アフリカ熟知のルナール氏、今夏アルジェリア代表監督就任へ? パリ五輪後のフランス女子代表退任が濃厚

2024.01.25 20:10 Thu
サッカーファンにお馴染みの白シャツダンディー指揮官
Getty Images
サッカーファンにお馴染みの白シャツダンディー指揮官
アルジェリアサッカー協会(FAF)が、空席となったA代表指揮官の座にエルヴェ・ルナール氏(55)招へいを目論んでいるという。

FAFは24日、アフリカ・ネーションズカップ(CAN)でグループステージ敗退を喫したアルジェリア代表のジャメル・ベルマディ監督(47)を解任したと発表。2大会ぶり優勝を目指したなか、アンゴラ代表、ブルキナファソ代表、モーリタニア代表と、格下相手に1勝もできず大会を去った。
2018年から長期政権を敷いた元代表選手を更迭したなか、フランス『RMC Sport』によると、後任候補の最有力がルナール氏。ロシア・ワールドカップ(W杯)でモロッコ代表を率い、美しき白シャツダンディー指揮官として、選手をも凌ぐスーパースターと化したフランス人指導者だ。

2019年7月にモロッコ代表を退任後は、すぐさまサウジアラビア代表指揮官に就任し、カタールW杯で同大会王者に輝くアルゼンチン代表を撃破。昨年2月にはフランス女子代表指揮官となり、オーストラリア・ニュージーランド共催女子W杯2023でベスト8。現在も同職に就く。

フランス女子代表の契約を自国開催となる今夏のパリ五輪まで残すなか、五輪後の契約延長は議題に上がっていないとのこと。過去にザンビア代表とコートジボワール代表でアフリカ制覇を経験しているルナール氏は、今のところパリ五輪後にアルジェリア代表指揮官となる公算が強いようだ。
ルナール氏に候補を一本化する可能性もあるとされるアルジェリア側の対応としては、パリ五輪閉幕までに2026年W杯のアフリカ予選があるものの、正式な後任を置かず、暫定指揮官でやり過ごしていく可能性もあるとみられている。

なお、ルナール氏は2011年、アルジェリアを代表する強豪のUSMアルジェを率いた経験を持つ。
関連ニュース

テルジッチ監督が代表で負傷したベンセバイニの状態について言及「今シーズン中にプレーできる可能性は極めて低いだろう」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督は、アルジェリア代表で負傷したDFラミ・ベンセバイニについて言及した。 インターナショナルウィークでアルジェリア代表二選出されたベンセバイニは、23日に行われたボリビア代表戦で内側じん帯を負傷。すぐに代表を離れ、ドルトムントに帰還していた。 28日にバイエルン戦に向けた記者会見に臨んだテルジッチ監督はアルジェリア代表DFの状態について以下のようにコメントした。 「手術の必要はないが、今後数週間は固定具をつけなければならない。彼が今シーズン中にプレーできる可能性は極めて低いだろう」 2024.03.29 00:31 Fri

ベナセルが筋肉系の問題でアルジェリア代表を離脱

ミランのMFイスマエル・ベナセルがアルジェリア代表を離脱した。アルジェリアサッカー連盟(FAF)が21日に発表している。 FAFの発表によれば、ベナセルは筋肉に軽い問題があるとのことで、所属クラブのメディカルスタッフの下で検査を受けることになった。 また、今回の措置はあくまでもこれは予防的なものであり、ミランのメディカルスタッフとの話し合いの結果、このような措置が取られることになったようだ。 なお、『フットボール・イタリア』はベナセルが30日に行われるセリエA第30節フィオレンティーナ戦に出場できる見込みだと伝えている。 昨シーズン終盤に負った右ヒザの大ケガにより長期離脱を強いられていたベナセルは、今季ここまで公式戦15試合の出場にとどまっていた。 2024.03.21 22:45 Thu

キャプテンのマフレズがアルジェリア代表選外…サウジ移籍も輝き失い、CANでは無惨な敗退

アル・アハリに所属するFWリヤド・マフレズだが、アルジェリア代表から外されることとなった。 15日、アルジェリア代表はボリビア代表、南アフリカ代表との国際親善試合に臨むメンバーを発表。しかし、マフレズの名前はそこになかった。 アルジェリア代表はウラジミール・ペトコビッチ監督が3月に就任。今回が初の活動となったが、マフレズの名前はなし。イスラム・スリマニやユセフ・ベライリもメンバー外となっている。 その大きな理由はアフリカ・ネーションズカップ(CAN)の低迷とされている。グループDに入ったアルジェリアは、アンゴラ代表、ブルキナファソ代表、モーリタニア代表と同居も未勝利で最下位になり敗退。最終戦のモーリタニア戦で勝利すれば勝ち上がれたが、無惨にも敗れていた。 新たに就任したペトコビッチ監督は、チームに改革が必要だと考えたとのこと。その中で、マフレズやスリマニらが外されたようだ。 アルジェリア代表のキャプテンを務めていたマフレズだが、レスター・シティ、マンチェスター・シティと成功を収めていた中で、昨夏サウジアラビアのアル・アハリに完全移籍。しかし、サウジ・プロ・リーグで24試合9ゴール9アシストと期待された活躍はできておらず、サウジアラビアに移籍したスター選手の中で、初めて代表から声がかからない選手になったという。 2024.03.16 15:40 Sat

アルジェリア代表、新指揮官にウラジミール・ペトコビッチ氏を招へい

アルジェリアサッカー協会(FAF)は29日、ウラジミール・ペトコビッチ氏(60)を新監督に招へいしたことを発表した。 ラツィオで優れた手腕を発揮したペトコビッチ氏は、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)後にスイス代表監督に就任。以降、ユーロ2016でベスト16、ロシアW杯でもベスト16、そしてユーロ2020ではスイスを初のベスト8進出に導いていた。 その後、スイス代表との契約を早期解消して2021年7月に就任したボルドーでは成績不振によってわずか半年で解任されていた。 アフリカ・ネーションズカップ(CAN)2023でグループステージ敗退の屈辱を味わったアルジェリア。この結果を受け、アルジェリアサッカー協会(FAF)は1月25日に2018年から長期政権を築いていたジャメル・ベルマディ監督(47)の解任を発表していた。 なお、FAFによればペトコビッチ氏は3月4日にアルジェリアに到着し、5日に記者会見を行うとのことだ。 2024.03.01 00:01 Fri

ウラジミール・ペトコビッチ氏がアルジェリア代表の新指揮官就任へ…ラツィオやスイス代表で手腕発揮

アルジェリア代表の新指揮官はウラジミール・ペトコビッチ氏(60)となる見込みだ。アルジェリア『La Gazette du Fennec』が報じている。 アフリカ・ネーションズカップ(CAN)2023でグループステージ敗退の屈辱を味わったアルジェリア。この結果を受け、アルジェリアサッカー協会(FAF)は、2018年から長期政権を築いていたジャメル・ベルマディ監督(47)の解任を発表した。 後任に関してはアフリカフットボール界を熟知し、現在はパリ・オリンピックに向けてフランス女子代表を率いるエルヴェ・ルナール氏らの名前が挙がっていたが、ボスニア・ヘルツェゴビナ人指揮官が新監督に就任する見込みだ。 ラツィオで優れた手腕を発揮したペトコビッチ氏は、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)後にスイス代表監督に就任。以降、ユーロ2016でベスト16、ロシアW杯でもベスト16、そしてユーロ2020ではスイスを初のベスト8進出に導いていた。 その後、スイス代表との契約を早期解消して2021年7月に就任したボルドーでは成績不振によってわずか半年で解任されていた。 なお、ペトコビッチ氏の新監督就任は今週中に発表される見込みだという。 2024.02.26 23:30 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly