「別人になってる」「マジで誰!?」伊東純也を大人気ゲーム風の姿に加工した結果…リーグ・アンのイラストにファンはツッコみ「めっちゃワイルドにされてる!」

2023.12.07 11:50 Thu
スタッド・ランスで活躍を続ける伊東純也
Getty Images
スタッド・ランスで活躍を続ける伊東純也
リーグ・アンの公式SNSが投稿した日本代表MF伊東純也のイラストが話題だ。
PR
スタッド・ランスで2シーズン目を過ごしている伊東。今季もチームに欠かせない戦力として、ここまでリーグ・アン全14試合に先発して2ゴール3アシストをマーク。数字のインパクトはそれほど大きくないものの、チームの貢献度は非常に大きい。
そんな伊東はリーグ・アンの公式SNSでもスター扱い。フランス代表キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(リヨン)、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(マルセイユ)と並んで伊東のイラストが投稿されている。

リーグ・アンが投稿したのは、5日に発表された大人気ゲームシリーズの最新作『グランド・セフト・オートVI』のパッケージ風に選手たちを加工した画像だ。

『グランド・セフト・オート』シリーズは犯罪を中心にした内容が特徴なだけに、パッケージ風画像もそのテイストが採用。伊東らは揃ってピンクのジャケットとティアドロップ型のサングラスをかけたイラストになっており、悪役のように仕上げられている。
普段の印象とは異なる伊東のイラストには、ファンの間でも「伊東純也リーグアンにめっちゃワイルドなイラストにされてるー!」、「マジで誰!?」、「伊東純也要素全く無くておもしろい」、「別人になってる」と伊東だと思えない人が続出している。

プレーでファンを魅了する伊東だが、今回は思わぬところでもファンの注目を集めている。




PR
1 2
関連ニュース

伊東純也はフル出場で中村敬斗は途中出場…S・ランスは主将痛恨ミスでリールに惜敗【リーグ・アン】

リーグ・アン第24節、スタッド・ランスvsリールが2日にスタッド・オーギュスト・ドローヌで行われ、アウェイのリールが0-1で勝利した。なお、ランスのMF伊東純也はフル出場、FW中村敬斗は72分から途中出場した。 前節、退場者を出しながらもダラミーの2ゴールの活躍によってル・アーヴルを撃破し、劇的な形でリーグ5戦ぶりの白星を手にした8位のランス。連勝を狙う今節は5位のリールをホームで迎え撃った。この試合では伊東が引き続きスタメンも中村はベンチスタートとなった。 共に[4-3-3]の布陣で臨んだ上位対決は、立ち上がりからボールの主導権を争う拮抗した展開となる。 ランスは開始4分にカドラが両チームを通じて最初のシュートを放つが、以降はボール保持率こそ五分五分もリールにペースを握られる。20分にはボックス左に持ち込んだシェグロヴァのシュートのこぼれ球をゴール前に詰めたデイビッドに蹴り込まれるが、ここはGKディアウが見事な連続セーブで阻止した。 攻撃の形を見いだせない状況で右サイドの伊東の打開力に期待が集まるが、この日はなかなか良い形でボールを受けることができず。幾度かのクロスも味方との呼吸が合わない場面が多く、チーム同様にフラストレーションが溜まる形で前半を終えた。 後半も一進一退の攻防が続くなか、ランスに痛恨のミスが出てしまう。56分、最後尾でバックパスを受けたアブデルハミドがGKに戻そうとしたボールが蹴り損ねとなると、これを狙っていたデイビッドがGKのポジションを見極めてミドルシュートを流し込んだ。 キャプテンの信じがたいミスでリードを奪われたランスはここからリスクを冒して前に出る。60分過ぎに両サイドバックを入れ替えると、72分にはカドラとテウマを下げて中村とディアキテとアタッカーをピッチに送り込む。その中村は投入から数分後にエリア外から足を振るなど、積極的なプレーで攻撃の活性化を図る。 後半終盤にかけては守備的な交代策で逃げ切りを図るリールに対して、ランスが押し込む展開に。前半は沈黙した伊東もこの時間帯に入ってようやく前向きな状態での仕掛けやクロス、ラストパスで存在感を示し始める。 その後、7分が加えられた後半アディショナルタイムには中村に見せ場が訪れる。94分、ボックス左で複数のDFに囲まれながらもカットインから右足を振り抜く。だが、完璧なミートには至らなかったグラウンダーシュートはGKシュヴァリエのセーブに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、リールに競り負けたランスは重要な上位対決を落として連勝を逃した。 2024.03.03 03:18 Sun

カタカナのデザイン入り!スタッド・ランスがDJとコラボした限定ユニフォームを発表「すごいの来た」「着たらどんな感じだろう」

スタッド・ランスは2月29日、限定ユニフォームを発表した。 日本代表のMF伊東純也とFW中村敬斗が所属するスタッド・ランス。ユニフォームサプライヤーはアンブロが務めているなか、今回の限定ユニフォームは、さらにヴラジミール・コシュマールというフランスのDJとのコラボレーションになっている。 ドクロの覆面マスクがトレードマークで、やや狂気的な曲と動きが人気だというコシュマールは、幼少期からスタッド・ランスのサポーターだったということ。ユニフォームのデザインはコシュマールに委ねられ、1990年代初頭にアンブロが手掛けていた長袖のユニフォームからインスピレーションを得ているという。 ライフスタイルも表現したユニフォームは、ブラックを基調としつつ、スポンサーやサプライヤーのロゴがシルバーであしらわれている。 また、スタッド・ランスのホームタウンであるマルヌ県の県章にも用いられる柄が袖と襟に施されているほか、左胸のクラブエンブレムの傍らにはコシュマールの象徴であるハートマークがデザインされた。 さらに、ユニフォームのPVを見ると、日本を意識したのか、ユニフォームには「ヴラジミール・コシュマール」の名前がカタカナで入っている部分もあるようだ。 かなり尖ったユニフォームには、ファンも「純也さん着たらどんな感じだろう」、「トリプルコラボのすごいの来た(ブランド名カタカナ表記!)」、「伊東純也もこれ着るんだ 絶対かっこいいじゃん」、「ジャージはイケすぎている」とコメント。関心が寄せられている。 なお、この限定ユニフォームは2日に行われるリーグ・アン第24節のリール戦で選手たちも着用するということだ。 また、800枚限定のこのユニフォームだが、ランダムに選ばれた3名には、ハートマークがゴールドになった特別バージョンのユニフォームと、コンサートと試合への招待チケットがついてくる。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】スタッド・ランスがDJとコラボした限定ユニフォーム(カタカナのデザインは動画のみ)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C38MQjOtkR3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C38MQjOtkR3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C38MQjOtkR3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Stade de Reims(@stadedereims)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="und" dir="ltr"> x x <br><br> <a href="https://twitter.com/vladcauchemar?ref_src=twsrc%5Etfw">@vladcauchemar</a> | <a href="https://twitter.com/UmbroFrance?ref_src=twsrc%5Etfw">@UmbroFrance</a> <a href="https://t.co/koI4U3FncY">pic.twitter.com/koI4U3FncY</a></p>&mdash; Stade de Reims (@StadeDeReims) <a href="https://twitter.com/StadeDeReims/status/1763247768863404288?ref_src=twsrc%5Etfw">February 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 14:35 Fri

「髪切った?」「メッシュっぽくなってる」中村敬斗に続き伊東純也もイメチェン!「新しい髪色もかっこいい」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也のイメチェンが話題だ。 スタッド・ランスで2シーズン目を過ごしている伊東。今季もチームに欠かせない戦力として、ここまでリーグ・アン20試合に先発して2ゴール5アシストをマーク。今シーズン加入した日本代表FW中村敬斗と共にチームの両サイドを担うことも多い。 25日のル・アーヴル戦前には、中村が金髪から落ち着いた茶色に髪色をイメチェンして話題となっていたが、今度は伊東もイメージチェンジを図ったようだ。 27日の練習に参加した伊東は、以前よりも短めの髪型で登場。髪色も以前より茶色のメッシュの部分が増えた印象だ。 伊東のイメチェン姿にはSNS上のファンも反応。「純也さん髪切った?」、「純也さんメッシュっぽくなってんじゃん」、「2人で一緒に美容室行ったのかな?」、「似合ってる!」、「新しい髪色もかっこいい」と驚きや称賛のコメントを寄せている。 スタッド・ランスは3月2日に行われるリーグ・アン第24節でリールと対戦。日本人選手2人の活躍に期待だ。 <span class="paragraph-title">【写真】髪を切ってメッシュも入れた伊東純也(左下)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr"&amp; ! <br><br> Après l&#39;entraînement place aux et aux ! <a href="https://twitter.com/hashtag/TeamSDR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TeamSDR</a> <a href="https://t.co/MAas3PVCud">pic.twitter.com/MAas3PVCud</a></p>&mdash; Stade de Reims (@StadeDeReims) <a href="https://twitter.com/StadeDeReims/status/1762857083433607181?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 12:05 Thu

「危ねえ」「GK先に動いてたか」伊東純也がPK失敗も相手GKの反則で蹴り直し、2本目は別の選手が蹴って成功「GKのルール違反だからもう一度蹴って欲しかった」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也が惜しくもゴールとはならなかった。 25日に、リーグ・アン第23節でル・アーヴルとアウェイで対戦したスタッド・ランス。伊東と日本代表FW中村敬斗は揃って先発出場した。 試合は、伊東を中心にチャンスを作り出すスタッド・ランスが64分に先制するも、その後退場者を出す展開に。さらに71分には数的不利の中で同点に追いつかれるが、91分にはPKを獲得し、勝ち越しのチャンスを迎える。 ここでキッカーを務めたのは伊東だったが、雨の中でゴール中央を狙って蹴ったシュートは相手GKマテュー・ゴルジェランにセーブされた。 だが、VARによりゴルジェランが伊東が蹴る前にゴールラインの前に出ていたとの判定でPKは蹴り直しに。2本目のキックは伊東ではなく先制ゴールをマークしていたFWモハメド・ダラミーが蹴ると、冷静に成功。スタッド・ランスは土壇場で勝利を手にした。 伊東のPK失敗と珍しいキッカー変更には、ファンも「キーパーのルール違反だからもう一度蹴って欲しかった」、「GK先に動いてたか」、「危ねえ」、「ホントは伊東純也にまた蹴って欲しかった」と反応している。 ゴールはならなかった伊東だが、ル・アーヴル戦では何度もチャンスを演出。退場者が出てからは守備にも奔走し、数的不利の中での勝ち点3獲得には大きく貢献していた。 <span class="paragraph-title">【動画】GKが思い切り前に飛び出す!伊東純也のPKは失敗も、相手GKの反則でやり直しに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="upDWOc2iI5E";var video_start = 504;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 12:30 Mon

10人スタッド・ランスが土壇場弾で5戦ぶり白星! ダラミーが伊東純也に代わって蹴り直しPK成功【リーグ・アン】

リーグ・アン第23節、ル・アーヴルvsスタッド・ランスが25日にスタッド・オセアンで行われ、アウェイのランスが1-2で勝利した。なお、ランスのMF伊東純也はフル出場、FW中村敬斗は63分までプレーした。 前節、RCランスとのトップハーフ対決を1-1のドローで終えて4戦未勝利となった8位のランス。5試合ぶりの白星奪還を期すアウェイゲームでは13位のル・アーヴルと対戦した。この試合では[4-3-3]を採用し、前節アシストの伊東に加え、中村が両ウイングでスタメンに入った。 試合の入りはル・アーヴル優勢もランスも日本人の両翼を起点に攻撃の突破口を見いだしていく。15分には右サイドを突破した伊東からの正確なクロスに反応したカドラが右足ダイレクトで合わすが、これは相手DFにブロックされてしまう。 時間の経過と共に試合は膠着。互いに中盤で潰し合う場面が多く、なかなか決定機まで至らない。そういったなか、ウィル・スティル監督は前半終盤に[4-4-2]に並びを変更。伊東は2トップの一角、中村は左のサイドハーフに入る形に。 前半終了間際には右に流れた伊東から再び高精度のクロスが入ると、ニアのカドラがボレーで合わせようとしたボールがファーに流れてディアキテ、中村が反応するが、ディアキテのシュートは枠の上に外れた。 ゴールレスでの折り返しとなった試合。後半はランスが良い入りを見せる。立ち上がりにカドラの右クロスに反応した中村にチャンスも、ヘディングシュートは枠を捉え切れず。続く56分には伊東のボックス内の密集を抜くショートパスをボックス中央で受けたディアキテに決定機も、このシュートを枠の右に外してしまう。 その後、やや試合がイーブンの展開となると、ランスのベンチが動く。63分、中村とテウマを下げてダラミー、リシャルドソンを投入。すると、この交代直後に先制点が生まれる。64分、左サイドで果敢な仕掛けを見せたカドラからボックス内でパスを受けたダラミーが体勢を崩しながらも鮮やかな反転シュートを流し込んだ。 待望の先制点を手にしたランスだったが、この直後に痛恨のアクシデント。ル・アーヴルのキックオフの流れでタッチライン際のフォケが軽率なファウルで2枚目のカードをもらって退場となった。 これで数的不利を背負うと、71分にはフォケの穴埋めとしてカドラに代わって投入されたDFコウドウがボックス内で相手の腹部を蹴ってしまってPKを献上。これをキッカーのA・トゥーレがパネンカで決めて1-1の振り出しに戻った。 ここから俄然ホームチームが勢いを増して攻め立てると、ランスは防戦を強いられる。伊東もチームを助けるため低い位置まで下がって守備に奔走する。 その後、ホームチームの攻勢を何とか凌いで勝ち点奪取を狙ったランスは、土壇場で勝ち点1ではなく勝ち点3を手にする絶好機が舞い込む。91分、ボックス内に抜け出したデ・スメットが相手DFに倒されてPKを獲得。 ここでキッカーを務めたのは伊東だったが、中央を狙って蹴ったシュートはGKゴルジェランにセーブされて痛恨の失敗に。だが、VARの介入によってゴルジェランが伊東が蹴る前にゴールラインの前に出ていたとの判定で蹴り直しに。これを受け、ランスは伊東からキッカーをダラミーに変えると、強心臓のストライカーが冷静にゴルジェランとの駆け引きを制した。 そして、数的不利を撥ね返す劇的勝利を収めたランスが5試合ぶりの白星を手にした。 2024.02.26 01:05 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly