J3昇格の立役者で元主将の宮崎DF代健司、福山シティFCへ期限付き移籍「熱いオファーをくれたクラブで戦いたいと…」

2024.07.08 18:50 Mon
宮崎DF代健司が福山シティFCへ
©︎J.LEAGUE
宮崎DF代健司が福山シティFCへ
テゲバジャーロ宮崎は8日、DF代健司(35)が福山シティFC(中国サッカーリーグ)へ期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2025年1月31日までで、この間の宮崎との公式戦には出場できない。

代は広島観音高校から福岡大学へと進学し、2011年に水戸ホーリーホックへ入団。その後は愛媛FC、レノファ山口FC、カターレ富山でプレーした。
富山で4シーズンを過ごした後、2020年に当時日本フットボールリーグ(JFL)を戦っていた宮崎に加入。JFLでベストイレブンに輝くなどチームをJ3昇格に導く活躍を見せた。

2021年以降も中心選手としてプレーを続けてきたが、キャプテンの座を退いて臨んだ今シーズンは出番が激減。J3で1試合、YBCルヴァンカップで1試合、天皇杯で1試合の出場にとどまっていた。

J3で18位につけるチームを離れ、中国サッカーリーグ3連覇へ向かう福山シティFCに移る代は、両クラブを通じて以下のコメントを残している。
◆福山シティFC
「福山シティFCに関わる皆様。はじめまして。この度テゲバジャーロ宮崎から加入した代健司です。久しぶりの広島の地で戦えることを楽しみにしています。福山シティFCのJFL昇格の為に全身全霊闘います! 必ず成し遂げましょう!」

◆テゲバジャーロ宮崎
「テゲバジャーロ宮崎を応援してくださる皆様、いつもありがとうございます。お知らせの通り、福山シティFCに期限付き移籍をすることとなりました。現在チームが苦しむ中、僕個人の事を優先してしまう事をお許しください」

「この年齢になっても必要としてくれ、熱いオファーをくれたクラブで戦いたいと移籍する事を決断しました。皆様との沢山の思い出を胸にしまい、新天地で頑張ってきます」

「これからのテゲバジャーロ宮崎の躍進と発展を願い応援しています! 皆様の前できちんとご挨拶できず、すみません。4年半どうもありがとうございました」

代健司の関連記事

Jリーグ移籍情報まとめ。2023年12月31日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">【<a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=456948&div=1">J2移籍情報</a> | <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=456948&div=2">J3移籍情報</a>】</div> <span class="paragraph-subtitle">【J1移籍情報】福岡の守備の要・DF奈良竜樹が契約延長</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/transfer20231231_tw1.jpg" alt="福岡の守備の要・DF奈良竜樹が契約延長" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:center;font-size:0.9em;">来季も福岡を引っ張る奈良竜樹/©︎超ワールドサッカー<hr></div> ◆横浜F・マリノス [IN] 《監督就任》 ハリー・キューウェル氏(45)←セルティック(スコットランド) ◆アルビレックス新潟 《契約更新》 FW谷口海斗(28) ◆アビスパ福岡 《契約更新》 DF奈良竜樹(30) <span class="paragraph-title">【J2移籍情報】甲府がキャプテン・関口正大と契約更新</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/transfer20231231_tw2.jpg" alt="甲府がキャプテン・関口正大と契約更新" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:center;font-size:0.9em;">ACLでも活躍を見せる関口正大/©超ワールドサッカー<hr></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad">【<a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=456948">J1移籍情報</a> | <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=456948&div=2">J3移籍情報</a>】</div> ◆ブラウブリッツ秋田 《契約更新》 DF才藤龍治(30) [OUT] 《完全移籍》 FW武颯(28)→FC大阪 ◆モンテディオ山形 《契約更新》 MF南秀仁(30) ◆水戸ホーリーホック 《契約更新》 DF楠本卓海(28) DF山田奈央(21) [IN] 《加入内定》 DF沖田空(21)←筑波大学(2025シーズン加入) ◆ザスパクサツ群馬 《契約更新》 GK櫛引政敏(30) [IN] 《完全移籍》 MF和田昌士(26)←いわてグルージャ盛岡 ◆ヴァンフォーレ甲府 《契約更新》 DF関口正大(25) MF荒木翔(28) ◆ツエーゲン金沢 《契約更新》 FW豊田陽平(38) [IN] 《完全移籍》 DF山本義道(28)←ジュビロ磐田/期限付き→完全 ◆ジュビロ磐田 [IN] 《完全移籍》 FWマテウス・ペイショット(28)←アトレチコ・ゴイアニエンセ(ブラジル) MFレオ・ゴメス(26)←ヴィトーリア(ブラジル) MFブルーノ・ジョゼ(25)←グアラニFC(ブラジル) FWウェベルトン(21)←ニューイングランド・レボリューションⅡ(アメリカ) [OUT] 《完全移籍》 DF山本義道(28)→ツエーゲン金沢/期限付き→完全 ◆徳島ヴォルティス 《契約更新》 DF内田航平(30) MF児玉駿斗(25) [OUT] 《期限付き移籍延長》 FWオリオラ・サンデー(20)→ヴァンラーレ八戸 <span class="paragraph-title">【J3移籍情報】J3MVPの松田力が愛媛と契約更新</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/transfer20231231_tw3.jpg" alt="J3MVPの松田力が愛媛と契約更新" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:center;font-size:0.9em;">今季のJ3MVPでチーム内得点王の松田力/©︎J.LEAGUE<hr></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad">【<a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=456948">J1移籍情報</a> | <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=456948&div=1">J2移籍情報</a>】</div> ◆ヴァンラーレ八戸 [IN] 《期限付き移籍延長》 FWオリオラ・サンデー(20)←徳島ヴォルティス ◆いわてグルージャ盛岡 《契約更新》 GK稲葉亜我志(24) [OUT] 《完全移籍》 MF和田昌士(26)→ザスパクサツ群馬 ◆Y.S.C.C.横浜 《契約更新》 MF菊谷篤資(26) GK佐川亮介(30) MF脇坂崚平(25) ◆松本山雅FC 《契約更新》 FW田中想来(19) MF村越凱光(22) MF山口一真(27) GK村山智彦(36) ◆アスルクラロ沼津 《契約更新》 MF菅井拓也(32) ◆FC大阪 [IN] 《完全移籍》 FW武颯(28)←ブラウブリッツ秋田 ◆愛媛FC 《契約更新》 FW松田力(32) DF山口竜弥(23) ◆テゲバジャーロ宮崎 《契約更新》 DF代健司(34) GK青木心(23) DF眞鍋旭輝(26) GK植田峻佑(35) FW北村知也(27) 2024.01.01 08:30 Mon
テゲバジャーロ宮崎は31日、5選手との契約更新を発表した。 今回契約更新を果たしたのは、DF代健司(34)、GK青木心(23)、DF眞鍋旭輝(26)、GK植田峻佑(35)、FW北村知也(27)の5名となる。 代は水戸ホーリーホックでキャリアをスタート。愛媛FC、レノファ山口FC、カターレ富山でプレーし、2020年から宮崎でプレーしている。 今シーズンは4年目を迎え、明治安田生命J3リーグで17試合、天皇杯で1試合に出場していた。 青木は順天堂大学から今シーズン宮崎に加入。J3で19試合に出場し、天皇杯でも1試合に出場していた。 眞鍋は桐蔭横浜大学から2020年に山口に加入。今シーズンから宮崎に完全移籍で加入した。 今シーズンはJ3で24試合、天皇杯で1試合に出場していた。 植田は福島ユナイテッドFC、鹿児島ユナイテッドFC、福井ユナイテッドFCでプレー。2020年から宮崎に完全移籍で加入した。 今シーズンは4年目を迎え、J3で15試合、天皇杯で1試合に出場した。 北村はロアッソ熊本から2022年に完全移籍で加入。今シーズンはJ3で29試合2得点、天皇杯で2試合1得点を記録していた。 5選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF代健司 「スポンサーの皆様、ファンサポーターの皆様日頃よりテゲバジャーロ宮崎にご支援ご声援頂きありがとうございます。2024シーズンもテゲバジャーロ宮崎のユニフォームを着て闘えることを大変嬉しく思います」 「2023シーズンは悔しく、情けないシーズンとなってしまい皆様を笑顔にすることができず申し訳ありません。新シーズンこそは強いテゲバを取り戻し、最後まで戦い抜く。「ひたむきに」「貪欲に」「がむしゃらに」勝利を目指し、「どんな時も前向きに」感謝の気持ちを忘れずテゲバの為に闘います!」 「2024シーズンもともに闘いましょう!よろしくお願いします。みなさん良いお年を」 ◆GK青木心 「来シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせてもらうことになりました。今シーズンの悔しい思いを晴らせるよう、日々のトレーニングから全力で取り組み、より多くの勝利を、感動を届けられるよう日々精進していきます。来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 ◆DF眞鍋旭輝 「来年こそはチームとしても個人としても結果にこだわり闘います。皆さんと共にスタジアムで喜びあいましょう!!応援よろしくお願いします!!」 ◆GK植田峻佑 「日頃からご支援頂いてるスポンサー、ファン、サポーターの皆さん2023シーズンも応援して頂きありがとうございました。この度2024シーズンも皆さんと一緒に戦わせて頂けることになりました」 「皆さんと一緒にテゲバの歴史を作っていけることを嬉しく思います。来シーズンこそはチームが掲げる目標を達成できるよう自分の持てる力を注いでいきます」 「来シーズンはスタジアムを歓喜の渦で包みましょう!スタジアムで皆さんに会えるのを楽しみにしてます!!良いお年をお迎えください」 ◆FW北村知也 「リリースの通り来シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただきます。大変お待たせしました!」 「今季はチーム個人共に目標を達成することができず不甲斐ない結果でした。そんな中でも変わらず熱い応援、温かい声掛けで支えてくださったファン・サポーターの方々には感謝の気持ちでいっぱいです」 「幸いな事に来シーズンもJという舞台で戦える事、今季達成できなかった目標を達成するチャンスだと思います。これまで支えてくださった方々に結果で恩返しできるように全身全霊で闘います」 「来シーズンもテゲバジャーロ宮崎を、そして北村知也をよろしくお願いします。それでは皆さま良いお年をお迎えください!!」 2023.12.31 21:05 Sun
テゲバジャーロ宮崎は23日、DF代健司の負傷を発表した。 代は19日の練習中に負傷したとのこと。検査の結果、左長内転筋肉離れと診断されたとのこと。全治は4週間だという。 代は今シーズンの明治安田生命J3リーグで16試合に出場していた。 今シーズンの宮崎は18位と低迷。残留まであと一歩というところまで来ている。 2023.10.23 13:35 Mon
テゲバジャーロ宮崎は9日、DF代健司(33)との契約更新を発表した。 代は広島観音高校から福岡大学へと進学。2011年に水戸ホーリーホックへと入団した。 水戸ではケガの影響などもありJ2で13試合、天皇杯で3試合1得点に終わると、2013年に愛媛FCへ完全移籍。2シーズン半を過ごしJ2で60試合1得点。天皇杯で4試合に出場。2015年途中にレノファ山口FCへ期限付き移籍すると、J3で17試合1得点を記録。2016年からはカターレ富山へ完全移籍した。 富山では4シーズンを過ごし、J3で96試合7得点、天皇杯で5試合に出場。2020年に当時JFLの宮崎に加入した。 JFLでベストイレブンに輝くなどチームをJ3昇格に導く活躍を見せると、2022シーズンはキャプテンに就任。シーズン中に左ハムストリングス肉離れ、右ヒザ外側側副じん帯損傷と負傷するも、明治安田生命J3リーグで29試合に出場した。 代はクラブを通じてコメントしている。 「あけましておめでとうございます。お待たせしてすみません。今回はどうしてもこのタイミングでリリースをしたかったので、クラブにお願いをし、待ってもらっていました。今シーズンもテゲバジャーロ宮崎の一員としてプレーさせていただきます!」 「昨シーズンは多くの苦楽を共にし、選手を後押しし続けて頂きありがとうございました!とても心強く、頼もしかったです。このクラブで皆さんと多くの笑顔を共にし、多くの喜びを感じたい。その為に今シーズン死に物狂いで戦います!」 「そして、昨シーズン共に闘い、旅立ってしまった友の言葉「どんな時も前向きに」を胸に感謝の気持ちを忘れず毎日全力で取り組んでいきます」 「今シーズンも共に熱く真摯に闘い、宮崎をサッカーで盛り上げましょう!皆さん、ぜひお知り合いの方をお誘いの上、スタジアムで共に勝利を喜び合いましょう!応援よろしくお願いします」 2023.01.09 09:49 Mon
テゲバジャーロ宮崎は27日、DF代健司の負傷を発表した。 クラブの発表によると、明治安田生命J3リーグ第17節の藤枝MYFCで負傷したとのことだ。検査の結果、代は右ヒザ外側側副じん帯損傷と診断。全治は約4週間の見込みとなっている。 2020年2月にカターレ富山から加入した代は、キャプテンとしてチームを牽引。今季は明治安田生命J3リーグで15試合に出場していた。 2022.07.27 16:24 Wed

テゲバジャーロ宮崎の関連記事

thumb 14日、明治安田J3リーグ第21節の3試合が各地で行われた。 ◇北九州 1-0 宮崎 18位・テゲバジャーロ宮崎はアウェイで11位・ギラヴァンツ北九州に敗れ、順位もステイ。GK清水羅偉を今季初めてゴールマウスに据えた守備で最少失点に抑えるも、ゴールを奪えなかった。 宮崎は6試合未勝利に。ひとつ下のカテゴリーであるJFLに目を向けると、「2025シーズンJ3クラブライセンス」の申請を開始したクラブが上位6チーム中5チームを占めており、宮崎としては、そろそろギアを上げねば最悪の結末も考えられる。 ◇松本 2-0 FC大阪 暫定13位・松本山雅FCはホームにリーグ最少失点の暫定7位・FC大阪を迎え入れ、24分に先制点。FW浅川隼人が今季9ゴール目となる右足シュートを流し込む。浅川は続けて34分にも今季10ゴール目となる追加点だ。 松本は浅川の2発を守り抜く形で2-0と勝利。今季3度目の連勝を目指す次節(20日)は、アウェイで北九州と対戦する。 ◇今治 3-0 金沢 勝ったほうはJ2リーグ昇格圏の2位へ浮上という、暫定6位・FC今治vs暫定5位・ツエーゲン金沢。上位対決はホーム今治の完勝だ。 26分に新井光のヘディング弾で先手を取ると、69分に新井のFKからマルクス・ヴィニシウスのヘディング弾。最後は75分、途中出場したウェズレイ・タンキの右足弾で締め括った。 上述の通り、勝利した今治は2位浮上。2試合連続の3ゴールでバッチリ2連勝だ。 ◆第21節 ▽7月14日(日) ギラヴァンツ北九州 1-0 テゲバジャーロ宮崎 松本山雅FC 2-0 FC大阪 FC今治 3-0 ツエーゲン金沢 ▽7月13日(土) ヴァンラーレ八戸 1-0 ガイナーレ鳥取 大宮アルディージャ 1-0 カマタマーレ讃岐 SC相模原 1-0 アスルクラロ沼津 Y.S.C.C.横浜 2-1 福島ユナイテッドFC AC長野パルセイロ 0-0 いわてグルージャ盛岡 カターレ富山 3-0 FC琉球 FC岐阜 1-1 奈良クラブ 2024.07.14 21:01 Sun
テゲバジャーロ宮崎は12日、FC今治からDF松本雄真(24)が期限付き移籍加入したと発表した。期間は2025年1月31日まで、今治との公式戦には出場不可となる。 千葉県出身の松本は尚志高校から新潟医療福祉大学へ進学し、カターレ富山での特別指定選手を経て2022年に富山へ正式加入。2023年に今治へ完全移籍した。 今治で2年目の今シーズンは、明治安田J3リーグで13試合に出場。天皇杯でも1試合プレーした。 同じJ3ながら残留争い中の宮崎へ移ることとなった松本は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「宮崎の皆様、こんにちは。FC今治から来ました松本雄真です。このようなチャンス、チャレンジの機会を与えてくださったテゲバジャーロ宮崎さんのために、自分の持っているもの全てを出し、勝利のために最後の1秒まで全力で戦い抜きます! 応援をよろしくお願いします!」 ◆FC今治 「このたび、テゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍することになりました。成長した姿を見せれるよう頑張ります。ありがとうございました」 2024.07.12 15:42 Fri
テゲバジャーロ宮崎は5日、FC大阪からDF江川慶城(24)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2025年1月31日まで。FC大阪と対戦する公式戦には出られない。 京都サンガF.C.でのプロ入りから、ブラジルでの武者修行を挟み、2021年から当時は日本フットボールリーグ(JFL)のいわきFCへ。今季からFC大阪入りし、明治安田J3リーグではここまで7試合に出場中だった。両クラブの公式サイトでそれぞれ次のようにコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「宮崎の皆さま、初めまして。FC大阪から加入することになりました江川慶城です。宮崎の勝利のために自分の今持てる全てを捧げたいと思います。共に勝利の喜びを分かち合えるよう一緒に戦ってください。応援をよろしくお願いします」 ◆FC大阪 「この度、テゲバジャーロ宮崎へ期限付き移籍することになりました。日頃からたくさんの熱い応援、本当にありがとうございました。宮崎に行っても自分らしくファイヤーし続けます。遠く離れた地に行くことになりますが、少しでも気にかけていただけると幸いです。これからも江川慶城の応援をよろしくお願いします」 2024.07.05 17:20 Fri
29日、明治安田J3リーグ第19節の8試合が全国各地で行われた。 この試合でシーズンを折り返すことになるJ3リーグ。首位の大宮アルディージャ(勝ち点43)はホームに最下位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点13)を迎えた。 勝ち点差が「30」と大きく差のある両者。まずは岩手がチャンス。4分、ボックス左でFKを獲得すると、クロスに深津康太が飛び込んで合わせるがゴールとはならない。 ホームの大宮は6分、右サイドのFKから泉柊椰のクロスを杉本健勇がボックス中央でヘッドで合わせたが、これは枠の左に外れる。 21分にも大宮がチャンス。ボックス手前で相手ボールを奪うと、アルトゥール・シルバのスルーパスをボックス内で茂木力也がシュートもサイドネット。29分には杉本のパスを受けた泉がボックス内からシュートも、左ポストに嫌われる。 岩手は36分、左CKからのクロスに深津が再び飛び込んで合わせたが、これはバウンドしすぎてゴールを越えていく。 ゴールレスで迎えた後半、大宮は49分に中野克哉がミドルシュートも枠外。58分に岩手はオタボー・ケネスが遠目から狙うが枠をとらえられない。 61分にはアルトゥール・シルバのボックス内右からのクロスを泉がバイシクルシュートで合わせたが、わずかに外れていく。 互いにゴールが遠いまま試合は引き分けかと思われたが85分、左サイドから浦上仁騎が左足でクロスを入れると、杉本がボックス内中央で打点の高いドンピシャヘッド。大宮がなんとかゴールをこじ開ける。すると89分にはクロスボールを小島幹敏、大澤朋也と繋ぎ、最後は藤井一志が巧みに相手をかわしてゴール。強さを見せた大宮が連勝、6戦無敗で首位ターンを決めた。対する岩手は連敗で最下位で折り返した。 2位のアスルクラロ沼津(勝ち点31)は、16位のY.S.C.C.横浜(勝ち点17)と対戦した。 首位の背中は遠いものの、自動昇格の2位をしっかりと守りたい沼津。まずは沼津がチャンス。FW和田育が積極的にゴールを狙っていく。 YS横浜は積極的にシュートを狙っていくと25分には橋本陸斗がドリブルで持ち出しボックス内からシュートもGK武者大夢がセーブ。35分にはスルーパスに抜けた藤島樹騎也が無人のゴールにシュートも、濱託巳がゴールに戻り頭でクリアしてゴールを許さない。 それでも44分、ボックス左で藤島がボールをキープすると、折り返しを菊谷篤資がダイレクトで蹴り込み先制に成功する。 YS横浜がリードした中、後半は沼津が盛り返すことに。66分には持井響太のパスを右サイドで森夢真がクロスも鈴木拳士郎のヘッドはGKがキャッチする。 88分には縦パスを受けた川又堅碁がボックス手前からシュートもGKがキャッチ。終了間際にはセッtプレーの流れから、折り返しを津久井匠海が詰めるが、西山峻太がブロック。YS横浜が連敗をストップし、今シーズンのホーム初勝利を記録。沼津は停滞一敗となった。 3位の福島ユナイテッドFC(勝ち点29)は、アウェイで12位のギラヴァンツ北九州(勝ち点23)と対戦し、11分にオウンゴールで先制するも、後半に藤原健介、高昇辰にゴールを奪われ、2-1で逆転負け。4位のFC大阪(勝ち点28)は18位のテゲバジャーロ宮崎(勝ち点18)と対戦し、前半に秋山拓也、久保吏久斗のゴールでリードすると後半も加点して4-1で勝利を収め3位に浮上。監督を解任し、シュタルフ悠紀監督の初陣となった5位のSC相模原(勝ち点28)は、11位のカターレ富山(勝ち点25)と対戦しゴールレスドローに終わった。 また、今節は9位の松本山雅FC(勝ち点26)と13位のAC長野パルセイロ(勝ち点23)の“長野ダービー”が開催。上位への足がかりにしたい両者の戦いは、57分に57'樋口大輝のゴールで松本が先制。対する長野は78分に杉井颯が同点ゴールを奪い、1-1のドローに終わった。 ◆明治安田J3リーグ第19節 ▽6/29(土) 松本山雅FC 1-1 AC長野パルセイロ FC大阪 4-1 テゲバジャーロ宮崎 奈良クラブ 2-2 ガイナーレ鳥取 Y.S.C.C.横浜 1-0 アスルクラロ沼津 カターレ富山 0-0 SC相模原 ギラヴァンツ北九州 2-1 福島ユナイテッドFC 大宮アルディージャ 2-0 いわてグルージャ盛岡 FC岐阜 1-2 ヴァンラーレ八戸 ▽6/30(日) 《18:00》 FC琉球 vs ツエーゲン金沢 FC今治 vs カマタマーレ讃岐 <span class="paragraph-title">【動画】2試合連続で土壇場でチームを救った大宮FW杉本健勇</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> を観るなら <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a>!<a href="https://t.co/gfOE3csFK8">https://t.co/gfOE3csFK8</a> <a href="https://t.co/2vHIrDCB4m">pic.twitter.com/2vHIrDCB4m</a></p>&mdash; 大宮アルディージャ (@Ardija_Official) <a href="https://twitter.com/Ardija_Official/status/1807018779119141317?ref_src=twsrc%5Etfw">June 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.29 21:28 Sat
テゲバジャーロ宮崎は25日、MF阿野真拓、MF安田虎士朗の負傷を発表した。 阿野は22日行われた明治安田J3リーグ第18節のカマタマーレ讃岐戦で負傷。検査の結果、左半膜様筋肉離れと診断。全治は4週間とのことだ。 安田は17日に検査を行い、左大腿直筋肉離れと診断。全治は6〜8週間とのことだ。 両選手ともに、医師、トレーナー陣、フィジオセラピストの指示を受けながら治療とリハビリテーションに専念し、早期復帰を目指していく。 阿野は東京ヴェルディから期限付き移籍で今季加入。J3で18試合に出場し1得点、YBCルヴァンカップでも1試合に出場していた。 安田はFC東京から育成型期限付き移籍で加入。J3で10試合に出場していた。 2024.06.25 21:25 Tue

J3の関連記事

カマタマーレ讃岐は15日、FW福井悠人の負傷を発表した。 クラブによると、福井は両足ジョーンズ骨折と診断されたとのこと。5日に手術を受けたという。 なお、復帰の予定は10月を見込んでいるとのことだ。 今シーズンの福井は明治安田J3リーグで2試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場していた。 2024.07.15 11:02 Mon
thumb 14日、明治安田J3リーグ第21節の3試合が各地で行われた。 ◇北九州 1-0 宮崎 18位・テゲバジャーロ宮崎はアウェイで11位・ギラヴァンツ北九州に敗れ、順位もステイ。GK清水羅偉を今季初めてゴールマウスに据えた守備で最少失点に抑えるも、ゴールを奪えなかった。 宮崎は6試合未勝利に。ひとつ下のカテゴリーであるJFLに目を向けると、「2025シーズンJ3クラブライセンス」の申請を開始したクラブが上位6チーム中5チームを占めており、宮崎としては、そろそろギアを上げねば最悪の結末も考えられる。 ◇松本 2-0 FC大阪 暫定13位・松本山雅FCはホームにリーグ最少失点の暫定7位・FC大阪を迎え入れ、24分に先制点。FW浅川隼人が今季9ゴール目となる右足シュートを流し込む。浅川は続けて34分にも今季10ゴール目となる追加点だ。 松本は浅川の2発を守り抜く形で2-0と勝利。今季3度目の連勝を目指す次節(20日)は、アウェイで北九州と対戦する。 ◇今治 3-0 金沢 勝ったほうはJ2リーグ昇格圏の2位へ浮上という、暫定6位・FC今治vs暫定5位・ツエーゲン金沢。上位対決はホーム今治の完勝だ。 26分に新井光のヘディング弾で先手を取ると、69分に新井のFKからマルクス・ヴィニシウスのヘディング弾。最後は75分、途中出場したウェズレイ・タンキの右足弾で締め括った。 上述の通り、勝利した今治は2位浮上。2試合連続の3ゴールでバッチリ2連勝だ。 ◆第21節 ▽7月14日(日) ギラヴァンツ北九州 1-0 テゲバジャーロ宮崎 松本山雅FC 2-0 FC大阪 FC今治 3-0 ツエーゲン金沢 ▽7月13日(土) ヴァンラーレ八戸 1-0 ガイナーレ鳥取 大宮アルディージャ 1-0 カマタマーレ讃岐 SC相模原 1-0 アスルクラロ沼津 Y.S.C.C.横浜 2-1 福島ユナイテッドFC AC長野パルセイロ 0-0 いわてグルージャ盛岡 カターレ富山 3-0 FC琉球 FC岐阜 1-1 奈良クラブ 2024.07.14 21:01 Sun
FC琉球は14日、DF高安孝幸の負傷を報告した。 高安は7日に行われた明治安田J3リーグ第20節のカマタマーレ讃岐戦で負傷。左ハムストリングの肉離れで、復帰まで約10週間の見込みとなっている。 琉球加入2年目の2024シーズンは、ここまでJ3で16試合に出場し、2得点を記録。YBCルヴァンカップでも2試合プレーしていた。 2024.07.14 12:27 Sun
thumb 6日、明治安田J3リーグ第21節の7試合が各地で行われた。 ◇八戸 1-0 鳥取 3連勝中の13位・ヴァンラーレ八戸はホームで17位・ガイナーレ鳥取に劇的勝利。 0-0で迎えた86分、素早いリスタートのスローインからクロスが上がり、ゴール前の混戦から最後は柴田壮介が左足シュート。相手に当たってコースが変わり、ネットへ吸い込まれた。 1-0で勝ち切った八戸は4連勝。4試合連続で最少得点差による勝利となり、ここ5試合でわずか1失点と堅守も冴えている印象だ。 ◇大宮 1-0 讃岐 首位独走の大宮アルディージャは、前節アスルクラロ沼津に敗れて今季2敗目を喫していたなか、ホームでカマタマーレ讃岐を1-0と撃破。 0-0で迎えた87分、右からのクロスに飛び込んだのはエース・杉本健勇。頼れる187cmのストライカーはジャンプで頭ひとつ抜け出し、懸命にヘディングシュートを流し込んだ。 後半ATに市原吏音の退場で数的不利となった大宮だが、杉本の1発が決勝点となり、ウノゼロで逃げ切り成功。沼津戦の黒星を払拭した。 ◇相模原 1-0 沼津 一方、前節大宮撃破の2位・アスルクラロ沼津は手痛い黒星。 アウェイで6位・SC相模原と対戦したなか76分、相模原のクロスが、対応した菅井拓也に当たってコースが変わり、直接ゴールへ吸い込まれるアンラッキーな被弾に。これが決勝点となって敗れ2位から転落、相模原が暫定2位に。 ◇YS横浜 2-1 福島 16位・Y.S.C.C.横浜は逆転勝利で3試合無敗に。ホームに9位・福島ユナイテッドFCを迎え、開始3分で先制されるも、13分の菊谷篤資弾、30分の藤原拓也弾で勝ち切った。 YS横浜は第15節〜18節にかけて4連敗も、19節の沼津撃破から、アウェイでの奈良クラブとのドローを挟み、2試合ぶりの勝利に。次節はアウェイで10試合未勝利の鳥取と対戦する。 ◆第21節 ▽7月13日(土) ヴァンラーレ八戸 1-0 ガイナーレ鳥取 大宮アルディージャ 1-0 カマタマーレ讃岐 SC相模原 1-0 アスルクラロ沼津 Y.S.C.C.横浜 2-1 福島ユナイテッドFC AC長野パルセイロ 0-0 いわてグルージャ盛岡 カターレ富山 3-0 FC琉球 FC岐阜 1-1 奈良クラブ ▽7月14日(日) [18:00] 松本山雅FC vs FC大阪 ギラヴァンツ北九州 vs テゲバジャーロ宮崎 [19:00] FC今治 vs ツエーゲン金沢 2024.07.13 21:10 Sat
Jリーグは12日、明治安田Jリーグの出場停止選手を発表した。 10日の天皇杯で一発退場となったアビスパ福岡DF井上聖也が11日に追加されていたなか、さらに1名が追加。アルビレックス新潟のMFダニーロ・ゴメスが2試合出場停止となった。 ダニーロ・ゴメスも天皇杯で一発退場。新潟はV・ファーレン長崎と対戦し、39分に足裏から相手GKと接触。チームは1-6の大敗を喫し、消化ができないためにリーグ戦で消化されることとなった。 【明治安田J1リーグ】 MF駒井善成(北海道コンサドーレ札幌) 第23節 vsヴィッセル神戸(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF石原広教(浦和レッズ) 第23節 vs京都サンガF.C.(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山田楓喜(東京ヴェルディ) 第23節 vsFC町田ゼルビア(7/14) 今回の停止:2試合停止(1/2) 第24節 vsアビスパ福岡(7/20) 今回の停止:2試合停止(2/2) MFダニーロ・ゴメス(アルビレックス新潟) 第23節vsFC東京(7/13) 今回の停止:他の大会での出場停止処分(1/2) 第24節vsセレッソ大阪(7/20) 今回の停止:他の大会での出場停止処分(2/2) DF舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟) 第23節 vsFC東京(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF井上聖也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:他の大会での出場停止処分 DF田代雅也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長沼洋一(サガン鳥栖) 第23節 vsガンバ大阪(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J2リーグ】 DF高田椋汰(ベガルタ仙台) 第24節 vs徳島ヴォルティス(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF神戸康輔(栃木SC) 第24節 vsファジアーノ岡山(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉) 第24節 vsロアッソ熊本(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山口卓己(鹿児島ユナイテッドFC) 第24節 vsザスパ群馬(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J3リーグ】 MF奥村晃司(Y.S.C.C.横浜) 第21節 vs福島ユナイテッド(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF碓井鉄平(AC長野パルセイロ) 第21節 vsいわてグルージャ盛岡(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF石田崚真(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF野澤陸(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 MF佐藤祐太(FC琉球) 第21節 vsカターレ富山(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2024.07.12 19:43 Fri

記事をさがす

代健司の人気記事ランキング

1

J3昇格の立役者で元主将の宮崎DF代健司、福山シティFCへ期限付き移籍「熱いオファーをくれたクラブで戦いたいと…」

テゲバジャーロ宮崎は8日、DF代健司(35)が福山シティFC(中国サッカーリーグ)へ期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2025年1月31日までで、この間の宮崎との公式戦には出場できない。 代は広島観音高校から福岡大学へと進学し、2011年に水戸ホーリーホックへ入団。その後は愛媛FC、レノファ山口FC、カターレ富山でプレーした。 富山で4シーズンを過ごした後、2020年に当時日本フットボールリーグ(JFL)を戦っていた宮崎に加入。JFLでベストイレブンに輝くなどチームをJ3昇格に導く活躍を見せた。 2021年以降も中心選手としてプレーを続けてきたが、キャプテンの座を退いて臨んだ今シーズンは出番が激減。J3で1試合、YBCルヴァンカップで1試合、天皇杯で1試合の出場にとどまっていた。 J3で18位につけるチームを離れ、中国サッカーリーグ3連覇へ向かう福山シティFCに移る代は、両クラブを通じて以下のコメントを残している。 ◆福山シティFC 「福山シティFCに関わる皆様。はじめまして。この度テゲバジャーロ宮崎から加入した代健司です。久しぶりの広島の地で戦えることを楽しみにしています。福山シティFCのJFL昇格の為に全身全霊闘います! 必ず成し遂げましょう!」 ◆テゲバジャーロ宮崎 「テゲバジャーロ宮崎を応援してくださる皆様、いつもありがとうございます。お知らせの通り、福山シティFCに期限付き移籍をすることとなりました。現在チームが苦しむ中、僕個人の事を優先してしまう事をお許しください」 「この年齢になっても必要としてくれ、熱いオファーをくれたクラブで戦いたいと移籍する事を決断しました。皆様との沢山の思い出を胸にしまい、新天地で頑張ってきます」 「これからのテゲバジャーロ宮崎の躍進と発展を願い応援しています! 皆様の前できちんとご挨拶できず、すみません。4年半どうもありがとうございました」 2024.07.08 18:50 Mon
2

宮崎がDF代健司、GK青木心、DF眞鍋旭輝、GK植田峻佑、FW北村知也の5選手と契約更新

テゲバジャーロ宮崎は31日、5選手との契約更新を発表した。 今回契約更新を果たしたのは、DF代健司(34)、GK青木心(23)、DF眞鍋旭輝(26)、GK植田峻佑(35)、FW北村知也(27)の5名となる。 代は水戸ホーリーホックでキャリアをスタート。愛媛FC、レノファ山口FC、カターレ富山でプレーし、2020年から宮崎でプレーしている。 今シーズンは4年目を迎え、明治安田生命J3リーグで17試合、天皇杯で1試合に出場していた。 青木は順天堂大学から今シーズン宮崎に加入。J3で19試合に出場し、天皇杯でも1試合に出場していた。 眞鍋は桐蔭横浜大学から2020年に山口に加入。今シーズンから宮崎に完全移籍で加入した。 今シーズンはJ3で24試合、天皇杯で1試合に出場していた。 植田は福島ユナイテッドFC、鹿児島ユナイテッドFC、福井ユナイテッドFCでプレー。2020年から宮崎に完全移籍で加入した。 今シーズンは4年目を迎え、J3で15試合、天皇杯で1試合に出場した。 北村はロアッソ熊本から2022年に完全移籍で加入。今シーズンはJ3で29試合2得点、天皇杯で2試合1得点を記録していた。 5選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF代健司 「スポンサーの皆様、ファンサポーターの皆様日頃よりテゲバジャーロ宮崎にご支援ご声援頂きありがとうございます。2024シーズンもテゲバジャーロ宮崎のユニフォームを着て闘えることを大変嬉しく思います」 「2023シーズンは悔しく、情けないシーズンとなってしまい皆様を笑顔にすることができず申し訳ありません。新シーズンこそは強いテゲバを取り戻し、最後まで戦い抜く。「ひたむきに」「貪欲に」「がむしゃらに」勝利を目指し、「どんな時も前向きに」感謝の気持ちを忘れずテゲバの為に闘います!」 「2024シーズンもともに闘いましょう!よろしくお願いします。みなさん良いお年を」 ◆GK青木心 「来シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせてもらうことになりました。今シーズンの悔しい思いを晴らせるよう、日々のトレーニングから全力で取り組み、より多くの勝利を、感動を届けられるよう日々精進していきます。来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 ◆DF眞鍋旭輝 「来年こそはチームとしても個人としても結果にこだわり闘います。皆さんと共にスタジアムで喜びあいましょう!!応援よろしくお願いします!!」 ◆GK植田峻佑 「日頃からご支援頂いてるスポンサー、ファン、サポーターの皆さん2023シーズンも応援して頂きありがとうございました。この度2024シーズンも皆さんと一緒に戦わせて頂けることになりました」 「皆さんと一緒にテゲバの歴史を作っていけることを嬉しく思います。来シーズンこそはチームが掲げる目標を達成できるよう自分の持てる力を注いでいきます」 「来シーズンはスタジアムを歓喜の渦で包みましょう!スタジアムで皆さんに会えるのを楽しみにしてます!!良いお年をお迎えください」 ◆FW北村知也 「リリースの通り来シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただきます。大変お待たせしました!」 「今季はチーム個人共に目標を達成することができず不甲斐ない結果でした。そんな中でも変わらず熱い応援、温かい声掛けで支えてくださったファン・サポーターの方々には感謝の気持ちでいっぱいです」 「幸いな事に来シーズンもJという舞台で戦える事、今季達成できなかった目標を達成するチャンスだと思います。これまで支えてくださった方々に結果で恩返しできるように全身全霊で闘います」 「来シーズンもテゲバジャーロ宮崎を、そして北村知也をよろしくお願いします。それでは皆さま良いお年をお迎えください!!」 2023.12.31 21:05 Sun
3

宮崎の主将、DF代健司が右ヒザ外側側副じん帯を負傷…全治約4週間

テゲバジャーロ宮崎は27日、DF代健司の負傷を発表した。 クラブの発表によると、明治安田生命J3リーグ第17節の藤枝MYFCで負傷したとのことだ。検査の結果、代は右ヒザ外側側副じん帯損傷と診断。全治は約4週間の見込みとなっている。 2020年2月にカターレ富山から加入した代は、キャプテンとしてチームを牽引。今季は明治安田生命J3リーグで15試合に出場していた。 2022.07.27 16:24 Wed
4

宮崎がキャプテンDF代健司と契約更新「死に物狂いで戦います!」

テゲバジャーロ宮崎は9日、DF代健司(33)との契約更新を発表した。 代は広島観音高校から福岡大学へと進学。2011年に水戸ホーリーホックへと入団した。 水戸ではケガの影響などもありJ2で13試合、天皇杯で3試合1得点に終わると、2013年に愛媛FCへ完全移籍。2シーズン半を過ごしJ2で60試合1得点。天皇杯で4試合に出場。2015年途中にレノファ山口FCへ期限付き移籍すると、J3で17試合1得点を記録。2016年からはカターレ富山へ完全移籍した。 富山では4シーズンを過ごし、J3で96試合7得点、天皇杯で5試合に出場。2020年に当時JFLの宮崎に加入した。 JFLでベストイレブンに輝くなどチームをJ3昇格に導く活躍を見せると、2022シーズンはキャプテンに就任。シーズン中に左ハムストリングス肉離れ、右ヒザ外側側副じん帯損傷と負傷するも、明治安田生命J3リーグで29試合に出場した。 代はクラブを通じてコメントしている。 「あけましておめでとうございます。お待たせしてすみません。今回はどうしてもこのタイミングでリリースをしたかったので、クラブにお願いをし、待ってもらっていました。今シーズンもテゲバジャーロ宮崎の一員としてプレーさせていただきます!」 「昨シーズンは多くの苦楽を共にし、選手を後押しし続けて頂きありがとうございました!とても心強く、頼もしかったです。このクラブで皆さんと多くの笑顔を共にし、多くの喜びを感じたい。その為に今シーズン死に物狂いで戦います!」 「そして、昨シーズン共に闘い、旅立ってしまった友の言葉「どんな時も前向きに」を胸に感謝の気持ちを忘れず毎日全力で取り組んでいきます」 「今シーズンも共に熱く真摯に闘い、宮崎をサッカーで盛り上げましょう!皆さん、ぜひお知り合いの方をお誘いの上、スタジアムで共に勝利を喜び合いましょう!応援よろしくお願いします」 2023.01.09 09:49 Mon

テゲバジャーロ宮崎の人気記事ランキング

1

U-23代表FW内野航太郎擁する筑波大がJ1首位町田に勝利! 2回戦全32試合結果一覧【天皇杯】

12日、第104回天皇杯の2回戦32試合が全国各地で行われた。 天皇杯はこの2回戦からJ1勢も登場。したがって、都道府県大会を勝ち抜き、1回戦も突破した社会人チーム、大学生チームによる“ジャイキリ”が発生しやすいのが、この2回戦。 昨年大躍進の高知ユナイテッドSC(JFL)がサガン鳥栖に敗れた一方、新潟県代表の北信越フットボールリーグ1部・JAPAN.S.C.(JAPANサッカーカレッジ)が名古屋グランパスを撃破し、“ジャイキリ”を完成させた。 また、J1首位のFC町田ゼルビアが、筑波大学に敗れていきなり敗退。1-0で迎えた最終盤、筑波大のU-23日本代表FW内野航太郎に90+1分弾を浴びて追いつかれ、最後はPK戦の末に散った。 その他、下位カテゴリーと対戦したJ1勢、J2勢は概ね勝利で3回戦へ。一方で、都道府県代表として参戦するJ3チームからは、テゲバジャーロ宮崎がジュビロ磐田に勝利している。 2回戦の結果一覧、3回戦の対戦カード一覧は以下の通り。 <span class="paragraph-subtitle">◆2回戦結果</span> 《18:30》 【28】 FC町田ゼルビア(J1) 1-1(PK2-4) 筑波大学(茨城県) 【37】 名古屋グランパス(J1) 0-1 JAPANサッカーカレッジ(新潟県) 【49】 サンフレッチェ広島(J1) 11-2 FCバレイン下関(山口県) 【52】 東京ヴェルディ(J1) 5-0 AC長野パルセイロ(長野県) 《19:00》 【25】 ヴィッセル神戸(J1) 2-0 カターレ富山(富山県) 【26】 徳島ヴォルティス(J2) 1-0 ベガルタ仙台(J2) 【27】 柏レイソル(J1) 2-0 いわてグルージャ盛岡(岩手県) 【29】 セレッソ大阪(J1) 3-1 ジェイリースFC(大分県) 【30】 ヴァンフォーレ甲府(J2) 2-0 Honda FC(アマチュアシード) 【31】 アルビレックス新潟(J1) 4-4(PK3-1) ギラヴァンツ北九州(福岡県) 【32】 V・ファーレン長崎(J2) 3-2 カマタマーレ讃岐(香川県) 【33】 鹿島アントラーズ(J1) 2-1 奈良クラブ(奈良県) 【34】 藤枝MYFC(J2) 2-0 栃木SC(J2) 【35】 サガン鳥栖(J1) 2-1 高知ユナイテッドSC(高知県) 【36】 横浜FC(J2) 2-1 ヴァンラーレ八戸(青森県) 【38】 ザスパ群馬(J2) 1-1(PK2-3) レノファ山口FC(J2) 【39】 京都サンガF.C.(J1) 2-0 大宮アルディージャ(埼玉県) 【40】 清水エスパルス(J2) 9-0 三菱重工長崎SC(長崎県) 【41】 横浜F・マリノス(J1) 2-2(PK5-4) FC岐阜(岐阜県) 【42】 ロアッソ熊本(J2) 1-2 水戸ホーリーホック(J2) 【43】 ガンバ大阪(J1) 3-0 福島ユナイテッドFC(福島県) 【44】 ジュビロ磐田(J1) 1-2 テゲバジャーロ宮崎(宮崎県) 【45】 川崎フロンターレ(J1) 2-0 ソニー仙台FC(宮城県) 【46】 大分トリニータ(J2) 1-0 鹿児島ユナイテッドFC(J2) 【47】 FC東京(J1) 3-0 ヴィアティン三重(三重県) 【48】 ジェフユナイテッド千葉(J2) 2-1 中京大学(愛知県) 【50】 ブラウブリッツ秋田(J2) 0-2 いわきFC(J2) 【51】 湘南ベルマーレ(J2) 3-1 甲南大学(兵庫県) 【53】 アビスパ福岡(J1) 8-0 福山シティFC(広島県) 【54】 ファジアーノ岡山(J2) 1-7 愛媛FC(J2) 【55】 北海道コンサドーレ札幌(J1) 3-1 栃木シティ(栃木県) 【56】 モンテディオ山形(J2) 3-2 SC相模原(神奈川県) <span class="paragraph-subtitle">◆3回戦</span> ▽7月10日(水) 【57】 ヴィッセル神戸 vs 徳島ヴォルティス 【58】 柏レイソル vs 筑波大学 【59】 セレッソ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府 【60】 アルビレックス新潟 vs V・ファーレン長崎 【61】 鹿島アントラーズ vs 藤枝MYFC 【62】 サガン鳥栖 vs 横浜FC 【63】 JAPANサッカーカレッジ vs レノファ山口FC 【64】 京都サンガF.C. Vs 清水エスパルス 【65】 横浜F・マリノス vs 水戸ホーリーホック 【66】 ガンバ大阪 vs テゲバジャーロ宮崎 【67】 川崎フロンターレ vs 大分トリニータ 【68】 FC東京 vs ジェフユナイテッド千葉 【69】 サンフレッチェ広島 vs いわきFC 【70】 湘南ベルマーレ vs 東京ヴェルディ 【71】 アビスパ福岡 vs 愛媛FC 【72】 北海道コンサドーレ札幌 vs モンテディオ山形 2024.06.12 22:05 Wed
2

FC大阪からDF江川慶城が宮崎へレンタル 「遠く離れた地に行くことになりますが…」

テゲバジャーロ宮崎は5日、FC大阪からDF江川慶城(24)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2025年1月31日まで。FC大阪と対戦する公式戦には出られない。 京都サンガF.C.でのプロ入りから、ブラジルでの武者修行を挟み、2021年から当時は日本フットボールリーグ(JFL)のいわきFCへ。今季からFC大阪入りし、明治安田J3リーグではここまで7試合に出場中だった。両クラブの公式サイトでそれぞれ次のようにコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「宮崎の皆さま、初めまして。FC大阪から加入することになりました江川慶城です。宮崎の勝利のために自分の今持てる全てを捧げたいと思います。共に勝利の喜びを分かち合えるよう一緒に戦ってください。応援をよろしくお願いします」 ◆FC大阪 「この度、テゲバジャーロ宮崎へ期限付き移籍することになりました。日頃からたくさんの熱い応援、本当にありがとうございました。宮崎に行っても自分らしくファイヤーし続けます。遠く離れた地に行くことになりますが、少しでも気にかけていただけると幸いです。これからも江川慶城の応援をよろしくお願いします」 2024.07.05 17:20 Fri
3

J3昇格の立役者で元主将の宮崎DF代健司、福山シティFCへ期限付き移籍「熱いオファーをくれたクラブで戦いたいと…」

テゲバジャーロ宮崎は8日、DF代健司(35)が福山シティFC(中国サッカーリーグ)へ期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2025年1月31日までで、この間の宮崎との公式戦には出場できない。 代は広島観音高校から福岡大学へと進学し、2011年に水戸ホーリーホックへ入団。その後は愛媛FC、レノファ山口FC、カターレ富山でプレーした。 富山で4シーズンを過ごした後、2020年に当時日本フットボールリーグ(JFL)を戦っていた宮崎に加入。JFLでベストイレブンに輝くなどチームをJ3昇格に導く活躍を見せた。 2021年以降も中心選手としてプレーを続けてきたが、キャプテンの座を退いて臨んだ今シーズンは出番が激減。J3で1試合、YBCルヴァンカップで1試合、天皇杯で1試合の出場にとどまっていた。 J3で18位につけるチームを離れ、中国サッカーリーグ3連覇へ向かう福山シティFCに移る代は、両クラブを通じて以下のコメントを残している。 ◆福山シティFC 「福山シティFCに関わる皆様。はじめまして。この度テゲバジャーロ宮崎から加入した代健司です。久しぶりの広島の地で戦えることを楽しみにしています。福山シティFCのJFL昇格の為に全身全霊闘います! 必ず成し遂げましょう!」 ◆テゲバジャーロ宮崎 「テゲバジャーロ宮崎を応援してくださる皆様、いつもありがとうございます。お知らせの通り、福山シティFCに期限付き移籍をすることとなりました。現在チームが苦しむ中、僕個人の事を優先してしまう事をお許しください」 「この年齢になっても必要としてくれ、熱いオファーをくれたクラブで戦いたいと移籍する事を決断しました。皆様との沢山の思い出を胸にしまい、新天地で頑張ってきます」 「これからのテゲバジャーロ宮崎の躍進と発展を願い応援しています! 皆様の前できちんとご挨拶できず、すみません。4年半どうもありがとうございました」 2024.07.08 18:50 Mon
thumb
4

首位独走中・大宮の連勝は「3」でストップ…2位沼津に4発大勝の松本は6位に浮上【明治安田J3第17節】

明治安田J3リーグ第17節の8試合が16日に各地で行われた。 3連勝中で首位独走の大宮アルディージャ(勝ち点39)は11位カターレ富山(勝ち点21)のホームに乗り込んだ。前半は両チーム共にチャンスを作り、特に富山の喜平翼がゴールまであと一歩に迫ったが、大宮守備陣の集中した守備に阻まれ、ハーフタイムを迎える。 後半も無得点のまま終盤まで推移すると、耐えていた大宮に待望の先制点。82分、アルトゥール・シルバがゴール左隅を射抜き、4試合連続ゴールを記録する。しかし、その6分後に碓井聖生がダイレクトシュートを突き刺して富山が同点。大宮は連勝が「3」でストップした。 2連勝中で2位につけるアスルクラロ沼津(勝ち点28)は、9位松本山雅FC(勝ち点23)とのアウェイゲーム。序盤から先手を取ったのは松本で、9分に左サイドのスローインの流れから樋口大輝がヘディングで先制点。5分後には浅川隼人がゴール前に詰めて追加点を奪う。 松本の2点リードで迎えた後半、開始直後に浅川が右クロスを押し込み、3点差とすると、78分には山口一真がダメ押し。2試合連続の4得点で2連勝とした松本は6位に浮上し、敗れた沼津は大宮との勝ち点差が「12」に広がった。 その他、3位FC琉球(勝ち点27)と6位福島ユナイテッドFC(勝ち点23)との上位対決は、2点を先行した福島に軍配が上がり、5位に上昇。5位SC相模原(勝ち点25)は10位FC今治(勝ち点23)に2-1で敗れ、勝利した今治は8位に順位を上げた。 ◆第17節 ▽6/16(日) ヴァンラーレ八戸 0-0 テゲバジャーロ宮崎 松本山雅FC 4-0 アスルクラロ沼津 カマタマーレ讃岐 0-1 ツエーゲン金沢 ギラヴァンツ北九州 2-1 奈良クラブ カターレ富山 1-1 大宮アルディージャ いわてグルージャ盛岡 3-2 AC長野パルセイロ FC今治 2-1 SC相模原 FC琉球 1-2 福島ユナイテッドFC ▽6/15(土) FC大阪 2-1 ガイナーレ鳥取 Y.S.C.C.横浜 1-2 FC岐阜 2024.06.16 21:17 Sun
5

首位・大宮は最下位・岩手に苦戦も杉本健勇の2戦連続決勝弾などで連勝し首位ターン! 2位沼津はYS横浜にホーム初勝利をプレゼント、3位福島、5位相模原も勝ち点落とす【明治安田J3第19節】

29日、明治安田J3リーグ第19節の8試合が全国各地で行われた。 この試合でシーズンを折り返すことになるJ3リーグ。首位の大宮アルディージャ(勝ち点43)はホームに最下位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点13)を迎えた。 勝ち点差が「30」と大きく差のある両者。まずは岩手がチャンス。4分、ボックス左でFKを獲得すると、クロスに深津康太が飛び込んで合わせるがゴールとはならない。 ホームの大宮は6分、右サイドのFKから泉柊椰のクロスを杉本健勇がボックス中央でヘッドで合わせたが、これは枠の左に外れる。 21分にも大宮がチャンス。ボックス手前で相手ボールを奪うと、アルトゥール・シルバのスルーパスをボックス内で茂木力也がシュートもサイドネット。29分には杉本のパスを受けた泉がボックス内からシュートも、左ポストに嫌われる。 岩手は36分、左CKからのクロスに深津が再び飛び込んで合わせたが、これはバウンドしすぎてゴールを越えていく。 ゴールレスで迎えた後半、大宮は49分に中野克哉がミドルシュートも枠外。58分に岩手はオタボー・ケネスが遠目から狙うが枠をとらえられない。 61分にはアルトゥール・シルバのボックス内右からのクロスを泉がバイシクルシュートで合わせたが、わずかに外れていく。 互いにゴールが遠いまま試合は引き分けかと思われたが85分、左サイドから浦上仁騎が左足でクロスを入れると、杉本がボックス内中央で打点の高いドンピシャヘッド。大宮がなんとかゴールをこじ開ける。すると89分にはクロスボールを小島幹敏、大澤朋也と繋ぎ、最後は藤井一志が巧みに相手をかわしてゴール。強さを見せた大宮が連勝、6戦無敗で首位ターンを決めた。対する岩手は連敗で最下位で折り返した。 2位のアスルクラロ沼津(勝ち点31)は、16位のY.S.C.C.横浜(勝ち点17)と対戦した。 首位の背中は遠いものの、自動昇格の2位をしっかりと守りたい沼津。まずは沼津がチャンス。FW和田育が積極的にゴールを狙っていく。 YS横浜は積極的にシュートを狙っていくと25分には橋本陸斗がドリブルで持ち出しボックス内からシュートもGK武者大夢がセーブ。35分にはスルーパスに抜けた藤島樹騎也が無人のゴールにシュートも、濱託巳がゴールに戻り頭でクリアしてゴールを許さない。 それでも44分、ボックス左で藤島がボールをキープすると、折り返しを菊谷篤資がダイレクトで蹴り込み先制に成功する。 YS横浜がリードした中、後半は沼津が盛り返すことに。66分には持井響太のパスを右サイドで森夢真がクロスも鈴木拳士郎のヘッドはGKがキャッチする。 88分には縦パスを受けた川又堅碁がボックス手前からシュートもGKがキャッチ。終了間際にはセッtプレーの流れから、折り返しを津久井匠海が詰めるが、西山峻太がブロック。YS横浜が連敗をストップし、今シーズンのホーム初勝利を記録。沼津は停滞一敗となった。 3位の福島ユナイテッドFC(勝ち点29)は、アウェイで12位のギラヴァンツ北九州(勝ち点23)と対戦し、11分にオウンゴールで先制するも、後半に藤原健介、高昇辰にゴールを奪われ、2-1で逆転負け。4位のFC大阪(勝ち点28)は18位のテゲバジャーロ宮崎(勝ち点18)と対戦し、前半に秋山拓也、久保吏久斗のゴールでリードすると後半も加点して4-1で勝利を収め3位に浮上。監督を解任し、シュタルフ悠紀監督の初陣となった5位のSC相模原(勝ち点28)は、11位のカターレ富山(勝ち点25)と対戦しゴールレスドローに終わった。 また、今節は9位の松本山雅FC(勝ち点26)と13位のAC長野パルセイロ(勝ち点23)の“長野ダービー”が開催。上位への足がかりにしたい両者の戦いは、57分に57'樋口大輝のゴールで松本が先制。対する長野は78分に杉井颯が同点ゴールを奪い、1-1のドローに終わった。 ◆明治安田J3リーグ第19節 ▽6/29(土) 松本山雅FC 1-1 AC長野パルセイロ FC大阪 4-1 テゲバジャーロ宮崎 奈良クラブ 2-2 ガイナーレ鳥取 Y.S.C.C.横浜 1-0 アスルクラロ沼津 カターレ富山 0-0 SC相模原 ギラヴァンツ北九州 2-1 福島ユナイテッドFC 大宮アルディージャ 2-0 いわてグルージャ盛岡 FC岐阜 1-2 ヴァンラーレ八戸 ▽6/30(日) 《18:00》 FC琉球 vs ツエーゲン金沢 FC今治 vs カマタマーレ讃岐 <span class="paragraph-title">【動画】2試合連続で土壇場でチームを救った大宮FW杉本健勇</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> を観るなら <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a>!<a href="https://t.co/gfOE3csFK8">https://t.co/gfOE3csFK8</a> <a href="https://t.co/2vHIrDCB4m">pic.twitter.com/2vHIrDCB4m</a></p>&mdash; 大宮アルディージャ (@Ardija_Official) <a href="https://twitter.com/Ardija_Official/status/1807018779119141317?ref_src=twsrc%5Etfw">June 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.29 21:28 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly