からは承認をもらい、ドルトムントとの交渉へ。チェルシーも関心を示すが、ドルトムントは3000万〜4000万ユーロ(約51億7000万〜69億円)+ボーナス以下のオファーには耳を傾けない模様だ。 また、ポルトのブラジル代表MFガレーノ(26)やポルトガル代表FWフランシスコ・コンセイソン(21)も候補に。しかし、この2人は金額の問題から代替案と考えられている。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利き快速アタッカーで、2022年夏にレッドブル・ザルツブルクからドルトムントへ移籍。初年度から主力の1人として活躍するも、2023-24シーズンは負傷もあり、ブンデスリーガで10試合の先発にとどまった。 なお、ユベントスはポーランド代表FWアルカディシュ・ミリク(30)も売却する可能性もあるが、モッタ監督はウイングを偽9番起用する準備を進めているとのこと。そのため、純粋なセンターフォワードの獲得には向かわず、セリエBに降格したサッスオーロのイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(29)もリストに残しているようだ。 2024.07.14 19:01 Sun

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly