「予想外すぎる」「最大のコラボ」ハーランドが世界中で人気のゲームに登場! 史上初の実在人物としてプレー、本人もゲームのファン「クールだ」

2024.04.30 21:40 Tue
ハーランドがゲームに登場
Getty Images
ハーランドがゲームに登場
マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、ゲームの世界でキャラクターとして登場することが話題を呼んでいる。
PR
驚異的なゴールマシーンとして知られるハーランド。プレミアリーグ挑戦1年目の昨シーズンは得点王となるだけでなく、チームの3冠に貢献。今シーズンもここまで21ゴールを記録して、得点ランキングトップに立っている。
チームは4連覇を目指す中、新たなコラボレーションが話題を呼んでいる。

ハーランドは世界中で人気を博すモバイルストラテジーゲーム『クラッシュ・オブ・クラン』にキャラクターとして登場することが決定した。

『クラッシュ・オブ・クラン』はファンタジーの世界をテーマにし、プレイヤーは村のチーフに。ゲーム内での資源を使い村を成長させていくゲームだ。
そのゲーム内キャラクターに史上初の実在の人物としてハーランドが登場。ハーランド本人はゲームのファンとのことで、「バーバリアン・キング」の姿で登場するが「これを黙っているのは大変だった。本当にクール」と喜びを語っている。

5月1日からハーランドとしてプレーヤーはプレーすることが可能。ハーランドはティザームービーをインスタグラムに投稿。「ピッチを離れて戦場へ。僕が新たなバーバリアン・キングだ」とした。

ファンは「もう1度ダウンロードしよう」、「これは最大のコラボだ」、「これは予想外すぎる」、「世界最強の攻撃者」、「またプレーしなくっちゃ」と期待を寄せるコメントが多く集まっている。



PR
1 2
関連ニュース

ペップが古巣バイエルンと愛弟子コンパニの結びつきに「嬉しいね」…将来のシティ指揮官とも

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がバーンリー指揮官のヴァンサン・コンパニ氏とバイエルンのつながりを喜んだ。 グアルディオラ監督とコンパニ氏は言うまでもなく、かつてのシティで師弟関係だった間柄。シティでの現役時代主将であり、DFリーダーとして活躍したコンパニ氏は母国の強豪アンデルレヒトで指導者転身を遂げ、2022年夏からバーンリーを率いる。 そんなコンパニ氏は昨季のバーンリーをチャンピオンシップ優勝に導き、今季のプレミアリーグにチャレンジしたものの、1年での降格に。だが、トーマス・トゥヘル監督の後任探しで苦戦続きのバイエルンから白羽の矢が立ち、今後が注目される。 グアルディオラ監督からすれば、自身の古巣でもあるバイエルンと元教え子のタッグ話となるなか、イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、その件にこうコメントしたという。 「バイエルンとヴィニー(コンパニ)のつながりは嬉しいね。私はヴィニーのことを高く買っている。バーンリーで降格しても関係ない。彼との対戦や、彼のことを知って感じたことから、彼の仕事ぶり、人となり、試合の知識、メディアとの付き合い方を高く評価しているんだ」 また、バイエルンにも「ベストな決断をしてもらいたい。私はあのクラブのことが大好きだ。多くの理由でね」との言葉を送ったが、コンパニ氏が将来のシティで指揮しうる人材だと信じているようだ。 「そうだね。間違いない。彼がいずれ率いるだろうね」 2024.05.25 19:55 Sat

昨季FA杯決勝で大活躍のギュンドアン、古巣にエール 「カップをマンチェスターの青い側に」

バルセロナのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが古巣のFAカップ2連覇を期待している。マンチェスター・シティの公式サイトが伝えた。 昨シーズンはプレミアリーグ3連覇やチャンピオンズリーグ(CL)初優勝に加え、FAカップも制したシティ。トレブル(3冠)達成の偉業を成し遂げた。 続く今シーズンはプレミアリーグで前人未到の4連覇を達成したほか、FAカップでも2年連続の決勝進出。タイトルを争う相手はまたも宿敵マンチェスター・ユナイテッドで、25日に決戦に臨む。 昨シーズンのFAカップ決勝で2得点を挙げ、タイトル獲得の立役者となった当時の主将ギュンドアンは「あの日のことはとても良い思い出だ」と1年前の出来事を回想。事の重大さを語っている。 「2023年のFAカップ決勝は、僕のお気に入りの瞬間リストの上位にランクインし続けるだろう。それは間違いない。あの象徴的なスタジアム(ウェンブリー・スタジアム)で最大のライバルを破り、世界のサッカー界で最も名誉あるトロフィーの1つを獲得し、歴史を作ったのだから」 「もちろん、この試合がファンにとってどれほど重要なものかは僕らもわかっていたし、試合前にそのことについて話し合っていた。試合後にファンと一緒に祝ったことは、僕にとって一生忘れられない思い出だ」 また、現在はバルセロナの一員のギュンドアンだが、当然古巣シティの勝利を期待。FAカップ2連覇を願った。 「観戦するかって? 当然だよ。バルセロナがセビージャと対戦するのは次の日の夜だからね」 「シティが2年連続で2冠を達成できるというのは信じられない話だ。僕の予想では、シティがリーグ優勝の勢いに乗り、ユナイテッドを2-0で破るだろう」 「当然僕は選手たちを応援するつもりだし、FAカップをマンチェスターの青い側に留めておいてほしい」 「選手たちが最高のパフォーマンスを発揮し、この偉大なサッカークラブにとって忘れられない新たな1日となることを願っている」 2024.05.25 13:37 Sat

ギマランイスのリリース条項有効な1カ月…シティ&アーセナルが関心継続

ニューカッスルのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイス(26)へのライバルクラブからの関心が続いている。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 2020年1月にリヨンから移籍金4000万ポンド(約80億円)でニューカッスルに加入したギマランイス。チャンピオンズリーグ(CL)出場も叶えたクラブにおいて、中盤の欠かせぬ戦力となっており、プレミアリーグ屈指の守備的MFにも数えられる。 クラブとの契約を2028年6月まで残すギマランイスだが、今夏は1億ポンド(約200億円)の契約解除条項が話題に。エディ・ハウ監督も「我々がコントロールできることではない」とその存在を認めていた。 ブラジル『UOL Esporte』によると、この条項は6月24日まで有効。今後1カ月の動向に注目が集まるなか、プレミアリーグの2クラブからオファーが届く可能性があり、ギマランイス側もこれに興味を示しているという。 名前が挙がっているのは以前から関心が報じられているマンチェスター・シティとアーセナル。シティはウェストハムのブラジル代表MFルーカス・パケタ(26)との両獲りも噂されていたが、パケタが賭博違反の容疑でイングランドサッカー協会(FA)から告発されたことにより、ギマランイス獲得に集中する可能性もある。 また、パリ・サンジェルマン(PSG)も関心を示しているが、退団濃厚なフランス代表FWキリアン・ムバッペ(25)の代役探しに追われる可能性が高く、ギマランイス自身もプレミアリーグ残留を希望しているとのことだ。 なお、この契約解除金1億ポンドは3年分割で支払える可能性もあるとのこと。収益性と持続可能性に関するプレミアリーグの規則(PSR)違反のリスクを抱えるクラブも、比較的獲得に動きやすい状況のようだ。 2024.05.25 11:58 Sat

FA杯2連覇も狙うシティ、グアルディオラ監督は一発勝負の怖さ警戒 「何が起きてもおかしくない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が気を引き締めている。クラブ公式サイトが伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)こそベスト8敗退に終わったものの、プレミアリーグでは前人未到の4連覇を達成した今シーズンのシティ。FAカップでは2年連続で決勝に進み、25日にマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチに臨む。 プレミアリーグで勝ち点「91」を積み上げたシティに対し、8位フィニッシュのユナイテッドは勝ち点「60」に終わっているが、グアルディオラ監督はそんな宿敵を警戒。一発勝負の怖さを語った。 「我々がユナイテッドに31ポイント差をつけているから、何が起こるのかとみんなは考えているし、楽勝だろうと思っているだろう。それは理解できる。だが、これは別の大会だし、(何が起きてもおかしくない)1回きりの試合だ」 「10対11になることもあるし、悪い判断やミスで試合に負けることもある。我々が試合に負ける可能性があることはわかっている」 「今シーズンは長い間、我々の方がユナイテッドより優れていた。それは明白だし、事実だ。毎試合それを証明してきた。しかし、1試合だから何が起きてもおかしくない。選手たちはそれをわかっているし、感じている」 「だから、シーズン最後の試合に臨む準備が整っていることを願っている。FAカップは最高だ。素晴らしい大会だ。FAカップはFAカップだ。全力を注ぐ価値がある」 また、グアルディオラ監督は昨シーズンのファイナルも回想。終盤のパワープレーに苦戦したことを思い起こしつつ、大会2連覇に意識を向けている。 「昨シーズンはギュンド(イルカイ・ギュンドアン)のゴール後、良いスタートを切ったと思う。良い時間帯を過ごした後、相手に同点に追いつかれたが、後半は良いプレーをし、2点目を決めた。本当に良いプレーができた」 「最後の数分、彼らは多くの選手を前に出してきた。私ははっきり覚えている。彼らはロングボールを蹴ってきたし、我々は少し苦戦した。それに加え、最後の数分はフリーキックやコーナーキックでも苦戦した」 「だが、結局我々はうまく対処したし、勝利するに値した。正直に言うとそれは過去のことだし、そのことについてどう思うかは重要ではない。とにかくそれは決勝戦だった。どちらのチームにも素晴らしい瞬間があったが、全体的には我々にとって良い決勝戦だった」 2024.05.25 10:23 Sat

プレミアMVPもさらなる高み目指すフォーデン…「改善できる点はたくさんある」

プレミアリーグMVPを初受賞し、前人未踏のリーグ4連覇に貢献したマンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンは、さらなる高みを目指す。 今シーズンの公式戦52試合に出場し、27ゴール11アシストと圧巻のスタッツを叩き出したシティズンズの至宝。左右のウイングに加え、MFケビン・デ・ブライネ離脱時はトップ下やインサイドハーフと自身が求める中央でのプレーを通じて抜群の存在感を示した。 今シーズンの活躍によってバロンドールの有力候補にも挙がる存在に進化を遂げた23歳だが、自身としては現在も幾つかの明確な改善点を自覚しているという。 フォーデンは、「トレーニングでは自分の弱点を克服しようと努めているんだ。だから、試合に臨む時はその課題の部分でより自然にやれるようになっている」と、イギリス『BBC』で語った。 具体的な弱点の部分を問われると、「本当にたくさんある」と多くの改善点を挙げつつも、2つの課題を明かした。 「本当にやるべきことはたくさんあるよ」 「改善できる点はたくさんある。どこがって? 中央でプレーしている時の守備のところだね。そこでチームメイトをもっと助けたいんだ」 「あとはより多くのデュエルに勝ち、少しずつ強くなること。これは僕が取り組みたいことのリストだ。うまくいけば、それらに一生懸命取り組み続けて、より強くなれればと思うよ」 今季の進化に加えて、ここまでの成長に多大な影響を与えたジョゼップ・グアルディオラ監督についても問われたフォーデンは、「他の多くは監督は状況をちょっと複雑にしてしまっているような気がする」と、他の監督と恩師の違いに言及。 「今シーズン、彼が僕にくれた最高のアドバイスは、『あらゆるアクションにおいてフィル・フォーデンになろうとしないこと』だったんだ。そのアドバイスは本当に役に立ったと感じているよ」 「僕は長い間ここにいて、監督と一緒に仕事をしてきた。そして今こそステップアップして、ゴールを決める男になれる時期だと思うんだ」 「今シーズン、自分に何ができるかをわかっていたんだ。ここにきて良いシーズンを過ごせたと言えるのはとても良いことだし、これからも良いプレーを続けたい」 一人のプレーヤーとしてさらなる高みを目指すフォーデンは、25日に控えるFAカップ決勝のマンチェスター・ダービーでクラブに今季3つ目のタイトルをもたらすことができるか。 2024.05.24 21:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly