オーストラリア代表がアジアで戦うことは是か非か…アジア杯「文化展示会」発端で豪メディアが嘆き

2024.02.02 15:40 Fri
Getty Images
オーストラリア代表がアジアサッカー連盟(AFC)=アジアの舞台で戦うことは是か非か。現在開催中のアジアカップ「文化展示会」におけるオーストラリアのブースがあまりに“雑”だとして、同国メディア『news.com.au』は論争の再燃を心配しているようだ。イギリス連邦の一角をなすオセアニアの大国・オーストラリア。そのサッカー史を振り返ると、1882年に最初のサッカー連盟が設立され、1966年に隣国ニュージーランドと協力してオセアニアサッカー連盟(OFC)を設立。2006年にOFCを脱退し、アジアサッカー連盟(AFC)へと転籍する。
オーストラリア代表は同年のドイツ・ワールドカップ(W杯)にOFC(オセアニア)代表として出場するも、アジア杯2007予選からAFCの一員に。以後、W杯とアジア杯の本大会全てに出場。アジアを代表する強豪となった。

現在はアジア杯2023に参戦中だが、大会を記念して開催地カタールで催されている「文化展示会」におけるオーストラリアのブースがあまりに“雑”だとして、『news.com.au』が嘆きの論調を展開している。

「AFCにおけるオーストラリアの立場は、長い間議論の的となってきた。2006年にオセアニアからアジアへ向かった最大の目的は、男子A代表がW杯に出やすくすることだったわけだが、他にはアジア杯などへの参加でオーストラリアの存在をポジティブにアピールすることでもあった」
現地カタールで取材中のオーストラリア人サッカージャーナリスト、スコット・マッキンタイア氏は「文化展示会」の写真をSNSに投稿。シリア・オマーン・パレスチナのブースが、それぞれ国の文化を知れるスペースとなっていたり、スタッフを配置しているのに対し、オーストラリアは「奇妙なことに、2本のボウリングピン、テニスボール1つ、そして茶色い紙袋、これだけが置かれていた」という。

これを受けて『news.com.au』がフットボール・オーストラリア(FFA/サッカー連盟)に問い合わせたところ、各国のサッカー連盟はブースに関与しておらず、FFAも自国のブースが雑な扱いを受けていることを把握していなかったとのこと。今度はFFAがAFCに説明を求めると、AFCも「把握してなかった」と返答したようだ。

FFAは『news.com.au』を通じ、「各所にヒヤリングしたところ、文化展示会は現地の民間が主体となった取り組みであることがわかりました。アジア杯のような国際イベントにおいてオーストラリアンフットボールを表現すること、そしてブランディングを行うことは非常に重要です。我々は今後も、国際舞台でオーストラリア代表の存在をポジティブに感じてもらえるよう努めていきます」と談話を発表している。

“国際舞台でオーストラリア代表の存在をポジティブに感じてもらえるよう…”

ことの発端となったマッキンタイア氏のSNS投稿には、オーストラリア代表のAFC在籍に対して否定的なコメントがちらほら。オーストラリアの文化そのものを揶揄するような悪質コメントも見受けられる。

なぜオーストラリアのブースだけあからさまに手を抜かれていたのか。この点は明らかになっていないが、『news.com.au』は「オーストラリアの文化の欠如が浮き彫りになったのかもしれないが、代表チームのAFC所属がこれまで悪口や冷笑の対象となってきたことは間違いない」と締めくくっている。

1 2
関連ニュース

35歳FWヘイマンが先発起用に応える4ゴール! オーストラリアが10ゴールの圧勝でパリ五輪行き【パリ五輪アジア最終予選】

パリ・オリンピック アジア最終予選となるオーストラリア女子代表vsウズベキスタン女子代表の第2戦が、28日にメルボルンのドッグランズ・スタジアムで行われ、オーストラリアが10-0で勝利。2戦合計13-0で勝利し、3大会連続5度目のオリンピック出場を決めた。 2次予選ではグループAを3連勝の首位で通過し、3大会連続5度目のオリンピック出場を目指すFIFAランキング12位のオーストラリア。第1戦ではアウェイでもしっかりと勝利し、優位に立った状態でホームゲームを迎えた。 対して、2次予選ではグループCでなでしこジャパンと同居し、戦略的な戦いの末に同国史上初の最終予選進出を果たした本田美登里監督率いる同47位のウズベキスタン。難しいアウェイでの戦いで巻き返しを図りたかったが、厳しい試合となった。 5万4120人という大観衆の中で行われた試合は、山下良美主審が担当。オーストラリアは2名を変更し、エミリー・ファン・エグモンドとヘイリー・ラソに代えて、ミシェル・ヘイマンとケイトリン・フォードを先発起用。するとこの采配が見事に的中した。 最低でも3点が必要なウズベキスタン。しかし、開始1分でオウンゴールにより失点を喫すると、先発起用されたヘイマンが爆発。4分にCKの流れから折り返しを流し込み1点目を奪うと、8分には左からのクロスに対してヘディングで合わせて追加点。さらに16分にはグラウンダーのクロスに対して合わせて12分でハットトリックを達成する。 あっという間にパリ五輪の切符を確実なものにしたオーストラリア。22分には左CKからのクロスがおこぼれると、ケイトリン・トービーが押し込み追加点。36分には右サイドから細かく繋いで崩すと、ボックス内でメアリー・ファウラーが蹴り込む。さらに38分にはこちらも先発起用されたフォードがFKのこぼれ球を蹴り込みゴール。前半アディショナルタイムにはCKからヘイマンが4点目のゴールを決めて、前半だけで8-0とした。 後半は68分に途中出場のラソ、試合終了間際の94分には左からのグラウンダーのクロスをエイミー・セイヤーが決めて終了。10-0で勝利し、なでしこジャパンとともにアジアの2枠の切符を掴んだ。 オーストラリア女子代表 10-0 ウズベキスタン女子代表 【オーストラリア】 OG(1分) ミシェル・ヘイマン(4分、8分、16分、45分+2) ケイトリン・トービー(22分) メアリー・ファウラー(36分) ケイトリン・フォード(38分) ヘイリー・ラソ(68分) エイミー・セイヤー(90分+4) <span class="paragraph-title">【動画】35歳FWヘイマンが先発起用に応える圧巻の4ゴール!オーストラリアが10ゴール圧勝のハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7F7w086o1KM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.28 22:30 Wed

“タイトル至上主義”に一石…パリ五輪金メダルの期待かかるオーストラリア女子代表指揮官「優勝した翌日には空虚感」

オーストラリア女子代表のトニー・グスタフソン監督が、“タイトル至上主義”に一石を投じた。オーストラリア『news.com.au』が伝えている。 パリ五輪本大会の切符を懸け、なでしこジャパン同様、アジア最終予選を戦っている豪女子代表。24日に敵地で行われた第1戦・ウズベキスタン女子代表戦は0-3と勝利し、28日のホーム第2戦を前に有利な状況を確保している。 そんな”マチルダス”、アジアの枠を飛び越え、近年は女子サッカー界の世界的強豪として名を馳せる。 五輪は前回東京で初の4位入賞を果たし、ワールドカップ(W杯)も昨年の自国開催大会で初めて4位に。サム・カー(チェルシー)、メアリー・ファウラー(マンチェスター・シティ)などなど、ビッグネームも数多い。 ただし、AFC(アジアサッカー連盟)転籍後の主要タイトルは、2010年の女子アジアカップ優勝、ただひとつ。 そのためか、オーストラリア国内ではパリ五輪金メダルの期待が非常に大きく、『news.com.au』のような主要メディアも、サッカー記事の大半がAリーグ・メンでも男子A代表でもトッテナムでもなく、マチルダスの一挙手一投足を伝えるもの。1月の男子アジア杯の時点で、すでにその傾向が始まっていた。 しかし、ウズベキスタンとのリターンマッチを控えたグスタフソン監督は「是が非でも金メダル」の風潮を牽制。理解を示しつつも、“現場の人間”ならではの意見を述べている。 「まずは本大会の切符を掴むことが先決だが、間違いなく、パリ五輪は現チームにとって物理的な何かを得る大きな機会となる。中心選手たちがいい年齢になってきたし、この状態を築くのに何年も要してきたのだからね」 「ただ、誤解しないでほしい」 「私は、選手たちがどれだけ勝利を欲しているか、またどれだけ目の前の一戦で負けたくないか、よく理解している。しかしだ。トロフィーを天に掲げ、たとえその日花火を打ち上げたような気分になっても、次の日になれば空虚感に苛まれる選手だっているのだ」 「私自身もそのような状況に陥った選手を目の当たりにしたことがある。そこで知ったのは、メダルを首にかける以上に、大きな、重要なものがあるということだ」 「どんなときも心臓が鼓動する、それが大事なんだ。だからこそ、今のオーストラリア女子代表は素晴らしい。『スポーツとは何か』『人生とは何か』…この問いの答えを、90分間のサッカーで導き出すことなど決してできない」 2024.02.28 15:35 Wed

キューウェル新監督率いる横浜FMにオーストラリア紙も関心「好スタートを切ったようだ」

横浜F・マリノスのハリー・キューウェル新監督に母国オーストラリアも興味を寄せる。 横浜FMは25日、J1リーグ開幕節で東京ヴェルディと対戦。国立競技場に5万3026人を集めた青緑の美しき一戦は、31年前のあの日と同じく、トリコロールが2-1で逆転勝利を収めた。 今季就任のキューウェル新監督にとっては、J1初陣で見事に初白星。母国紙『news.com.au』は、横浜FMのACLベスト8進出を含め、「キューウェルが日本で好スタートを切ったようだ」とレポートする。 キューウェル新監督は、指導者キャリアを開始したイングランドで下部リーグの複数クラブを指揮した経験を持つが、トップディビジョンでの指揮は横浜FMが初。3代目のオーストラリアンコーチは、先代2人に続いてJ1タイトル獲得といくだろうか。 その一方、前任者のケヴィン・マスカット監督が新天地で黒星発進となったことも紹介。 マスカット監督は今季から中国スーパーリーグ(CSL)の昨季王者・上海上港を指揮。マリノスvsヴェルディと同日の25日、初陣で上海申花とのスーパーカップに臨むも0-1と敗戦…宿敵とのダービーを落とし、3月1日のCSL開幕節へ向けて弾みをつけられなかった。 オーストラリアのサッカー界は、アンジェ・ポステコグルー(現トッテナム)、マスカット、キューウェルと、各国へ進出する指揮官たちの動向を気にかけている。 2024.02.26 17:40 Mon

オーストラリアがウズベキスタンに先勝!攻略に時間要すも、6年ぶり招集の35歳FWが途中出場から8分で値千金先制点【パリ五輪アジア最終予選】

パリ・オリンピックアジア最終予選となるウズベキスタン女子代表vsオーストラリア女子代表の第1戦が、24日にタシケントのミリー・スタジアムで行われ、オーストラリアが3-0で先勝した。 2次予選ではグループAを3連勝の首位で通過し、3大会連続5度目のオリンピック出場を目指すFIFAランキング12位のオーストラリア。対して、2次予選ではグループCでなでしこジャパンと同居し、戦略的な戦いの末に同国史上初の最終予選進出を果たした本田美登里監督率いる同47位のウズベキスタン。 "マチルダス"ことオーストラリアは、前十字じん帯損傷のため未招集のエース、サマンサ・カーに代わってメアリー・ファウラーがトップの位置へ。また、初招集されたケイトリン・トーピーが代表デビューを果たした。 下馬評通り序盤から主導権を握り、13分にはファウラーがカットインからが右足で狙う。だが、ウズベキスタンも[4-2-3-1]で強固なブロックを敷いて対抗。オーストラリアは攻めあぐねる展開が続き、30分にはようやくのフィニッシュも、エミリー・ヴァン・エグモンドのシュートは枠を捉えらない。 両者無得点で折り返しての後半早々には、オーストラリアのカイラ・クーニー=クロスがミドルを狙うも、ウズベキスタンGKマフツナ・ヨニムクロワの好セーブに遭う。 どうにかしてゴールをこじ開けたいトニー・グスタフソン監督は、65分に動いた。現在女子Aリーグで得点ランキングトップに立つFW、 2018年女子アジアカップ以来となる代表入りとなったミシェル・ヘイマンを、トップ下のヴァン・エグモンドに代えて送り出した。 すると、35歳のストライカーが期待に応える。73分、右CKからクレア・ハントのヘディングがクロスバーに当たって跳ね返ると、すかさず反応したヘイマンが頭で押し込み、均衡を破った。 ようやく試合を動かしたオーストラリアは、さらに84分、ファウラーが個人技を披露して追加点を奪うと、ウズベキスタンは集中の意図が切れたか、防波堤が決壊。その2分後にはステフ・キャトリーのクロスからケイトリン・フォードが頭でネットを揺らし、オーストラリアが点差を広げてタイムアップを迎えた。 ウズベキスタン攻略までに時間を要したオーストラリアだったが、終わってみれば敵地で3点を奪っての勝利と、オリンピック出場権獲得へ向け、大きく前進。第2戦は28日、メルボルンのマーベル・スタジアムで行われる。 ウズベキスタン女子代表 0-3 オーストラリア女子代表 【オーストラリア】 ミシェル・ヘイマン(73分) メアリー・ファウラー(84分) ケイトリン・フォード(86分) <span class="paragraph-title">【動画】6年ぶり代表招集、ゴールは8年ぶり!35歳FWヘイマンが起用に応える先制点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A dream return, years between international goals for Michelle Heyman! <br><br>: <a href="https://twitter.com/10FootballAU?ref_src=twsrc%5Etfw">@10FootballAU</a><a href="https://twitter.com/hashtag/Matildas?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Matildas</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TilitsDone?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TilitsDone</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/AllezAUS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllezAUS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Paris2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Paris2024</a> <a href="https://t.co/wnPyakbsyN">pic.twitter.com/wnPyakbsyN</a></p>&mdash; CommBank Matildas (@TheMatildas) <a href="https://twitter.com/TheMatildas/status/1761346939969589494?ref_src=twsrc%5Etfw">February 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.24 20:20 Sat

国内経済効果は約2000億円、オーストラリアが女子W杯のレポートを公表 関心継続へ向けた道筋も

フットボール・オーストラリア(FA)は23日、2023年に行われたオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の大会後レポート、『レガシー'23』を公表した。 これまでの記録を大きく塗り替える、197万人超の来場者数を記録し、全世界でのテレビ視聴者数は20億人に上るなど、盛況に終わった2023年のW杯。 開催国であるオーストラリア、マチルダス初のベスト4入りも後押しし、オーストラリア国内での試合チケットは130万枚が販売された。 FAのレポートによれば、大会がオーストラリアへもたらした経済効果は13億2000万ドル(約2000億円)。女子Aリーグの会員数は669%増加するなど、オーストラリアのサッカー界に革命を起こした。 レポートでは同時に、今後の熱量継続へ向けたさらなる投資の必要性も述べている。 大会成功を機に関心は大幅に高まった一方、グラスルーツレベルでは施設不足も懸念されている。これに対処するための継続的な投資プログラムの確立や、そのために引き続き政府とも協力を取ることなどを、FAの女子サッカーW杯・レガシー、インクルージョン部門の責任者であるサラ・ウォルシュ氏は述べている。 FAのジェームズ・ジョンソン最高経営責任者(CEO)も「我々は、FIFA女子ワールドカップ 2023によって生まれた効果が一層繁栄し続け、サッカーだけでなくオーストラリア社会全体に利益をもたらすよう、全力で取り組んでいます」と、とコメントしている。 日本では、2011年ドイツ女子W杯でのなでしこジャパンの優勝後、女子サッカーリーグの観戦者激増や競技者の増加といった"なでしこフィーバー"が巻き行ったが、現在はWEリーグをはじめ、代表戦でも集客に苦戦するなど、当時の遺産を生かし切れなかった。 2026年女子アジアカップの開催地としても立候補しているオーストラリア。今大会の成功をどのように発展へつなげ、継続してくのかには大きな注目が集まっている。 2024.02.23 19:45 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly