97分の劇的ドラマ…大きな勝ち点3手にしたアーセナルだが、失ったのはアルテタ監督

2023.12.06 21:55 Wed
アルテタ監督が97分の土壇場勝利に歓喜爆発だったが…
Getty Images
アルテタ監督が97分の土壇場勝利に歓喜爆発だったが…
劇的なラストプレーでのゴールはアーセナルに勝ち点3とは別のものを与えることになってしまった。
PR
5日、プレミアリーグ第15節でアーセナルはアウェイでルートン・タウンと対戦した。
リーグ戦3連勝、公式戦5連勝中のアーセナル。昇格組のルートン相手にまさかの苦戦。先制したものの点の取り合いとなり、3-3で試合終盤を迎えた。

このまま引き分けで試合終了かと思われた中、97分にデクラン・ライスが劇的な決勝ゴール。3-4でアーセナルが勝利を収めていた。

このゴールにはピッチ上の選手たちはもちろんのこと、ベンチにいた選手たちも大喜び。アウェイの地に駆けつけたサポーターの前に集まって喜んでいた中、ミケル・アルテタ監督らスタッフも大喜びしていた。
貴重な勝ち点3を獲得したアーセナルだったが、まさかの代償が。喜びすぎたアルテタ監督は、主審からイエローカードを提示されていたが、これが累積3枚目。これにより累積警告でベンチ入り禁止となり、9日のアストン・ビラ戦ではタッチラインで指揮を執れないこととなった。

アルテタ監督は警告を受けた件について「そうだ。残念ながら自分の席に座っていることなどできなかった」と語り、「私はそこを去ることとなった。空間認識が全くできなくなっていた」と我を忘れたと明かした。

自身へのイエローカードについては「ただただ純粋な感情だった。それでイエローならば、OK。イエローなんだろう」と仕方なかったとしながらも、感情を抑えられる状況ではなかったようだ。

リーグ5連勝が懸かる一戦。指揮官不在でも今のアーセナルならばしっかりと勝利できる可能性は高そうだ。



PR
1 2
関連ニュース

元プレミア得点王、ファン・ペルシ氏が初のトップ監督就任か ヘーレンフェーンが名乗り

フェイエノールトU-18の監督を務める元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ氏(40)が、ヘーレンフェーンの指揮官へ就任する可能性があるようだ。オランダ『AD』が伝えた。 現役時代にフェイエノールトでプロキャリアをスタートさせたファン・ペルシ氏は、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、フェネルバフチェを経て2018年1月に古巣へ帰還。2019年5月に現役を引退した。 2021年から非正規スタッフながらフェイエノールト全体のストライカー指導を行ってきた同氏は、翌シーズンから正式にトップチームのスタッフへ昇格。育成年代チームの監督を務めて述べ4年目を迎えている。 フェイエノールトU-18監督の任期は今季で満了を迎えるが、クラブからの延長交渉以外にもヘーレンフェーンが名乗りを上げているとのこと。 エールディビジで11位に付けるヘーレンフェーンは、2022-23シーズンから指揮を執るキース・ファン・ウォンデレン監督が今季終了後に退任することを3月11日に発表済みで、後任としてファン・ペルシ氏に白羽の矢を立てた。すでに最初の会合は行われたと、同メディアは伝えている。 実現すれば、ファン・ペルシ氏にとって初のトップチーム監督就任。元プレミアリーグの得点王の去就に視線が注がれている。 <span class="paragraph-title">【動画】ロビン・ファン・ペルシの全ゴール@ユナイテッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZE-GjQy-PLc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.12 16:15 Fri

アーセナル戦でゴールのニャブリが再離脱、数週間の離脱に

バイエルンのドイツ代表FWセルジ・ニャブリが数週間の離脱になるようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ニャブリは9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのアーセナル戦に先発。18分に先制点を奪う活躍を見せていた。その後、70分に交代していたが、左ハムストリングに損傷を負っていたようだ。 今季は度重なる負傷に悩まされ、公式戦17試合の出場に留まっているニャブリ。3月に復帰して以降は公式戦5試合で4ゴールを挙げる活躍を見せていたが、またも負傷に泣かされることになった。 2024.04.11 08:00 Thu

途中出場で大仕事のトロサール、CLでの活躍は「最高の気分」

アーセナルのベルギー代表FWレアンドロ・トロサールが、大一番での活躍を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 トロサールは9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバイエルン戦で66分から出場。チームは先制しながら逆転を許す苦しい展開だったが、76分にボックス内でFWガブリエウ・ジェズスからのパスを受けたトロサールが同点弾を決めると、そのまま2-2のドローに終わった 途中出場ながら大仕事をやってのけたトロサール。試合後には大舞台での活躍を喜び、価値ある仕事ができたことを誇っている。 「ドレッシングルームは複雑な気分だと思う。最初の15分間を見ると、チームはとても良いスタートが切れていたからね。そこで2、3点差をつけることができたかもしれない。それでも、今日の対戦相手を見れば、特に前線にクオリティがあるのは明らかだ。彼らには非常に強力なカウンターがあり、それが僕たちを傷つけた」 「最終的に、僕たちは同点とすることができて満足だ。このゴールによって、僕たちは2ndレグを対等な条件で戦えるようになった」 「ジェズスがドリブルでボックス内に入った瞬間、僕は彼の名前を叫んだよ。自分がフリーだとわかっていたからね。幸運にも、彼は僕に気づいてくれた。僕たちにとって完璧なゴールで、最高の気分だったよ」 「すべてのフットボーラーは最高レベルでプレーしたいと思うものさ。チャンピオンズリーグの試合、特にホームのファンの前でのゴールは格別だった」 2024.04.10 15:40 Wed

サカが倒された後半ATのPKは? アーセナルvsバイエルンのジャッジが紛糾、元イングランド代表DFは「PKでなければならない」

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのアーセナルvsバイエルン。PKを巡る判定が話題を呼んでいる。 9日に行われたアーセナルvsバイエルン。試合は2-2のドローに終わった。 プレミアリーグで首位に立つアーセナルと、ブンデスリーガ12連覇が厳しくなったバイエルンの一戦。CLのノックアウトステージでの対戦は、全てバイエルンに軍配が上がっている中、14年ぶりのベスト4入りを目指すアーセナルがペースを握る。 ブカヨ・サカのゴールでアーセナルが先制も、セルジュ・ニャブリのゴール、ハリー・ケインのPKでバイエルンが逆転。しかし、アーセナルもレアンドロ・トロサールのゴールで2-2とした。 そのまま試合が終わると思われた中、アディショナルタイム5分にアーセナルがビッグチャンス。サカがボックス内で切り返すと、前に出ていたGKマヌエル・ノイアーと接触。しかし、これはノーファウルとなり、2-2で終わっていた。 当然、サカはこの判定に怒り。ミケル・アルテタ監督も試合後に「判定は下されたことだ。自分たちでコントロールできる他の部分に集中しなければならない」と、不満を示しながらも受け入れるとした。 そんな中、『TNT Sports』で解説を務めていた元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏はPKだと主張した。 「マヌエル・ノイアーは足を出したままだ。これはPKでなければならない」 「VARは主審に見てもらう必要があった。このような試合では、とても大きなジャッジだ。たくさんのことがある」 ノイアーが退ける気がなく、オブストラクションになると主張するファーディナンド氏。アーセナルOBで元イングランド代表DFのマーティン・キーオン氏も「彼がそのPKを与えなかったことは、とても憂慮すべきことだと思う」と語った。 なお、この試合では、バイエルン側にもPKがあるべきだという声も。67分にアーセナルがゴールキックを得ると、GKダビド・ラヤが蹴ったボールをDFガブリエウ・マガリャンイスが手で拾い、ボールをセット。そのまま再開していた。 バイエルンのトーマス・トゥヘル監督は「100%得るべきPKがあった」と語り、「審判については平均以下だった」と主審を糾弾。どちらのチームにとっても、不満の残るジャッジが多かったようだ。 2024.04.10 12:55 Wed

「得るべきPKがあった」「新しいルール解釈だ」トゥヘル監督はドローに終わったCLでの判定に唖然…「平均以下の審判だった」

バイエルンのトーマス・トゥヘル監督は、チャンピオンズリーグ(CL)での判定に激怒しているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 バイエルンは9日に行われたCL準々決勝1stレグでアーセナルと対戦。試合は両者譲らぬ好ゲームとなり、バイエルンは先制を許しながらFWセルジュ・ニャブリ、FWハリー・ケインのゴールで逆転するも、後半に再び失点を喫して2-2のドローに終わった。 これにより、決着は来週行われる2ndレグに委ねられることとなったが、トゥヘル監督はこの試合のあるプレーに対する判定に異議を唱えている。 67分に訪れたアーセナルのゴールキックのシーン、直前に選手交代があり主審から試合再開の笛が吹かれた後、GKダビド・ラヤがDFガブリエウ・マガリャンイスにパス。ところがガブリエウはこのボールを手で拾うとボールをセットし直し、ラヤにパスを返した。バイエルン側はこれに対してガブリエウのハンドをアピール。しかし主審のグレン・ナイバーグ氏は笛を吹かず、プレー続行となった。 この際、主審からバイエルンの選手にされた説明がトゥヘル監督の怒りのポイントに。試合後、指揮官はその内容を明かしつつ、全体的にこの試合のレベルに見合わない審判団だったと断じている。 「我々はこの試合、勝てたかもしれない。100%得るべきPKがあったのだ。非常に優れた対戦相手と素晴らしいファンがこの試合にいたが、審判については平均以下だった」 「些細な事は全て一方向に進み、接触プレーにはすぐ笛が吹かれた。そしてアーセナルの選手たちは、好き放題文句を言うことが許されていたと思う」 「(ガブリエウのプレーは)明白なハンドでPKだった。だが、主審は選手たちに『子供がするようなミスであり、CL準々決勝においてそんなことで笛は吹かない』と言ったんだ。これはまったく新しいルール解釈になるだろうね。本当に、信じられないほど大胆なルールさ」 2024.04.10 12:40 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly