ラツィオ、懸念のアンカーにフルミネンセMFアレクサンデルを指名か

2024.01.18 00:40 Thu
Getty Images
ラツィオがフルミネンセのU-23ブラジル代表MFアレクサンデル(20)の獲得に本腰を入れているようだ。ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。
PR
ラツィオでは中盤アンカーをMFニコロ・ロベッラ、MFダニーロ・カタルディの両者が主に務めているものの、いずれも説得力あるパフォーマンスを見せているとは言い難い状況。
そこで白羽の矢を立てたのがクラブ・ワールドカップ決勝マンチェスター・シティ戦に出場し、フルミネンで主に守備的MFを務めているアレクサンデル。

飛び級でU-23ブラジル代表に選出されているアレクサンデルは、2022年11月にトップチームデビューを飾り、これまで公式戦39試合出場2ゴール2アシストを記録している。

移籍金は1500万ユーロ(約24億1000万円)に設定されているようだが、ラツィオは値下げを求め、1月の移籍市場で獲得にこぎ着けたい意向のようだ。

PR
関連ニュース

鎌田大地先発のラツィオ、前後半終盤にそれぞれ得点奪いエンポリに勝利!GKマンダスのセーブ光る【セリエA】

ラツィオは12日、セリエA第36節でエンポリとのホーム戦に臨み、2-0で勝利した。ラツィオのMF鎌田大地は88分までプレーしている。 前節モンツァとのアウェイゲームを2-2のドローで終えた7位ラツィオ(勝ち点56)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の5位アタランタを4ポイント差で追走中。鎌田は[3-4-2-1]のボランチで引き続きスタメンとなった。 残留争い中の17位エンポリ(勝ち点32)に対し、徐々に主導権を握り始めたラツィオ。11分には鎌田が味方とのワンツーから左ポケットへ侵入し、中央のフェリペ・アンデルソンにマイナスのパス。左足シュートは相手DFのブロックに阻まれる。 しかし、18分にはゲンドゥージのボールロストからピンチを招く。カウンターを許すとカンチェッリエーリのスルーパスからカプートにネットを揺らされるが、抜け出しのタイミングでのオフサイドによりノーゴールとなった。 ややエンポリにゲームが傾きかけるも、完全にはペースを渡さないホームチーム。24分には中央を持ち上がった鎌田から右ポケットのインモービレにスルーパスが通るが、相手DFのブロックによりシュートは枠に飛ばなかった。 35分には再びゲンドゥージのボールロストからラツィオにピンチ。左サイドタッチライン際でコントロールミスすると、カンチェッリエーリからゴール前のカプートへラストパス。ゴール左隅へのワンタッチシュートはGKマンダスが左手一本のファインセーブで防いだ。 その3分後、今度はフェリペ・アンデルソンの縦パスから再びインモービレが右ポケットへ抜け出す。中を見ながら隙をついたニアサイドへのシュートを放つが、エンポリのGKカプリレが好反応を見せた。 両守護神の活躍が光った前半だったが、アディショナルタイムのラストプレーでラツィオが先制。左CKからザッカーニがクロスを送り込むと、ニアに走り込んだパトリックが足から飛び込んだ。 ラツィオの1点リードで迎えた後半、両チームともにゴールに迫りながらも追加点は生まれず。65分の3枚替え後には鎌田が1列前へポジションを上げ、71分には左足で鋭いミドルシュートを放つ。 終盤に入ると87分、エンポリの左CKからファーのシュペンディがヘディングシュート。ゴール右下隅に飛んだが、GKマンダスが掻き出してチームを救う。 直後の88分に鎌田がお役御免となると、その1分後には勝負を決める追加点が。敵陣左サイドでパスを繋ぐと、最後は中央を駆け上がったベシーノに横パスが通り、落ち着いてゴール左に蹴り込んだ。 ラストプレーとなった後半アディショナルタイムのエンポリの直接FKは再三好セーブを見せたGKマンダスが弾いて試合終了。2-0で勝ちきったラツィオは2試合ぶりの白星を手にした。 2024.05.12 21:45 Sun

サッリ氏がエージェントを変更 ソン・フンミンや板倉滉もクライアントの代理店に

前ラツィオ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏(65)がエージェントを変更した。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 3月にラツィオの指揮官職を辞任したサッリ氏。 フリーとなるとすぐに、代理人のファリ・ラマダニ氏に新天地探しを要請。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(ユベントス)も顧客に抱えて売り込み中のラマダニ氏は、サッリ氏の次なる職も勢力的に探していたという。 どうやら水面下でミランとも連絡を取り合っていたようだが、この度サッリ氏がラマダニ氏および代理店「Lian Sports Group」との協力関係の終了を選択したとのことだ。 サッリ氏の新たな代理店は、イタリア系オーストラリア人のフランク・トリンボリ氏が立ち上げた「CAA BASE」。 こちらはラファエル・ヴァランやコール・パーマー、ソン・フンミン、ジェームズ・マディソン、さらにはカイル・ウォーカーにキングスレー・コマン、また日本代表DF板倉滉などを抱え、近年イタリアに進出。ユベントスのグレイソン・ブレーメルもクライアントに持つ。 よりグローバルな代理店を選んだ格好のサッリ氏。もしかすると、イタリア外での再チャレンジも視野に入っているのかもしれない。 2024.05.08 14:35 Wed

鎌田が先制点に関与、ジュリッチのドッピエッタ許したラツィオがモンツァにドロー【セリエA】

ラツィオは4日、セリエA第35節でにモンツァとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ラツィオのMF鎌田大地は64分までプレーしている。 前節ヴェローナにウノゼロ勝利とした7位ラツィオ(勝ち点55)は、CL出場圏内の5位ローマを4ポイント差で追う中、鎌田が[3-4-2-1]のボランチで引き続きスタメンとなった。 11位モンツァ(勝ち点44)に対し、立ち上がりから押し込む展開としたラツィオは11分に先制する。ルーズボールに反応したボックス手前の鎌田がミドルシュート。GKが弾いてバーに直撃したこぼれ球をインモービレが押し込んだ。 鎌田が絡んで試合を動かしたラツィオは23分に大ピンチを迎えるも、ゴール前でフリーとなったカルボーニのヘディングシュートは枠を外れて助かった。 すると28分に好機。鎌田がボックス右ポケットを突いてゴールライン際ぎりぎりからクロスを送ると、インモービレがヒールで合わせたが、GKディ・グレゴリオのセーブに阻まれた。 前半半ば以降、守勢に回ったラツィオは35分にペッシーナのミドルシュートでGKマンダスを強襲されると、38分にも大ピンチ。ゴール前のボンドに決定的なヘディングシュートを許したものの、ここも枠を外れて助かったラツィオは1点のリードを保って前半を終えた。 迎えた後半、守勢の展開で立ち上がったラツィオは前半にイエローカードを受けていた鎌田が64分に交代に。 そして73分、モンツァに押し切られる。右クロスにダイビングヘッドで合わせたペッシーナのシュートはGKマンダスが防ぐも、ルーズボールをジュリッチに押し込まれた。 それでも83分、ラツィオはモンツァのミスを突いて勝ち越す。GKへのバックパスをカットしたベシーノが値千金のゴールを挙げた。 しかし追加タイム2分、ジュリッチにドッピエッタを許してドロー止まり。2度のリードを生かせず痛い引き分けに終わった。 2024.05.05 03:03 Sun

「頭にコンピューターがある」5試合連続先発の鎌田大地をトゥドール監督が称賛、不遇の時期にも触れ「以前のサッカーは向いていなかったかも」

ラツィオのイゴール・トゥドール監督が、日本代表MF鎌田大地を称賛した。イタリア『トゥットスポルト』が伝えた。 27日、セリエA第34節でラツィオはホームにエラス・ヴェローナを迎えた。鎌田はこの試合も先発フル出場を果たしている。 なんとかトップ4入りを目指すラツィオ。トゥドール監督就任後に息を吹き返し、この試合も1-0で勝利。暫定的に6位に浮上した。 鎌田を厚く信頼するトゥドール監督。このところは今シーズンで終了する契約の問題が話題となっている中、ヴェローナ戦後の記者会見で試合を振り返ったトゥドール監督は、鎌田を名指しで称賛した。 「もしかしたら、以前のサッカーは、彼にとっては今よりも向いていなかったのかもしれない」 「私にとっては素晴らしい選手だ。彼はどこでもプレーができるし、彼は10個のメンタリティを持っている」 「頭の中にコンピューターがある。みんながああ言った選手であれば良いと思う。どの監督でも、あのタイプの選手が欲しいと思っているはずだ」 <span class="paragraph-title">【動画】5試合連続先発の鎌田大地が躍動</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="KILdxHVefAE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.28 13:15 Sun

ザッカーニ恩返し弾のラツィオがウノゼロでリーグ3連勝! フル出場の鎌田大地は決定機も演出【セリエA】

セリエA第34節、ラツィオvsエラス・ヴェローナが27日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが1-0で勝利した。なお、ラツィオのMF鎌田大地はフル出場した。 直近のリーグ連勝でヨーロッパ出場権争いに踏みとどまる7位のラツィオは、指揮官トゥドールの古巣となる15位のヴェローナ相手にリーグ3連勝を狙った。クロアチア人指揮官は2-1で勝利したものの、敗退となった直近のコッパ・イタリア準決勝から先発3人を変更。マリオ・ヒラ、ヒサイ、カタルディに代えてパトリック、イサクセン、鎌田が起用された。 立ち上がりから圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいくラツィオ。ボランチに入った鎌田も積極的に高い位置を取り、アタッキングサードでボールの経由点やフィニッシャーとして攻撃に絡む。 流れの中では引いた相手を崩し切るまでには至らないが、19分には左CKからボックス右でクロスのこぼれに反応したイサクソンがGKモンティポにファインセーブを強いる。 前半半ばから終盤にかけては徐々に中盤でのボールロストが増え始めたラツィオに対して、アウェイチームがカウンターでフィニッシュまで持ち込む場面が増える。だが、シフィデルスキの再三のシュートは枠を捉え切れなかった。 主導権自体は握ったものの、最後のアイデア、精度を欠いてゴールレスで試合を折り返したラツィオ。後半は立ち上がりからギアを上げて攻勢を仕掛けていく。 開始直後にカステジャノスのスルーパスに抜け出した鎌田がボックス内で際どい場面に絡むと、48分には左CKのショートコーナーからフェリペ・アンデルソンがクロスバー直撃の決定的なシュートを放つ。さらに、カウンターの形からルイス・アルベルトがミドルシュートでゴールを脅かす。 後半立ち上がりにゴールを奪えなかったラツィオは60分、カザーレとイサクセンを下げてザッカーニ、ペドロを同時投入。この交代でフェリペ・アンデルソン、ザッカーニをウイングバックに置く攻撃的な布陣にシフトした。 66分には相手の右サイドでのスローインを狙っていた鎌田が見事なボール奪取からボックス内に侵入し、完璧な折り返しを供給。だが、ファーにフリーで走り込んだペドロのダイレクトシュートは枠の右に外れて痛恨の決定機逸に。この直後にはゲンドゥージの右サイドでの抜け出しからカステジャノスに決定的なパスが出るが、今度はGKモンティポのビッグセーブに遭う。 それでも、攻勢を続けるホームチームは古巣対戦のイタリア代表FWが決定的な仕事を果たす。72分、ハーフウェイライン付近で横パスを受けたススロフのトラップ際を狙っていたザッカーニがボール奪取。そのままボックス付近まで運びルイス・アルベルトとのパス交換でさらに深い位置に入ると、絶妙なリターンパスを冷静にニアサイドに流し込んだ。 これでリードを手にしたトゥドール監督は、ルイス・アルベルトを下げてヒサイを投入。攻守のバランスを整えつつ2点目を意識しながら試合を進めていく。85分には相手ボックス付近で得たFKをペドロが直接狙うが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 それでも、安定した試合運びでこのままウノゼロで逃げ切ったラツィオがリーグ3連勝を達成。暫定ながらアタランタを抜いて6位に浮上した。 2024.04.28 05:47 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly