【プレミアリーグ第23節プレビュー】アーセナルvsリバプールの上位対決! 橋岡大樹はニューカッスル戦でデビューなるか

2024.02.03 12:00 Sat
アーセナルvsリバプールの上位対決
Getty Images
アーセナルvsリバプールの上位対決
ミッドウィーク開催となった第22節ではチェルシーに完勝した首位のリバプールを始め上位陣が順当に勝ち点3を奪取。そのなかで唯一取りこぼしとなったアストン・ビラに代わって、トッテナムが久々のトップ4浮上を果たした。
PR
今冬の移籍市場が閉幕したなかで迎える第23節は、3位のアーセナルと首位のリバプールによる、5ポイント差の上位対決に大きな注目が集まる。
アーセナルは前節、ノッティンガム・フォレストとのアウェイゲームに2-1の勝利。試合の主導権こそ握っていたものの、難所での戦いに苦戦を強いられたが、FWガブリエウ・ジェズスの1ゴール1アシストの活躍によって競り勝ち2連勝を達成した。完全復調の2位マンチェスター・シティを含め、熾烈な三つ巴のリーグタイトルレースが繰り広げられるなか、勝ち点3必須の首位チームとのホームゲームで勝ち切れるか。リーグ前回対戦は1-1のドローも、直近のFAカップでは0-2の敗戦を喫しており、アルテタ監督としてはレッズを率いるクロップとのラストマッチに向けてチームとしての改善を示したいところだ。

対するリバプールは前節、チェルシー相手に4-1の完勝でリーグ4連勝を達成。90分の戦いでは公式戦7戦連続ドローと拮抗したブルーズとの対戦成績だけに堅い展開も予想されたが、DFブラッドリーの1ゴール2アシストの圧巻のパフォーマンスなどでポチェッティーノのチームを圧倒。FWヌニェスがPK失敗を含め幾度かのチャンスで決め切っていれば、それ以上の大差の勝利もあり得る素晴らしい内容だった。ロンドン勢とのタフな連戦を乗り切れば、3月初旬に控えるシティ戦まで比較的与しやすい相手との対戦が続くため、今回のシックスポインターでは最低でも勝ち点1を持ち帰りたいところ。足に軽傷を負ったFWヌニェスの状態が不安材料も数人の主力がスタートから起用可能な状態に戻っており、指揮官の用兵にも注目したい。

ライバルの取りこぼしを期待しつつ、5連勝を目指すマンチェスター・シティはマンデーナイト開催のアウェイゲームで15位のブレントフォードと対戦する。前節のバーンリー戦では再びのコンパニ監督との師弟対決となったなか、FWアルバレスの2ゴールとMFロドリのゴールによって3-1の完勝。FWハーランドの戦列復帰に、見事なサインプレーから奪ったアルバレスの2点目など実り多き勝利にグアルディオラ監督もご満悦の様子だった。FWトニーの復帰で破壊力増すビーズとのアウェイゲームは決してラクな展開とはならないはずだが、主砲の復帰後初ゴールを含め自慢の攻撃力、支配力でしっかりと押し切りたい。
アーセナルとシティを3ポイント差で追う4位のトッテナムは、18位のエバートンとのアウェイゲームで連勝を目指す。前節のブレントフォード戦では相手の思惑に嵌った前半にビハインドを含め苦戦を強いられたが、後半の選手交代と修正によって一気に3ゴールを重ねて逆転。その後、再びミス絡みの失点で追い上げられたものの、3-2の勝利で公式戦3試合ぶりの白星を手にした。スタメン復帰のMFマディソンが早速存在感を放ち、アフリカ・ネーションズカップ帰りのMFサールも先発復帰が見込まれており、リーグ3戦連発で古巣対戦に臨むFWリシャルリソンを含め良い形で敵地グディソン・パークに乗り込む。

対するエバートンはスパーズとの前回対戦で連勝を「4」でストップされた以降、2分け3敗と急失速しており、その因縁の相手へのリベンジで再浮上のきっかけを掴みたいところだ。

ベルギーのシント=トロイデンから17位のルートン・タウンに加入したDF橋岡大樹は、8位のニューカッスルとのアウェイゲームでプレミアリーグデビューを目指す。ただ、直近のブライトン戦で見事な4-0の快勝を収めたハッターズでは橋岡と同じ右ウイングバックのFWオグベネが圧巻のパフォーマンスを見せており、この試合ではベンチスタートが濃厚。直近のアストン・ビラ戦で会心の3-1の勝利を収めたマグパイズは、リーグ屈指のインテンシティを誇るタフな相手だけに、元浦和DFに出番が訪れた際にはプレミア基準を肌で感じられる貴重な機会となるはずだ。

前節、劇的な形で3試合ぶりの勝利を収めた7位のマンチェスター・ユナイテッドは、1ポイント差で6位のウェストハムとの重要なシックスポインターに挑む。前節はウォルバーハンプトンに3-1のスコアから土壇場で追いつかれる厳しい展開となったが、新星MFメイヌーの公式戦2試合連発となる値千金のプレミア初ゴールによって4-3の劇的な勝利を収めた。規律問題で不興を買ったFWラッシュフォード、FWホイルンドと悩める攻撃陣にもゴールが生まれた点はポジティブだが、FAカップに続いて2点差を追いつかれる守備の脆さ、試合運びの拙さは要改善。直近2試合は相手のレベルに助けられたが、ハマーズ相手に隙を見せれば手痛い黒星を喫する可能性は高い。

リバプール相手の完敗で連勝が「3」でストップした10位のチェルシーは、11位のウォルバーハンプトン相手にバウンスバックの白星を目指す。リバプール戦では幾つかの判定が不利に働いた部分はあったが、とりわけ前半は完全に圧倒されており、敗戦という結果自体は至極真っ当なものだった。同試合では攻守両面で少なくない課題が見受けられたなか、短い準備期間で心身ともにしっかりと切り替えて戦うことが求められる。そのなかで今冬の残留が確定したMFギャラガーやリバプール相手に一矢報いたFWエンクンクらのパフォーマンスに注目したい。

引き続きMF三笘薫を欠く9位のブライトンは、14位のクリスタル・パレス相手に4試合ぶりの勝利を目指す。前述のルートン戦は今季ワーストのパフォーマンスで惨敗を喫しており、上位戦線に踏みとどまるためにも内容が伴った形での勝利が求められるところだ。

同じくニューカッスルに惨敗し、今季のホーム初黒星で5位に転落したアストン・ビラは、最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドとのアウェイゲームでしっかりとリバウンドメンタリティを示したい。

◆プレミアリーグ第23節
▽2/3(土)
《21:30》
エバートン vs トッテナム
《24:00》
ブライトン vs クリスタル・パレス
バーンリー vs フルアム
ニューカッスル vs ルートン・タウン
《26:30》
シェフィールド・ユナイテッド vs アストン・ビラ

▽2/4(日)
《23:00》
ボーンマス vs ノッティンガム・フォレスト
チェルシー vs ウォルバーハンプトン
マンチェスター・ユナイテッド vs ウェストハム
《25:30》
アーセナル vs リバプール

▽2/5(月)
《29:00》
ブレントフォード vs マンチェスター・シティ

PR
関連ニュース

マルシャルのユナイテッド退団が決定、9シーズンで317試合90ゴール「今まで本当にありがとう、そしてまた会おう」

マンチェスター・ユナイテッドは28日、元フランス代表FWアントニー・マルシャル(28)の退団を発表した。 マルシャルは2015年9月にモナコから完全移籍で加入。ユナイテッドでは9シーズンを過ごし、公式戦317試合に出場し90ゴールを記録した。 ユナイテッドではヨーロッパリーグやFAカップ、EFLカップを2度優勝。コミュニティシールドを含め5つのトロフィーを手にした。 2022年1月からは半年間セビージャへのレンタル移籍を経験。今シーズンはケガに悩まされる時間が長く、プレミアリーグで13試合に出場し1ゴールに終わり、チャンピオンズリーグ(CL)でも4試合で1アシストに終わっていた。最後の試合は2023年12月9日のボーンマス戦だった。 クラブの発表に先立って、自身のインスタグラムで退団を表明。ファンへ向けて、メッセージを残している。 「マンチェスター・ユナイテッドはいつも僕の心の中にある。このクラブは僕のキャリアに足跡を残し、ファンの前でプレーする素晴らしい機会を提供してくれた。僕は新たな挑戦をするため、去ることになる。僕は常にレッドデビルであり、情熱を持ってクラブの結果を見守り続けたい」 「今まで本当にありがとう、そしてまた会おう。 愛情を込めて、アントニー・マルシャル」 2024.05.28 21:40 Tue

テン・ハグ監督解任も検討中のユナイテッド、後任候補にデ・ゼルビ監督が浮上か

マンチェスター・ユナイテッドが、ブライトン&ホーヴ・アルビオンを退任となったロベルト・デ・ゼルビ監督(44)の招へいを検討しているようだ。 ユナイテッドは2年目を迎えたエリク・テン・ハグ監督の下で今シーズンに臨んだが、プレミアリーグではクラブワーストの8位フィニッシュ。チャンピオンズリーグ(CL)もグループステージを最下位で敗退に終わるなど、失意の時期が続いた。 それでも、FAカップではライバルのマンチェスター・シティを下して見事に優勝。これによりヨーロッパリーグ(EL)出場権を掴み、来季も欧州カップ戦に出場できることとなった。 とはいえ、それだけでテン・ハグ監督の続投が決定とはならず。現時点で去就は不透明であり、指揮官自身も今後について問われた際は「わからない」と言葉を濁している。 そんな中、イギリス『デイリー・メール』によると、ユナイテッドはテン・ハグ監督を解任した場合の後任として、デ・ゼルビ監督への関心を強めているとのこと。すでに代理人を通じて接触を図っている模様だ。 デ・ゼルビ監督は2022年9月にブライトンの指揮官に就任すると、2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、今シーズンはそのELでラウンド16に進出していた。 しかし、プレミアリーグでは多くの負傷者が生じたこともあって、昨シーズンほどの結果は残せず。11位でシーズンを終えると、直後にブライトンの指揮官退任が発表された。 ユナイテッドはデ・ゼルビ監督以外に、ブレントフォードのトーマス・フランク監督(50)や、バイエルンを退任したトーマス・トゥヘル監督(50)、チェルシーを退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督(52)も候補としている模様。仮にテン・ハグ監督解任となれば、今回の移籍市場がオープンする前に指揮官が決まるかどうかが注目される。 2024.05.28 17:20 Tue

ビッグクラブから関心集中も、マッケンナ監督はイプスウィッチとの長期契約決断か

イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)は、チームに残留する見通しとなったようだ。 かつてマンチェスター・ユナイテッドに5年ほど在籍し、U-18チームの指揮官やファーストチームのアシスタントコーチを務めていたマッケンナ監督。2021年12月、当時リーグ1(イングランド3部)に所属していたイプスウィッチの指揮官に就任した。 キャリア初のトップチーム監督となったマッケンナ監督は、そこから一気にチームを押し上げることに。2022-23シーズンに2位でチャンピオンシップ(イングランド2部)昇格を果たすと、今シーズンも安定した戦いでチャンピオンシップ2位にチームを導き、プレミアリーグ昇格を達成した。 瞬く間にイプスウィッチをトップリーグまで押し上げたマッケンナ監督には、ビッグクラブからの関心が集中。これまでチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドが招へいを検討と報じられていた。 しかし、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、マッケンナ監督はイプスウィッチで引き続き指揮を執る決断を下したとのこと。現在はクラブと長期契約について交渉中であり、近いうちに新契約が締結される模様だ。 チームを2年連続昇格へと導いた最大の立役者が残留となれば、来シーズンのプレミアリーグでもイプスウィッチの戦いには大いに期待できるだろう。 2024.05.28 16:20 Tue

テン・ハグ続投か解任か…ユナイテッド上層部がその前にシーズンレビューへ

マンチェスター・ユナイテッドがエリク・テン・ハグ監督(54)の進退を決める前に今季の振り返りを行うようだ。 プレミアリーグでクラブワーストの8位で終戦するなど、失意の1年に変わりないが、FAカップを制して締めくくったユナイテッド。そのおかげでFAカップ経由でヨーロッパリーグ(EL)出場権を掴み、来季も欧州カップ戦出場が決まった。 テン・ハグ監督もこれで就任から2年連続のタイトルに導いたわけだが、FAカップ決勝前の段階から優勝するか否かに関係なく解任との見方も…。そして、決勝後の監督自身も今後を問われると、「わからない」と不透明さを認める。 そのなか、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督をはじめ、後任探しの動きも取り沙汰されるユナイテッドだが、イギリス『The Athletic』によると、来週にシーズンレビューを行い、次のステップを決める見通しだ。 その場ではテン・ハグ監督の業績も議題に挙がり、共同オーナーのジム・ラトクリフ氏やスポーツディレクター(SD)のデイブ・ブレイルスフォード氏からなる上層部が今季のあらゆる側面を客観的にジャッジしていくという。 2024.05.28 13:40 Tue

「マンチェスター・ユナイテッドはいつも心の中に」契約満了のマルシャルが9年過ごしたクラブに別れのメッセージ「すべてに心から感謝」

マンチェスター・ユナイテッド退団に向かう元フランス代表FWアントニー・マルシャル(28)が、ファンに向けて別れのメッセージを投稿した。 2015年夏にモナコからユナイテッドに加わったマルシャル。その巨大なポテンシャルには大きな期待が寄せられ、2019-20シーズンにはプレミアリーグで17ゴールを記録するなど活躍したが、負傷の多さや運動量の少なさもあって、徐々に出場機会は減少した。 今シーズンはFWラスムス・ホイルンドの加入もあってさらなる序列低下となり、プレミアリーグでは13試合に出場するもスタメンはわずか5試合のみに。今年1月にグロインペインの手術を受けた影響もあり、昨年12月に行われた第16節のボーンマス戦が今シーズン最後の出場になった。 そんなマルシャルとクラブの契約は今シーズン限りも、延長に向けた交渉は開かれず、退団は決定的に。そんな中で、マルシャルは自身のインスタグラムを更新。クラブからの退団を明言しつつ、ファンへの感謝を綴っている。 「親愛なるマンチェスター・ユナイテッドファンのみんな、今日はとても感慨深い気持ちで別れの手紙を書くことになる。 クラブで素晴らしい9年間を過ごした後、僕のキャリアは新たなページをめくる時が来た」 「2015年に加入し、このシャツを着て、世界最高のサポーターであるみんなの前でプレーできたことは本当に光栄だ! 良い時も困難な時も、君たちは揺るぎない支えになっていた。ファンの情熱と忠誠心は、僕にとって常にモチベーションの源だったよ」 「みんなが僕にしてくれたこと、そのすべてに心から感謝したい。ファンの歌、励まし、そしてクラブへの愛は、僕の心に永遠に刻まれる思い出だ。そして、ここでの9年間で出会ったすべてのチームメイト、テクニカルスタッフ、そしてクラブのすべてのメンバーに感謝の意を表したい。こうした経験を共有できたことは誇りだ」 「マンチェスター・ユナイテッドはいつも僕の心の中にある。このクラブは僕のキャリアに足跡を残し、ファンの前でプレーする素晴らしい機会を提供してくれた。僕は新たな挑戦をするため、去ることになる。僕は常にレッドデビルであり、情熱を持ってクラブの結果を見守り続けたい」 「今まで本当にありがとう、そしてまた会おう。 愛情を込めて、アントニー・マルシャル」 2024.05.28 10:20 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly