ユナイテッドが38歳のベテランGKヒートンと契約延長、ユーロ2024にはトレーニングGKとして帯同

2024.07.02 23:30 Tue
下部組織出身、38歳GKトム・ヒートン
Getty Images
下部組織出身、38歳GKトム・ヒートン
マンチェスター・ユナイテッドは2日、元イングランド代表GKトム・ヒートン(38)との契約延長を発表した。

ヒートンは1年間の延長を果たし、2025年夏までプレーすることとなる。
ユナイテッドのアカデミー育ちのヒートンは、2004年7月にファーストチームに昇格。スウィンドン・タウン、ロイヤル・アントワープ、カーディフ・シティ、QPR、ロッチデール、ウィコムと武者修行を繰り返した。

2010年7月にカーディフへと完全移籍。その後は、ブリストル・シティ、バーンリー、アストン・ビラでプレーし、2021年7月にユナイテッドへと復帰した。

復帰後は控えGKとなり、3シーズンでの出場は3試合のみ。2023-24シーズンはベンチ入りこそするも、1度も出番がないまま終わっていた。
しかし、ユーロ2024を戦うイングランド代表に招集。ガレス・サウスゲイト監督は、正式メンバーではなく、トレーニング相手のGKとしてヒートンを招集しており、ドイツに滞在している。

ヒートンはクラブとの契約延長についてコメントした。

「少年時代から所属していたクラブに引き続き所属できることを嬉しく思う」

「コンディションは今も良好で、これからのシーズンを通してチームが必要とするものは何でも提供できる準備ができている」

「ピッチ上だけでなく、次のステップに向けてピッチ外でも多くのことを学んでいる。それが何であれ」

「しかし、何よりもまず、昨シーズンの成功を基盤にチームを前進させたいと思っている」

トム・ヒートンの関連記事

イングランドサッカー協会(FA)は10日、ユーロ2024の代表チームにマンチェスター・ユナイテッドGKトム・ヒートンが加わると発表した。 2021年夏からユナイテッドに戻り、今季はアンドレ・オナナ、アルタイ・バユンドゥルに次ぐ3番手GKとして過ごしたヒートン。ユナイテッドで今季限りの契約を巡る話し合いが続くなか、ユーロ中の代表にトレーニングGKとして帯同する運びとなった。 2019年9月の招集を最後に遠ざかる代表にジョーダン・ピックフォード、アーロン・ラムズデール、ディーン・ヘンダーソンのサポート役として復帰の38歳GKは自身のXで「ガレス(・サウスゲイト)からチーム入りを頼まれ、すごく光栄」などと心境を綴った。 また、ガレス・サウスゲイト監督は「トムがドイツに行くのを同意してくれて本当に嬉しく思う」と述べ、期待を寄せている。 「経験上、こういう短期決戦ではマーティン・マーゲットソンのGKチームに多くの負担がかかる。トムはトレーニング場でジョーダン、アーロン、ディーンのサポート役を果たしてくれるはず」 「フィールドの外では我々の誰もがよく知るように、彼は我々が常に作ろうとしているポジティブな雰囲気をさらに高めてくれることだろう。マンチェスター・ユナイテッドに感謝の意を表する」 イングランドはグループステージでC組に組み込まれ、スロベニア代表、デンマーク代表、セルビア代表と対戦する。 2024.06.11 11:15 Tue
マンチェスター・ユナイテッドはブラジル代表FWアントニー(24)の売却も視野に入れているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 先日、サー・ジム・ラトクリフ氏が正式に共同オーナーとなり、改革へ動き出しているユナイテッド。ニューカッスルのスポーツ・ディレクター(SD)、ダン・アシュワース氏の招へいを進めている他、プレミアリーグの収益性と持続可能性に関する規則(PSR)を踏まえたスカッド刷新の可能性が報じられている。 退団が有力な選手としては、モロッコ代表MFソフィアン・アムラバトがフィオレンティーナへレンタルバック、元イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)や元オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(フランクフルト)、チュニジア代表MFハンニバル・メイブリ(セビージャ)といったレンタル移籍中の選手も放出する見通しだ。 さらに、フランス代表DFラファエル・ヴァランや元フランス代表FWアントニー・マルシャル、元イングランド代表GKトム・ヒートンは今シーズン限りで契約満了となり、2025年夏にはイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ、スウェーデン代表DFヴィクトル・リンデロフ、ウルグアイ代表MFファクンド・ペリストリ(グラナダにレンタル中)が契約満了を迎えることに。ブラジル代表MFカゼミロにはサウジアラビアからの熱烈なオファーがあり、ヘタフェにレンタル移籍中の元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドの去就にも夏に何らかの動きがあるとされている。 また、ユナイテッドは2022年夏に8600万ポンド(約164億1000万円)ほどでアヤックスから獲得したアントニーへのオファーも受け入れる模様。今シーズン序盤にDV疑惑も浮上したこのウインガーは、戦線復帰して以降もなかなか調子を上げられておらず、直近のフルアム戦では19歳のU-20イングランド代表FWオマリ・フォーソンが代わりに右ウイングで先発起用されていた。 なお、ユナイテッドが過去に2500万ポンド(約47億7000万円)以上で売却した選手は、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ベルギー代表FWロメル・ルカク、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ウェールズ代表FWダニエル・ジェームズの5名のみとのこと。はたして、ここにアントニーの名前が加わるのだろうか。 2024.02.27 14:42 Tue
故サー・ボビー・チャールトン氏の葬儀が執り行われた。 現役時代にマンチェスター・ユナイテッドのいち時代を築き、イングランド代表としても活躍したチャールトン氏が先月10月21日に86歳で死去。13日にマンチェスター大聖堂で葬儀が行われた。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、数千人が参列して最後の別れを惜み、ウィリアム皇太子やユナイテッド元監督のサー・アレックス・ファーガソン氏の姿もあった。 そユナイテッドの現役選手からもトム・ヒートン、ジョニー・エバンス、ハリー・マグワイア、ルーク・ショーが参列し、棺はオールド・トラッフォード前を通過して会場に辿り着いたという。 ファーガソン氏は参列後、イギリス『BBC』に「とても沈痛な出来事だった」と今も傷が癒えない様子をうかがわせながら葬儀を振り返り、チャールトン氏に改めて感謝した。 「スピーチした者たちは素晴らしく、特に彼の孫は立派だった。彼の祖父のような人物を前にして、立ち上がって話をするのは容易ではない」 「ボビー・チャールトンは謙虚で素晴らしい人だった。私がマンチェスター・ユナイテッドにいるのは間違いなくボビー・チャールトンのおかげだ」 <span class="paragraph-title">【動画】故・チャールトン氏が最後のオールド・トラッフォード訪問。ファンが追悼</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Sir Bobby Charlton&#39;s procession passes by the east stand to applause at Old Trafford <a href="https://t.co/ogqNFHGRgo">pic.twitter.com/ogqNFHGRgo</a></p>&mdash; Sky Sports News (@SkySportsNews) <a href="https://twitter.com/SkySportsNews/status/1724060972648706360?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.11.14 10:30 Tue
マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(26)のクリスタル・パレス行きが前進しているようだ。 ノッティンガム・フォレストからローンバックしたヘンダーソン。長らく高い壁だったダビド・デ・ヘアこそいなくなったが、新たにアンドレ・オナナがライバルとしてそびえ立ち、移籍が濃厚視される。 そんなヘンダーソンの去就はフォレストから一転してパレスが有力な移籍先に浮かぶ一方で、トム・ヒートンのケガも相まって、ユナイテッドが代役に目星をつけられるかどうかとの見立てだった。 だが、イギリス『The Athletic』によると、ユナイテッドがフェネルバフチェからトルコ代表GKアルタイ・バユンドゥル(25)を獲得する動きを進め、ヘンダーソンも移籍の扉が開かれたという。 ユナイテッドはバユンドゥルの獲得にあたり、選手が抱える背中の問題が懸念材料だったが、メディカルチェックで納得できる結果が得られたとのこと。移籍金は500万ユーロ(約7億9000万円)になるそうだ。 こうした背景から、ヘンダーソンもアドオン500万ポンド込みで最大移籍金2000万ポンド(約36億9000万円)でのパレス移籍が進んでいるようで、メディカルチェックを済ませた模様だ。 2023.08.30 15:55 Wed
マンチェスター・ユナイテッドにフェネルバフチェのトルコ代表GKアルタイ・バユンドゥル(25)を獲得する可能性が浮上している。 今夏に正GKをダビド・デ・ヘアからアンドレ・オナナにスイッチし、ディーン・ヘンダーソンとトム・ヒートンをバックアップメンバーに備えるユナイテッドのGK陣。ただ、ヘンダーソンは出番を求めて移籍を目指しているとされ、退団なら手薄になる。 そこでヘンダーソンの移籍に備えた動きが長らく取り沙汰されるが、バユンドゥルの獲得が具体化しているようだ。イギリス『The Athletic』によると、獲得するかどうかはヘンダーソンの去就次第だが、メディカルチェックを行ったという。 ギリシャを舞台にした仮のメディカルチェックはバユンドゥルが抱える背中の問題をはっきりさせるためのもののようだが、その結果次第でおよそ500万ユーロ(約7億8000万円)の移籍金で獲得するか、別の候補にシフトするかを決める模様だ。 一方で、ヘンダーソンの去就を巡っては現状、ノッティンガム・フォレストではなく、クリスタル・パレスが最も有力な移籍先に。ユナイテッドはオナナ、ヒートンに次ぐ3人目のトップチームGKを確保した場合に限り、移籍を認める方針とのことだ。 2019年7月からフェネルバフチェでプレーするバユンドゥルは198cmのサイズを誇り、通算145試合に出場の守護神。ユナイテッドが狙うバックアップGK候補にU-22日本代表GK鈴木彩艶が浮上したときから、バユンドゥルの名も取り沙汰されてきた。 2023.08.23 18:40 Wed

記事をさがす

トム・ヒートンの人気記事ランキング

1

スカッド刷新へ向かうユナイテッド、不調アントニーへのオファーも受け入れか

マンチェスター・ユナイテッドはブラジル代表FWアントニー(24)の売却も視野に入れているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 先日、サー・ジム・ラトクリフ氏が正式に共同オーナーとなり、改革へ動き出しているユナイテッド。ニューカッスルのスポーツ・ディレクター(SD)、ダン・アシュワース氏の招へいを進めている他、プレミアリーグの収益性と持続可能性に関する規則(PSR)を踏まえたスカッド刷新の可能性が報じられている。 退団が有力な選手としては、モロッコ代表MFソフィアン・アムラバトがフィオレンティーナへレンタルバック、元イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)や元オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(フランクフルト)、チュニジア代表MFハンニバル・メイブリ(セビージャ)といったレンタル移籍中の選手も放出する見通しだ。 さらに、フランス代表DFラファエル・ヴァランや元フランス代表FWアントニー・マルシャル、元イングランド代表GKトム・ヒートンは今シーズン限りで契約満了となり、2025年夏にはイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ、スウェーデン代表DFヴィクトル・リンデロフ、ウルグアイ代表MFファクンド・ペリストリ(グラナダにレンタル中)が契約満了を迎えることに。ブラジル代表MFカゼミロにはサウジアラビアからの熱烈なオファーがあり、ヘタフェにレンタル移籍中の元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドの去就にも夏に何らかの動きがあるとされている。 また、ユナイテッドは2022年夏に8600万ポンド(約164億1000万円)ほどでアヤックスから獲得したアントニーへのオファーも受け入れる模様。今シーズン序盤にDV疑惑も浮上したこのウインガーは、戦線復帰して以降もなかなか調子を上げられておらず、直近のフルアム戦では19歳のU-20イングランド代表FWオマリ・フォーソンが代わりに右ウイングで先発起用されていた。 なお、ユナイテッドが過去に2500万ポンド(約47億7000万円)以上で売却した選手は、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ベルギー代表FWロメル・ルカク、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ウェールズ代表FWダニエル・ジェームズの5名のみとのこと。はたして、ここにアントニーの名前が加わるのだろうか。 2024.02.27 14:42 Tue
2

守護神不在のユナイテッド、プレシーズンマッチ初戦は控えGKヒートンが先発予定

マンチェスター・ユナイテッドは、プレシーズンマッチ初戦に関して守護神が元イングランド代表GKトム・ヒートン(37)か若手選手になるようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 今夏はGKの人事に注目が集まっているユナイテッド。長らく守護神を務めてきた元スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(32)は6月末でクラブとの契約が満了し、現在フリーの状態。インテルの元カメルーン代表GKアンドレ・オナナ(27)や、フェイエノールトのオランダ代表GKユスティン・バイロウ(25)などへの関心が囁かれる中、デ・ヘアと新契約を結ぶのかどうかが争点となっている。 減俸を受け入れて新契約を結ぶつもりだったデ・ヘアに対し、さらなる減俸を求めたユナイテッドは、合意できるかどうかを確認するための直接交渉を予定しているとのこと。デ・ヘアは数日前に2010年からのパートナーであるエドゥルネ・ガルシアさんと挙式したばかりだが、交渉はすぐに再開されるという。 また、昨季ノッティンガム・フォレストにレンタル移籍していたイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(26)とも将来について話し合っている模様。ヘンダーソンは今週キャリントン(ユナイテッドの練習場)に戻ってきたが、フォレストは今夏の完全移籍を要求。ユナイテッドに残留するのか、退団するのかを決めることになるが、少なくとも今季のプランが明確になる前に売却される可能性は低いようだ。 この状況の中で直面するのが、13日にノルウェー・オスロで行われるリーズ・ユナイテッドとの親善試合。ヘンダーソンは1月に負った太もものケガから回復していないため、このリーズ戦には出場できず。20日から予定されているプレシーズンのアメリカツアーにも間に合うかどうか危惧されている。 そのため、現在起用できるトップチームのGKは控えのヒートンのみ。プレシーズントレーニングの開始時は、U-21チームのネイサン・ビショップ(23)、マチェイ・コバール(23)、ラデク・ヴィテク(19)がヒートンをサポートする形となり、リーズ戦はヒートンが先発出場する予定のようだ。 ユナイテッド下部組織出身でありながら、さまざまなクラブを渡り歩いたヒートンは、2021年夏にアストン・ビラからユナイテッドへ完全移籍。バーンリー時代にはイングランド代表のキャップを3つ獲得した頼れるベテランで、ユナイテッド復帰後は公式戦3試合に出場している。 2023.07.05 18:47 Wed
3

イングランドがユーロ予選に向けた招集メンバーを発表! 国籍変更のMFライスが初招集《ユーロ2020予選》

イングランドサッカー連盟(FA)は13日、今月行われるユーロ2020予選に向けた招集メンバー25名を発表した。 ガレス・サウスゲイト監督は、2019年最初の代表ウィークに向けてエースのFWハリー・ケイン(トッテナム)やFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、DFジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)ら主力を招集。 また、アイルランド代表として国際親善試合3試合に出場するも、イングランド代表へ国籍変更を行ったMFデクラン・ライス(ウェストハム)が初招集となった。その一方で、負傷中のFWダニー・ウェルベック(アーセナル)やMFジェシー・リンガード(マンチェスタ・ユナイテッド)、DFジョー・ゴメス(リバプール)ら一部主力選手がメンバー外となった。 ユーロ2020予選でチェコ代表やブルガリア代表とらが同居するグループAに属するイングランドは、22日にホームでチェコと、25日にアウェイでモンテネグロ代表と対戦する。今回発表された代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆イングランド代表メンバー25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ピックフォード</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">ジャック・バトランド</span>(ストーク・シティ) <span style="font-weight:700;">トム・ヒートン</span>(バーンリー) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ジェームズ・タルコウスキ</span>(バーンリー) <span style="font-weight:700;">マイケル・キーン</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">トレント・アレキサンダー=アーノルド</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ベン・チルウェル</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ハリー・マグワイア</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">キーラン・トリッピアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ダニー・ローズ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">カイル・ウォーカー</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ジョン・ストーンズ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ルーク・ショー</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">デクラン・ライス</span>(ウェストハム) <span style="font-weight:700;">ロス・バークリー</span>(チェルシー) <span style="font-weight:700;">ルベン・ロフタス=チーク</span>(チェルシー) <span style="font-weight:700;">ファビアン・デルフ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">デレ・アリ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">エリック・ダイアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ヘンダーソン</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ジェイドン・サンチョ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ラヒーム・スターリング</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">マーカス・ラッシュフォード</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">カラム・ウィルソン</span>(ボーンマス) 2019.03.14 00:01 Thu
4

ユナイテッドが38歳のベテランGKヒートンと契約延長、ユーロ2024にはトレーニングGKとして帯同

マンチェスター・ユナイテッドは2日、元イングランド代表GKトム・ヒートン(38)との契約延長を発表した。 ヒートンは1年間の延長を果たし、2025年夏までプレーすることとなる。 ユナイテッドのアカデミー育ちのヒートンは、2004年7月にファーストチームに昇格。スウィンドン・タウン、ロイヤル・アントワープ、カーディフ・シティ、QPR、ロッチデール、ウィコムと武者修行を繰り返した。 2010年7月にカーディフへと完全移籍。その後は、ブリストル・シティ、バーンリー、アストン・ビラでプレーし、2021年7月にユナイテッドへと復帰した。 復帰後は控えGKとなり、3シーズンでの出場は3試合のみ。2023-24シーズンはベンチ入りこそするも、1度も出番がないまま終わっていた。 しかし、ユーロ2024を戦うイングランド代表に招集。ガレス・サウスゲイト監督は、正式メンバーではなく、トレーニング相手のGKとしてヒートンを招集しており、ドイツに滞在している。 ヒートンはクラブとの契約延長についてコメントした。 「少年時代から所属していたクラブに引き続き所属できることを嬉しく思う」 「コンディションは今も良好で、これからのシーズンを通してチームが必要とするものは何でも提供できる準備ができている」 「ピッチ上だけでなく、次のステップに向けてピッチ外でも多くのことを学んでいる。それが何であれ」 「しかし、何よりもまず、昨シーズンの成功を基盤にチームを前進させたいと思っている」 2024.07.02 23:30 Tue
5

「彼らが注目」 鈴木彩艶を巡るユナイテッドの関心話に移籍専門記者ロマーノが切り込む!

浦和レッズのGK鈴木彩艶(20)に浮上するマンチェスター・ユナイテッドの関心話に移籍市場精通者のファブリツィオ・ロマーノ氏が切り込んだ。 ダビド・デ・ヘアとの契約がとうとう切れ、誰に守護神の役割を託すのかが注目どころのユナイテッド。ただ、ジャック・バトランドがすでに退団済みのなか、トム・ヒートンも移籍を目指しているといわれ、このままではGK陣のそもそもで駒不足に陥る可能性が浮上している。 ディーン・ヘンダーソンもレギュラーの確約がなければ戻るつもりがないとされ、正GKどころか、GK不足も問題として浮かぶなか、先日にユナイテッドが鈴木に関心と報じられて話題に。降って湧いたような話だったが、イタリア人記者の方でもその事実を確認したようだ。 「マンチェスター・ユナイテッドが2002年生まれの日本人GK、ザイオン・スズキに注目。彼は新たなバックアップGKのオプションの1人だ。まだ何も決まり事などないが、ユナイテッドに情報が入っている」 そんなロマーノ氏はまた、新たな正GK候補として獲得の動きが活発化するインテルのアンドレ・オナナにも触れ、「最優先は依然としてアンドレ・オナナの獲得。インテルとは交渉中であり、成立に5500万ユーロ(約85億6000万円)が必要だ」と主張している。 メイソン・マウントを射止めた今、ストライカーと守護神の獲得に注力するユナイテッド。あくまでオナナの獲得にフォーカスしているようだが、鈴木に関心を示しているのも確かなようだ。 2023.07.07 19:35 Fri

マンチェスター・ユナイテッドの人気記事ランキング

1

一転残留も?…サンチョがまさかのユナイテッド合流! テン・ハグ監督との会談で過去の問題に終止符か

今夏も去就揺れるイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)だが、マンチェスター・ユナイテッドのトレーニングに戻ったようだ。 昨季もユナイテッドでスタートしたサンチョだが、昨年9月上旬のアーセナル戦でメンバー外となり、そこからキャリアが暗転。その理由を「トレーニングでのパフォーマンス」と説明したエリク・テン・ハグ監督にSNSで反論すると、それからは干され、今年1月から古巣ドルトムントにローン移籍した。 そのドルトムントで公式戦21試合に出場して3得点3アシストの数字を残すとともに、チームとしてもチャンピオンズリーグ(CL)の決勝進出に貢献し、改めて力を示したが、ユナイテッドではテン・ハグ監督が新契約による続投が決定。サンチョに居場所なしといわれる。 したがって、この夏もさらなる移籍が予想され、最近では再レンタルを望むドルトムントに代わって、完全移籍で興味を示すユベントスが新天地に浮かぶが、イギリス『The Athletic』によると、対立が続いたテン・ハグ監督との間で歩み寄りの動きがあった模様だ。 アーセナル戦でのメンバー外を発端にした対立時は謝罪を拒否したとされるサンチョだが、今週にテン・ハグ監督と会談し、チームのトレーニング施設に復帰。練習にも合流したという。監督との話し合いでは過去の問題に終止符を打ち、前進することで合意したとされる。 そんなサンチョはドルトムントでのCL決勝出場による数日遅れの合流ということで、来週15日にノルウェーで行われるローゼンボリとのプレシーズンマッチに帯同しないものの、その後の遠征から加わっていくとみられる。 ユナイテッドが4000万ポンド(約82億円)と見積もり、売却に動くといわれるなか、関係修復に動いたテン・ハグ監督とサンチョ。ユナイテッドでのキャリア再開に向けた大きな動きだが、いかに。 なお、ユナイテッドもサンチョのトレーニング復帰を明らかに。10日のメディカルチェックを経て、翌日からグループの練習に参加しているという。 <span class="paragraph-title">【SNS】サンチョがユナイテッドの練習に復帰</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jadon has returned to United training at Carrington, as our pre-season work continues.<a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1811800288887755189?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 09:45 Sat
2

C・ロナウドが愛息の訃報から2日後に練習復帰 次節アーセナル戦で復帰か

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、20日にトレーニングに復帰したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 昨年10月にパートナーであるジョルジーナ・ロドリゲスさんの懐妊を公表していたC・ロナウドは、18日に自身のインスタグラムを更新。男女の双子の出産と、そのうち男の子が亡くなったことを明かした。 この訃報を受け、C・ロナウドへの全面的なサポートを約束していたユナイテッドは、同選手と家族の心情を考慮し、19日に行われるプレミアリーグ第30節延期分のリバプール戦を欠場することを明かした。 そのリバプール戦ではチームが0-4の惨敗を喫したが、アンフィールドに集まったリバプールサポーターからは、失意のC・ロナウドとその家族への連帯を示すため、同選手の背番号7にちなんで試合開始7分に1分間の拍手と共に、『YNWA』の大合唱が捧げられるエモーショナルなシーンもあった。 C・ロナウドとその家族の痛み、悲しみは簡単に乗り越えられるものではないが、フットボール界屈指のプロフェッショナルは、リバプール戦翌日に行われたキャリントンでのトレーニングに参加、午前中に行われたトレーニングセッションをフルメニューこなしたという。 そのため、23日にアウェイで行われる第34節のアーセナルとのトップ4フィニッシュを懸けたシックス・ポインターには出場する見込みだ。 2022.04.20 23:23 Wed
3

ユナイテッドがオランダ代表FWザークツィーを獲得! 補強第一号は退団マルシャルに代わるアタッカーに

マンチェスター・ユナイテッドは14日、ボローニャからオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)の獲得を発表した。 契約は1年延長オプション付きの2029年夏まで。移籍金を巡ってはボローニャとの契約にある4000万ユーロ(約68億8000万円)の解除条項を発動させての獲得が噂されたユナイテッドだが、一括払いを避けるため、4250万ユーロ(約73億1000万円)の3回払いで決着したとされる。 ジム・ラトクリフ共同オーナーもとで組織をはじめ、あらゆる分野で改革に動くユナイテッド。補強もその1つで、元フランス代表FWアントニー・マルシャルが去った前線の新たな選手として白羽の矢が立ったのが昨季のボローニャで12得点7アシストとブレイクのザークツィーだ。 今夏のユナイテッドにとって、補強第一号となるユーロ2024にも参戦の23歳FWはクラブを通じて、「監督や首脳陣と話をして、この先がどれほどエキサイティングなものになるかわかっている。マンチェスター・ユナイテッドの成功に貢献できるのが楽しみだ」と喜び、決意を口にした。 「僕は常に勝利のためにすべてを捧げてきた選手。次の挑戦、キャリアの次に進み、より多くのトロフィーを獲得する準備ができている。このような象徴的なクラブに入団できるのは光栄だ。代表チームにいたから、しばらく休まないといけないけど、すぐにインパクトを残す覚悟でいる」 2024.07.15 00:27 Mon
4

ユナイテッドのヨロ獲得はバイエルンにも影響? デ・リフトの去就不透明でCB補強を見直しか

マンチェスター・ユナイテッドのU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)獲得は、バイエルンの補強戦略にも大きな影響を与えそうだ。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強を模索しているユナイテッド。当初はバイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得を目指し、選手も移籍を望んだことからバイエルンとの交渉が続けられていた。 しかし、バイエルンが移籍金5000万ユーロ(約85億4000万円)+ボーナスの条件を譲らなかったこともあり、交渉は中々進まず。その間に、ユナイテッドはレアル・マドリー行きが有力とされていたヨロの獲得についてリールと交渉を進展させ、獲得間近の状況となった。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ヨロを獲得したユナイテッドがデ・リフトの交渉を継続させるかは不透明な模様。関心を失ったわけではなないが、少なくともバイエルンの要求額を支払う可能性は小さくなったようだ。 これにより、デ・リフト残留の線も出てきたバイエルンは、レバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(28)獲得を迷っているとのこと。こちらも選手はバイエルン加入を望んでいるが、クラブ間交渉が停滞する状態となっている。 2024.07.18 11:10 Thu
5

CB獲得望むユナイテッド、デ・リフトの交渉難航ならバイエルンターゲットのターを狙う?

バイエルンが獲得を目指すレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(28)に対して、マンチェスター・ユナイテッドも接触しているようだ。 昨シーズンのレバークーゼンでは主力センターバックとして公式戦48試合6ゴール1アシストを記録し、クラブのブンデスリーガ無敗優勝にも大きく貢献したター。今夏の移籍市場では、多くのビッグクラブから注目を浴びる存在になっている。 特に獲得に熱心な姿勢を見せているのは、レバークーゼンに王者の座を奪われたバイエルン。オランダ代表DFマタイス・デ・リフトにユナイテッド行きの可能性が高まっていることもあり、クラブは実力十分のターを理想的な補強とみなしている。 一方で、デ・リフト売却に向けたユナイテッドとの交渉については、いまだ最終的なオファーが届かず。ユナイテッド側はバイエルンの求める5000万ユーロ(約86億3000万円)+ボーナスという条件が高額と感じており、他の候補についても検討しているようだ。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、その候補の一人がターとのこと。ターはバイエルン移籍を望むもののクラブ間合意には至っていないことから、割って入る余地はあるという。 各クラブの思惑が絡み合う複雑な様相となっているが、まずどの移籍が動き出すかで状況は大きく変わると見られている。 2024.07.16 11:40 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly