乱打戦制したバルセロナ、続投発表後の初白星にチャビ監督は「立ち直ったチームの姿勢に満足」

2024.04.30 10:20 Tue
Getty Images
バルセロナのチャビ・エルナンデスは、点の取り合いを制したチームを称えた。スペイン『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。
PR
29日、バレンシアとのラ・リーガ第33節に挑んだバルセロナはMFフェルミン・ロペスのゴールで先制するも、前半だけで逆転される苦しい展開に。それでも、ハーフタイム直前に相手GKが一発退場となると、後半は数的優位を活かして押し込み、FWロベルト・レヴァンドフスキがハットトリックを達成。その後は失点を許さず、4-2で試合を終えた。
25日に続投が発表されてから初となる試合で勝利を収めたチャビ監督は満足感を示しつつ、クラブで働き続けることが決まった現在の心境にも触れている。

「我々は勝利したことによって、ポジティブな分析ができる。チームは基本的に良いプレーをしていたが、時折ミスも見られた。そして、よりアグレッシブで困難なバレンシア相手にリードを許してしまったんだ」

「失点はセットプレーからだった。後半は数的有利となったのだから、もっとチャンスを作りたかったが、攻撃はあまり良くなかった。とはいえ、難しい試合から立ち直ったチームの姿勢には満足だ。そして、戦略面で懸命に働いてくれたスタッフにも満足している」
「私はとても元気だ。先日、(続投の理由について)自然な形で説明できたと思う。1月には悪い結果の責任を感じ、身を引くのが最善だと思っていた。だが、その後で会長や(SDの)デコ、クラブ、そして特に選手たちからの信頼を目の当たりにしたんだ」


PR
関連ニュース

昨季FA杯決勝で大活躍のギュンドアン、古巣にエール 「カップをマンチェスターの青い側に」

バルセロナのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが古巣のFAカップ2連覇を期待している。マンチェスター・シティの公式サイトが伝えた。 昨シーズンはプレミアリーグ3連覇やチャンピオンズリーグ(CL)初優勝に加え、FAカップも制したシティ。トレブル(3冠)達成の偉業を成し遂げた。 続く今シーズンはプレミアリーグで前人未到の4連覇を達成したほか、FAカップでも2年連続の決勝進出。タイトルを争う相手はまたも宿敵マンチェスター・ユナイテッドで、25日に決戦に臨む。 昨シーズンのFAカップ決勝で2得点を挙げ、タイトル獲得の立役者となった当時の主将ギュンドアンは「あの日のことはとても良い思い出だ」と1年前の出来事を回想。事の重大さを語っている。 「2023年のFAカップ決勝は、僕のお気に入りの瞬間リストの上位にランクインし続けるだろう。それは間違いない。あの象徴的なスタジアム(ウェンブリー・スタジアム)で最大のライバルを破り、世界のサッカー界で最も名誉あるトロフィーの1つを獲得し、歴史を作ったのだから」 「もちろん、この試合がファンにとってどれほど重要なものかは僕らもわかっていたし、試合前にそのことについて話し合っていた。試合後にファンと一緒に祝ったことは、僕にとって一生忘れられない思い出だ」 また、現在はバルセロナの一員のギュンドアンだが、当然古巣シティの勝利を期待。FAカップ2連覇を願った。 「観戦するかって? 当然だよ。バルセロナがセビージャと対戦するのは次の日の夜だからね」 「シティが2年連続で2冠を達成できるというのは信じられない話だ。僕の予想では、シティがリーグ優勝の勢いに乗り、ユナイテッドを2-0で破るだろう」 「当然僕は選手たちを応援するつもりだし、FAカップをマンチェスターの青い側に留めておいてほしい」 「選手たちが最高のパフォーマンスを発揮し、この偉大なサッカークラブにとって忘れられない新たな1日となることを願っている」 2024.05.25 13:37 Sat

二転三転でチャビ解任のバルセロナ、フリック招へいが確実に

来季のバルセロナはハンジ・フリック氏(59)を新監督にスタートするようだ。 バルセロナでは今年1月にチャビ・エルナンデス監督が今季限りでの辞任を表明したが、ジョアン・ラポルタ会長の説得も相まって、4月に来季続投の運びに。だが、今月中旬にチャビ監督がクラブの財政事情に口を出すと、この発言が会長の怒りを買い、24日に退任が決定した。 二転三転しての監督交代となるバルセロナだが、チャビ監督が最初に辞任意思を示したタイミングから、フリック氏が後任として噂に。そして、このたびにチャビ監督が解任されると、元ドイツ代表指揮官を招へいしようとする動きが取り沙汰され、今や就任が濃厚視されるところだ。 そのなか、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏は確定時の「Here we go」という決まり文句とともに、フリック氏のバルセロナ指揮官就任決定を主張。交渉はすでにまとまり、代理人のピニ・ザハヴィ氏が2026年までの2年契約を承認したという。 なお、フリック氏はバルセロナを率いるにあたり、スタッフとして2人のドイツ人アシスタントを連れていくようだ。 2024.05.25 12:45 Sat

「親愛なるクレたちへ」…撤回から一転の解任劇、チャビ氏がメッセージ

バルセロナ指揮官を辞するチャビ・エルナンデス氏がファンにメッセージを発信した。 今年1月に成績不振を理由にシーズン終了後の辞任意向を明らかにしたチャビ氏。そこからチームの復調にジョアン・ラポルタ会長の続投要請も相まって、4月に翻意して来季も指揮が決まったが、一転して退任の運びとなった。 今月中旬にクラブの財政面を突いた発言がラポルタ会長の逆鱗に触れ、異例の解任劇となるチャビ氏は26日に敵地で行われるラ・リーガ最終節のセビージャ戦がラストマッチとなるなか、自身のインスタグラムに別れの言葉を綴った。 「親愛なるクレたちへ、バルサのベンチで過ごす時間は日曜日で終わる。人生のクラブを離れるのは決して簡単じゃないが、第二の家族のようなドレッシングルームの長を2年半を務められ、非常に誇りに思う」 「常に側にいてくれ、選手時代と同じように愛情を注いでくれたファンの応援に感謝したい。日曜日が終わればオリンピック・スタジアムで、数カ月後のカンプ・ノウで、スタンドにいるファンの1人になる」 「私も選手や監督である前にバルセロナのサポーターであり、生涯のクラブのベストだけを望むのだから。素晴らしい選手、スタッフと働き、彼らのおかげで、昨季はリーグとスーパーカップを制する最高の結果を残した」 「今季は思うようにいかなかったが、懸命に働き、ラ・マシアからバルセロナのファンをワクワクさせる新世代の若き選手を育てられた」 「本当にありがとう。ファン、選手、スタッフ、職員、会長、理事会、スポーツディレクター、メディア、そしてこの2シーズン半をともに歩んだすべての人に。心のクラブの幸運を祈る。バルサ万歳」 2024.05.25 09:15 Sat

バルサがチャビ監督を解任…一時は続投決定も不信感募る

バルセロナは24日、チャビ・エルナンデス監督(44)の今シーズン限りでの解任を発表した。26日に行われるラ・リーガ最終節のセビージャ戦が最後の指揮となる。 なお、トップチームの新体制については数日以内に発表される。 現役時代にバルセロナの絶対的な司令塔として君臨したチャビ監督は、2021年11月にロナルド・クーマン前監督の後任として古巣に指揮官として復帰。就任1年目は厳しい財政事情のなか、若手を中心とした堅実なやり繰りを見せ、ラ・リーガ2位フィニッシュに導いた。 積極補強を敢行した昨シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)で早期敗退となるも、4シーズンぶりのラ・リーガ制覇を達成。スーペル・コパ・デ・エスパーニャのタイトルも獲得した。 3年目の今シーズンはCLこそグループステージ首位通過を決めたが、不安定な戦いが続き、ビジャレアル相手に3-5の大敗を喫した1月には今シーズン限りでの辞任を表明。それでもジョアン・ラポルタ会長からの続投要請に応じ、来シーズンも指揮を執ることになっていた。 結局ラ・リーガのタイトルはレアル・マドリーに譲り、CLもベスト8敗退となったなか、チャビ監督は16日に行われたラ・リーガ第36節のアルメリア戦前の記者会見でクラブの苦しい財政状況に対する不満を吐露。クラブ側がこれに不信感を抱き、一転して続投が白紙の方向へと傾いていた。 当初はセビージャ戦後に解任発表が行われると見られていたが、セビージャ戦前の正式発表に。チャビ監督の解任には多額の違約金が必要と見られている一方、後任候補の元ドイツ代表指揮官のハンジ・フリック氏(59)と2年契約で合意したと報じられていた。 2024.05.24 21:11 Fri

【ラ・リーガ最終節プレビュー】上位争い&残留争い決着…個人賞にスポットライト当たる今季最終戦に

先週末に行われた第37節の結果、2位争いやヨーロッパ出場権争い、カディスの降格決定で残留争いも完全決着。最終節を前にリーグテーブルの大枠の争いが決着し、この最終戦は個人賞の争いや退団が発表されているレジェンドとの別れにスポットが当たる。 来週末にドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えるレアル・マドリーは、その大一番に向けた調整試合として7位のベティスと対戦。また、この試合はユーロ2024での現役引退を発表したMFクロース、今季限りでの退団が決定したカピタンのDFナチョのホーム最終戦という意味合いがある。前節はビジャレアル相手に一時3点差を付けながらも追いつかれて4-4のドローに終わっており、主力を起用する中で守備面の修正を図りたい。トップと4ゴール差のMFベリンガムのピチーチ獲得は厳しいが、個人賞も意識しつつ良い形で決戦の地ウェンブリーに向かいたい。 前節、MFペドリのドブレーテの活躍によって2位を確定させたバルセロナ。ただ、今週に入ってクラブ内ではチャビ監督解任が濃厚となり、すでに後任としてハンジ・フリック氏との合意も報じられている。そのため、サンチェス・ピスフアンに乗り込む13位セビージャとの一戦が現体制でのラストマッチとなる。また、DFカンセロやFWフェリックスといったレンタル組を含め数人の選手が去る可能性が高く、そういった選手たちのラストダンスにも注目だ。 カード的にビッグマッチとなるのは、6位のレアル・ソシエダと、4位のアトレティコ・マドリーの上位対決だ。ソシエダは前節、ベティスとの直接対決を2-0で制してヨーロッパリーグ(EL)出場権確保に成功した。ただ、MF久保建英は9試合ぶりに出場なしに終わった。これで目標のひとつに挙がっていたリーグ2桁ゴール到達には、最終節で3ゴールが必要と厳しい状況だ。週明けにはチームと共に日本へ帰還となる中、今季最終戦では難敵相手のホームゲームで見せ場を作れるか。 対するアトレティコはシーズン最終盤で最大の目標だったトップ4フィニッシュを確定。だが、ホーム最終戦となった前節は格下オサスナ相手に1-4の惨敗。せっかくの良いムードに水を差す形となった。その大敗からのバウンスバックを図る最終戦ではDFエルモソやFWデパイ、FWモラタといった退団の可能性が報じられる選手のプレーにも注目したい。 個人賞で最も大きな注目が集まるピチーチ賞では、レアル・マドリー戦でポーケルを達成する活躍で一気にトップに躍り出たビジャレアルFWセルロートが23ゴールで初タイトルに近づく。それを2ゴール差で追うジローナFWドフビク、前述のベリンガム辺りまでチャンスがありそうだ。 また、スペイン人最多得点者に与えられるサラ賞は、長期離脱中のヘタフェFWマジョラル、直近のベティス戦でゴールを挙げたアトレティコFWモラタが15ゴールで並び、その下の14ゴールにアスレティックFWグルセタ、13ゴールのバレンシアFWウーゴ・ドゥロといった選手がこの最終節で争うことになる。 サモラ賞争いはアスレティックGKウナイ・シモン(0.94)、ソシエダGKレミロ(0.97)が僅差で争う中、指揮官の起用法を含めてバスクの両雄の守護神のパフォーマンスに注目だ。 その他ではこれがプリメーラ最後の戦いとなる降格組、アスレティックのカピタンのMFムニアインといった各クラブレジェンドのラストダンスも必見だ。 《ラ・リーガ最終節》 ▽5/24(金) 《28:00》 ジローナ vs グラナダ ▽5/25(土) 《21:00》 オサスナ vs ビジャレアル 《23:15》 レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー 《25:30》 アルメリア vs カディス ラージョ vs アスレティック・ビルバオ 《28:00》 レアル・マドリー vs ベティス ▽5/26(日) 《21:00》 ヘタフェ vs マジョルカ 《23:15》 セルタ vs バレンシア ラス・パルマス vs アラベス 《28:00》 セビージャ vs バルセロナ 2024.05.24 19:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly