「上手すぎる」「キレキレ」7試合ぶりの勝利を呼び込んだ伊東純也の鋭いクロスが話題! 日本代表復帰の期待も高まる「一番必要」「6月は復帰だな」

2024.05.16 10:20 Thu
決勝ゴールにつながる好クロスを決めた伊東純也
Getty Images
決勝ゴールにつながる好クロスを決めた伊東純也
スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也がチームを勝利に導いた。
PR
15日、リーグ・アン第32節延期分が行われ、スタッド・ランスはホームにマルセイユを迎え、この試合には伊東、そして日本代表MF中村敬斗も先発出場した。
前節は見事なピンポイントアーリークロスでアシストを記録した伊東。6試合勝利がないチームに結果をもたらせたいなか、立ち上がりからスタッド・ランスが攻め込んでいく。

16分には縦パスをインサイドでもらった伊東が細かいステップからボックス内に持ち込みそのままシュート。 GKに防がれたが、チャンスを迎えるなど攻撃を牽引する。

すると迎えた33分、攻め立てるスタッド・ランスは右サイドに展開。ボックス右に走り込んだ伊東がダイレクトでグラウンダーのクロスを入れると、これにマーシャル・ムネツィ、中村が飛び込むことに。結果はシャンセル・ムベンバのオウンゴールとなったが、ムネツィか中村が触れる状況だっただけに、素晴らしいクロスとなった。
ファンは「上手すぎる」、「キレキレなんだよな」、「アシスト未遂か」、「やっぱり日本代表に一番必要」、「6月は復帰だな」とコメント。「ジャパンツアー楽しみ」と、今夏来日することが決定しており、期待も高まっている。

なお、試合は伊東が誘発したオウンゴールが決勝点となり、スタッド・ランスは7試合ぶりに白星を挙げた。



PR
1 2
関連ニュース

伊東純也が絶妙クロスで決勝点のOG誘発! 中村敬斗もポスト直撃弾で見せ場作ったS・ランスが7戦ぶり白星【リーグ・アン】

リーグ・アン第32節延期分、スタッド・ランスvsマルセイユが15日にスタッド・オーギュスト・ドローヌで行われ、ホームのランスが1-0で勝利した。なお、ランスのMF伊東純也はフル出場、FW中村敬斗は75分までプレーした。 ウィル・スティル監督の電撃退任に揺れた前節のスタッド・ブレスト戦を1-1のドローで終え、6戦未勝利と厳しい状況でシーズン最終盤を戦う11位のランス。今節はヨーロッパリーグ準決勝敗退からバウンスバックを図る8位のマルセイユと対峙した。なお、前節見事なアシストを記録した伊東に加え、中村がスタメンを飾った。 試合はホームでアグレッシブな入りを見せたランスがいきなりの決定機を創出。5分、前線でロングボールを胸で収めたディアキテとうまく入れ替わってボックス内に侵入したムネツィが鋭い右足シュートをゴール左隅に突き刺す。だが、ムネツィの2戦連発かに思われたこのゴールはディアキテのオフサイドを取られて認められず。 開始早々の先制点とはならずも、難敵相手にしっかりと攻守に戦うホームチーム。その流れで16分には伊東に見せ場。相手陣内右サイドでボールを受けた日本人アタッカーはバレルディ、ヴェレトゥの2人を切れ味鋭い仕掛けで振り切ってゴール右に侵入。至近距離から強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKパウ・ロペスのファインセーブに阻まれた。 以降はオーバメヤンの個人技やセットプレーからゴールを脅かされたものの、粘り強く守るランスは好調の伊東が先制点をお膳立てする。33分、相手陣内右サイド深くでディアキテからの展開を受けた伊東がディフェンスラインとGKの間のスペースへ絶妙な右足ダイレクトクロスを供給。これにムネツィ、中村が反応も、最終的にDFムベンバの足に当たったボールがゴールネットに吸い込まれた。 伊東演出のオウンゴールによって先制に成功したホームチームは直後にも決定機。前半半ばから徐々に左サイドで存在感を示し始めた中村は38分、ボックス左に持ち込んでファーポストを狙った右足シュートを放つが、これは惜しくも右ポストを掠めた。 中村のゴールで追加点はならずも、日本人コンビが以降も再三の鋭い仕掛けで存在感を示したランスが1点リードで試合を折り返した。 後半も立ち上がりに中村が鋭いシュートを放ち、数分後にも伊東と中村のコンビで追加点に迫ったランス。以降は攻撃的なカードを切りつつ、より攻撃的な布陣で攻勢を仕掛けるマルセイユに主導権を握られるが、チーム一丸となった守備で失点を許さない。 後半半ばから終盤にかけてなかなか相手の攻勢を押し返せないランスは、75分に中村を下げてボジャンを投入するなど逃げ切りを意識した戦い方にシフト。ただ、その守勢の中でも伊東は安定したボールキープに局面を打開する縦への仕掛け、意表を突くラストパスとマルセイユ守備陣に脅威を与え続ける。ただ、伊東を起点に作った幾つかのチャンスはボジャンやカドラが仕留め切れず。試合を決める2点目が遠い。 それでも、最後の精度を欠くマルセイユの反撃を最後まで集中した守りで撥ね返し続けたランスが1-0のまま試合をクローズ。この結果、終盤戦で苦しみ続けたランスが難敵撃破で7試合ぶりの白星を手にした。 2024.05.16 06:28 Thu

伊東純也&中村敬斗のスタッド・ランスが来日決定! 8月3日にJ1王者・神戸と対戦、チケットは先行販売が16日からスタート

ヴィッセル神戸は13日、日本代表MF伊東純也とMF中村敬斗が所属するスタッド・ランスの来日を発表した。 試合は8月3日(土)にノエビアスタジアム神戸で開催。キックオフは19時となる。 昨シーズンのJ1王者であり、今シーズンも連覇に向けて上位を争っている神戸。現役日本代表選手はGK前川黛也のみだが、FW大迫勇也、DF酒井高徳、FW武藤嘉紀、MF山口蛍と多くの元日本代表選手がいる。 スタッド・ランスは、過去に6度のリーグ・アン優勝を経験した古豪。1940年代から1960年代にカップ戦を含めて12個のタイトルを獲得している。近年は2015-16シーズンにリーグ・ドゥに降格。2018-19シーズンに復帰してからはリーグ・アンで戦っているが、中位を争っている。 今シーズンも最終節を残して勝ち点41位の11位。来シーズンもヨーロッパの大会には出場しない。 伊東や中村の他、キャプテンのモロッコ代表DFユニス・アブデルハミドやコートジボワール代表FWウマル・ディアキテ、マルタ代表MFテディ・テウマらが所属している。 チケット販売に関しては、ヴィッセル神戸チケットサイトで5月16日(木)18時から20日(月)23時59分までクラブ抽選先行として販売。クラブ二次先着先行は6月3日(月)の18時から同16日(日)の23時59分まで。楽天チケット先着先行は、6月17日(月)の18時から6月26日(水)の23時59分まで販売される。 今夏はすでにドルトムント、トッテナム、日本代表DF伊藤洋輝、MF原口元気、DFチェイス・アンリが所属するシュツットガルトの来日が決定。一足先に、5月には日本代表MF久保建英が所属するレアル・ソシエダも来日する。 <span class="paragraph-title">【画像】ジャパンツアーを伝えるスタッド・ランス、中央には伊東純也</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">a href="https://t.co/78zBpJDNcX">https://t.co/78zBpJDNcX</a><a href="https://twitter.com/hashtag/ReimsJapanTour2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ReimsJapanTour2024</a> <a href="https://t.co/ASlWdRJsgq">pic.twitter.com/ASlWdRJsgq</a></p>&mdash; Stade de Reims (@StadeDeReims) <a href="https://twitter.com/StadeDeReims/status/1789959870071832987?ref_src=twsrc%5Etfw">May 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.13 19:20 Mon

「ベッカムみたい」「まじパーフェクト」伊東純也が衝撃のピンポイントアーリークロスで7アシスト目! 完璧すぎて驚きの声「何回でも見られるな」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也が完璧なクロスでアシストを記録した。 10日、リーグ・アン第33節でスタッド・ランスはブレストとアウェイで対戦した。 この試合では伊東と中村敬斗が先発出場。すると、0-0で迎えた25分に伊東がクロスで魅せる。 スタッド・ランスはカウンター気味になると、右サイドに展開。伊東がパスを受けると、相手DFとの間合いを計りながら、非常に早いタイミングでアーリークロスを送る。すると、ワンバウンドしたところに2列目から飛び出したマーシャル・ムネツィがダイビングヘッド。ピンポイントのクロスで先制ゴールをアシストした。 伊東はこれで今シーズン7アシスト目。3試合ぶりのアシストとなった。 ファンは「これは素晴らしい」、「パーフェクト」、「ベッカムみたいだな」、「凄すぎる」、「何回でも見られるな」、「これはヤバいわ」、「まじでパーフェクト」と、称賛のコメントが寄せられている。 なお、試合はその後に追いつかれ1-1のドローに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】まるでベッカム!伊東純也の完璧なピンポイントクロス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GRCtyaVguX4";var video_start = 114;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.11 13:05 Sat

「だいぶ痩せた」「心配だな」スタッド・ランス公式がアップした伊東純也の最新の姿に心配の声…「めっちゃ細い気がする」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也の最新の姿が話題を呼んでいる。 リーグ・アンで2年目のシーズンを戦っている伊東。リーグ・アンでは28試合で3ゴール6アシストを記録している。 ただ、今年1月に性加害問題が急浮上。これにより、参加していたアジアカップから離脱。その後は日本代表活動には参加できていない状況が続いている。 一方で、スタッド・ランスでは試合に出続けている状況だ。 シーズンも残りわずかになっている中、スタッド・ランスはウィル・スティル監督(31)の退任も決定。チームも浮上できない状況となっている。 10日には第33節でブレストと対戦するスタッド・ランスだが、公式X(旧ツイッター/@StadeDeReims)でチームのトレーニング様子をアップ。その中に伊東の姿もあった。 ジムでストレッチをする伊東は髪を切ったのか、どこかスッキリした風貌に。また、少し痩せた印象も受ける。 ファンは「公式様ありがとう!」、「ちょっと痩せた気がする」、「純也さんの供給ありがとうございます」、「めっちゃ細い気がする」、「だいぶ痩せた」、「相変わらず可愛い」、「心配だな」とコメントが寄せられている。 6月には日本代表戦が控えているが、日本代表復帰はあるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】スッキリした?痩せた?伊東純也の最新ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://t.co/pMnsjup4gq">pic.twitter.com/pMnsjup4gq</a></p>&mdash; Stade de Reims (@StadeDeReims) <a href="https://twitter.com/StadeDeReims/status/1788148356998472072?ref_src=twsrc%5Etfw">May 8, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.09 21:10 Thu

スタッド・ランスの31歳スティル監督が今季限りで退任へ クラブが公式発表

スタッド・ランスが2日、ウィル・スティル監督(31)の今シーズン限りでの退任を発表した。 日本代表MF伊東純也の1つ年上という31歳の青年指揮官、スティル監督。イギリス人の両親を持つベルギー人指揮官は、2022年10月にスタッド・ランスで指揮を執りはじめた。 就任当初はUEFAプロライセンスを保有していなかったため、試合ごとにクラブに2万5000ユーロ(約414万円)の罰金を払ってもらいながらの指揮という、特殊なプレッシャーを抱えての船出。それでも昨季途中にリーグ・アン新記録の19試合無敗を達成するなどし、欧州屈指の青年指揮官という称号を手に入れた。 契約は2025年6月まで残していたが、クラブは2日、午前中に開かれた面談の結果、今季限りでの退任で合意したと発表。スティル監督は「ユニークな機会を与えてくれた会長らに感謝している。ここは人生において特別な場所になり、今後もクラブのいちサポーターであり続ける」などと感謝を表明している。 28歳でプロレベルの監督業をスタートし、31歳にして欧州5大リーグの一角、リーグ・アンで指揮を執った、という履歴書を作れるスティル監督。両親の影響でウェストハムファンとして知られる青年指揮官だが、今後やいかに。 2024.05.02 21:47 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly