現役時代は稲本潤一ともプレー、フルアムの“レジェンド”ボア・モルテ氏が今季限りで退団…ギニアビサウ代表監督就任へ

2024.03.20 11:10 Wed
フルアムでコーチを務めているボア・モルテ氏
Getty Images
フルアムでコーチを務めているボア・モルテ氏
フルアムは19日、クラブOBでもあり、現在はファーストチームでコーチを務めるルイス・ボア・モルテ氏(46)が今シーズン限りで退団し、ギニアビサウ代表の監督に就任することを発表した。

スポルティングCPの下部組織で育ったボア・モルテ氏は、スポルティングの他、アーセナル、サウサンプトン、フルアム、ウェストハムなどでプレーした。
元日本代表MF稲本潤一とはフルアム時代のチームメイトであり、オールドファンであれば名前を聞いたことがあるかもしれない。左ウイングを主戦場としたポルトガル代表FWで、代表通算28試合1ゴール。プレミアリーグでは296試合で29ゴールを記録していた。

2013年1月に引退すると、スポルティングの下部組織の監督やアーセナルでスカウトを務めることに。2019年7月にマルコ・シウバ監督のアシスタントコーチとしてエバートンで仕事を始めると、2021年7月からはマルコ・シウバ監督と共にフルアムで働いていた。

フルアムでは通算250試合54ゴールを記録しており、クラブのレジェンド的存在。「フルアムの全員がボアの復帰後の働きに感謝し、ルートン・タウンとのシーズン最終戦後に退団するボアの次の章の幸運を祈っている」とエールを送っている。

ルイス・ボア・モルテの人気記事ランキング

1

現役時代は稲本潤一ともプレー、フルアムの“レジェンド”ボア・モルテ氏が今季限りで退団…ギニアビサウ代表監督就任へ

フルアムは19日、クラブOBでもあり、現在はファーストチームでコーチを務めるルイス・ボア・モルテ氏(46)が今シーズン限りで退団し、ギニアビサウ代表の監督に就任することを発表した。 スポルティングCPの下部組織で育ったボア・モルテ氏は、スポルティングの他、アーセナル、サウサンプトン、フルアム、ウェストハムなどでプレーした。 元日本代表MF稲本潤一とはフルアム時代のチームメイトであり、オールドファンであれば名前を聞いたことがあるかもしれない。左ウイングを主戦場としたポルトガル代表FWで、代表通算28試合1ゴール。プレミアリーグでは296試合で29ゴールを記録していた。 2013年1月に引退すると、スポルティングの下部組織の監督やアーセナルでスカウトを務めることに。2019年7月にマルコ・シウバ監督のアシスタントコーチとしてエバートンで仕事を始めると、2021年7月からはマルコ・シウバ監督と共にフルアムで働いていた。 フルアムでは通算250試合54ゴールを記録しており、クラブのレジェンド的存在。「フルアムの全員がボアの復帰後の働きに感謝し、ルートン・タウンとのシーズン最終戦後に退団するボアの次の章の幸運を祈っている」とエールを送っている。 2024.03.20 11:10 Wed

フルアムの人気記事ランキング

1

パリーニャ売却のフルアム、ユナイテッドMFマクトミネイ獲得にトライ…約35億円オファーは不発も諦めず

フルアムがマンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(27)の獲得に挑戦しているようだ。 今夏は中盤の要、ポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)をバイエルンへ売却したフルアム。クラブレコードとなる移籍金4600万ユーロ(約78億8000万円)+ボーナスを得ることになったが、この資金の使い方が新シーズンの戦いに向けた肝となる。 イギリス『スカイ・スポーツ』のライアル・トーマス記者によると、フルアムは以前も噂されていたマクトミネイへの関心が再燃。また、トッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュア(28)や、フルミネンセのブラジル代表MFアンドレ(23)も選択肢に入れているという。 なかでもマクトミネイは有力候補のようで、ユナイテッドに推定1700万ポンド(約34億7000万円)のオファーを提示。これは拒否されたが、2度目のオファーも検討中とのことだ。 ユナイテッド下部組織出身のマクトミネイは、レギュラーの地位こそ確立できていないものの、得点力のあるボックス・トゥ・ボックスとしてチームに貢献。2023-24シーズンは公式戦43試合に出場し、10ゴール3アシストを記録していた。 なおユナイテッドとの契約は2025年6月まで。1年の契約延長オプションも付帯する。 2024.07.17 21:53 Wed
2

去就揺れるマクトミネイだが…指揮官テン・ハグ「チームにとって重要な選手から残したい」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がスコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(27)の去就を語った。 今夏の補強に励むなか、オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)とU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)を射止めたユナイテッド。続いて、パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表MFマヌエル・ウガルテ(23)を新たな中盤として狙うなかで、ブラジル代表MFカゼミロか、マクトミネイの売却でスペース作りが取り沙汰される。 最近ではガラタサライのほか、同じくプレミアリーグからフルアムやトッテナムの関心が囁かれるなど、ユナイテッドでの将来が揺らぐ状況だが、イギリス『インデペンデント』によると、テン・ハグ監督は「我々には優秀な選手が揃っているわけだから、他クラブから常に関心を持たれるもの」とし、戦力として計算する選手と主張した。 「1シーズンで10ゴールを決め、スコットランド代表でも良い成績を残せば、関心も集まる。だが、我々は彼を残したい。チームにとって重要な選手だからだ。昨季、我々に6番がいれば、彼が貢献できるのを目にした。より前の役割でもプレーできるし、我々のチームにとっても興味深い選手だ」 昨夏も移籍話が取り沙汰されながら、下部組織時代から過ごすユナイテッドにとどまったマクトミネイは公式戦43試合で10得点3アシストの活躍を披露。シーズン当初こそ出番を待つ日々が続いたが、ケガ人続きのチーム事情も追い風となり、最終的にボックス・トゥ・ボックスMFとして光った。 2024.07.22 13:00 Mon
3

苦境カルヴァン・フィリップスは今夏移籍へ? プレミア複数クラブが関心か

マンチェスター・シティのイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(28)には、プレミアリーグのクラブから関心があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2022年夏に、リーズ・ユナイテッドから4500万ポンド(約90億2000万円)の移籍金でシティに加入したフィリップス。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督のチームではフィットに苦しんだこともあり、今年1月にウェストハムへレンタル移籍となった。 しかし、復活を期して加入したウェストハムでも8試合の出場に終わるなど、大きなインパクトは残せず。当然、ウェストハムに買い取る意思はなく、今夏シティへ復帰となっている。 苦しい時期を過ごすフィリップスに対しては、かねてよりエバートンが関心。ベルギー代表MFアマドゥ・オナナをアストン・ビラに引き抜かれ中盤の補強が急務となっているが、財政難もありレンタルでのオファーが精一杯になるようだ。 その他、ポルトガル代表MFジョアン・パリーニャがバイエルンへ移籍したフルアムも関心を示している模様。こちらはまだ具体的なオファーを準備してはいないものの、フィリップスの状況を注視しているとのことだ。 中々リーズ時代の輝きを取り戻せず、ユーロ2024への参加も逃してしまったフィリップス。今夏の移籍市場では今度こそ輝ける新天地を見つけられるかが注目される。 2024.07.24 11:55 Wed
4

アーセナルがスミス・ロウへの61億円のオファー拒否も…フルアムは諦めず再オファー準備中か

フルアムがアーセナルのイングランド代表MFエミール・スミス・ロウ(23)に向けて、2度目のオファーを検討しているようだ。 スミス・ロウはアーセナルのアカデミー出身。2021-22シーズンにはプレミアリーグで二桁ゴールの活躍を見せたこともあるが、近年は負傷もあって序列を落としており、昨シーズンは公式戦19試合に出場するもプレミアリーグでの先発はわずか3試合に終わった。 こうした状況もあり、今夏の移籍が濃厚とされているスミス・ロウ。そんな中でイギリス『デイリー・メール』によると、フルアムが3000万ポンド(約61億5000万円)+ボーナスのオファーを提示したとのことだ。 アーセナルはこのオファーをすぐさま拒否。それでもフルアムは諦めることなく、現在は条件を改善した2度目のオファーを準備中と報じられている。 2026年夏までアーセナルとの契約を残すスミス・ロウには、クリスタル・パレスもオファーを検討中。ファンからも愛される「10番」だが、今夏移籍の可能性は日毎に高まっているようだ。 2024.07.16 13:50 Tue
5

バイエルンがポルトガル代表MFパリーニャを完全移籍で確保! 4年契約締結、移籍金は80.6億円でフルアムのクラブレコードに

バイエルンは11日、フルアムのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。 パリーニャは2022年7月にスポルティングCPからフルアムに加入。2022-23シーズンはプレミアリーグで35試合に出場し3ゴールを記録。FAカップでも5試合で1ゴールを記録していた。 2023-24シーズンは、プレミアリーグで33試合に出場し4ゴールを記録。2シーズンで公式戦79試合に出場し8ゴールを記録していた。 ポルトガル代表としてユーロ2024にも参加。チームは敗退した中、移籍が決定。これまでポルトガル代表通算31試合で2ゴールを記録していた。 トーマス・トゥヘル監督が2023-24シーズン限りで退任し、ヴァンサン・コンパニ監督が新たに就任したバイエルン。選手補強に動く中、1年越しにパリーニャの獲得に動き、成就させることとなった。 なお、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は4600万ユーロ(約80億6000万円)にボーナスがつくとのこと。フルアムにとってはクラブレコードとなる移籍金だという。 パリーニャはクラブを通じてバイエルン移籍の喜びを露わにしている。 「人生で最も幸せな日の1つだ。今、僕はヨーロッパのトップクラブの1つでプレーする。これは僕にとって夢の実現であり、とても誇りに思っている」 「アリアンツ・アレーナの雰囲気とファンを楽しみにしている。バイエルンで成功を味わい、タイトルを獲得したい。全力を尽くす」 2024.07.11 17:22 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly