MF鈴木惇が現役引退を発表 福岡や東京V、大分や藤枝に所属し、昨季はリトアニアでプレー

2024.02.04 16:10 Sun
現役引退を発表した鈴木惇(写真は福岡在籍時)
©︎J.LEAGUE
現役引退を発表した鈴木惇(写真は福岡在籍時)
アビスパ福岡や東京ヴェルディなどでプレーしたMF鈴木惇(34)が現役引退を発表した。4日に自身のSNSで明かした。鈴木は福岡の育成組織出身で、2008年にトップチームに昇格。中盤の底を主戦場に、以降は東京V、大分トリニータ、藤枝MYFCでプレーした。
2022シーズン限りで藤枝を退団し、2023年はかつて本田圭佑もプレーしたリトアニアのスードゥヴァへ完全移籍。自身初となる海外挑戦では、リーグ戦29試合に出場し、2アシストという数字を残した。

Jリーグでは、J1通算39試合1得点、J2通算367試合29得点、J3通算58試合4得点を記録。FKでもスタジアムを唸らせてきたレフティーは、自身のインスタグラムで次のようなメッセージを残している。

「引退することにしました」
「自分がサッカー頑張った結果たくさんの素晴らしい出会いがあった。と思ってましたが、辞めると決めた今、素晴らしい出会いに恵まれたおかげで、ここまでサッカー頑張ることができた。と、出会いへの感謝の気持ちでいっぱいです」

「出会った全てのみなさま、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします」

1 2
関連ニュース

ノイアーの後釜はやはりニューベルか バイエルンとの契約更新&シュツットガルトとのローン延長が決定

バイエルンは12日、ドイツ人GKアレクサンダー・ニューベル(27)との契約を2029年6月30日まで延長に至ったと発表した。 世代別のドイツ代表歴も積み重ねるなか、2020年夏にシャルケからバイエルン入りのニューベル。若き日のマヌエル・ノイアーと同じくシャルケから引き抜かれての移籍で、将来的な後継者候補とも目されるが、翌年の夏から出番を求めてのローン移籍が続く。 モナコでの2年間で通算97試合に出場すると、今季からシュツットガルトに舞台を移し、ここまで公式戦29試合でプレー。シーズン終盤のブンデスリーガでも2位バイエルンと勝ち点60で並ぶ3位につけるチームの躍進を最後尾から支えている。 そのなか、ドイツ『ビルト』などでバイエルンとの契約を巡って延長報道が取り沙汰され、実現した格好に。バイエルンとの契約は2025年夏までだったが、新たに4年延長する形でサインした。 となれば、バイエルンでの将来が期待されるところだが、両クラブは新たに2シーズンのローン移籍で合意に達した旨を明らかにし、来季もシュツットガルトでプレーする運びに。ニューベルはバイエルンの公式サイトでコメントした。 「この決定とバイエルンが示した信頼をとても嬉しく思う。それと同時に、シュツットガルトでとても良い気分なんだ。シュツットガルトでの成功を楽しみながら、個人として次のステップを踏み出したい」 2024.04.12 19:15 Fri

ニューカッスルがジョエリントンと新たに長期契約を締結!「クラブとファンを愛している」

ニューカッスルは11日、ブラジル代表MFジョエリントン(27)との新たに長期契約を結んだことを発表した。 新契約にサインしたジョエリントンは、公式サイト以下のように喜びを語った。 「最高の気分だよ。とても幸せだし、家族も喜んでいる。ここ数年、いろんなことがあった。ニューカッスルに来たことは、僕のキャリアの中で最高の決断だった」 「このクラブでプレーするのが大好きなんだ。僕はクラブとファンを愛している。何度も話し合ったし、ずっとここにいたかった。これからも続けられることを嬉しく思っているし、これからの数年間で良い結果を残したいと思っている」 ジョエリントンは2019年夏に、ホッフェンハイムからニューカッスルへ加入。加入当初はストライカーとして起用されていたが、2021年11月に就任したエディ・ハウ監督の下では中盤起用がメインとなっており、これまで主力として公式戦180試合に出場し25ゴール15アシストを記録している。 しかし、今シーズンは度重なる負傷もあって本領発揮とはならず。1月に大腿部の手術を行った影響で現在もまだ離脱中であり、今シーズンはプレミアリーグで16試合の出場にとどまっている。 2024.04.12 07:30 Fri

RCランスがアルゼンチン代表DFメディーナと契約延長

RCランスは11日、アルゼンチン代表DFファクンド・メディーナ(24)との契約を2028年まで年長したことを発表した。 アルゼンチン屈指の名門リーベル・プレートの下部組織出身のメディーナは、母国のタジェレスでプロデビュー。アルゼンチンの世代別代表の常連だった実力者は多くのクラブの関心を集めた中、2020年夏にRCランスへ完全移籍した。 センターバックと左サイドバックを主戦場とする184cmのアスリート型のDFは、すぐにレギュラーの座を獲得するとこれまで公式戦128試合に出場し8ゴール9アシストを記録。また、2020年10月にはA代表デビューを飾っており、2021年夏に行われた東京オリンピックにもU-24アルゼンチン代表として参加していた。 2024.04.11 23:35 Thu

レッシュ監督解任の浅野ボーフム、ブッチャー氏を暫定指揮官に任命

FW浅野拓磨が所属するボーフムは9日、ハイコ・ブッチャー氏(43)を暫定指揮官に任命したことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 ボーフムは直近6試合未勝利で残留争いに巻き込まれ、自動降格圏の17位ケルンとは4ポイント差に迫られたことを受け、前日にトーマス・レッシュ監督(55)を解任していた。 ボーフムのU-19チームを率いていたブッチャー氏は2018年2月、2022年9月と過去に2度、ボーフムの暫定指揮官に就任。2試合を指揮していた。 2024.04.10 00:15 Wed

元千葉LのMF十川ゆきがSSDナポリへ加入、2人目の日本人選手に!今夏イスラエル移籍も戦闘の影響で緊急帰国

SSDナポリは9日、日本人MF十川ゆき(23)の加入を発表した。 ナポリにはすでに日本人DF小林海青が在籍。十川はクラブにとって2人目の日本人プレーヤーとなる。 JFAアカデミー福島8期生の十川は、卒業後に国内チームではなく、スペインのレアル・オビエドへ加入し、ラシン・サンタンデールを経て2022年8月にジェフユナイテッド市原・千葉レディースへと完全移籍。初のWEリーグでは2試合、WEリーグカップ1試合の出場にとどまった。 今季からはイスラエル女子1部のハポエル・ペタク・チクヴァに加入し、同国史上初の日本人女子プロサッカー選手となったが、ハマスによるイスラエル攻撃の影響を受け、リーグは中断。クラブ判断により、2023年10月にで緊急帰国していた。 晴れて新たな所属チームが決まった十川は、自身のX(旧:ツイッター)にて「残り2ヶ月、最大限に活躍できるように頑張ります」と意気込みを語っている。 ナポリはレギュラーシーズンを1勝3分け14敗と、10チーム中9位で終えた。現在は、勝ち点がそのまま持ち越される下位5チームによる2回戦総当たりのプレーオフを戦っている最中で、2試合を終えて1勝1分け。残留へ向けて歩みを進めている。 <span class="paragraph-title">【写真】水色のユニフォームに袖を通した十川ゆき</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> Il Napoli Femminile rende noto di aver ingaggiato la centrocampista mancina giapponese - classe 2000 - Yuki Togawa: benvenuta!<a href="https://twitter.com/hashtag/forzanapolisempre?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#forzanapolisempre</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/napolifemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#napolifemminile</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/serieafemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#serieafemminile</a> <a href="https://t.co/ynyBcn2Gpw">pic.twitter.com/ynyBcn2Gpw</a></p>&mdash; Napoli Femminile (@NapoliFemminile) <a href="https://twitter.com/NapoliFemminile/status/1777647511529807879?ref_src=twsrc%5Etfw">April 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.09 20:58 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly