人気銘柄オリーズ狙うチェルシー、バイエルンやニューカッスルと共にパレスに接触か…契約解除金約120億円準備の構え

2024.06.14 16:11 Fri
今夏もビッグクラブから狙われるオリーゼ
Getty Images
今夏もビッグクラブから狙われるオリーゼ
クリスタル・パレスのU-23フランス代表MFマイケル・オリーズ(22)の獲得に向け、チェルシーなど複数クラブが動きを見せているようだ。『The Athletic』が報じた。

チームメイトのイングランド代表MFエベレチ・エゼ(25)と共に、ビッグクラブからの関心が絶えないオリーズ。今シーズンは2度の負傷離脱もあり、プレミアリーグで19試合のプレーにとどまったが、10ゴール6アシストと自己最高の成績を残した。
今夏のパリ・オリンピックを戦う25名のU-23代表候補メンバーに入ったなか、そんなオリーズ獲得に本格的に乗り出しているのが、昨夏も動いていたチェルシー。代理人との交渉の許可を求めるべく、パレスにコンタクトを取ったという。

また、チェルシーは6000万ポンド(約120億6000万円)程度とみられる契約解除金を用意する準備もあるとのこと。ほかにはバイエルンニューカッスルもパレスに接触済みで、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティも22歳の俊英に関心を示している。

昨夏のオリーズは、チェルシー行きが迫っていたなかでパレスとの契約延長を決断。現行契約を2027年6月まで残す一方、今夏も自らの将来について考えを巡らせることになりそうだ。

マイケル・オリーズの関連記事

バイエルンはポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)の獲得について合意に至ったようだ。 トーマス・トゥヘル前体制時代からパリーニャの獲得を目指していたバイエルン。昨夏の移籍市場最終盤には獲得に接近し、メディカルチェック受診のためパリーニャがミュンヘン入りするところまで進んでいたが、クラブ間交渉破談によってフルアム残留となった。 その後、ヴァンサン・コンパニ監督が新たな指揮官となったバイエルンだが、パリーニャへの関心は衰えず。粘り強い交渉が続けられており、移籍金4600万ユーロ(約80億2000万円)+アドオンという条件で合意したとも報じられている。 そんな中で、ドイツ『スカイ・スポーツ』のフロリアン・プレッテンベルク記者によると、パリーニャのバイエルン移籍の交渉がまとまったとのこと。選手はすでにデジタルサインを済ませており、手続きは完了したという。 ただし、パリーニャはすぐミュンヘンへ向かうわけではない模様。選手はユーロ2024を終えて2週間の休暇に入っており、その後にドイツへ渡る予定のようだ。 すでに日本代表DF伊藤洋輝やU-23フランス代表MFマイケル・オリーズの獲得を決めているバイエルン。パリーニャも獲得となれば、ブンデスリーガでの覇権奪還に向けてまたとない戦力となるのは間違いないだろう。 2024.07.11 13:30 Thu
バイエルンは7日、クリスタル・パレスからU-23フランス代表MFマイケル・オリーズ(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2029年6月30日までとなる。 なお、ドイツ『ビルト』によればバイエルンは移籍金として5100万ユーロ(約89億円)を支払うとのこと。また、オリーズのパフォーマンス応じて最大500万ユーロ(約8億7000万円)のボーナスを支払うとのことだ。 バイエルンへの移籍が決まったオリーズは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「バイエルンとの話し合いはとても前向きなものだった。素晴らしいチャレンジだし、それこそ僕が求めていたものだ。このレベルで自分の力を証明し、今後数年間、チームでできるだけ多くのタイトルを獲得できるよう、自分の役割を果たしていきたいと思っている」 イングランド生まれのオリーズは、2021年にレディングからC・パレスへ加入。2023-24シーズンは度重なるハムストリングの負傷に悩まされながらも、試合に出ればチャンスメイクなどで違いを示し、プレミアリーグ19試合で10ゴール6アシストと自己最高の成績を残していた。 2024.07.08 06:30 Mon
パリ・オリンピックを開催するフランス。自国開催となるU-23フランス代表メンバーをティエリ・アンリ監督が発表した。 フランスサッカー連盟(FFF)は6月3日にパリ・オリンピックに向けた候補メンバ-25名を発表。キャンプを行っていく中で、多くの選手の入れ替えが起こり、期限の前に22名にまで絞られていた。 当初の候補からは、移籍の可能性があるDFレニー・ヨロ(リール)やMFウォーレン・ザイール=エメリ(パリ・サンジェルマン)、FWブラッドリー・バルコラ(パリ・サンジェルマン)、FWマティス・テル(バイエルン)、ユベントスへと移籍予定のMFケフラン・テュラム(ニース)などが外れていた中、パラグアイ戦を前にアンリ監督は予備登録メンバーとなる4名を決定した。 予備登録に回るのは、GKテオ・ド・ペルサン(オセール)、DFクリスラン・マツィマ(モナコ)、MFレスリー・ウゴチュク(チェルシー)、MFアンディ・ディウフ(RCランス)の4名となった。 なお、オーバーエイジはFWアレクサンドル・ラカゼット(リヨン)とFWジャン=フィリップ・マテタ(クリスタル・パレス)の2人。ベテランながら、2023-24シーズンは両者共にゴールを量産していた。ラカゼットはチームキャプテンにもなる。 フランスはパラグアイ、ドミニカ、日本とパリ五輪前に親善試合を開催。その後、本大会に臨むこととなる。 <span class="paragraph-subtitle">◆U-23フランス代表 パリ五輪メンバー18名</span> GK ギヨーム・レスト(トゥールーズ) オベド・エンカンバディオ(パリFC) DF ロイク・バデ(セビージャ/スペイン) ブラッドリー・ロコ(ブレスト) スングトゥ・マガサ(モナコ) カステロ・ルケバ(RBライプツィヒ/ドイツ) キリアン・シディリア(フライブルク/ドイツ) アドリエン・トリュフォー(スタッド・レンヌ) MF マグネス・アクリウシェ(モナコ) ジョリス・ショタール(モンペリエ) デジレ・ドゥエ(スタッド・レンヌ) クアディオ・マヌ・コネ(ボルシアMG) エンツォ・ミロ(シュツットガルト/ドイツ) FW ラヤン・シェルキ(リヨン) アルノー・カリムエンド(スタッド・レンヌ) アレクサンドル・ラカゼット(リヨン)※ ジャン=フィリップ・マテタ(クリスタル・パレス)※ マイケル・オリーズ(クリスタル・パレス) ◆予備登録メンバー GK テオ・ド・ペルサン(オセール) DF クリスラン・マツィマ(モナコ) MF レスリー・ウゴチュク(チェルシー/イングランド) アンディ・ディウフ(RCランス) 2024.07.04 23:58 Thu
マインツの逸材アタッカーであるU-21ドイツ代表FWブラヤン・グルダ(20)にレバークーゼン行きの可能性が浮上している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 アルバニアにルーツを持ちドイツで生まれ育ったグルダは2018年にマインツの下部組織に加入。ユース時代からドイツの世代別チームに名を連ねた逸材は、昨年1月に行われたドルトムント戦でファーストチームデビュー。 ファーストチームの主力として初めて臨んだ昨シーズンはブンデスリーガ28試合に出場し、4ゴール3アシストの数字を残した。178cmの痩身アタッカーは傑出したボールスキル、高精度の左足のキック、パスセンスを兼備し、右サイドからの鋭いカットインや中央の密集で相手に囲まれてもボールを失わず、正確なラストパスでチャンスを演出するプレーを得意としている。 その逸材は今夏のステップアップの意向をすでに示しており、バイエルンやRBライプツィヒ、プレミアリーグの複数クラブが動向を探っている。 以前にバイエルン行きを夢見ていると語っていたが、レコルトマイスターはイングランド代表MFマイケル・オリーズ、オランダ代表MFシャビ・シモンズといったアタッカーの獲得に迫っており、その可能性は非常に低い状況だ。 そういったなか、獲得レースをリードしているのが、昨季のブンデスリーガ王者だという。グルダは同世代のフロリアン・ヴィルツとの共闘を希望しており、シャビ・アロンソ監督の下で自身がさらなる成長を遂げられると考えているようだ。 ただ、マインツは少なくともグルダをあと1シーズンは手元にとどめておきたいと考えており、5000万ユーロ(約87億1000万円)程度の高額な移籍金が必要になるとも言われている。 2024.07.04 16:45 Thu
ガラタサライのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(31)にプレミアリーグ復帰の可能性があるようだ。 長くクリスタル・パレスでプレーしたザハは、昨夏の移籍市場でチャンピオンズリーグ(CL)に出場するという夢を叶えるべく、ガラタサライに加入。公式戦42試合10ゴール5アシストの成績を残しており、リーグ優勝にも大きく貢献した。 しかし、イギリス『ミラー』によるとザハは1年でガラタサライを退団する可能性が高まっている模様。クラブは週給30万ポンド(約6100万円)と報じられる給料を支払う余裕がなくなっており、格安での放出にも応じる構えだという。 ザハに対しては古巣のクリスタル・パレスだけでなく、ウォルバーハンプトンやウェストハムも関心を示しているとのこと。特にクリスタル・パレスはマイケル・オリーズのバイエルン行きが確実視されていることもあり、かつてのエース復帰に向けて動き出す可能性があるようだ。 2024.07.03 17:50 Wed

チェルシーの関連記事

チェルシーは12日、バーゼルからU-21ポルトガル代表MFレナト・ヴェイガ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2031年6月30日までの7年となるが、さらに1年の延長オプションが付帯している。 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ブルーズは、総額1400万ユーロ(約24億4000万円)程度の移籍金を支払うことになるという。 元カーボベルデ代表DFネルソン・ヴェイガを父親に持ち、ポルトガル屈指の名門スポルティングCPの下部組織で育ったヴェイガは190㎝の左利きの守備的MF。競争が激しいスポルティングではリザーブチームにあたるスポルティングBまで昇格したが、ファーストチームでのプレーは叶わず。 2023年1月にブンデスリーガのアウグスブルクへの半年間の武者修行を経て、昨年夏にバーゼルへ完全移籍した。そのスイスの名門では負傷の影響でシーズン終盤の欠場を余儀なくされたが、初めてトップカテゴリーでフルシーズンを戦い公式戦26試合2ゴール1アシストの数字を残した。 守備的MFを主戦場にセンターバック、左サイドバックでもプレー可能なポリバレントな守備者は恵まれた体躯とリーチの長さを活かしたボール奪取能力が高く、高精度のフィードや足元のテクニックにも優れる。 チェルシーへのステップアップを果たした21歳は、「ここに来られて本当に興奮しているよ。イングランド最大のクラブのひとつであり、僕にとっても最大のクラブだ。スタートを切るのが本当に楽しみだよ」と新天地での第一声を発した。 また、元プロフットボーラーの父親の影響もあり、幼少期から幾つかの国を渡り歩き、英語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、アラビア語の5 カ国語を操る多才な若者は、自身のプレースタイルについてもその万能性を最大の特長と捉えている。 「自分のことを賢く攻撃的なプレーヤーだと考えている」 「ボールを扱うのが得意で、多才なことからある意味で完璧なプレーヤーだと言えるかもね。ピッチ上の多くのポジションで活躍できる。対戦相手や戦術的な要素によって好きなポジションがあるわけではないけど、左サイドバック、センターバック、守備的ミッドフィルダーとしてプレーしてきた」 「守備をするのが好きで、身長とフィジカルを活かして楽しんでいるよ。ボールを持っていても持っていなくても、試合をコントロールするのが好きなんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ブルーズにレナト・ヴェイガが加入!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">New Blue on the block. <a href="https://t.co/vrxDrhUqVI">pic.twitter.com/vrxDrhUqVI</a></p>&mdash; Chelsea FC (@ChelseaFC) <a href="https://twitter.com/ChelseaFC/status/1811798171271725373?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 13:34 Sat
「DAZN(ダゾーン)」が、今夏のプレシーズンマッチのライブ配信を発表した。日本人選手が所属するクラブなど、多数の試合が配信される。 現在はユーロ2024、コパ・アメリカ2024が開催中。この後にはパリ・オリンピックも開催される一方で、各クラブはすでに2024-25シーズンに向けて始動し始めている。 すでにプレシーズンマッチを行っているチームもある中、「DAZN」が多くのプレシーズンマッチを放送。一部試合は日本語実況付きで配信される。 日本人選手では、日本代表MF鎌田大地がラツィオからクリスタル・パレスに移籍した他、日本代表DF伊藤洋輝はシュツットガルトからバイエルンへと移籍。その他にも、Jリーグからヨーロッパへ渡っている選手も多い。 「DAZN」では、プレミアリーグのチームを中心にプレシーズンマッチを放送。新戦力のフィット具合を含めて、要チェックだ。 <span class="paragraph-subtitle">■欧州サッカープレシーズンマッチ主な配信スケジュール</span> ※日本語実況あり ▽7月15日(月) 《25:00》 ウェストハム vs フェレンツヴァーロシュ ▽7月17日(水) 《25:00》 ドルトムント vs エルツゲ・ビルゲ・アウエ 《27:00》 ハート・オブ・ミドロシアン(田川亨介、小田裕太郎) vs トッテナム※ ▽7月19日(金) 《26:00》 ポルト vs オーストリア・ウィーン ▽7月20日(土) ラピド・ウィーン vs ミラン ▽7月24日(水) 《8:30》 マンチェスター・シティ vs セルティック(古橋亨梧、旗手怜央、前田大然、岩田智輝、小林友希)※ ▽7月25日(木) 《11:30》 アーセナル(冨安健洋) vs ボーンマス※ ▽7月26日(金) 《26:00》 レバークーゼン vs エッセン ▽7月27日(土) 《22:00》 ハンザ・ロストック vs ラツィオ 《22:30》 ウニオン・ベルリン vs レンジャーズ 《23:00》 エバートン vs サルフォード 《29:00》 チェルシー vs セルティック(古橋亨梧、旗手怜央、前田大然、岩田智輝、小林友希)※ ▽7月28日(日) 《8:00》 ウォルバーハンプトン vs ウェストハム ▽7月31日(水) 《26:30》 フェイエノールト(上田綺世) vs モナコ(南野拓実)※ ▽8月1日(木) 《8:30》 チェルシー vs クラブ・アメリカ※ 《9:00》 クリスタル・パレス(鎌田大地) vs ウォルバーハンプトン※ ▽8月3日(土) 《26:00》 スタッド・レンヌ vs レアル・ソシエダ(久保建英)※ ▽8月4日(日) 《6:30》 マンチェスター・シティ vs チェルシー※ 《8:00》 ウェストハム vs クリスタル・パレス(鎌田大地)※ ▽8月10日(土) 《22:30》 フライブルク(堂安律) vs フィオレンティーナ※ 《23:00》 エバートン vs ローマ 《25:30》 トッテナム vs バイエルン(伊藤洋輝)※ ▽8月11日(日・祝) 《23:00》 クリスタル・パレス(鎌田大地) vs ナント※ 2024.07.12 15:35 Fri
ウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(25)は、レアル・マドリーのプレシーズントレーニングに参加するようだ。スペイン『Relevo』が報じた。 2023-24シーズンはベルギー代表GKティボー・クルトワの長期離脱を受け、公式戦31試合でゴールマウスに立ったルニン。しかし、序列を覆すには至らず、クルトワが復帰したシーズン終盤は再びベンチに戻った。 マドリーはクルトワ離脱の穴を埋めた守護神に2029年6月までの契約延長オファーを提示しているが、ルニンは回答を保留。退団の可能性が捨てきれないことから、チェルシーからレンタルで加入していたスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(29)との再契約も取り沙汰されている。 そんななか、ユーロ2024を終えて現在休暇に入っているルニンは、15日から始まるプレシーズンに参加する意向をマドリーに伝えたとのこと。また、マドリーの練習施設にて、15日より前に個人トレーニングを開始することも望んでいるという。 一方で、代理人のジョルジュ・メンデス氏は先発を望むルニンに対し、移籍するよう説得中。クラブとの会談も予定されているという。 そのルニンに対しては、プレミアリーグ方面からの関心もあるようで、スペイン代表GKダビド・ラヤのライバルが欲しいアーセナルが注目しているという。 アーセナルは先発出場を望むイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(26)へのオファーがあることから、売却へ動く模様。代わりに、エスパニョールのスペイン代表GKジョアン・ガルシア(23)とルニンが獲得候補に挙がっているようだ。 ルニンの去就に関しては、数週間以内に決着がつく見込み。マドリーでクルトワの牙城を崩す道と、新たなクラブでスタメンを勝ち取る道、どちらを選ぶことになるのだろうか。 2024.07.10 13:15 Wed
チェルシーに加入したU-19スペイン代表FWマルク・ギウ(18)だが、24-25シーズンはさっそくレンタル移籍か。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 1日にバルセロナからチェルシーへの完全移籍が発表されたマルク・ギウ。187cmの若手センターフォワードはチェルシーと5年契約を結び、1年間の延長オプションも付帯する。 昨季のバルセロナではラ・リーガにチャンピオンズリーグ(CL)も経験したが、チェルシーとしてはコンスタントなプレーを保証できず、レンタル放出も検討している模様。 貸し出し先としては、バルセロナの下部組織を長年指導したガルシア・ピミエンタ氏を新監督として招聘したセビージャ。 同クラブはスペイン人FWラファ・ミル(27)の放出を進め、モロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(27)も去就が宙に浮いているとのこと。今夏残留確実なセンターフォワードは経験が浅い生え抜きFWイザーク・ロメロ(24)の一枚だけ、とされている。 セビージャ側はギウのレンタル獲得に前向きとされ、チェルシーはたとえレンタル放出でもポテンシャルを疑ってはいない、とのことだ。 2024.07.09 19:30 Tue
マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーのイングランド代表DFベン・チルウェル(27)にも目をつけているようだ。 エリク・テン・ハグ監督との新契約締結など首脳陣体制を整えているほか、選手の補強にも積極的に動き出しているユナイテッド。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)や、バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)、エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)らの獲得に迫っている。 一方で、イングランド代表DFルーク・ショーとオランダ代表DFタイレル・マラシアの負傷離脱により、2023-24シーズンは壊滅状態が続いた左サイドバックも重要な補強箇所。イギリス『デイリー・メール』によると、選択肢の1つとしてチルウェルの獲得を検討しているという。 27歳の左利きDFは、2020年夏に4500万ポンド(約92億8000万円)でレスター・シティからチェルシーへ移籍。初年度から主力としてチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献するも、ケガの多さがネックとなっている。 なお、2023年6月にチェルシーの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ユナイテッドを応援していた父とよく試合を観に行っていた」とコメント。オールド・トラッフォードには思い入れがあるようだ。 2024.07.09 18:59 Tue

プレミアリーグの関連記事

マンチェスター・ユナイテッドは14日、ボローニャからオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)の獲得を発表した。 契約は1年延長オプション付きの2029年夏まで。移籍金を巡ってはボローニャとの契約にある4000万ユーロ(約68億8000万円)の解除条項を発動させての獲得が噂されたユナイテッドだが、一括払いを避けるため、4250万ユーロ(約73億1000万円)の3回払いで決着したとされる。 ジム・ラトクリフ共同オーナーもとで組織をはじめ、あらゆる分野で改革に動くユナイテッド。補強もその1つで、元フランス代表FWアントニー・マルシャルが去った前線の新たな選手として白羽の矢が立ったのが昨季のボローニャで12得点7アシストとブレイクのザークツィーだ。 今夏のユナイテッドにとって、補強第一号となるユーロ2024にも参戦の23歳FWはクラブを通じて、「監督や首脳陣と話をして、この先がどれほどエキサイティングなものになるかわかっている。マンチェスター・ユナイテッドの成功に貢献できるのが楽しみだ」と喜び、決意を口にした。 「僕は常に勝利のためにすべてを捧げてきた選手。次の挑戦、キャリアの次に進み、より多くのトロフィーを獲得する準備ができている。このような象徴的なクラブに入団できるのは光栄だ。代表チームにいたから、しばらく休まないといけないけど、すぐにインパクトを残す覚悟でいる」 2024.07.15 00:27 Mon
日本代表DF菅原由勢(24)のサウサンプトン移籍が決まった。 名古屋グランパスからAZ入りして5年が経つ菅原。オランダでサイドバックを中心に右のスペシャリストとして通算198試合(14得点29アシスト)の出場数を積み上げ、2020年10月のデビューから13キャップ(1ゴール)を刻む代表でも今や常連と化す。 AZとの契約も残り1年となるなか、移籍話が取り沙汰されるようになり、最近では新シーズンからプレミアリーグ復帰を果たすサウサンプトン行きの噂。そして、14日に4年契約でのセインツ入りが公式発表され、イングランド挑戦の運びとなった。 イングランドに舞台を移す24歳DFはクラブ公式サイトで「サウサンプトンに来て、プレミアリーグでプレーするのは小さい頃からの大きな夢の1つだったので、ここに来られて本当に興奮しています」と喜び、即決での移籍を明かした。 「昨夏、プレシーズンでサウサンプトンと対戦しました。サウサンプトンはボールを扱うフットボールがすごくうまい感じましたし、ロングボールを使わず、ショートパスを軸にスマートなプレーぶりでした」 「サウサンプトンは本当に良いクラブだと感じましたし、サウサンプトンからオファーをもらったとき、1秒でイエスと答えたんです!」 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、移籍金額はボーナス込みで700万ユーロ(約12億円)。新シーズンに向けては冨安健洋、三笘薫、遠藤航、鎌田大地に続いて、プレミアリーグでプレーする選手となる。 また、ラッセル・マーティン監督は「ユウキは長く注目した選手で、彼のポジションでは我々にとって一番のターゲットだった」とし、期待した。 「彼は良い年齢で加入したし、すでに高いレベルで多くの試合を経験していて、ヨーロッパでの経験も豊富。素晴らしいメンタリティを持つ才能のある選手だし、チームメイトにもとても好かれる性格だと思う」 「彼からは熱意と、成功への決意が感じられる。プレミアリーグでプレーするだけでなく、サウサンプトンでプレーするというのにもとても興奮している」 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢のサウサンプトン入団ムービーが公開!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> x <a href="https://t.co/RLOilImDle">pic.twitter.com/RLOilImDle</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1812411618505933067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 18:35 Sun
サウサンプトンは14日、AZの日本代表DF菅原由勢(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金はボーナス込みで700万ユーロ(約12億円)とのことだ。 名古屋グランパスの下部組織出身の菅原は、2019年7月にレンタル移籍でAZに加入。2020年7月に完全移籍に切り替わっていた。 右サイドバックや右ウイングなど、右サイドのスペシャリストとしてプレー。エールディビジでは135試合で12ゴール21アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)で10試合1ゴール、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で26試合1ゴール4アシストと、チームの主軸としてプレーしていた。 日本代表にも定着し13試合に出場し1ゴールを記録している菅原。今夏は多くのクラブから関心が寄せられ、インテルなどのビッグクラブの関心もあった中、プレミアリーグに挑戦することになった。 サウサンプトンには、過去DF吉田麻也(ロサンゼルス・ギャラクシー)、FW李忠成、MF南野拓実(モナコ)がプレー。日章学園高校のU-19日本代表FW高岡伶颯も高校卒業後の2025年3月に加入することとなっている。 また今シーズンは、DF冨安健洋(アーセナル)、MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、MF遠藤航(リバプール)と昨シーズンプレミアリーグを戦った3名に加え、MF鎌田大地(クリスタル・パレス)が挑戦。菅原は5人目のプレミアリーガーとなる。 なお、AZは菅原と日本代表でポジションを争っているDF毎熊晟矢をセレッソ大阪から完全移籍で獲得しており、すでに後継者を確保していた。 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢がサウサンプトン移籍!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> x <a href="https://t.co/RLOilImDle">pic.twitter.com/RLOilImDle</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1812411618505933067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 18:07 Sun
マンチェスター・シティがアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(24)とコパ・アメリカ2024後に改めて話し合うようだ。 2022年夏にリーベル・プレートから加わって以降、通算103試合で36得点18アシストのアルバレス。昨季も公式戦54試合に出場し、19得点13アシストと見事な成績を残した。 複数の攻撃的ポジションをこなせるのも魅力の1つだが、シティのセンターFW陣ではノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが不動の一番手。昨季も1stチョイスにはなりきれず。 シティでは今後も間違いなく戦力に計算される存在だが、移籍話がちらほら。シティは当然、売る気なしだが、アトレティコ・マドリーやパリ・サンジェルマン(PSG)の影もちらつく。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者の最新情報によると、シティはコパ・アメリカ後、アルバレスの状況を話し合うため、選手陣営と再びの会談を予定するという。 アルバレスはより多くのプレー機会を求めている一方で、2028年6月までの契約を残すシティは売る気もなければ、値段の通知さえもしておらず。売却意思なしで変わらずの模様だ。 この夏はコパ・アメリカが終われば、パリ・オリンピックにオーバーエイジで参戦と多忙を極めるアルバレス。シティはあくまで引き留めの構えだが、今夏の去就やいかに。 2024.07.14 17:45 Sun
サウサンプトンのラッセル・マーティン監督が、クラブの補強についてコメントした。イギリス『デイリー・エコー』が伝えた。 2024-25シーズンからプレミアリーグに復帰するサウサンプトン。競争力の激しいリーグに臨むにあたり、チームは補強を進めている。 AZに所属する日本代表DF菅原由勢(24)の加入が近づいていると報じられている中、FC東京のU-23日本代表MF松木玖生(21)も獲得するという噂もあるサウサンプトン。ここまでは、元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)、DFチャーリー・テイラー(30)のベテランに加え、DFネイサン・ウッド(22)、DFロニー・エドワーズ(21)を新たに獲得している。 マーティン監督はサポーターから選手補強に関して、過去に若手ばかりを獲得して失敗したことについて問われてコメント。経験豊富な選手と、今後数シーズンにわたってチームの力になる若手をバランス良く獲得したいとコメントした。 「いくつかのポジションで補強が必要だ。クラブに負担がかからない範囲で、財政的に可能な限りチームを強化したい」 「これまでのところ、我々は本当に良い選手を獲得できたと思う。全体的に見て、彼らはサウサンプトンに所属したいと望むイギリス人たちだ」 「本当に重要なことだと思う。我々はプレミアリーグでプレーして大金を稼ぎたいだけの選手と契約をするわけではない」 「我々はここにいることを切望しており、他のクラブへの移籍金を得るための場所としてだけ見ているわけではない選手と契約した」 「バランスを取る必要がある。我々はイングランドでフットボールをたくさんプレーしてきた若い選手たちと契約をしてきた」 その中でも、経験があるクオリティを持った選手の獲得は重要と考えており、さらにチームに経験をもたらせられる選手を獲得するつもりであるとした。 「アダム・ララナは最初の1週間で既にトレーニング場で大きな違いを生み出している。彼のトレーニング方法や振る舞い方から、チームにとって大きな財産となるだろう。チャーリー・テイラーも同じだ」 「我々はロニーとウッディという2人の優秀な若手センターバックとチャーリーとアダムをバランス良く組み合わせてきた」 「我々は経験のある選手と契約するつもりだ、経験を過小評価する人もいると思うが、我々は今後もエキサイティングな選手と契約するつもりだ」 2024.07.14 13:45 Sun

記事をさがす

マイケル・オリーズの人気記事ランキング

1

バイエルン、クリスタル・パレスMFオリーズ獲得を正式発表!2029年までの5年契約を締結

バイエルンは7日、クリスタル・パレスからU-23フランス代表MFマイケル・オリーズ(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2029年6月30日までとなる。 なお、ドイツ『ビルト』によればバイエルンは移籍金として5100万ユーロ(約89億円)を支払うとのこと。また、オリーズのパフォーマンス応じて最大500万ユーロ(約8億7000万円)のボーナスを支払うとのことだ。 バイエルンへの移籍が決まったオリーズは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「バイエルンとの話し合いはとても前向きなものだった。素晴らしいチャレンジだし、それこそ僕が求めていたものだ。このレベルで自分の力を証明し、今後数年間、チームでできるだけ多くのタイトルを獲得できるよう、自分の役割を果たしていきたいと思っている」 イングランド生まれのオリーズは、2021年にレディングからC・パレスへ加入。2023-24シーズンは度重なるハムストリングの負傷に悩まされながらも、試合に出ればチャンスメイクなどで違いを示し、プレミアリーグ19試合で10ゴール6アシストと自己最高の成績を残していた。 2024.07.08 06:30 Mon
2

しぶとく交渉のバイエルンがパリーニャ獲得で合意へ、選手の渡独は休暇後に?

バイエルンはポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)の獲得について合意に至ったようだ。 トーマス・トゥヘル前体制時代からパリーニャの獲得を目指していたバイエルン。昨夏の移籍市場最終盤には獲得に接近し、メディカルチェック受診のためパリーニャがミュンヘン入りするところまで進んでいたが、クラブ間交渉破談によってフルアム残留となった。 その後、ヴァンサン・コンパニ監督が新たな指揮官となったバイエルンだが、パリーニャへの関心は衰えず。粘り強い交渉が続けられており、移籍金4600万ユーロ(約80億2000万円)+アドオンという条件で合意したとも報じられている。 そんな中で、ドイツ『スカイ・スポーツ』のフロリアン・プレッテンベルク記者によると、パリーニャのバイエルン移籍の交渉がまとまったとのこと。選手はすでにデジタルサインを済ませており、手続きは完了したという。 ただし、パリーニャはすぐミュンヘンへ向かうわけではない模様。選手はユーロ2024を終えて2週間の休暇に入っており、その後にドイツへ渡る予定のようだ。 すでに日本代表DF伊藤洋輝やU-23フランス代表MFマイケル・オリーズの獲得を決めているバイエルン。パリーニャも獲得となれば、ブンデスリーガでの覇権奪還に向けてまたとない戦力となるのは間違いないだろう。 2024.07.11 13:30 Thu
3

今季ガラタサライで活躍のザハにプレミア復帰の可能性? 古巣C・パレスなどが関心か

ガラタサライのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(31)にプレミアリーグ復帰の可能性があるようだ。 長くクリスタル・パレスでプレーしたザハは、昨夏の移籍市場でチャンピオンズリーグ(CL)に出場するという夢を叶えるべく、ガラタサライに加入。公式戦42試合10ゴール5アシストの成績を残しており、リーグ優勝にも大きく貢献した。 しかし、イギリス『ミラー』によるとザハは1年でガラタサライを退団する可能性が高まっている模様。クラブは週給30万ポンド(約6100万円)と報じられる給料を支払う余裕がなくなっており、格安での放出にも応じる構えだという。 ザハに対しては古巣のクリスタル・パレスだけでなく、ウォルバーハンプトンやウェストハムも関心を示しているとのこと。特にクリスタル・パレスはマイケル・オリーズのバイエルン行きが確実視されていることもあり、かつてのエース復帰に向けて動き出す可能性があるようだ。 2024.07.03 17:50 Wed
4

マインツ逸材アタッカーにレバークーゼン行きの可能性?

マインツの逸材アタッカーであるU-21ドイツ代表FWブラヤン・グルダ(20)にレバークーゼン行きの可能性が浮上している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 アルバニアにルーツを持ちドイツで生まれ育ったグルダは2018年にマインツの下部組織に加入。ユース時代からドイツの世代別チームに名を連ねた逸材は、昨年1月に行われたドルトムント戦でファーストチームデビュー。 ファーストチームの主力として初めて臨んだ昨シーズンはブンデスリーガ28試合に出場し、4ゴール3アシストの数字を残した。178cmの痩身アタッカーは傑出したボールスキル、高精度の左足のキック、パスセンスを兼備し、右サイドからの鋭いカットインや中央の密集で相手に囲まれてもボールを失わず、正確なラストパスでチャンスを演出するプレーを得意としている。 その逸材は今夏のステップアップの意向をすでに示しており、バイエルンやRBライプツィヒ、プレミアリーグの複数クラブが動向を探っている。 以前にバイエルン行きを夢見ていると語っていたが、レコルトマイスターはイングランド代表MFマイケル・オリーズ、オランダ代表MFシャビ・シモンズといったアタッカーの獲得に迫っており、その可能性は非常に低い状況だ。 そういったなか、獲得レースをリードしているのが、昨季のブンデスリーガ王者だという。グルダは同世代のフロリアン・ヴィルツとの共闘を希望しており、シャビ・アロンソ監督の下で自身がさらなる成長を遂げられると考えているようだ。 ただ、マインツは少なくともグルダをあと1シーズンは手元にとどめておきたいと考えており、5000万ユーロ(約87億1000万円)程度の高額な移籍金が必要になるとも言われている。 2024.07.04 16:45 Thu
5

オリーズに加えベルナルド・シウバの獲得も? バイエルンのコンパニ新監督が元同僚希望か

バイエルンはマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(29)の獲得も検討しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 新シーズンに向けヴァンサン・コンパニ監督を招へいしたバイエルン。早くもシュツットガルトの日本代表DF伊藤洋輝(25)を手中に収めたほか、クリスタル・パレスのフランス代表FWマイケル・オリーズ(22)の獲得にも近づいている。 そんなバイエルンの補強の噂はとどまることを知らず、シティの中心選手の1人であるベルナルド・シウバにも関心。現役時代に共にプレーしたコンパニ監督は、前線から中盤までこなす多才なポルトガル人を、バイエルンを立て直す上で最適な戦力と考えているという。 ベルナルド・シウバとシティの契約はあと2年残っているが、5000万ポンド(約101億1000万円)の契約解除条項が存在。バイエルンは巨額の資金投入も厭わないようで、この条項を発動する可能性があるようだ。 かねてよりバルセロナからの関心が報じられるベルナルド・シウバだが、スペインのクラブは慢性的な財政難が補強の障害に。選手本人は自らの去就決断のリミットを、ユーロ2024閉幕の7月14日に定めたとも言われており、ドイツ行きを選択肢に入れるのかどうかが注目となる。 2024.06.24 18:04 Mon

チェルシーの人気記事ランキング

1

ショーと同様にケガがちも…ユナイテッドがチェルシーDFチルウェルの獲得を検討か

マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーのイングランド代表DFベン・チルウェル(27)にも目をつけているようだ。 エリク・テン・ハグ監督との新契約締結など首脳陣体制を整えているほか、選手の補強にも積極的に動き出しているユナイテッド。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)や、バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)、エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)らの獲得に迫っている。 一方で、イングランド代表DFルーク・ショーとオランダ代表DFタイレル・マラシアの負傷離脱により、2023-24シーズンは壊滅状態が続いた左サイドバックも重要な補強箇所。イギリス『デイリー・メール』によると、選択肢の1つとしてチルウェルの獲得を検討しているという。 27歳の左利きDFは、2020年夏に4500万ポンド(約92億8000万円)でレスター・シティからチェルシーへ移籍。初年度から主力としてチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献するも、ケガの多さがネックとなっている。 なお、2023年6月にチェルシーの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ユナイテッドを応援していた父とよく試合を観に行っていた」とコメント。オールド・トラッフォードには思い入れがあるようだ。 2024.07.09 18:59 Tue
2

チェルシーの次の標的はアデイェミ? 現在の獲得リスト最上位か

チェルシーがドルトムントのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(22)に注目しているようだ。 エンツォ・マレスカ新監督と共に2024-25シーズンを迎えるチェルシー。フルアムからイングランド人DFトシン・アダラバイヨ、レスター・シティからイングランド人MFキーナン・デューズバリー=ホールを獲得したほか、複数の若手有望株も手中に収めるなど、忙しい夏を過ごしている。 そんななか、チェルシーはアデイェミを新たなメインターゲットに据えた模様。移籍市場に精通するジャーナリストのルディ・ガレッティ氏によると、現在、獲得リストのトップに位置しており、選手の代理人と絶え間なくコンタクトを取っているという。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利き快速アタッカー。2022年夏にレッドブル・ザルツブルクからドルトムントへ移籍し、初年度から主力の1人としてプレーした。 しかし、チームとしてチャンピオンズリーグ(CL)準優勝の昨シーズンは、負傷もあって飛躍を遂げられず。ブンデスリーガで24試合に出場も、先発は10試合にとどまり、3ゴール1アシストの成績に終わった。 その22歳と2027年6月までの契約を交わしているドルトムントだが、移籍金が適正であればオファーに耳を傾けるという報道も。ヨーロッパでも指折りの才能の持ち主は、今夏プレミアリーグ挑戦となるのだろうか。 2024.07.08 18:30 Mon
3

バルサからチェルシー入りの18歳マルク・ギウ、さっそくラ・リーガへレンタル移籍の可能性も?

チェルシーに加入したU-19スペイン代表FWマルク・ギウ(18)だが、24-25シーズンはさっそくレンタル移籍か。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 1日にバルセロナからチェルシーへの完全移籍が発表されたマルク・ギウ。187cmの若手センターフォワードはチェルシーと5年契約を結び、1年間の延長オプションも付帯する。 昨季のバルセロナではラ・リーガにチャンピオンズリーグ(CL)も経験したが、チェルシーとしてはコンスタントなプレーを保証できず、レンタル放出も検討している模様。 貸し出し先としては、バルセロナの下部組織を長年指導したガルシア・ピミエンタ氏を新監督として招聘したセビージャ。 同クラブはスペイン人FWラファ・ミル(27)の放出を進め、モロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(27)も去就が宙に浮いているとのこと。今夏残留確実なセンターフォワードは経験が浅い生え抜きFWイザーク・ロメロ(24)の一枚だけ、とされている。 セビージャ側はギウのレンタル獲得に前向きとされ、チェルシーはたとえレンタル放出でもポテンシャルを疑ってはいない、とのことだ。 2024.07.09 19:30 Tue
4

バルサからの契約延長オファーを保留するアラウホ…今後の展開やいかに

ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(25)は、バルセロナとの契約延長に消極的なのか。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ウルグアイ代表とバルセロナで、それぞれ最終ラインの中核を担うアラウホ。現在開催中のコパ・アメリカ2024にも参戦し、グループステージの全3試合に先発出場する。 バルセロナとの契約は残り2年。 ハンジ・フリック新監督は引き続きアラウホをチームの主力と位置付けているようだが、当の本人と代理人は、どこかのタイミングでの移籍も排除していないとのことだ。 大小含めチェルシー、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッドからの関心はまだ消えず。現在コパ・アメリカを取材中の『ムンド・デポルティボ』記者がアラウホに契約延長を問うたところ、「今大会に集中しているから」と、実質的にノーコメントだったという。 バルセロナはアラウホ売却を考慮せず、ここ数カ月でチェルシーから届いた1億ユーロ(約174.1億円)超えの打診を2度にわたって拒否。 アラウホと代理人も「基本的には残留」のようだが、バルセロナからの契約延長オファーを保留にしていることは確かだそうだ。 2024.07.03 18:10 Wed
5

チェルシーが新たな若手有望株を確保…U-21ポルトガル代表MF獲得間近に

チェルシーがバーゼルのU-21ポルトガル代表MFレナト・ヴェイガ(20)を獲得することが決定的となった。 ポルトガル屈指の名門スポルティングCPの下部組織出身のヴェイガは190㎝の左利きの守備的MF。競争が激しいスポルティングではリザーブチームにあたるスポルティングBまで昇格したが、ファーストチームでのプレーは叶わず。 2023年1月にブンデスリーガのアウグスブルクへの半年間の武者修行を経て、昨年夏にバーゼルへ完全移籍した。そのスイスの名門では負傷の影響でシーズン終盤の欠場を余儀なくされたが、初めてトップカテゴリーでフルシーズンを戦い公式戦26試合2ゴール1アシストの数字を残した。 守備的MFを主戦場にセンターバック、左サイドバックでもプレー可能なポリバレントな守備者は恵まれた体躯とリーチの長さを活かしたボール奪取能力が高く、高精度のフィードや足元のテクニックにも優れる。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、新オーナー移行後に若手有望株を乱獲するブルーズは、総額1400万ユーロ(約24億4000万円)程度の移籍金でバーゼルとクラブ間合意したという。 また、個人間合意に至っているヴェイガはバーゼルのトレーニングキャンプを離れ、ロンドンでメディカルチェックを受診した後、2032年までの長期契約にサインすることになるという。 2024.07.06 16:00 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly