「あらゆる努力をするつもり」、グリーズマンがパリ五輪参戦を熱望

2024.02.22 07:30 Thu
グリーズマンがパリ五輪参戦を熱望
Getty Images
グリーズマンがパリ五輪参戦を熱望
アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(32)が、自国開催となるパリ・オリンピック参戦希望を明言した。
PR
以前からパリ五輪参戦へ意欲を示してきたグリーズマン。しかし、フランス代表のユーロ2024本大会行きが決定したこともあり、今夏に2つのメジャートーナメントに参加することはより困難な状況に。
とりわけ、32歳という年齢を考慮すれば、保有元のアトレティコが選手派遣に強制力がない五輪にエースを送り出すことを拒否する可能性は高いと考えられる。

それでも、3名のオーバーエイジ枠の有力候補の一人に挙がるレ・ブルーの絶対的主力は、フランス『Le Monde』で五輪参戦希望を明言している。

「パリ大会に出場するためにあらゆる努力をするつもりだ。パリでオリンピックが開催されるのは特別なことだからね」
「しかるべきタイミングで(アトレティコの)経営陣と話し、自分を送り出してくれるかどうかを確認するつもりだよ」

さらに、危惧される負傷リスクに関しては「自分の身体をよく理解している」、「僕らにはトップレベルのフィジオがいるし、心配する必要はない」と、その不安を一蹴している。

現状ではフランスサッカー連盟(FFF)がアトレティコに対して、何らかの便宜を図らない限りグリーズマンのパリ五輪参戦は難しいと思われるが、仮に同選手の参加が決定した場合、自国開催での大会初優勝の可能性は大きく高まることになる。

PR
関連ニュース

「ほとんど理仁のゴール」貴重な先制ゴールのDF木村誠二、謙虚さを見せて課題を口に「突き詰めれば直せるところもある」

U-23日本代表のDF木村誠二(サガン鳥栖)が、U-23UAE代表戦を振り返った。 19日、AFC U23アジアカップのグループB第2節で日本はUAEと対戦した。 引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本。初戦のU-23中国代表戦では苦しんだ中、1-0で勝利。連勝を目指した中、27分に木村がヘディングで先制ゴールを奪う。 試合をコントロールし、何度となくチャンスを作る中で生かせなかった日本。それでも66分には川﨑颯太がヘディングで追加点。0-2で勝利し、グループステージ突破を決めた。 試合後のフラッシュインタビューに応じた木村。中国戦はスクランブルで登場したが、この試合では先発フル出場。意識したことについて「今日も相手のFWがヘディングが強いということで、常に1人がチャレンジして、1人がカバーするということを(鈴木)海音と共有していました」とコメント。コンビを組むDF鈴木海音(ジュビロ磐田)と良い連係をとっていたようで、「サイドバックのセキ(関根大輝)と(大畑)歩夢もよくやってくれたと思います」と、関根大輝(柏レイソル)、大畑歩夢(浦和レッズ)も良かったとした。 そんな中、得意の空中戦でこの世代で初ゴールを記録。「(山本)理仁から良いボールが来て当てればゴールになるボールだったので、ほとんど理仁のゴールです」と、クロスを入れたMF山本理仁(シント=トロイデン)のクロスを称えた。 これでグループステージは突破。あとはパリ五輪の切符を掴むのみ。伸ばしたいところについては「今日は少し攻撃の部分で相手のプレスに苦しんで簡単に蹴ってしまったり、上手く下からビルドアップできなかった」と、攻撃面での改善が必要だとコメント。「守備も全然良かったわけではなく、僕はヘディングも前であまり当てられていないですし、後半頭も危なかったので、突き詰めれば直せるところもあって、そこを直せた時にもう1つ上に行けると思うので、練習からみんなでまた声掛けして上手く修正できればと思います」とコメント。満足せず、常に高みを目指すとした。 なお、第3戦のU-23韓国代表戦は、22日の22時キックオフ。テレビ朝日とDAZNで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】見事なクロスを木村誠二が高さを見せて先制ヘッド!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1EefQS2Fn5I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】川﨑颯太がニアサイドに飛び込んでヘッド!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="6szKZgZWz1A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 08:15 Sat

「どこに立ったら嫌かを常に考えた」右サイドで大きな存在感を見せているDF関根大輝、更なる高みへ「上手く順応しながら高いレベルに」

U-23日本代表のDF関根大輝(柏レイソル)が、U-23UAE代表戦を振り返った。 19日、AFC U23アジアカップのグループB第2節で日本はUAEと対戦した。 引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本。初戦のU-23中国代表戦では苦しんだ中、1-0で勝利。連勝を目指した中、27分に木村誠二がヘディングで先制ゴールを奪う。 試合をコントロールし、何度となくチャンスを作る中で生かせなかった日本。それでも66分には川﨑颯太がヘディングで追加点。0-2で勝利し、グループステージ突破を決めた。 右サイドバックとして2試合連続でフル出場を果たした関根。試合後のフラッシュインタビューに応じ「難しいゲームでしたけど、チャンスが多くある中、前半に1点取ることができて、2-0でしたけど、しっかり勝てて良かったです」と、試合を振り返った。 右ウイングのMF山田楓喜(東京ヴェルディ)との関係が非常に良く、ワイドやインサイド、サポートのポジションなど、非常にハイレベルなパフォーマンスを披露していた。 ポジショニングについては「スカウティングの段階で、自分のところが空くということが試合前の話でもあったので、相手のウイングのポジションを見て、自分がどこに立ったら嫌かを常に考えてプレーできていました」と、分析をもとにポジションを取っていたとコメント。「右サイドの連携も良くて、良い形で崩せていけたと思います」と、山田との縦の関係にも自信を窺わせた。 今季がプロ1年目。本来であれば大学4年生だが、1年前倒してプロ入り。そこから、パリ五輪世代の右サイドバックのレギュラー争いに名乗り出ている。 まだまだ経験は少ないがこの先については「アジアの戦いは本当に難しいですし、1戦目と違って、今日の相手は足の伸び方だったりも違ってきたので、1試合1試合相手を見ながら、上手く順応しながら自分を高いレベルに上げていければと思います」とコメント。大会中にも吸収し、成長していくと誓った。 なお、第3戦のU-23韓国代表戦は、22日の22時キックオフ。テレビ朝日とDAZNで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】木村誠二が高さを見せて先制ヘッド!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1EefQS2Fn5I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】川﨑颯太がニアサイドに飛び込んでヘッド!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="6szKZgZWz1A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 07:50 Sat

「しっかり改善しなければ」連勝でGS突破のU-23日本代表、大岩剛監督は7名変更のターンオーバーに「自信を持って送り出した」

U-23日本代表の大岩剛監督が、U-23UAE代表戦を振り返った。 19日、AFC U23アジアカップのグループB第2節で日本はUAEと対戦した。 引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本。初戦のU-23中国代表戦では苦しんだ中、1-0で勝利。連勝を目指した中、27分に木村誠二がヘディングで先制ゴールを奪う。 試合をコントロールし、何度となくチャンスを作る中で生かせなかった日本。それでも66分には川﨑颯太がヘディングで追加点。0-2で勝利し、グループステージ突破を決めた。 パリ・オリンピックの出場権獲得へ、まずは最低ラインのグループステージ突破を決めた日本。大岩監督は試合後のフラッシュインタビューに応じ、より多くのゴールを決められなかったことを反省した。 「最後複数得点取れるチャンスがあったので、そういうところは次の試合に向けてしっかり改善しなければいけないと思います」 この試合では中国戦から7名を変更。中2日での過密日程、10人で長い時間戦った疲労も考慮してのターンオーバーだった。 大岩監督は「自信を持って送り出しました。選手もそれに応えてくれたので、非常に大きな1勝だと思います」とコメント。選手を入れ替えても高いパフォーマンスを見せてくれた選手たちを称えた。 また中2日で次はU-23韓国代表との一戦。全ての数値で並んでいる両者は、勝った方が1位となり、準々決勝でグループAの1位と対戦することとなる。 韓国戦に向けては「しっかり準備をして分析をして各試合に臨んでいるので、同じように3試合目も準備をして臨みたいと思います」と語った大岩監督。開催国であるU-23カタール代表との大戦を避けるべく、首位通過を掴めるのか注目だ。 なお、第3戦のU-23韓国代表戦は、22日の22時キックオフ。テレビ朝日とDAZNで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】木村誠二が高さを見せて先制ヘッド!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1EefQS2Fn5I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】川﨑颯太がニアサイドに飛び込んでヘッド!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="6szKZgZWz1A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 07:30 Sat

選手採点&寸評:U23UAE代表 0-2 U23日本代表【AFC U23アジアカップ】

19日、AFC U23アジアカップのグループB第2節、U-23UAE代表vsU-23日本代表が行われ、0-2で日本が勝利した。これでグループステージ突破は決定した。 超WSの選手採点と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/fom20240419uae_jpn_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️超ワールドサッカー<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 1 小久保玲央ブライアン 6.0 前半終盤に初仕事。鋭いシュートをしっかりとセーブ。ビルドアップ、ロングフィードも正確。プレー機会がほとんどなかった。 DF 4 関根大輝 6.5 ボックス手前から積極的なミドルシュート。攻撃にしっかり参加。山田との右サイドのコンビは脅威に。ポジション取りの妙。 5 木村誠二 6.5 当たりの強いスルタン・アディルとのマッチアップでも負けず。27分には打点の高いヘッドで初ゴール。攻守で空中戦の強さを見せた。 15 鈴木海音 6.0 ビルドアップで落ち着いたプレー。持ち運んで高い位置を効果的にとって押し込みつつ、バランスを取るプレー。アディショナルタイムにはCKからヘッドもクロスバー直撃。 21 大畑歩夢 6.5 落ち着いたプレー。こぼれ球の回収もしっかりと行い、一対一の局面でも負けない。後半は積極的に攻撃参加し、何度もチャンスを作った。 MF 6 川崎颯太 6.5 バランスを取るポジショニング。山本とポジションを入れ替えてアンカーでもプレー。後半はインサイドハーフに戻り積極的にボック付近でプレーすると貴重な追加点。 (→18 内野航太郎 -) 出場時間が短いため、採点はなし。 7 山本理仁 7.0 26分には隙を見てゴール前にクロスを入れあわやのシーン。27分には見事なアシスト。展開やゲームメイクなど攻撃面だけでなく、セカンドボールへの反応など守備も含めて出色の出来。ゲームキャプテンも務め、存在感を発揮した。 10 佐藤恵允 6.5 左サイドで精力的なプレー。26分には後方からのボールに飛び込み惜しいヘッド。ゴールが見えれば積極的にフィニッシュまで持っていく。3点目の大チャンスを不意に。 11 山田楓喜 6.0 1分経たずにファーストシュート。クロスにシュートと左足はやはり脅威。同サイドの関根との関係も良好で高いパフォーマンス。 (→20 平河悠 5.5) 右サイドに入った中で守備で奮闘。多くはなかったが、仕掛けた時にはチャンスを生み出す。 13 荒木遼太郎 6.5 20分にはGKの意表を突くシュートがクロスバー直撃。華麗にゴールを決めたが直前のオフサイドで取り消し。プレスやボックス付近でのプレーなど調子の良さを見せた。 (→17 松木玖生 5.5) 強度の高さは短い時間でもしっかり発揮。86分にはカウンターから決定機もGK正面。 FW 9 藤尾翔太 6.0 体を張ったプレー、中と外でのプレーと特長を出す。前半は良いプレーが出せなかったが、後半はよりゴールに向かうプレーを増やしていった。 (→19 細谷真大 5.5) 87分に決定機。佐藤のグラウンダーのクロスに飛び込むもわずかに届かない。アディショナルタイムのシュートも枠の遥かに上…。フィットすることが待たれる。 監督 大岩剛 6.5 初戦から7名を入れ替えた中で、UAEの戦い方に合わせてしっかりと選手たちがプレー。積み上げてきたものをチームとして発揮させることができた。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 山本理仁(日本) 中国戦は退場者の影響で前半途中で交代。この試合ではゲームキャプテンとしてフル出場し、展開、ゲームメイクで出色のパフォーマンス。先制ゴールもアシストし、中盤で攻守にチームを支えた。 U-23UAE代表 0-2 U-23日本代表 【得点者】 0-1:27分 木村誠二(日本) 0-2:66分 川﨑颯太(日本) <span class="paragraph-title">【動画】木村誠二が高さを見せて先制ヘッド!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1EefQS2Fn5I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】川﨑颯太がニアサイドに飛び込んでヘッド!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="6szKZgZWz1A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 02:48 Sat

木村&川崎弾のU-23日本代表が連勝でグループステージ突破! 22日に首位通過懸けた日韓戦【AFC U-23アジアカップ】

U-23日本代表は19日、AFC U-23アジアカップのグループB第2節でU-23UAE代表と対戦し、2-0で勝利した。 3.5枠のパリ・オリンピック出場権を懸けたアジア最終予選となる今大会。グループ上位2カ国が準々決勝に進むこととなる。 8大会連続8度目のオリンピック出場に向け、U-23中国代表との初戦を松木玖生のゴールに1-0と競り勝った大岩剛監督のチームは、中2日で連勝を狙ったUAE戦で先発7人を変更。 引き続き[4-3-3]の布陣を採用した中、GKは引き続き小久保玲央ブライアンが起用され、4バックは関根大輝が唯一継続起用となり、木村誠二、鈴木海音、大畑歩夢が新たに起用された。中盤はアンカーに山本理仁、インサイドハーフに川崎颯太、荒木遼太郎。3トップは右から山田楓喜、藤尾翔太、佐藤恵允が並んだ。 前線のターゲットマンに長いボールを入れつつ、前から圧力をかける入りを見せたUAEの出方を窺いつつ、徐々にボールを保持して攻撃に出ていく日本。開始8分には左サイドで得たFKの流れから山田楓の正確なクロスに反応した木村が良い形で競り勝つが、ゴール前でのヘディングシュートは枠を捉え切れない。 さらに、オフサイドになったものの、川崎と山田楓の京都ユースコンビの連携で際どいシーンを作り出すと、積極的に高い位置を取る関根も枠のわずか左に外れる鋭いミドルシュート。右サイドを起点に幾度も良い形を見せる。 以降は相手を押し込むことに成功した日本は、20分に大畑の左サイド深い位置でのボール奪取から荒木がクロスバーを叩く決定的なシュートを放つと、さらに山田楓のスルーパスに抜け出した荒木、山本の右クロスに反応した佐藤とボックス内で惜しいシュートを放っていく。 すると27分、左CK場面でキッカーの山田楓のクロスをファーで回収した山本がボックス右角から絶妙な左足インスウィングのクロスを入れると、ゴール前の木村が打点の高いヘディングシュート。左ポストの内側を叩いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 自分たちの流れのまま2試合連続で先制に成功した日本。これで落ち着くことなく追加点を目指して攻勢を継続する。 人もボールも良い距離感で動きながら、内と外でうまくボールを出し入れしながら相手守備に揺さぶりをかけると、山本の右クロスからゴール前に飛び込んだ関根のヘディングシュートや山田楓の左足の直接FKでゴールに迫ったが、相手守備の好守に阻まれる。 その後、前半終盤の43分にはボックス手前でアル・ブルーシに鋭いミドルシュートを枠に飛ばされたが、ここはGK小久保の好守で凌ぐ。 すると、6分が加えられた前半アディショナルタイムには川崎が馬力のあるドリブル突破からボックス内でスルタン・アリと交錯。主審は一度PKを宣告したが、オンフィールド・レビューの末にボールへのチャレンジと判断されて取り消しに。前半のうちに追加点を奪うまでには至らなかったが、試合の主導権をがっちりと掌握し、良い形で試合を折り返した。 後半も同じメンバーで臨んだ日本は、立ち上がりに右サイドを崩されてピンチを招いたが、直後に佐藤が単騎突破でボックス内に持ち込んで強烈な右足のシュートを放つなどすぐさま押し返す。 以降は藤尾が身体を張ったキープで前線で起点を作りつつ、山田楓や荒木らのコンビネーションでチャンスを創出。61分には左サイドでの崩しからボックス内の山本のシュートのこぼれ球を回収した左サイドの大畑がグラウンダーのクロスを供給。これをゴール前の荒木がワンタッチでコースを変えて右隅に流し込む。だが、オンフィールド・レビューの結果、大畑の戻りオフサイドによってゴールは取り消しとなった。 64分に山田楓を下げて平河悠を最初のカードとして投入すると、この直後に待望の2点目が決まる。左サイドで山本、荒木と繋いで佐藤のスルーパスに反応した大畑がゴールライン際から絶妙なクロスを上げると、タイミング良くDFの前に入った川崎がヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。 これで余裕を持った試合運びが可能となった日本は74分、前線で存在感を示した荒木と藤尾を下げて松木玖生、細谷真大を同時投入。全体の守備強度を維持しつつ、カウンターの脅威を強める。 敗退濃厚でややラフプレーが目立ち始めた相手に対して、リスクを避けつつフレッシュな平河や松木の個人技で3点目を狙う。 86分にはカウンターからボックス付近で細谷とパス交換した松木にビッグチャンスが舞い込むが、利き足とは逆の右足で放ったシュートはGK正面を突く。直後にも佐藤のボックス左からの折り返しから細谷に決定機も、押し込み切れない。 9分が加えられた後半アディショナルタイムでは鈴木のヘディングシュートがクロスバーを叩き、佐藤がゴール前でのフリーのシュートチャンスを逃して3点目奪取はならずも、2試合連続クリーンシートで試合を締めくくった。 この結果、2連勝の日本は最終節を前にグループステージ突破を決定。22日に行われる最終節では得失点差、総得点で完全に並ぶU-23韓国代表と首位通過を懸けた直接対決に臨む。 U-23UAE代表 0-2 U-23日本代表 【日本】 木村誠二(前27) 川崎颯太(後21) ◆U-23日本代表出場メンバー GK 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル) DF 関根大輝(柏レイソル) 鈴木海音(ジュビロ磐田) 木村誠二(サガン鳥栖) 大畑歩夢(浦和レッズ) MF 川崎颯太(京都サンガF.C.) →87分 内野航太郎(筑波大学) 山本理仁(シント=トロイデン/ベルギー) 荒木遼太郎(FC東京) →74分 松木玖生(FC東京) FW 山田楓喜(東京ヴェルディ) →64分 平河悠(FC町田ゼルビア) 藤尾翔太(FC町田ゼルビア) →74分 細谷真大(柏レイソル) 佐藤恵允(ブレーメン/ドイツ) <span class="paragraph-title">【動画】木村誠二が高さを見せて先制ヘッド!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1EefQS2Fn5I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】川﨑颯太がニアサイドに飛び込んでヘッド!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="6szKZgZWz1A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 02:38 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly