「さらに特別なこと」12度目のリーグ・アン優勝、PSGの会長がチームを称える「非常に団結力があった」

2024.04.29 13:15 Mon
リーグ優勝を喜ぶアル・ケライフィ会長
Getty Images
リーグ優勝を喜ぶアル・ケライフィ会長
パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、リーグ・アン優勝にコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。
PR
PSGは27日にリーグ・アン第31節でル・アヴールと対戦。3-3のドローに終わっていた。
2位につけるモナコは28日にリヨンと対戦。すると、3-2で敗れ、PSGとの勝ち点差が12に広がり、残り3試合での逆転が不可能となり、PSGの12度目のリーグ・アン優勝が決定した。

試合がない中での優勝決定。アル・ケライフィ会長は優勝を喜び、選手やルイス・エンリケ監督、スタッフ、そしてファン・サポーターへ感謝した。

「大会で優勝することは素晴らしいことだが、パリ・サンジェルマンに関わる全ての人にとって、リーグ・アンで12回目の優勝はさらに特別なことだ」
「全ての選手、ルイス・エンリケ監督とそのスタッフ、ルイス・カンポスと彼の部門、そしてクラブのメンバー全員におめでとうと言いたい」

「シーズンが始まって以来、チームには非常に団結力があり、団結していた。結果がどうであれ、素晴らしいサポーターの皆さんのことは忘れない」

「我々はファミリーとしてこの瞬間を楽しむつもりだ。そして、シーズン最後の瞬間まで、1試合1試合ハードワークを続ける」

PR
関連ニュース

デンベレ&ファビアン・ルイス弾で逃げ切ったPSGが国内2冠を達成!【クープ・ドゥ・フランス】

クープ・ドゥ・フランス決勝のリヨンvsパリ・サンジェルマン(PSG)が25日に行われ、1-2でPSGが勝利。この結果、PSGが3大会ぶり15度目の優勝を飾った。 12大会ぶり6度目の優勝を目指すリヨンと、3大会ぶり15度目の優勝を目指すPSGによる決勝戦。 リーグ・アン3連覇を達成し国内2冠を目指すPSGは、リーグ最終節のメス戦のスタメンからメンデスとベラウド以外の9人を変更。ムバッペやデンベレ、ザイール=エメリ、マルキーニョスら現状のベストメンバーで試合に臨んだ。 立ち上がりから攻勢を続けるPSGは4分、ファビアン・ルイスとのパス交換でボックス左から侵入したバルコラがチャンスを迎えたが、シュートはGKペッリが左手一本でセーブ。直後の5分には、ハキミの高速クロスからザイール=エメリに決定機が訪れたが、これもGKペッリの好セーブに阻まれた。 その後もリヨンを圧倒するPSGは左サイドでのメンデスを起点とした内と外のパスの出し入れでリヨン守備陣を揺さぶると、22分にメンデスの左クロスをゴール右手前にフリーで走り込んだデンベレがヘディングシュートを叩き込み、先制に成功。 さらに34分には、左クロスを流れたボールをボックス右深くで拾ったデンベレがクロスを供給すると、ゴール左手前のファビアン・ルイスがヘディングシュート。これはDFオブライエンにブロックされたが、こぼれ球を再びファビアン・ルイスがゴールに押し込んだ。 2点リードで前半を終えたPSGだったが、迎えた後半は立ち上がりに失点する。55分、シェルキの右CKをボックス中央で競り合ったオブライエンにヘディングで叩き込まれた。 1点を返されたPSGは64分にもセットプレーからピンチを迎えたが、タグリアフィコのヘディングシュートはGKドンナルンマがファインセーブで阻止した。 一進一退の展開が続くなか、再びチャンスを作ったのはリヨン。77分、ヌアマの右CKゴール前のオブライエンが頭で合わせたが、このシュートはゴール右に外れた。 結局、試合はそのまま2-1でPSGが勝利。前半の2ゴールで逃げ切ったPSGが3大会ぶり15度目のクープ・ドゥ・フランス優勝を飾り、国内2冠を達成した。 2024.05.26 06:05 Sun

コスタリカ守護神ナバスがPSG退団に続いて代表引退を決断…コパ・アメリカ前に表明

パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(37)が代表引退を表明した。アメリカ『ESPN』が取り上げている。 クラブレベルのなかでレアル・マドリーというメガクラブでもプレーし、代表では2008年からキャリアを紡ぐナバス。16年間の代表キャリアで114試合のキャップ数を誇り、2014年のブラジル大会から3度のワールドカップ(W杯)出場を数える。 つい最近、PSGと契約切れとなる今季限りでの退団を公表したばかりのナバスだが、今度は自身のインスタグラムを通じてビデオメッセージで代表からの引退を明らかにした。 「キャリアのこの章が終わりを迎える。感謝の気持ちでいっぱいだし、常に前を向き、愛するコスタリカの名を背負って去る」 「ほろ苦い感情で、消化し難いけど、このステージは終わり。でも、これは今後も僕らの道が交差し続けるから、別れではなく、また会おうだ」 なお、6月20日にアメリカでコパ・アメリカ2024が開幕し、コスタリカも出場するが、ナバスは出場しないとみられる。 2024.05.24 12:35 Fri

南野拓実がフランス大手『レキップ』の年間ベストイレブン選出! 飛躍の2年目は9ゴール6アシストで2位フィニッシュに貢献

モナコの日本代表MF南野拓実がフランス『レキップ』のベストイレブンに選出された。 パリ・サンジェルマン(PSG)の3連覇、12度目の優勝で2023-24シーズンを終えたリーグ・アン。南野が所属するモナコは2位でフィニッシュ。リール、ブレスト、ニースと続いた。 フランスの大手メディアである『レキップ』は2023-24シーズンのベストイレブンを発表。南野が左サイドハーフとして選出された。 チームとしても躍進したモナコだが、南野も苦しみ続けた1年目とは大きく変わり、2年目の今シーズンは躍動。リーグ・アンでは30試合で9ゴール6アシストを記録し、チームの2位躍進に貢献していた。 『レキップ』はシーズンを通した南野に平均「6.08」の採点をつけていた。 「シーズン好調なスタートを切ったあと、秋には低迷期を迎えた。しかし、日本人はよく挽回し、ファイティング・スピリットととても良いフィニッシュを組み合わせた」 「アディ・ヒュッター率いるチームが2位を確保するのに十分すぎるとはいえないが、9ゴール6アシストという成績でシーズンを終えた」 2年目でフランスのサッカーにも慣れ、ヒュッター監督という理解してくれる監督がいたことは大きな転機となったはず。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)でもその活躍を見せてもらいたいものだ。 なお、ベストイレブンにはPSGからイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、フランス代表FWキリアン・ムバッペが選出。モナコからは、南野の他に、ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン、U-23フランス代表MFマゲネス・アクリウシェが選出されている。 <span class="paragraph-subtitle">◆『レキップ』選定のベストイレブン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/fom2024ligue1_best11_tw.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン) DF アクラフ・ハキミ(パリ・サンジェルマン) ダンテ(ニース) リリアン・ブラシエ(ブレスト) メルヴァン・バール(ニース) MF ピエール・レース=メル(ブレスト) アレクサンドル・ゴロビン(モナコ) ロマン・デル・カスティージョ(ブレスト) マゲネス・アクリウシェ(モナコ) 南野拓実(モナコ) FW キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) 2024.05.23 18:40 Thu

マルテンスが31歳でオランダ女子代表引退…女子ユーロ2017の初優勝に貢献

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWリーケ・マルテンス(31)が、オランダ女子代表からの引退を発表した。 マルテンスは21日、自身のX(旧ツイッター)を通じて「苦しい気持ちと共に別れを告げることはわかっています」と、 5月31日と6月4日に開催される女子ユーロ2025予選のフィンランド戦の2試合を最後に代表を引退する意向を明かした。 ローゼンゴード、バルセロナ、PSGとヨーロッパの強豪クラブで活躍してきたマルテンスは、2011年8月に行われた中国女子代表戦でオランダのA代表デビュー。以降は158試合に出場し、62ゴールを記録。 女子ユーロ2017での初優勝や2019年の女子ワールドカップ準優勝に貢献し、2017年にはバルセロナと代表での活躍が評価され、UEFA女子年間最優秀選手賞、FIFA女子年間最優秀選手賞も受賞していた。 2024.05.22 15:52 Wed

人気銘柄シャビ・シモンズにバイエルンが関心も…まずは指揮官決定が必要に

バイエルンはパリ・サンジェルマン(PSG)のオランダ代表MFシャビ・シモンズ(21)獲得に関心を示すも、大きな課題があるようだ。 バルセロナのカンテラに所属していた頃から、その将来を嘱望されてきたシャビ・シモンズ。10代半ばで移籍したPSGでは苦戦するも、2022-23シーズンに完全移籍したPSVでは大活躍したことで買い戻され、今季はRBライプツィヒへレンタル移籍していた。 ブンデスリーガ初挑戦となった今シーズンも主力として躍動。ブンデスリーガ32試合8ゴール13アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)8試合2ゴール2アシストの成績を残しており、欧州屈指のタレントに成長を遂げている。 今夏にはPSG復帰、ライプツィヒでのレンタル延長、古巣であるバルセロナ移籍などさまざまな選択肢があるシャビ・シモンズ。そして、ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとバイエルンもまた獲得を真剣に狙っているようだ。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるマックス・エベール氏は、かねてより同選手を高く評価。今シーズン、レバークーゼンに奪われた王座を取り戻すため、必要なタレントだと考えているという。 ただし、シャビ・シモンズは6月のユーロ2024開催前に自身の去就を決断したいと考えており、これがバイエルンにとっては痛手となる模様。クラブは今年2月にトーマス・トゥヘル監督の今季限りの退任を発表しながら、いまだ後任が定まっておらず、まずは指揮官を決定する必要がある。 現在は、バーンリーのヴァンサン・コンパニ監督と話し合いの場を設けていると報じられるバイエルン。シャビ・シモンズが去就を決断する前に指揮官を決め、獲得に動き出せるかが注目される。 2024.05.21 13:20 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly