97分の劇的ドラマ…大きな勝ち点3手にしたアーセナルだが、失ったのはアルテタ監督

2023.12.06 21:55 Wed
アルテタ監督が97分の土壇場勝利に歓喜爆発だったが…
Getty Images
アルテタ監督が97分の土壇場勝利に歓喜爆発だったが…
劇的なラストプレーでのゴールはアーセナルに勝ち点3とは別のものを与えることになってしまった。
PR
5日、プレミアリーグ第15節でアーセナルはアウェイでルートン・タウンと対戦した。
リーグ戦3連勝、公式戦5連勝中のアーセナル。昇格組のルートン相手にまさかの苦戦。先制したものの点の取り合いとなり、3-3で試合終盤を迎えた。

このまま引き分けで試合終了かと思われた中、97分にデクラン・ライスが劇的な決勝ゴール。3-4でアーセナルが勝利を収めていた。

このゴールにはピッチ上の選手たちはもちろんのこと、ベンチにいた選手たちも大喜び。アウェイの地に駆けつけたサポーターの前に集まって喜んでいた中、ミケル・アルテタ監督らスタッフも大喜びしていた。
貴重な勝ち点3を獲得したアーセナルだったが、まさかの代償が。喜びすぎたアルテタ監督は、主審からイエローカードを提示されていたが、これが累積3枚目。これにより累積警告でベンチ入り禁止となり、9日のアストン・ビラ戦ではタッチラインで指揮を執れないこととなった。

アルテタ監督は警告を受けた件について「そうだ。残念ながら自分の席に座っていることなどできなかった」と語り、「私はそこを去ることとなった。空間認識が全くできなくなっていた」と我を忘れたと明かした。

自身へのイエローカードについては「ただただ純粋な感情だった。それでイエローならば、OK。イエローなんだろう」と仕方なかったとしながらも、感情を抑えられる状況ではなかったようだ。

リーグ5連勝が懸かる一戦。指揮官不在でも今のアーセナルならばしっかりと勝利できる可能性は高そうだ。



PR
1 2
関連ニュース

【プレミアリーグ第27節プレビュー】今季2度目のマンチェスターダービー! 休養十分スパーズは新生パレスと対峙

先週末に行われた第26節はリバプール、マンチェスター・シティ、アーセナル、アストン・ビラとトップ4が揃って勝利。好調マンチェスター・ユナイテッドがフルアムに敗れたものの、波乱の少ない一節となった。 3月最初に開催される今節は2位のマンチェスター・シティと、6位のマンチェスター・ユナイテッドが対峙する今シーズン2度目のマンチェスター・ダービーが最注目カードだ。 シティは前節、ボーンマス相手に“チェリーズキラー”として知られるMFフォーデンのゴールで1-0の勝利。なかなか追加点を奪えずに苦戦を強いられたが、きっちり逃げ切りに成功。リーグ2戦ぶりの白星を挙げた。さらに、直近のFAカップではルートン・タウン相手にMFデ・ブライネの4アシスト、FWハーランドの5ゴールと圧倒的な個の力を活かして6-2の快勝。久々の大量ゴールを挙げての勝利で、ホーム開催のダービーに大きな弾みを付けた。 対するユナイテッドは前節、フルアム相手に1-2で敗戦。守護神オナナの孤軍奮闘の活躍や相手の決定力不足に助けられ、後半アディショナルタイムにDFマグワイアの今季リーグ初ゴールで同点に追いつく。さらに、攻勢を仕掛けて逆転を狙ったが、逆に相手のカウンターに屈してホームで厳しい敗戦。これでリーグ連勝が「4」でストップした。それでも、FAカップではノッティンガム・フォレストとの接戦を後半終了間際にMFカゼミロが決めた土壇場のゴールによって1-0の勝利。延長戦突入を回避すると共に、フルアム戦の黒星を払拭して難所エティハド・スタジアムに乗り込む形となった。 次節にそのシティとの直接対決を控える首位のリバプールは、17位のノッティンガム・フォレストを相手にリーグ4連勝を狙う。前節、ルートンに4-1の快勝を収めたクロップのチームは、先週末に行われたEFLカップ(カラバオカップ)決勝でチェルシーとの120分の激闘を主将DFファン・ダイクのゴールによって1-0の勝利。今季4冠を目指す中で最初のタイトル獲得に成功した。 さらに、FAカップでは多くの離脱者、主力のコンディションを鑑みて控えや若手中心のスカッドで臨んだが、チャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の快勝。クーマスとダンズの18歳FWコンビが指揮官の期待に応える初ゴールを挙げ、改めてチームとしての総合力を証明した。ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)や次節シティ戦に向けて引き続きターンオーバーが求められるなか、MF遠藤航や前線の主力の復帰を期待しつつ、引き続き頼もしいアカデミーの逸材たちの躍動を期待したい。 リーグ6連勝で2強の背中にぴったりと付く3位のアーセナルは、最下位のシェフィールド・ユナイテッドとのマンデーナイト開催のアウェイゲームでさらなる連勝を狙う。チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦の敗戦後に戦った前節のニューカッスル戦では心身ともに疲労を抱えるなかでの一戦ということもあり苦戦が見込まれたが、蓋を開けてみれば4-1のスコア以上の内容で完勝。 とりわけ前半は相手を自陣に押し込み続けて、セットプレーと鮮やかな連携で2ゴールを奪取。後半もFWサカのリーグ5試合連続ゴールなどでゴールを重ね、一瞬の隙から3試合連続クリーンシートこそ逃したが、素晴らしいパフォーマンスを披露した。アウェイゲームとはいえ、休養十分で臨む最下位相手のアウェイゲームで連勝を伸ばす可能性は高そうだ。なお、アジアカップから復帰して以降、欠場が続くDF冨安健洋はMFトーマスらと共にこの試合での戦列復帰が期待されている。 優勝を争う3強を除く試合では5位のトッテナムと13位のクリスタル・パレスとのロンドン・ダービーに注目が集まる。 トッテナムは前節、今季上位相手に強さを見せるウォルバーハンプトン相手にホームで1-2の逆転負け。格下相手にシーズンダブルを許し、トップ4陥落となった。ただ、先週末のリーグ戦はチェルシーのEFLカップ決勝進出に伴い延期となり、FAカップ敗退によってミッドウィークも試合がなく休養十分でバウンスバックを図る今回の一戦に臨める。DFペドロ・ポロに加えてヒザを痛めたFWリシャルリソンが不在となるが、DFウドジェの復帰や代表戦からリフレッシュしたFWソン・フンミン、MFビスマらの状態は上がっているはずだ。さらに、FWヴェルナーら新加入組の戦術浸透によってスケールアップした戦いが期待される。 対するパレスは成績不振と体調悪化によってホジソン前監督が退任したなか、グラスナー新監督を招へい。その新指揮官の初陣となったバーンリー戦では前半の相手の退場に救われた部分はあるが、フランクフルト時代からの代名詞である[3-4-2-1]の布陣で躍動感をみせ、3-0の快勝。途中投入のMFマテウス・フランサが違いを生むなどポジティブな変化も確認された。DFグエイを引き続き欠く守備面は懸念材料も、MFエゼの復帰が見込まれる攻撃はスパーズ相手にも十分に通用するはずだ。 直近2連勝で復調気配漂う4位のアストン・ビラは、DF橋岡大樹を擁する18位のルートン相手に3連勝を目指す。前節のフォレスト戦ではMFドウグラス・ルイスの2ゴールなどで大量4ゴールを挙げて公式戦3連敗中だったビラ・パークで久々の勝利を収めた。FWワトキンスが2戦連発と状態を上げてきており、今回のアウェイゲームでも自慢の攻撃で押し切る構えだ。唯一の懸念材料は週明けにカンファレンスリーグ(ECL)のアヤックス戦を控える日程面だが、エメリ監督は前線を中心に多士済々な面々を効果的に活かすはずだ。 対するルートンは直近リーグ3連敗と調子が下降気味。引き続き攻撃は好調を継続しているものの、ビルドアップやセットプレーの緩み、自陣でのイージーミスによって失点が増えている。とりわけ、直近のFAカップではデ・ブライネ、ハーランドのコンビに蹂躙されて6失点を喫しており、守備面の改善は急務だ。そのなかでシティ戦で新天地デビューを飾って今節でのプレミアデビューも期待される橋岡には守備を締める仕事を期待したい。 11位のチェルシーは16位のブレントフォード相手に2試合ぶりの白星を狙う。前々節のシティ戦のドロー、EFLカップ決勝の敗戦で2試合未勝利のブルーズだったが、直近のFAカップではチャンピオンシップのリーズとのシーソーゲームに3-2で勝利。ミスや集中力の欠如による2失点は頂けないが、好調を維持するMFエンソ・フェルナンデス、MFギャラガーのコンビで土壇場の勝ち越しゴールを挙げて3試合ぶりの白星を挙げた。ブレントフォード戦では守備面でルーズな相手に対して、攻撃陣がきっちりチャンスで仕留め切れるかが勝敗のカギとなる。 その他ではMF三笘薫の今季絶望という辛い報せが届いた7位のブライトンと12位のフルアムが対峙する一戦、勝ち点剥奪処分が「10」から「6」に軽減されて15位に浮上したエバートンと8位のウェストハムの名門対決も要注目だ。 ◆プレミアリーグ第27節 ▽3/2(土) 《24:00》 ブレントフォード vs チェルシー エバートン vs ウェストハム フルアム vs ブライトン ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン ノッティンガム・フォレスト vs リバプール トッテナム vs クリスタル・パレス 《26:30》 ルートン・タウン vs アストン・ビラ ▽3/3(日) 《22:00》 バーンリー vs ボーンマス 《24:30》 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド ▽3/4(月) 《29:00》 シェフィールド・ユナイテッド vs アーセナル 2024.03.02 12:00 Sat

ロンドンクラブ対象のプレミアリーグ年間最優秀選手にアーセナルMFライスが選出! 同僚サリバらを抑える

アーセナルのイングランド代表MFデクラン・ライスがロンドン・フットボール・アワード2024にてプレミアリーグの年間最優秀選手に選ばれた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ロンドン・フットボール・アワードは、ロンドンに拠点を置くクラブの選手や監督の功績を称えるもので、元選手や著名な関係者、メディア関係者らが独自に審査。今回が10度目の開催となり、2月29日に表彰式が行われた。 プレミアリーグの年間最優秀選手候補には、アーセナルのフランス代表DFウィリアム・サリバ、ウェストハムのイングランド代表FWジャロッド・ボーウェン、トッテナムのイタリア代表GKグリエルモ・ヴィカーリオ、トッテナムのスペイン代表DFペドロ・ポロも挙がった中、ライスが選出。2022年以来2度目の受賞となった。 昨年6月にウェストハムのキャプテンとしてヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)制覇を果たしたライスは昨夏、クラブレコードとなる移籍金1億500万ポンド(約199億5000万円)でアーセナルに加入。新天地でもレギュラーの座を確保し、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)でタイトル争いに貢献している。 受賞に際し、ライスはアーセナルでの充実ぶりを語っている。 「チームは昨年多くのことを学んだ。僕らはより強くなったし、より強い信念を持っている。ゴールを奪われた時も、必ず立て直すことができると信じている」 「正直に言って、このクラブでプレーできるのは光栄なことだ」 また、年間最優秀監督賞はトッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督が受賞。男子年間最優秀若手選手賞はチェルシーのイングランド代表MFコール・パーマーに贈られた。 その他、FA女子スーパーリーグ(FAWSL)年間最優秀選手賞はチェルシーのイングランド女子代表FWローレン・ジェームズが受賞。女子年間最優秀若手選手には同じくチェルシーのイングランド女子代表FWアギー・ビーバー=ジョーンズが選ばれている。 2024.03.01 15:53 Fri

アーセナル冨安健洋にシェフィールド・ユナイテッド戦で復帰の可能性…指揮官が示唆

アーセナルの日本代表DF冨安健洋に復帰の可能性が浮上している。 2月上旬にアジアカップから戻った冨安だが、ふくらはぎの問題で直近の公式戦4試合を欠場。その間のチームはポルトとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグこそ落としたが、プレミアリーグで着実に白星を重ねる。 そうしているうちに3月に入ったが、ミケル・アルテタ監督が4日に敵地で行われるプレミアリーグ第27節のシェフィールド・ユナイテッド戦で復帰を示唆した。 イギリス『フットボール・ロンドン』によると、「オレクサンドル・ジンチェンコとトミヤスがメンバー入りする可能性は?」との質問にこう返したようだ。 「可能性はあるが、様子を見る必要がある。特に、土曜日と日曜日の最後2つのセッションではね。(問題なしが)確認できれば、彼らは月曜日に出場できるかもしれない」 この3月はポルトとのCLリターンレグや、チェルシー&マンチェスター・シティとのプレミアリーグが控え、代表としても北中米ワールドカップ(W杯)予選が…。冨安の復帰が待たれるところだ。 2024.03.01 09:35 Fri

セリエA帰還の可能性もあるジョルジーニョ、代理人は「ラツィオやユベントスが彼に合うと思うが…」

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人であるジョアン・サントス氏は、選手がセリエA復帰に向かっていることを示唆した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリやチェルシーで活躍してきたジョルジーニョは、2023年1月にアーセナルへ完全移籍で加入。チームの絶対的な主軸とまではならずとも、要所要所で存在感を示しており、今シーズンも公式戦25試合に出場している。 一方で、アーセナルとの契約は2024年6月で満了となり、クラブは延長オプションを保有するも行使するかは不透明に。こうした事情もあり、セリエA復帰の可能性もあるとこれまで複数メディアで報じられてきた。 そんな中で、『TvPlay』のインタビューに応じたジョアン・サントス氏は、セリエAのローマを除くビッグクラブに移籍する可能性はあると明言しており、今後そのいずれかと交渉を進めることを示唆している。 「彼の特徴を熟知しているサッリ監督の存在を考えると、ラツィオはより合うクラブになるだろう。だが、ナポリで何年も一緒に過ごしたクリスティアーノ・ジュントーリのような偉大なディレクターがいるユベントスも合うと思う」 「私としては、以前サッリ監督の下で働いていたカルツォーナ新監督のいるナポリに戻る選択肢も排除したくない。一方で、ローマはないと思う。彼らとこれまで接触したことはないからね。そして彼らの強さや伝統を考えれば、ミランやインテルでプレーしたくない人はいないだろう」 2024.02.29 12:40 Thu

水面下でアーセナルら強豪が追いかける19歳のイタリア人DFカヨデ、代理人が去就にヒント「プレミアリーグ? ああ…」

フィオレンティーナのU-21イタリア代表DFマイケル・カヨデ(19)。代理人がステップアップの可能性について語った。 カヨデはナイジェリア出身の両親を持つ19歳。今シーズンからフィオレンティーナとプロ契約を結んだ1年目だが、すでに公式戦25試合出場と右サイドバックで定位置を掴んだ若武者だ。 このカヨデ、まだ知名度こそ低いが、水面下ではイングランドなど欧州各国から関心が寄せられており、イタリア代表の技術スタッフが26日に行われたラツィオ戦をカヨデ目的で視察するなど、にわかに注目の存在となりつつあるのだ。 この一戦でセリエA初ゴールと、ユーロ2024に向けてアピール成功のカヨデだが、試合後、地元メディア「ラジオ・フィレンツェ・ヴィオラ」の取材に応じた代理人のアンドレア・リトルニ氏も、この事実を喜んでいる。 「さっきカヨデと少し話したんだ。今日のプレーに満足しているようだったよ。客観的にもそれは正しい感覚だと思う」 「ルチアーノ・スパレッティのアシスタントの前でいきなり素晴らしいパフォーマンスを披露できるなんてね。個性はもちろん、ベテランのようなメンタリティがあるみたいだ。私の口から言うのはあれだが、カヨデはスパレッティの電話を待ち焦がれているよ」 一方で、クラブキャリアの早急な前進については、やや否定的。カヨデにはアーセナルのスカウト陣がスタンバイしていることも明らかになっている。 「ヴィオラは心配する必要ないよ。カヨデはクラブに対して誠実だし、何より契約とは大前提として尊重すべきものだろう?」 「プレミアリーグ? ああ、いくつかのクラブからスカウティング対象になっているのは認めるべきだ。ただ、それもこの世界の普遍的なものであり、フットボーラー自身にとっては人生の一部。有難いことにヴィオラは良い契約をカヨデに与えてくれている。ボーナスも多いしね(笑) 今後もうまく付き合っていくはずだよ」 クライアント・カヨデのヴィオラ愛を、ユーモラスに、正直に、明かした代理人。現行契約は「2028年6月まで+延長オプション1年間」となっている。 まだ19歳、焦ってイングランドへ向かう必要はないだろう。 2024.02.28 14:25 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly